2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018.02.26 (Mon)

焼肉 昇 大阪市天王寺区

長い間ブログを書いているとお目当ての店が行ってみると閉店していたとか移転していたなんて事があります。今日はそんな事があり、偶然もあって印象深い日でした。
qzMG_7254.jpg


デザインして造った3次元CADデータで試作モデルをつくってもらうために天王寺の外注先で昼一から打ち合わせになりました。打ち合わせの前にお昼を済ませておこうとこの界隈での人気店という評判の中華屋の「其蘭 (きらん)」という店をめがけて行きます。

ところがナビアプリでその場所に行くと、そこは焼肉屋でした。
qzyakinikuャ
打ち合わせ時間を考えると今から探し直す時間はないので、そんな人気店だった場所にマズイ店は来ないだろうと勝手な理屈で入店します。

オープンしてまだ新しいそうなインテリアです。この間まで中華屋だったのだからそりゃそうでしょうよと呟きながら、写真右のカウンター席に座ります。
qzMG_7251.jpg

これがランチメニュー。ここはやはりハラミ定食にします。
qzMG_7238.jpg


席に着いて驚いたのが頭上のこの絵です。何とピカソのゲルニカです。何で焼肉屋がゲルニカと思いますが、そんな事は若い店員に聞いても無理そうなので、ゲルニカの下で焼き肉ランチもまたいいじゃないかと。
qzMG_7236.jpg

私にはこのピカソのゲルニカに悲しい思い出があります。25才で初めて行ったパリのルーブル美術館で、市立工芸高校時代からずーっと見たかった実物にやっと会えるとゲルニカの前に立ったら、小さな四角い紙が貼ってあって、ゲルニカは一週間前にニューヨーク近代美術館に移ったと書いてあります。 (〒_〒) ビエ~~ン!!

そして私が30才の時に出張で行ったニューヨークで仕事の合間にやっと時間をつくって、尋ねた近代美術館のゲルニカの絵の前で、またもや小さな四角い紙を見ます。そこには「スペインは独裁政権が倒れて民主政権となり、安定した一定期間が過ぎたのでピカソの遺言通りにスペインに先週返還されました。」と。 (≧□≦) ウワァ~~ン!!
現在はマドリードのプラド美術館にあるので、私は何としてもスペインに行かねばならないのです。

そんな事を考えていたら私の焼肉ランチのハラミが来ました。
qzMG_7240.jpg

付け合せは豆腐キムチと
qzMG_7244.jpg

白菜キムチ。
qzMG_7245.jpg

綺麗なサシ柄でタレの絡んだハラミ。
qzaMG_7241.jpg

焼きます。ゲルニカの左の牛のハラミもこんなのでしょうか。
qzMG_7247.jpg

そんな事を考えながら、ご飯と一緒に少し赤身の残るハラミを美味しく頂きます。
qzsMG_7248.jpg
このハラミランチは私ら位の歳には丁度のボリュームです。
次に天王寺区で昼過ぎに打ち合わせが有ったら必ず中国料理 其蘭(きらん)に行ってデザウマで紹介しましょう。

最後にもう一度ゲルニカを見上げて「絶対に行くぞマドリードのプラド美術館へ。」と誓いを新たにする私でした。 ( ̄‥ ̄) =3


焼肉 昇


大阪市天王寺区真法院町17-24
050-5594-7645
11:30~15:00 17:00~23:00
月曜日定休

人気ブログランキングボタンに愛のひと押しを、今日は特別に私のスペイン行にガンバレ!の応援をお願いします。

テーマ : 焼肉 - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市天王寺区


人気ブログランキングへ
16:02  |  焼き鳥/焼き肉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.01.22 (Wed)

炭火やきとり 赤目(あかめ) 天王寺区

チェックしているブロガーさん達の間で最近話題のやきとり屋があるので行きます。
qqMG_0908.jpg

谷町九丁目と上本町六丁目の間にあるお店で、長屋風の外観のお店です。
谷九のホテル街の北西角あたり。
qqMG_0943.jpg

店の外観に比べてずいぶんカジュアルな看板です。
qqMG_0942.jpg

ブロガー泣かせの(写真に不向きな)暗いインテリアは昭和レトロというより古民家です。
qqMG_0897.jpg

一品ものメニュー。
qqMG_0931.jpg

焼き物のメニューです。けっこうお安めです。
qqMG_0930.jpg

焼鳥屋定番のキャベツの突出し。
qqMG_0895.jpg

生ビールは一口先に飲んだら泡が消えてしまいました。ご覧のように相当暗いです。相方の
iPhoneのLEDで照らしてもらってやっとこの写真です。
qqMG_0894.jpg

お造りはササミにキモ、ココロの三種盛りで朝挽きでウマいと評判です。
まずササミ。もっちりと甘いです。
qqMG_0902.jpg

レバーはこの透明感で新鮮さが分かります。
qqMG_0901.jpg

普通はダメな私でもこれは美味しくいただけます。
qqMG_0906.jpg
あったり、なかったありのもっとウマいと噂の銀ギモが今日は有りませんでした。

ココロです。
qqMG_0900.jpg

自家製ザル豆腐は胡麻塩みょうがで。
qqMG_0909.jpg

これも良いお味です。こうなると焼き物が楽しみです。
qqMG_0911.jpg

セセリポン酢は上の大根オロシが多すぎて肉が見えません。
qqMG_0913.jpg

お酒のメニューです。
qqMG_0928.jpg

焼酎芋にスイッチします。
qqMG_0915.jpg

ズリ
qqMG_0916a_20140113154433b93.jpg

ネギマ
qqMG_0918.jpg

つくねはちょい崩れぎみが残念。
qqMG_0920.jpg

「ココロのこり」はこころの周りの部位。
qqMG_0921.jpg

ココロ
qqMG_0923.jpg

肉づき軟骨は気に入りました。
qqMG_0925.jpg

サラダ代わりの生春巻き。
qqMG_0933.jpg

ブタバラ
qqMG_0934.jpg

とりユッケ
qqMG_0938.jpg

とり雑炊で〆ました。
qqMG_0941.jpg

赤目の焼き鳥のレベルはなかなかのもんで、何より居心地の良い店です。せめてもう少し
テーブル面が明るければ言う事なしですが。
qqMG_0950.jpg
ウマい焼き鳥屋をまた一軒見つけました。近々再訪します。

炭火やきとり 赤目(あかめ)

大阪市天王寺区上汐3-7-16
06-6773-1360
17:00~25:00(L.O.24:00)
定休日曜

下のデザウマの人気ブログランキングボタンに愛のひと押しをお願いします。

デザウマは抗がん剤による脱毛を快適にサポートする髪の毛帽子WithWigを応援しています。

テーマ : 居酒屋巡り - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市天王寺区


人気ブログランキングへ
18:05  |  焼き鳥/焼き肉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.03.05 (Thu)

うどん 「ふぅふ~亭」 天王寺区上本町

ふぅふ~亭外観釜揚げうどんふぅふ~亭店内


うどんの本場讃岐レベルのうどん屋を大阪市内上本町で発見。

私は「蕎麦派」なのだが、一昨年の夏に行った四国の金比羅さんで食べた
うどんは旨かった。

大阪の旨いと言われる店のうどんはツルツルと喉ごしは良いのだが、
ダシ味で食べさせる気がする。口の中に広がる小麦の香りが少ないのだ。

先週、知人に連れていってもらった店は凄かった。名前は「ふぅふ~亭」
みのもんたがやっていた「愛の貧乏脱出大作戦」に出てくるような名前。

メニューは、「ぶっかけうどん」と「ざるうどん」と「釜揚げうどん」
の3種類のみ。店はオバアちゃん一人とオバさん二人。

連れに勧められるままに「釜揚げうどん」を注文した。麺が茹で
上がるのを待つ間、おろし金でしょうがをすりながら待つ。
これが本場・讃岐と同じスタイル。

数分待って、うどんが運ばれてきた。麺はエッジの効いた、
芯を残したタイプ。コシがあってモチッとした噛みごたえがある。

驚いたのは浸けダシの色が薄いこと。麺をつけて食べると、
しっかりとした味がついていて旨いし、最後に小麦の香りが ファ~ンと残る。

香川県坂出から仕入れた粉を2種類ブレンドしてできた麺。
足で踏み込み12時間以上寝かせてるらしい。

隣で先に食べ出した小学生っぽい姉妹づれの家族がいて、
上の子が「おウドンおいしいなぁ~」下の子が
「うん、おいしいなぁ~」と2回言った。
君たちの味覚は正しいし、何より美味しいものをちゃんと 美味しいと
表現できる君たちを素晴らしいく思う。

うどん 「ふぅふ~亭」
大阪市天王寺区上本町3-1-2 
TEL:06-6762-2862
営業時間:昼11:00~18:00(売り切れ閉店) 
定休日:日曜祝日


行きたい人はこちらから
http://ricchan8.fc2web.com/sanukiudon-tour/kannsai/hu-hu-tei.htm

テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市天王寺区


人気ブログランキングへ
16:58  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |