2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.09.19 (Tue)

アジア太平洋トレードセンター(大阪南港ATC)

大阪南港ATCは通称で、正式には「アジア太平洋トレードセンター」。大阪市住之江区の咲洲に建設した大規模複合施設とその運営会社名で、 O's棟とITM棟で構成されています。今日はそちらのデザインオフィスで打ち合わせです。北区の会社から車で40分で、到着しました。
qzqMG_6314.jpg

ここは九州行のフェリー埠頭でもあります。
qzMG_6338.jpg
そういえば2009年にここから写真のサンフラワーで大分に行った事があります。

ATCの館内に入ります。
qzMG_6327.jpg
この場所も2011年の「みんなの∞フェスタ」にうちの会社のネット通販事業の髪の毛帽子WithWigで参加してデザウマで紹介しました。

バブル時代の残り香を感じながらIMT棟のホールから写真のシースルーエレベーターで上に上ります。
qzMG_6352.jpg

今日の目的はこちら。
qzMG_6311.jpg

打ち合わせは順調に進んで、下に降りて一緒にランチを頂きます。お店の予備知識がないのでこの辺りではお勧めのグーノートという店に入ります。
qzMG_6326.jpg

元は福島区海老江にあった店が引っ越ししてきたそうです。
qzMG_6322.jpg

料理は全て安心できる100%オーガニック食材を使用、調味料にもこだわって、安全で安心できる、無農薬・無添加のオルター食材使用というのが売りとあります。
qzMG_6324.jpg

それほどオーガニック食材が売りならこの「新鮮サラダセット」を頼めば良かったと後悔しました。
qzMG_6325.jpg

で、頼んだのがこの知床ファーム牛のハンバーグセット。
qzMG_6314.jpg

もうちょっとシットリ感が欲しかったけど美味しかったです。
qzMG_6315.jpg

打ち合わせを終えて、久々だったのでIMT棟を見て回ります。ここはおそらくの日本で一番デカイ100均のダイソー。
qzMG_6354.jpg

すぐ横にある福岡のめんたいこ店かねふくの「めんたいパーク」。ゲート右で出迎えるのはCMソングを歌う氷川きよし。
qzMG_6342.jpg

めんたいこの歴史から製造工程、販売からイートインスペースがあって、
qzMG_6343.jpg

実際の製造ラインまであります。
qzMG_6345.jpg

以前のデザウマでも紹介しましたが、南港ATCは今や世界的に有名なコスプレタウンなので、こんな張り紙があります。週末はめんたい豚まんや、めんたいソフトクリームを食べるコスプレーヤーが大勢いそうです。
qzMG_6353.jpg
6年前の平松大阪市長時代のデザウマに南港ATCのコスプレ事情を書いてます。
●2011.10.30 みんなの∞フェスタの会場のATCは今....

goo-note (グーノート)

大阪市住之江区南港北2-1-10
06-6613-2150
11:00~20:00
年中無休 (ATCの休館日に準ずる)

デザウマ人気ブログランキングボタンにはげましと愛のひと押しをお願いします。 ボタンは下にあります。

テーマ : 大阪 - ジャンル : 地域情報

タグ : 大阪府_大阪市住之江区


人気ブログランキングへ
16:00  |  居酒屋/もつ料理/食堂  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.12.28 (Sun)

柿プリンはいかがでしょうか

今日は市立工芸のOBクラス会です。そろそろみんな孫のいる世代なので、12月に入っても暇だろうとメールで28人に休日招集かけたら日が悪かったのか何と7名だけでした。
qqMGqq5181.jpg

今日の会場は住之江にある昨年の6月に紹介した「CAFE&BAR にむら」です。
qqMGqq5182.jpg
アララ、カメラを構える私が写り込んでいます。

クラス会にはうってつけかも知れません。
qqMG_5177.jpg

今日は3時半から8時頃までの4時間超で、サンドイッチやカナッペなどの軽食とワンドリンク付きで一人3000円でお願いしました。場所は若干不便ですが北や南で2時間で追い出されれるよりはるかにましです。それにキャッシュオンデリバリーで頼むスコッチウィスキーは南と北新地で長年鍛えたバーテンダーの二村三郎さんが出してくれます。
qqMGqq5178.jpg

そんな事で楽しい時間を過ごしました。本当に若干場所は不便ですが20人までのクラス会にはもってこいの場所です。マスターも気軽に相談に乗ってくれます。

そして......気になったのがこの柿プリンです。コーヒーソーダの味は知っているので触れません。
qqMG_5189.jpg

これが柿プリンです。なんと材料は完熟の柿と牛乳だけ。ゼラチンも卵も使っていません。
qqIMG5188.jpg

材料:柿(熟しているもの)…好きなだけ
    牛乳 …柿の半量
    シナモン …適量

①.柿の皮を剥いて種を除いたら、実をフードプロセッサーかバーミックス等でピューレ状にする。
②柿ピューレに牛乳を入れよくなめらかになるまで撹拌させ、冷蔵庫で冷やし固めて出来上がり。
 (お好みに応じてブランデーを加えるのは有り。柿が完熟でなければ砂糖少々。)
 食べる直前にシナモンパウダーを少量。

柿に含まれるペクチンが牛乳と反応して固まるそうです。
qqMG_5191.jpg

柿1個のビタミンCは一日の必要量をほぼまかなえるくらいで、疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に効果があります。カリウムは、体内の余分な塩分を排出し、高血圧を改善します。ビ タミンCとタンニンには血液中のアルコール分を外へ排出する働きや副腎機能低下を防止する働きがあるそうです。また、酵素(カタラーゼ、ペルオキシダー ゼ)がアルコールの酸化、分解を促ため、血中アルコール濃度の上昇防ぎます。

柿のプリンという名前がぴったりの味です。本当に簡単でウマいですから、つくってみて下さい。
qqqMG_5191.jpg

CAFE&BAR にむら

大阪市住之江区住之江2-5-15
090-1026-5969
カフェタイム 8:00 - 17:00
バータイム 18:00 - 23:00
水曜日定休

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : 美味しくて、オススメ! - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市住之江区


人気ブログランキングへ
16:01  |  デザート/お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.06.12 (Wed)

曽根崎新地の BAR酒司 にむら が復活です

47年の歴史のある老舗BARの酒司「にむら」が昨年6月に北新地の店を閉じましたが、
大阪の南の方の住之江で復活しましたので今から行きます。
その前に天王寺のつづきです。ここはハルカスの真下の阿倍野橋交差点陸橋です。
北西に通天閣が見えます。
3715.jpg

新しい歩道橋です。右が新しい近鉄百貨店のハルカス下です。
3716.jpg

MIOはJRの天王寺駅の駅ビルです。ストリートバンドの若者がギターかき鳴らしています。
3718.jpg
そういえば、昔市立工芸の高校生時代の文化祭で学校の実習服姿で顔に墨を塗って、この
陸橋の上で「靴磨きのイベント」をしましたっけ。

上から見たパース画がありました。上の細いグリーンの屋根が今から乗る阪堺線ホーム。
3720.jpg

こちらは実物。
3719.jpg

こんなレトロな電車で我孫子道駅に到着です。
3722.jpg

駅から西に歩いてものの6分で到着です。
3724あ

前回も登場のマスターの奥さまです。
3723.jpg

にむらマスターは10か月の休暇たっぷりでお元気です。
3730あ

久々にスコッチを頂きます。このデカい一個氷は久々で、コースターもそのまま。
3731.jpg

なかなか広いお店です。住宅街ですから昼間は喫茶もやってます。
3735.jpg
今日はご挨拶という事で、また改めて紹介させてもらいます。

CAFE&BAR にむら


大阪市住之江区住之江2-5-15
8:00 - 23:00
カフェタイム 8:00 - 17:00
バータイム 18:00 - 23:00
水曜日定休

○今回の天王寺1回目[初めて食べました。丸亀製麺]
○今回の天王寺2回目[パンケーキ専門店 ButterあべのHoop]

この阪堺電車は実に面白い路面電車です。
3736.jpg

こんな軌道上を走っていたかと思うと。
3737.jpg

いきなり車と並走する路面電車になります。
3738.jpg

電車は帝塚山に差し掛かります。丸いファサードは有名な洋菓子店の「ポアール」です。
藤原紀香さんの結婚式のケーキがこことは知りませんでした。知ってどうする事もないですが。
3739.jpg
車に乗り出した25歳位の時によくここに来てプチシューを食べました。
次に「にむら」さんに行く前に寄ってみましょう。

どうぞブログランキングボタンを押して行ってください。

テーマ : ドリンク - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市住之江区


人気ブログランキングへ
18:00  |  バー/喫茶店  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |