FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018.11.01 (Thu)

麺屋 さん田 京都市右京区西院追分町

今日も昼一に京都西院のクライアントで打ち合わせで、仕事仲間のNさんと早めに待ち合わせしてお昼を取りながら下打ち合わせしようとNさんのお勧めのつけ麺屋さんに向かいます。
qaMG_0950.jpg

西院駅から徒歩10分ほどでイオンモール京都五条北側の麺屋 さん田に到着です。
qaMG_0952.jpg

ボケましたが上の写真の拡大です。暖簾の左下に「贈 吟醸ラーメン 久保田」とあります。すでに何度か行って知っているNさんの話では、店主の三田さんは大学途中でラーメンにハマって、一風堂と下京区西松屋町の吟醸ラーメン 久保田で修行されたそうです。修行先からの暖簾贈呈はなかなかの腕という事でしょうか。楽しみです。
qasMG_0952.jpg

店内は奥に細長くてカウンターだけ。平日の昼時は行列必至だそうですがすんなり入店できました。
qaIMG_0954.jpg

後ろ姿の店主の三田さん。
qaMG_0953_20181028172446549.jpg

スープが鶏と水とはいさぎ良さが伝わってきます。
qaIMG_0956.jpg

こちらの最も標準タイプのつけ麺の並にしました。
qaMG_0958.jpg

麺鉢には太めの麺と大き目の四角い志那竹と鶏チャーシュー。
qaMG_0959_20181028172454db0.jpg

太めの平打ち麺はモッチリで、鶏骨を炊上げた濃厚つけダレと抜群に合います。
qasMG_0966.jpg

鶏胸肉のチャーシューは結構薄味でレア感があるのでつけダレで頂きます。
qaMG_0960.jpg

ほぼ正方形の志那竹は噛んだ歯触りが新鮮です。
qaMG_0964.jpg

つけ麺用スープ割り出汁と鶏油(小ぶりの黒い瓶)があります。
qaMG_0957_20181028205059173.jpg

麺を食べた後の残ったつけダレをスープ割り出汁で割ります。思いのほか軽くて味わいのあるスープになります。
qaMG_0971.jpg

鶏油を加えると、スープの味が引き締まって旨味が増します。
qaMG_0973.jpg

12時半になると店内は満席で外は行列でした。行くなら11時45分までには入店したいです。
qaMG_0974.jpg

麺屋 さん田(リンク先はぴあ関西版)
京都市右京区西院追分町7-4
075-321-5556
11:00~14:00 18:00~21:00
定休月曜日 (祝日の場合営業、翌日火曜休み)

今日もデザウマの人気ブログランキングボタンにどうぞ愛のひと押しをお願いします。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市右京区


人気ブログランキングへ
14:00  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.07.28 (Sat)

焼鳥 才(Sai)  京都市右京区西院高山寺町

ひと月ちょっとぶりの京都西院の折鶴会館の焼き鳥の才(Sai) です。今日は近くのクライアントでの会議がうまく行ったので、仕事仲間のNさんと二人でお疲れさまの一杯です。
qaMG_9544.jpg

前回はディープ感満載の裏からでしたが、今日は表から入ります。真ん中の通路から右が才(Sai) です。私もNさんもこんな隠れ家的でウマい店が大好きです。
qaMG_9543.jpg

今日も焼き台が良く見える場所に陣取りました。
qaMG_9518_20180716141428d1d.jpg

このところの日中の異常なまでの暑さには参りますが、その分この最初の一杯がたまりません。
qaMG_9522_201807161414382a7.jpg

今日も早速キャベツを行きます。
qaMG_9516.jpg

刺身はヒラマサ。
qaMG_9511.jpg

前回は頼まなかった刺身ですが、驚いたことに立ち飲み居酒屋なのにワサビが本物のおろしワサビを使っています。私の居酒屋と割烹の違い認識は、居酒屋が粉ワサビで割烹は本物のおろしワサビを使うというものですが才(Sai) は例外になります。
qaMG_9512.jpg

まぐろユッケ。
qaMG_9513_201807161414357df.jpg

クライアントの会議が終わってまっすぐ来ましたので、店内の時計はまだ5時10分です。
qaMG_9515.jpg

トウモロコシの天婦羅はバラバラの粒を固めるタイプでした。
qaMG_9520_20180716141437638.jpg

では、直下の強火で短時間でフンワリ仕上げた独特の焼き鳥を頂きます。まずハート。
qaMG_9524.jpg

Nさんは店オリジナルのシークヮーサー焼酎で私は芋の水割り。
qaMG_9533_20180716141444547.jpg

ネギ身。
qaMG_9525_20180716141441313.jpg

レバー。
qaMG_9526_20180716141443ab8.jpg

ズリ。
qaMG_9528.jpg

皮。
qaMG_9532_20180716141449a65.jpg

軟骨には辛子が良く合います。
qaMG_9536_20180716151208f9f.jpg

ごぼうのフライ。
qaMG_9537_201807161512092da.jpg

よく食べました。やはりメニューを楽しみたかったら二人以上にかぎります。
qaMG_9541_20180716151212be6.jpg

●2018.06.25 焼鳥 才(Sai)  京都市右京区西院高山寺町

焼鳥 才(Sai) リンク先はキョウトピ

京都市右京区西院高山寺町15
075-316-0708
17:00~24:00
日曜日定休

今日もデザウマの人気ブログランキングボタンにどうぞ愛のひと押しをお願いします。

テーマ : 立ち呑み/立ち飲み - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市右京区


人気ブログランキングへ
11:00  |  焼き鳥/焼き肉  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2018.06.25 (Mon)

焼鳥 才(Sai)  京都市右京区西院高山寺町

数か月前に仕入れた情報で、立ち飲み屋でウマい焼き鳥を出す「才 Sai」という店が阪急の西院駅の近くの折鶴会館一階にあるというのがあり、気になっていました。やっと大学での授業を終えた黄昏時に来ることができました。なかなか雰囲気のある建物です。
qaMG_8930.jpg

これを見ると折鶴会館には7つの店舗が入っているようです。
qaMG_8929_20180603165721f3c.jpg


ここです。初めてガラッと引き戸を開けて入るには勇気が要りそうな雰囲気です。
qaMG_8928.jpg

私はどうやら裏から入ったようで、表通り側にもガラス戸の入り口がありました。とにかく店内の見通しの良さそうな場所に立ちます。
qaMG_8899.jpg

生ビールを頼んで、壁を見るとここにもありました。「男性から女性へ声をかけるの禁止」張り紙です。大宮の立ち飲み居酒屋「庶民」にもありました。大阪では見かけませんので、京都の男はイタリアっぽいのでしょうか。
qarMG_8903.jpg

まあとにかく今日もお疲れさまの一杯です。
qaMG_8900_201806031657336a1.jpg

目の前にはキャベツです。
qaMG_8919.jpg

で、二度付けは禁止のソースタレがあります。
qaMG_8908_20180603165734900.jpg

キャベツをちぎってソースをつけます。甘みのあるキャベツです。
qaMG_8915.jpg

ポピュラーなメニューはかなり安めです。
qaMG_8911.jpg

焼き物はまずハツをタレ焼きで、
qaMG_8910.jpg

ズリはもちろん塩で、
qaMG_8912.jpg

これは三角(ヒップ)で表面はカリカリで、旨味のある油がジュンワリです。
qaMG_8924.jpg

才のユニフォーム姿の店員の体に隠れるほどの小型の焼き台で、どうして早く客に焼き物を出せるのかと思ったら、ここの焼き鳥は高温で一気に焼き上げる小ぶりのタイプでした。いわゆる焼き方が目の離せない加減の難しい焼き作業です。
qaMG_8923.jpg
柱には何やらオジサンの楽しそうな写真が貼ってあります。

一番奥の壁に気になる紙がはってあり、新規オープン、立ち飲み焼きとり、「てら」とあります。ああ、そうかと焼き台前の店員に聞くと私が焼き鳥がウマいと2度行っている阪急大宮駅近くの「てら」の大将は元こちらのスタッフで、"てらちゃん"という愛称で、8年ここにいて独立していったのだとか。
qaMG_8922.jpg
どうりで箱の大きさはこちらの方がはるかに大きいのですが、居心地が似ていると思いました。

●2016.05.23 立ち飲み焼鳥 てら 京都市中京区錦小路通大宮東入

焼鳥 才(Sai) リンク先はキョウトピ

京都市右京区西院高山寺町15
075-316-0708
17:00~24:00
日曜日定休

今日もデザウマの人気ブログランキングボタンにどうぞ愛のひと押しをお願いします。

テーマ : 居酒屋 - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市右京区


人気ブログランキングへ
16:00  |  居酒屋/もつ料理/食堂  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |