FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.12.26 (Mon)

フォーチュンガーデンキョウト (FORTUNE GARDEN KYOTO)

今日は講師をしている京都造形芸術大の来季の授業方針説明会です。久々にエレベータを使わず59段の大階段を上ります。
qzMG_3477.jpg

今年新たにBREATHという名前で新装となった人間館のカフェテリアです。「息」という語に込めた思いは分かるのですが、認知度は低いようです。そんな事を挽回する企画なのか妙なメニューが。
qzMG_3480.jpg

誰が考えたというか、誰が出そうと決めたのでしょうか。出汁でグショグショなサンドイッチなら私は勘弁です。
qzzMG_3480.jpg

講師会が終わって今年はお疲れさま、来年もよろしくの懇親会。今年の会場は京都市役所のすぐ近くのフォーチュンガーデンキョウトです。
qzurant_01.jpg

なかなか風格のあるエントランスです。近代日本を代表する建築家の一人と言われた武田五一の設計になる昭和2年(1927年)竣工の島津製作所旧本社ビルの外観そのままに保存して使っています。
qzMG_3511.jpg

今日の席は一階奥につくられていました。
qzMG_3484.jpg

右の大きな窓の外は竹林の中庭です。春秋のオープンテラスの時期は気持ち良さそうです。写真に私達のロングテーブルが写りこみました。
qzMG_3485.jpg

植松豊行プロダクトデザイン学科長のご挨拶とシャンパンの乾杯で食事スタートです。
qzMG_3490.jpg

マグロに赤蕪ののったサラダ。フレンチですからカルパッチョとは言わずに何というのでしょう?
qzMG_3491.jpg

キリンのピルスナータイプのハートランドビールです。
qzMG_3493.jpg

フォアグラと椎茸のステーキ。
qzMG_3496.jpg

全粒粉のようなパンです。
qzMG_3495.jpg

真鯛のポワレ 。
qzMG_3499.jpg

マデラソースかと思いましたが、思いのほか重たいソースでお肉の味がよく分かりません。
qzMG_3500.jpg

デザートはマロンモンブランとソフトクリーム。
qzMG_3506.jpg

栗とソフトクリームの軟らかさの対比が面白く、冷たさが気持ちいいです。
qzMG_3508.jpg

2015年と比べると講師の先生方の人数が少なくなりました。私も後何年も講師ができる訳ではありませんので、学校でのいろんな方達との出会いを大切にして、来年も週に一日は教壇に立ちます。
qzMG_3486.jpg

フォーチュンガーデンキョウト (FORTUNE GARDEN KYOTO)

京都市中京区河原町通二条下ル一之船入町386-2
075-254-8843
11:00~ 14:00 17:30~ 24:00
火曜定休

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しをお願いします。

テーマ : お店紹介 - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市中京区


人気ブログランキングへ
18:00  |  フレンチ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.10.09 (Sun)

割烹 山とみ (やまとみ) 京都市中京区先斗町四条上ル

京都先斗町です。今日は人間国宝村山明を囲む会の久々の集まりです。私は5月末の三条の居酒屋「伏見」のお別れ会を兼ねた集まり以来となりました。
qzMG_2959.jpg

8月に一度木屋町三条で召集があったのですが私は欠席でした。今日の席はこの先斗町中ほど鴨川側の「山とみ」です。
写真の一団からは全く日本語が聞こえません。
qzMG_2961.jpg

到着しました。一端店の前を過ぎて写真を撮ります。
qzMG_2962.jpg

今日の座敷は3階でした。早速生ビールです。
qzMG_2972.jpg

今日のメンバーは人間国宝、京都新聞OB、大学教授、住職、舞踏家、銀行マン、庭師、シンガーソングライター、女将、デザイナー他総勢14名。写真の女性は5月いっぱいで暖簾を下ろした「伏見」の女将。店での白ゴム長に大きな白エプロン姿からはビックリするほどの別人28号。
qzMG_2973.jpg

お通しの小鉢の後は刺身です。鮪にハマチ、皮目を炙った鯛とポピュラーですが鮮度は良い感じですが、これまでの三条の伏見でのデカイ大皿に山盛りの刺身に慣れているので上品すぎて変な感じです。
qzMG_2970.jpg

「山とみ」はこのおでんが名物のようです。ただ、私のはコンニャク、ロールキャベツ、玉子ですが、みんなバラバラというのが面白いです。
qzMG_2976.jpg

伏見の女将が雄弁です。この後私の空きかけのビールジョッキが目に入って「何飲む?!」っと大きな声。私が「その声は店の一階のカウンターで飲んでる時と一緒やね。」と言うと周りにえらい受けました。
qzMG_2978.jpg

串揚げが4人分皿盛りで来ました。これも海老は共通ですが後の二つはバラバラの様です。
qzMG_2980.jpg

まあ、衣が付いているからよくは分からないのですが。この海老は強烈に熱かったです。
qzMG_2983.jpg

焼酎麦のお湯割りに替わりました。
qzMG_2989.jpg

椀物は蒸し物で、
qzMG_2984.jpg

お米の焼売に湯葉の餡をかけたもののようです。
qzMG_2986.jpg

恒例の自己紹介スピーチが始まりました。この方は小川勝章さんと言って、京都で250年続く庭師の会社の12代目で今日が初めての中々楽しそうな人です。
qzMG_2993.jpg
●庭造りの真髄について小川勝章

カルビ焼き。
qzMG_2994.jpg

後は食事とデザートのこれで〆です。
qzMG_2998.jpg

写真は撮りませんでしたが、三階に上るまでの階段には凄い数のサイン色紙です。


割烹 山とみ (やまとみ)

京都市中京区先斗町四条上ル鍋屋町226
075-221-3268
12:00~14:00 16:00~23:00
火曜日定休(祝日・祝前日の場合は営業)

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 関西の美味しいお店 - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市中京区


人気ブログランキングへ
18:00  |  割烹  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.05.23 (Mon)

立ち飲み焼鳥 てら 京都市中京区錦小路通大宮東入

水曜日なので学校の講義はないのですが、学校に用事があって、日が暮れて終わってバスに乗ったら河原町を右折していて烏丸を通過してしまいました。大宮で降りましたが水曜は庶民が休みだし、新しいお店に間を空けずに行くのはデザウマでは珍しいのですが、3月18日に続いて大宮です。これも何かの縁と「立ち飲み焼鳥てら」へ向かいます。

相変わらず初めて来る者に得も言われぬ不安を与える入口通路です。左右の壁の向こうは何なんでしょう。
qzMG_0662.jpg

他の店も覗いてみたい気もしますが、今はいいです。
qzMG_0640.jpg

やはりすでに賑わっています。
qzMG_0661.jpg

生ビールから始めたのでこれは2杯目の通称「茶色」という焼酎を紅茶とソーダで割ったものです。前回の「黄色」がシークァーサーとソーダで割ったものが、私には酸っぱすぎたので今日はこれで。
qzMG_0646.jpg

最初は正面のカウンターの向こう側だったのですが、空いたので移動させてもらいました。この店はこの位置が一番落ち着くようです。
qzMG_0654.jpg

メニューの黒板。
qzMG_0651.jpg

ささみの造り。
qzMG_0643.jpg

焼き物を頼んだら、
qzMG_0648.jpg

一気に焼き上がってきました。左からズリ、ハツ、セセリ、ネギマ。
qzMG_0649.jpg

エレベーターです。
qzMG_0652.jpg
なんでエレベーターなのかは前回のデザウマをご覧ください。

目の前の焼き鳥のレンジフードに何やら変なものがあります。
qzzMG_0650.jpg

付けまつ毛をこんなところに貼った奴がいます。二人前も。
qzMG_0650.jpg
右の口の上の鼻が京都のFM局アルファーステーションのステッカーです。この店にも物語がありそうです。

最後は「つくね」で〆てみました。
qzMG_0658.jpg

この店の話を何人かにしましたのですでに2人は来ているはずです。来たら是非、絶滅危惧種になったトイレを体験するようにと言いましたがはたしてどうでしたでしょうか。
●3月18日のてら

立ち飲み焼鳥 てら

京都市中京区錦小路通大宮東入七軒町470-32
075-841-0006
17:00〜24:00
日曜定休

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 居酒屋巡り - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市中京区


人気ブログランキングへ
18:25  |  居酒屋/もつ料理/食堂  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.02.11 (Thu)

居酒屋 たつみ 京都市中京区裏寺町通四条

京都の飲食店は土日営業が普通なので、木曜日定休のところが多いようです。私が週一で先生をしに京都へ来るのが木曜日なので行きたいと思いながら行けない店があります。四条上ル中之町の居酒屋「たつみ」もそんな木曜定休の店。

今日は金曜日でたまたま用事が終わったのが四条河原町で夕方前の4時。一人ですがこれは行かねばなりません。
数々の酒飲みブロガーさん達が必ず訪れている居酒屋「たつみ」です。
qaMG_9552.jpg

ここは立ち飲みコーナーとカウンター席とテーブル席が1/3づつの構成に見えます。初めての私は見通しの良いカウンター席です。
このへんがこちらのトラディッシュナルメニューでしょうか。
qaaMG_9558.jpg

入ってすぐ生ビールと鯵の刺身を頼んだのですが、頼んだと同時にかなり出来上がった吉田類に似てるのに機嫌の悪そうなオッチャンが隣に来るという異常事態発生です。こういう場合デジカメは出さない方が身のためです。
デザウマを書き出したのが2009年の春ですからもう7年ですが、ここまでにはそりゃぁ色々ありました。
qaMG_9557.jpg

仕方なく写真をパスしながら鯵と最初の生ビールの食べ終わりかけに、機嫌の悪い吉田類似のオッチャンは連れが来て奥のテーブル席に移動しました。気を取り直して今日のレポート開始です。
こういう気取らない店では焼酎は富之宝山のロックではなくて、黒霧島のお湯割りが似合います。
qaMG_9553.jpg

すでに刺身を食べているので、あては野菜天婦羅。
qaMG_9554.jpg

京都はもともと立ち飲み屋の少ない土地柄でこの「たつみ」の立ち飲みコーナーは草分け的存在とか。
この茶色いのは野菜天なのに竹輪です。
qaMG_9556.jpg

他の居酒屋同様にフロアーの従業員はバイトの兄ちゃんとパートのオバちゃんのようです。
シシトウガラシの天婦羅。
qaMG_9560.jpg

舞茸の天婦羅の他薩摩芋など380円にしては多彩でお得感のある天ぷらです。
qaMG_9562.jpg
こちらでは珍しいメニューより、聞きなれた定番メニューの方が安くてウマいような気がします。

居酒屋 たつみ(旨いもん三昧やんさんのブログから)

京都市中京区裏寺町通四条上ル中之町572
075-256-4821
12:00~22:00
定休木曜日

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援します。

テーマ : 居酒屋 - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市中京区


人気ブログランキングへ
18:00  |  居酒屋/もつ料理/食堂  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.12.29 (Tue)

京都市中京区東洞院のセイボリー (SAVORY)での懇親会

この正門の年末飾りを見上げるのは3年目です。今日は講師をしている京都造形芸大の来季の授業方針説明会。
qaMG_8909.jpg

今年の夏の五山の送り火にデザウマに登場して頂いた奥田先生と一緒です。時間があるのでカフェテリアでコーヒーを飲みながら互いに「1年って早いよなぁ~.....」と言い合います。
qaMG_9079.jpg
授業運営の説明会は一部と二部があって3時間で終了です。講師の中には以前クライアントだった方達もいて、立場が変わって学生を教えるの事が共通の話題というのは新鮮です。

場所を変えて四条烏丸の少し北の洞院通の2015年グッドデザイン賞受賞のセイボリー (SAVORY)で懇親会です。
qaMG_9086.jpg

ビルの屋上にある店の中に立派な深さ60㎝の畑があって、大根と立派な葱が育っています。
qaMG_9085.jpg

ダイニングから畑の緑を眺めながら食事ができます。
qaMG_9087.jpg
先生方が左京区の瓜生山から続々と到着です。

植松豊行プロダクトデザイン学科長のご挨拶と乾杯で食事スタートです。前菜オードブルが運ばれましたが、何かを形どっているようで、皆さんスマホのカメラを向け出します。
qaMG_9091.jpg

蟹の冷製オードブルをカニの姿にしています。
qaMG_9090.jpg

タラ白子のスープは上手く軽い味に調理されていてます。
qaMG_9092.jpg

鯛でしょうか白身魚のポアレ。
qaMG_9093.jpg

牛フィレ肉の赤ワインソース。
qaMG_9095.jpg

大好きな焼き加減です。
qaMG_9097.jpg

デザートと
qaMG_9098.jpg

珈琲。
qaMG_9100.jpg

食事の後に畑に出て見ました。あぜ道の横は小川が流れています。
qaMG_9103.jpg

この店の事業主は株式会社セントラルフルーツで、こんなメッセージがあります。

「今農業は様々な問題を抱える。「野菜、農業のことをもっと知って欲しい」との想いから、京都の都心で、他に例のないビジネス・モデル「八百一の杜構想」が始まった。青果物販売、飲食店舗の他、3階は畑土厚60cmの農場で四季折々の野菜を耕作。加工から販売まで一貫して行い、採れたての野菜も味わえる。 生産者・販売者・消費者が、ここで出会い対話することで、農業の大切さ、食べる楽しさ、豊かさを感じられる環境を形成している。」

かなり繁盛しているようで、今日のような20人以上になると予約がなかなか取れないと聞きました。
qaMG_9088.jpg

セイボリー (SAVORY)

京都市中京区東洞院通三条下る三文字町220
075-223-2320
11:30~17:00
18:00~22:30
定休水曜日

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : フレンチ - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市中京区


人気ブログランキングへ
18:00  |  フレンチ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.08.20 (Wed)

三條本家 みすや針 京都市中京区三条通河原町

うちの会社の髪の毛帽子WithWigでは、量産タイプの販売だけでなく、個別のお客様に対応する手縫いの加工もやっています。そんな時大切なのが手縫いの針です。長さ、硬さ、しなり、バランス、糸通しなど色々要望があるようで、全てに納得のいく針はそうそうないそうです。
そんな中、スタッフから京都三条河原町に良い針が手に入る店があると聞いて、相方と行きます。
14080601.jpg

『みすや針』は東海道五十三次の始発点、京の三条大橋で300年、店の創業からは400年の歴史を持つ老舗です。
 江戸時代に荷物にならない、良質の京土産と喜ばれ、旅のお人によって全国に知られるようになったそうです。

写真はお店のカタログから(解像度が荒いです。)
14080604qq.jpg
14080604q.jpg

『みすや針』という名の由来
現在の場所にお店を構えた当時、『池ノ端針』の家号で商いをしておりました。
1651年より宮中の御用針司となり、『みすや』の家号は、1655年に、後西院天皇(後西天皇1637~1685)より賜りました。
3-a.jpg  3-b.jpg

御所で針を造っておりました私どもの先代が、「清め」の意味と、その技が秘術であったことから、御簾(みす)の中で作業をしておりました。この様子を天皇様がご覧になったためと思われます。
3-b.jpg  3-d.jpg

針は小さな刃物です。刀と同じように鉄を鍛えて作ります。
『みすや針』の一番の特徴は、縫うときに抵抗がないことです。

1 針先 
針の先に肉眼では見えない程度に角度をつけています。これは、鋭くとがらせすぎて繊維を切断しないよう、むしろ繊維の間をくぐり抜けるようにという配慮のためです。

2 表面
研磨の工程で細かな縦筋をつけております。これは、針が繊維を通るときの摩擦をなるべく少なくし、布通りをよくするのです。
14080aa602.jpg

3 針穴
丸穴です。最大限に大きな穴があき糸通しが容易です。穴の内側もやすりで磨いておりますので、糸が引っかからず、糸切れしにくく抵抗が少なくなります。ま た、最も抵抗を少なくしている理由として、針穴に糸を通したときに針の太さと同じになるようにしています。

4 強度
強く粘りのある針にするため独自の熱処理を施し、針の先部分は硬め、針穴周辺は柔らかめ、胴に当たる部分には弾力を持たせるようにしております。
このため、『みすや針』には弾力性があり、「曲げたときに、一瞬曲がって折れる」と言った最もよい針の条件を満たしております。
14080602aa.jpg
6 その他 
布通りに一番適した針にするため、メッキ加工はしておりません。
以上のように、小さな針1本にも、たくさんの工夫をしているのです。

京都ローカル番組のインタビュー動画がありました。私らの相手をしてくれたのは18代目でした。


買ってきた針を「髪の毛帽子WithWig」製作に使ってみると、これまでの針と比べ物にならないくらい良いという評価です。特に糸の通し易さは抜群で、さすが400年の歴史は伊達ではありません。
でも、家の歴史から言うと応仁の乱より後ですから、うちの家の勝ちでヾ(・・;)ォィォィ

14080605.jpg

何にしてもこれは立派なプロダクトデザインだと思います。

三條本家 みすや針
京都市中京区三条通河原町西入ル
075-221-2825
10:00~18:00
木曜定休

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤による脱毛を快適にサポートする髪の毛帽子WithWigを応援しています。

テーマ : 街角で見つけた面白いもの - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 京都府_京都市中京区


人気ブログランキングへ
18:03  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.03.03 (Mon)

Bar 酒司 飛鳥 京都市中京区

京都の西木屋町を歩いていたら、この看板が目に飛び込んできました。
酒司と書いて「しゅし」と読ますBarは「酒司にむら」か「酒司川口」の系列です。
qqMG_1556.jpg

飛鳥さんという方は確か最初の「にむら」の南店から、北新地の「にむら」に移った、当時
若手のバーテンさんだったような気がします。
中のバーテンさんが、あの飛鳥さんなら、37~38年ぶりです。
qqMG_1554.jpg

入口横の壁に 四分一瓶(しぶいちびん)が飾ってあります。飛行機や新幹線の車内販売で
見るボトルのチョイ大きい目のボトルコレクションは初代の二村さん以来の伝統。
店に入ります。
qqMG_1553.jpg

ハイボールを頂きます。このところの天神橋サンボア以来ハイボールづいています。
こちらはデカい氷を入れるタイプです。
qqMG_1542.jpg

懐かしい話しができました。こちらがオーナーの飛鳥さんです。
qqMG_1543aa.jpg
写真OKをもらうのを忘れました。すみません。
残念な話も聞きました。デザウマでも紹介した「酒司前田」が昨年末で閉店していました。

静かな時間の流れる店内です。
qqMG_1545.jpg

桃の節句の雛飾りで、今年も春が来ていると気づかされます。
qqMG_1551aa.jpg

Bar 酒司 飛鳥

京都市中京区西木屋町通四条上ル紙屋町674-5
075-255-4725
17:00~23:00
定休第3水曜日


どうぞ、今日も人気ブログランキングボタンに愛のひと押しをお願いします。

テーマ : Shot Bar - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市中京区


人気ブログランキングへ
18:09  |  バー/喫茶店  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.08.11 (Sat)

京とうふ藤野直営店こんなもんじゃ・七味の店ぢんとら 京都市中京区錦小路通

錦市場です。
r9909.jpg
久々に京都です。体感37度、湿気もあって暑いです。予定時間より早く目的地近く
に、到着したので、近くの錦市場に寄ります。会社近くの天神橋筋商店街に馴染み
過ぎたのでしょうか、ムチャクチャ上品な通りに感じます。平成5年完成の
アーケードは3色の朱/緑/黄の構成で、食品を鮮やかにみせる配色なのだとか。

堺町通りの交差点に、京とうふ藤野直営の「こんなもんじゃ」があります。
r9923.jpg
こだわり大豆と水で作った豆乳を使った豆乳ドーナツやソフトクリームがあります。
ようは豆腐以外の豆乳スイーツを売っている店です。

あまりの暑さに、豆乳ソフトクリームを買おうと通りを左に曲がると順番待ち。
r9919.jpg

豆乳ソフト250円、抹茶ソフトは300円。

豆乳ソフトと言えば、昨年行った伏見稲荷の「京豆庵」の受験生ごひいきの「逆さにしても落ちない豆乳ソフト」をデザウマで紹介しました。

あっちはシットリきめ細かい系ですが、コチラは硬めのジェラートのよう。
r9912.jpg
サッパリスッキリとウマいです。

食べ進めるとアラ!?穴が開きました。微妙な残念感です。( ̄m ̄〃)
r9915.jpg

隣の石臼で挽いている山椒に目がとまります。TVの「和風総本家」で紹介された山椒。
r9924.jpg
和風総本家と言えば地井武男さんです。ご冥福をお祈り申し上げます。

紀州山椒を指示通りに耳かき半分を舐めてみます。
r9926.jpg
(*'0'*)エッ!?と言う感じで山椒が香った後10分はビリビリ感があります。
思わず香りの良い極上山椒670円を買いました。うどんや蕎麦、おでんやすき焼きに
抜群に合うそうです。やってみます。

京とうふ藤野直営店こんなもんじゃ

京都市中京区錦通堺町北西角
075-255-3231
10:00〜19:00
定休なし

七味の店・ぢんとら


京都市中京区錦小路通堺町西入ル中魚屋町494
075-221-0038
火曜定休(火曜日祝祭日の時は翌日休業)

おまけ。私は猫派ですが、和風総本家の豆助は大好きです。初代から7代目の豆助の動画がありました。

和風総本家はテレビ大阪の制作なんですね。てっきりテレビ東京と思っていました。

どうぞデザウマに拍手を!ブロクランキングボタンも押してください!

テーマ : ♪おすすめ♪ - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市中京区


人気ブログランキングへ
16:00  |  デザート/お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.11.03 (Thu)

BAR 文久 (ブンキュウ)

前記事の居酒屋伏見を出たところで、国宝から一杯だけつき合えとなりました。
鴨川を渡って三条河原町の繁華街に入っていきます。BAR「文久」です。今日で3回目です。
20r.jpg

間口の狭い入口を潜り抜けると小さな中庭があります。
文久c

いつも戸の開いている広いテーブルと墨色の壁のバールームに続いています。
5人以上になった事がないのですが10人は無理な四角いテーブルです。
これまで何度か写真を試みたのですが、この暗さは写真泣かせです。
文久a
(写真は安田勝実建築研究所さんから)

この文久はオーナーが「花政」という五代続く老舗の和花屋さんで、創業が文久元年で
BARの名前を文久としたそうです。建物はもともと花の室(むろ)で使っていたと聞きました。

だからでしょう。「文久」には必ず凛とした空気感のある一輪の花が飾られています。
ちょっとした隠れ家のような素敵なBarです。
カウンターには男雛飾り。
IMG_6617.jpg

アイリッシュウイスキーを水で割っていただきます。
IMG_6621.jpg

国宝は静かに語ります。
IMG_6620a.jpg

ウイスキーにはwhiskyとwhiskeyの二通りの綴りがあって、語尾を「ky」と綴る
スコッチやカナディアンに対し「key」と綴るアイリッシュやバーボンがあって...
創業者の家系がスコットランド系かアイルランド系かによって....
IMG_6618.jpg
写真のバーテンとそんなどうでもいい話をして顔を上げると私を見る彼は何かペタッとした
3D画像でした。時空をさまようように「文久」の夜は更けていきます。

BAR 文久 (ブンキュウ)

京都市中京区河原町三条上ル二筋目東入ル
075-211-1982
不定休

今日も拍手ボタンと人気ブログランキングボタンをポン、ポンと押して頂ければうれしいっす 。

テーマ : お酒 - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市中京区


人気ブログランキングへ
15:36  |  バー/喫茶店  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |