FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2020.01.15 (Wed)

中華料理 アベノ珉珉  大阪市阿倍野区阿倍野筋

午前中に八尾で打ち合わせを済ませてJRで天王寺まで戻って、あべのキューズモールで探し物を済ませるとお昼過ぎです。このあたりでお昼を済ませて会社に戻ろうと思うのですが、さて何をたべようかと迷っていると前々回の「大阪市立工芸高等学校卒業50周年の集い」の高校時代の事を思い出しました。確か50年前にこの界隈には「あべの銀座」と言う怪しげな通りがあって、その路地裏に「アベノ珉珉」という私が初めて餃子を食べた店がありました。
qaMG_5239 のコピー

あべのキューズモールの案内板に「アベノ珉珉」の文字を見つけて来てみました。やはりこの店も再開発でビルの中に入っていました。
qaMG_5255 のコピー

これがランチメニューです。
qaMG_5253 のコピー

広い店内の奥の席に着いて、先のメニューの下段にラーメンと半炒飯のメニューがあったので、餃子と焼き飯半分はできるか聞いたらできないといわれてしまいました。
qaMG_5237 のコピー

今日の目的は何といっても高校時代の餃子なので仕方なくこの餃子定食にします。
qaMG_5238 のコピー

やって来ました餃子定食。餃子12個とご飯と漬物とマカロニサラダと中華若芽スープ。
qaMG_5240 のコピー

小ぶりのぷっくらタイプです。くっつかないで皿にバラっとでてくるのも50年前と同じと思います。
qaMG_5241 のコピー

小皿に酢を入れて醤油少々、ラー油を3滴。この配合も50年前の悪仲間と食べていた時と同じ。
qaMG_5242 のコピー

いただきます。
qaMG_5243 のコピー

いい加減なことを言いますが、昔と同じちょっと濃いめでご飯にも良く合う味付けは昔と同じです。
qaMG_5245 のコピー
アベノ珉珉は昭和33年頃に千日前珉珉本店からの暖簾分けだそうで、昔は床が油でベタベタでオーダーの中国語が飛び交う店でした。「あべの銀座」界隈の怪しげな路地は香港映画の「九龍城砦」を彷彿とさせていました。今は明るくて清潔なビルのテナントですが私はあのラビリンス感がとても懐かしいです。


中華料理 アベノ珉珉
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1
06-6649-5926
11:00~15:00 17:00~22:30 (土日祝:11:00 ~ 22:30)
不定休

人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを❣

テーマ : 餃子 - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市阿倍野区


人気ブログランキングへ
16:00  |  中華料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.12.20 (Fri)

牡蠣 やまと

天王寺で用事を済ませて外へ出たら日がもう暮れていました。この10年ほどですっかり様変わりした阿部野橋界隈です。右上に60階建てのあべのハルカスが見えます。ここはべのキューズモールの西南側。
qaMG_5084 のコピー

何処かで何か食べて帰ろうと思いますが新しい街なのでお店の情報は仕入れて来ましたがどこにするかは決めていません。歩いていると新築のビルの一階に立ち飲み屋があります。おそらく昔からこのビルの場所で営業していた店なのでしょう。
qaMG_5085 のコピー

何やら安くてウマそうな肴がありそうです。この二軒の場所は覚えておくとして、今日は寒くなって最盛期を迎えている牡蠣にします。
qaMG_5086 のコピー

こちらです。牡蠣専門店やまと。
qaMG_5083 のコピー

こちらも新しいビルへの移転組のようです。
qaMG_5073 のコピー

お得と言われると素直に従って生牡蠣と生中にします。
qaMG_5054 のコピー

外は寒いのですが、最初の冷えた生ビールはウマいです。
qaMG_5055 のコピー

この生牡蠣は兵庫県の赤穂産との説明。
qaMG_5059 のコピー

レモンを絞って、ちょい塩で行きます。
qaMG_5063 のコピー

何かウマそうなので頼んだ、そびえ立つアンチョビポテトサラダ。
qaMG_5066 のコピー

これはウマいです。ビールにとても良く合います。
qaMG_5069 のコピー

カウンターの端は常連客ののようです。
qaMG_5070 のコピー

焼酎芋のお湯割り。
qaMG_5071 のコピー

牡蠣の白ワイン蒸し。
qaMG_5074 のコピー

上品な味でスープも美味しいです。
qaMG_5078 のコピー

牡蠣と言えばカキフライです。
qaMG_5081 のコピー

三種類のタルタルソースで頂きます。明太子のタルタルがイケます。
qaMG_5079 のコピー

このビルの中には昭和の中頃にはすでにあった餃子の眠眠や,おでんの明治屋などの老舗も入っていますが、今どうなっているかは分かりません。高校時代に迷い込んだらなかなか出口が分からないラビリンスのような商店街が無くなってちょっと寂しいです。


牡蠣 やまと

大阪市阿倍野区旭町2-1-2
06-6636-5959
17:00~24:00
不定休

今度は最初の写真の2軒の立ち飲み屋さんのどちらか美味しそうな方に行ってみます。

人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 関西の美味しいお店 - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市阿倍野区


人気ブログランキングへ
16:00  |  居酒屋/もつ料理/食堂  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.11.10 (Mon)

葡萄家 まはり  阿倍野区文の里

用事で地下鉄天王寺駅の一つ南の昭和町に来て昼近くになりました。昭和町と言えば過去に 阿倍野区松崎町の「太刀魚重處  たちじゅう園」を書きましたが、今日はそこから歩いて6分のイタリアン「 葡萄家 まはり」です。
qqMG_4739.jpg

この看板の感じがイタリアの食堂っぽいです。
qqMG_4760.jpg

ランチメニューが外に掛けてあります。私の今日の胃が重たい食事はカンニンと言っているようなので、ウマそうな自家製メンチカツをあきらめてハンバーグにしようと思います。
qqMG_4740.jpg

写真のドアから入ってきて、カウンターの端に座ります。柔らかい日の光が入る店内です。
qqMG_4741.jpg

オープンキッチンが良く見えます。12時を過ぎると同時にほぼ満席です。
qqMG_4757.jpg

ランチのミネストローネスープが来ました。程良い酸味と旨味ですが、器が両持ち手の直接口に運べないのに、スープスプーンが浅過ぎてイラつくのが残念です。
qqMG_4745.jpg

200gのハンバーグとサラダプレートとライスです。
qqMG_4749.jpg

ハンバーグのアップ
qqqMG_4748.jpg

つけあわせサラダのアップです。これが結構ウマいです。
qqMG_4753.jpg

断面から肉汁ジュンワリのハンバーグのアップです。肉の味とソースの味のバランスがイイです。
qqMG_4751.jpg

バブルの頃にライスをフォークの背にナイフで押しつけて食べるのが流行っていましたが、そんな事をするのは日本だけと分かった今は誰もしなくなりました。
qqMG_4754.jpg

コーヒーがついて税込860円でこのお値段はお得感があります。
qqMG_4755.jpg

夜のお勧めメニューがありました。拡大写真で見にくいですが、なかなか魅力的です。ワインも美味しいのがお手頃価格と聞きますのでちょっと遠いですが一度来てみたいです。
qqqMG_4743.jpg

この「葡萄家 まはり」の西隣に、私が卒業した大阪市立工芸高校があります。ここが本館の正門です。
qqMG_4772.jpg

この赤レンガに緑の屋根と時計台の建物は築80年程の歴史があって、こんなプレートがありました。
qqMG_4771.jpg

アートしているエントランスです。
qqMG_4770.jpg

一階の廊下は太くて白い角柱が印象的で、1966年の山崎豊子の長編小説「白い巨塔」の映画ロケで、財前教授(主演:田宮二郎)の回診シーンに使われたと先輩から聞かされました。
qqMG_4769.jpg

今も変わらない筆洗の模った噴水と、ブロンズ像のこの場所にはいろんな思い出があります。
qqMG_4764.jpg

学生が笑いながら小走りに過ぎて行きます。昔と一緒です。
qqMG_4763.jpg


葡萄家 まはり


大阪市阿倍野区文の里1-8-24
06-6624-5001
11:30~14:00  17:00~23:00
定休月曜 (月曜が祝日の場合は火曜

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市阿倍野区


人気ブログランキングへ
16:13  |  イタリアン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.07.16 (Tue)

丸窓がトレードマークの帝塚山ポアール

丸窓がトレードマークのポアール帝塚山本店の話は先日の「曽根崎新地の BAR酒司
にむら が復活です」の記事
の最後にチラッと紹介しました。
main.jpg
写真はお店のサイトから。

それを見てた相方がNYから一年ぶりで帰国した友人と半壊電車イヤちゃう、阪堺電車に
乗って(PCの変換には注意しましょう。)帝塚山でケーキが食べたいと行ってきました。
3739.jpg
(この阪堺電車からのポワールの写真は前回のデザウマから)

という事で私は行っていないので店内の写真はありません。二階席で食べたケーキと
紅茶はウマかったという報告がありました。行きたかった........(ノ_・、)

そんな報告程度で済む訳はないので、これがお土産に。シューアラ・クリーム。
4199.jpg

ポワールの名物プティーシュー10個入りです。
4227.jpg

これが名物プティーシューのキャッチフレーズ
ぴちしゅー

お待たせしました。
4201.jpg

一個のアップです。直径3センチ足らずですがしっかりシュークリームプロポーション。
4202.jpg

一口で行けるのですが、まずひとかじりします。小さいけれどクリームはシューの中一杯。
4203.jpg
見えるでしょうか、バニラビーンズの黒点があります。

殆ど25年ぶりですが変わっていません。最初に食べたのは確か1975頃です。口の中で
カスタードクリームと柔らかめのシュー生地が一緒に溶けて、バニラの香りが最後に、
フンッと消えていくので、つい次に手が出ます。

次は絶対店に行きます。( ̄‥ ̄)=3
そういえば帝塚山と言えばで洋菓子とパンの菊一堂も有名でした。わたしは豊中や箕面の
菊一堂によく行ってましたがバブル以降に撤退に次ぐ撤退で、今は帝塚山本店もなくなっ
たと聞きました。ポワールはずっとあの交差点の角にあって欲しいです。

ポワールのヒストリー

ポアール 帝塚山本店

大阪市阿倍野区帝塚山1-6-16
06-6623-1101
9:00~22:00
年中無休

今日もちょっと下にある人気ブログランキングボタンを押して行ってくださいね。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市阿倍野区


人気ブログランキングへ
16:46  |  デザート/お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.07.02 (Tue)

「魔法のレストラン」に酒なんでも研究所 カフェ部が

一年ちょっと前に書いた古い友人が始めた、阿倍野のお酒なんでも研究所 カフェ部が、
水野真紀の魔法のレストラン|MBS毎日放送月曜午後7時からの番組で紹介されました。
せっかくですから今日はその報告記事です。
タイトル

2013年6月17日(月)放送 モモコが本当に通う天王寺・阿倍野コレ秘密やでぇ~!
長野博 ロザン

おさけなんでもwwwャ

ロザンの宇治原と菅ちゃんと長野博がレポーターです。
アお酒

看板アップは私も撮りました。ん、撮ってなかったかな。
osake a

研究所ママの大野みさこさん。
おさけなんでもrrrチャ

料理は少量で一品づつ出てくるのでこれは撮影用です。
wwお酒ャ

osakenandemo ャ

料理に日本酒をあわせて、思わず「あう!!」、のシーンですが、後ろからママの明るい
笑い声が聞こえてきます。
osakeプチャ

お酒なんで

では動画でどうぞ


お酒なんでも研究所 カフェ部


大阪市阿倍野区王子町1-7-8
080-4413-2685
15:00~20:00
月曜火曜定休

阿倍野ハルカスの近鉄百貨店がオープンしたこともあって、このところデザウマは大阪の
南の方づいています。また近々来ることになりそうです。

どうぞ、人気ブログランキングボタンを押して下さい。また下り気味で.... (/ヘ ̄、)グスン

テーマ : お酒 - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市阿倍野区


人気ブログランキングへ
18:03  |  居酒屋/もつ料理/食堂  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.06.14 (Fri)

太刀魚重處 たちじゅう園 阿倍野区松崎町3

このところ天王寺や住之江と、大阪の南の方づいている私です。今日も阿倍野区界隈です。
昼一番の会議なのでこのあたりで昼食にします。先日の土曜日の午前中に何気に見ていた
TVの「あさパラ!」で紹介していた「うな重」ならぬ太刀魚の「たち重」がたいそうウマい
という事で店を訪ねて行きます。
3765.jpg
着きました。「たちじゅう園」の前から、東の方を見ています。
この先は我孫子筋で交差点には阿倍野区役所があり、その南隣が我が母校の大阪市立
工芸高校なのでこの辺は良く知っています。辻調の看板が見えます。辻調理師学校が
ここにできたのは1960(S35)年と聞きますから、私が知ってるずーっと前からこの場所。

ここです。「たちじゅう園」。
3766.jpg

ご主人が園SONOさんというらしいです。珍しい名字です。
3768.jpg
太刀魚の漁獲量日本一の和歌山の箕島漁港から直送される「紀州 紀ノ太刀」を使う
珍しい太刀魚料理の専門店です。

店の看板メニューの太刀魚の蒲焼重「たちじゅう」をいただこうと来たのですが、真ん中の
数量限定「たちから丼」が気になります。何なんでしょう。
3767.jpg

カウンターの端に座りました。厨房の仕事が良く見えます。
3763.jpg
どこの店も厨房は蛍光灯で、店内の白熱灯にカメラを合わせたらこんなに青白い光です。
料理をするんですからせめて3波長型の蛍光灯にして欲しい私です。

甘辛い「たちじゅう」は次回にして、数量限定「たちから丼」がOKだったのでそれにします。
きました。
3753.jpg

たちから丼=太刀魚の唐揚げ丼ぶりです。ワンコインだからどんなものかと思いましたが、
なんの、ボリューミィーです。
3752a.jpg

ご飯にカイワレのあと濃いめの天つゆのようなものをかけてたちからをのせて、最後に
マヨネーズ。
3755a.jpg
熱々唐揚げのサックリの後から太刀魚の凝縮された旨味がきます。これはウマい。
マヨネーズもイイです。

太刀魚の骨せんべいが入ったサラダですが、残念なことに厨房の青白い蛍光灯で美味しく
見えません。
3754a.jpg

鰻高騰のための代用でそこそこ旨い太刀魚を使う目新しさの店かと、少しは思ってましたが、
何の違います。鰻高騰で脚光を浴びたのは事実でしょうが、太刀魚のウマさを再認識します。

ウマ味のタレがしみた硬めのカイワレご飯がいいです。
3759.jpg

頭上には太刀魚の立体的額が飾ってあります。
3762.jpg

3760.jpg
鰻のような脂はなく、穴子のようなコク深い旨みはないのですが、そんなものとは違う
太刀魚独特の上品な旨みです。次は「たちじゅう」か「たちじゅう白焼き」か、
生の海鮮「たち丼」を行ってみましょう。

夜のお酒は宝山の芋麹全量があります。
3764.jpg
お昼より先に夜に来てしまいそうです。

太刀魚重處 たちじゅう園

大阪市阿倍野区松崎町3-17-4
06-6623-3483
11:30〜14:00 17:30〜22:00
定休日曜祝日

ひたすら良い仕事をしそうなたちじゅう園の園さんに拍手です。
デザウマのブログランキングにも拍手ボタンを!!

テーマ : お魚料理 - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市阿倍野区


人気ブログランキングへ
18:00  |  寿司/天ぷら/鰻/カツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.06.10 (Mon)

パンケーキ専門店 ButterあべのHoop

3694.jpg

丸亀製麺の後はキューズモールの中を歩き回り買い物をしながら過ごすこと2時間。
ちょっと何かデザートっぽいものを食べたくなりましたので、これも前から気に
なっていたパンケーキ専門店 Butterに向かいます。

阿倍野橋筋を渡ってハルカスの南隣のあべのHoopビルに向かいます。
ハルカスが高いです。アイガーの北壁みたいな西壁。
3685.jpg

Hoopビルの下からハルカス南壁を見上げます。首が痛いです。
3686.jpg
丁度この場所です。27歳で阿倍野近鉄リニューアル計画に参加していて、オープン
前日の大嵐の夜中に搬入の大型トラックの群れとの悪戦苦闘がありました。あの時、
私が今でも持ち続けるモットーができました。
「人は信じるべき、でも信じ切ったらエライ目に遭う。」

目的のパンケーキ専門店 Butterはオープンエントランスの地下にあります。
3691.jpg
あっ!左上の赤いKYKの文字見えるでしょうか。関西で知名度抜群のトンカツのKYKです。
阿倍野橋店はビルが新しくなってもここにあります。

私が大阪市立工芸高校に通っている時にもこの場所でした。その時分にKYKの由来は
「K近鉄デパートY横のK角」と聞いて妙に納得していました。

でもそんな訳はなく、実は「K瓦町Y洋裁K研究所」の略。創業者の曲田甚太郎さんはこの
阿倍野橋筋KYKの軒先でライター販売をしていて、懇意にさせてもらっていました。

のちに瓦町洋裁研究所を閉じる時、店を譲ってもらう代わりに「KYK」名前を残すことになった
そうです。これが昭和21年に誕生した「喫茶K・Y・K」が事業をトンカツに移しても
「トンカツのK・Y・K」
と名乗っている理由です。

そんなどうでもいいことを考えながら、順番待ちの時間30分が過ぎて入店します。
3687.jpg

牛やらキリンやらの像が目につきます。
3693.jpg

相方チョイスのプレミアムパンケーキ純生クリーム&北海道生乳ソフトクリーム添え980円
3700.jpg

私チョイスの発酵バターの窯出しフレンチパンケーキ純生クリーム添え780円
3702.jpg

生クリームウマいです。パンケーキの生地の風味がもっともっとあって、シットリ感が
出れば文句なしです。忙しいので焼き急ぎしているのでしょうか惜しいです。
3705.jpg

有機ブレンドコーヒー 380円
3707a.jpg
私はどちらかというと先日の宝塚パンケーキ専門店 Voila caféの方が好きです。

お金をかけないでかかっているように見せるテクニックはなかなかのもんです。
3710.jpg

パンケーキ専門店 ButterあべのHoop

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-30
06-6629-2333
11:00~23:00
定休日はあべのHoopに同じ

すみません。予告していた老舗BARの酒司「にむら」の記事は次回に。

今日もブログランキングボタンを押して行ってぇ~~~~。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市阿倍野区


人気ブログランキングへ
18:00  |  デザート/お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.10.04 (Tue)

お酒なんでも研究所・カフェ部  阿倍野区王子町

私の古くからの友人が昼飲み日本酒バーをオープンさせました。
吟味された大吟醸と、そのお酒用につくられた肴を味わう趣向の店です。殆どの大吟醸が一杯500円、お料理もだいたい一品500円で日本酒好きには、たまらない店です。
お店の場所はココです。地元の人でも分かりにくいので地図を出します。
0005824_2.jpg

地図にあるファミリーマートの交差点から天王寺方面を見ます。
IMG_6172.jpg

このファミリーマートの交差点を右に入ると途端に狭い住宅地です。
この狭い道の右側に何と「浪速の女ハスラー玉撞き屋の千代さん」集英社文庫刊で、今話題の香川照之のお母さんの浜 木綿子主演で舞台にもなった、南大阪最古のビリヤード場YASUNA倶楽部でした。
IMG_6174.jpg

大正生まれの千代さんは今も店に元気でいらっしゃるとか。
745527399213.jpg

そんな情緒のある住宅地にお店はあります。
昼飲みと言えば隣駅の阿倍野橋に「明治屋」というウマい燗酒とおでんを出す店がありました。
日のあるうちから近所の旦那集が、外を走るチンチン電車の音を聞きながら飲んいでるという風情のあるお店。私は2度しか行けなくて、その時はまだデザウマを書いていなかったので、紹介できずじまいです。明治屋は残念な事に再開発の立ち退きで、近くの大きなビルに入ってしまいました。

今は昔のような旦那集はいませんが、酒好きの暇な中高年は山ほどいます。お酒なんでも研究所・カフェ部はそんな人達にはドンピシャな店ではないでしょうか。
到着しました。
IMG_6177.jpg

日本酒はこれまで何度か、ブームが来そうで来ない時代が続いています。つい最近では老舗がつくるワンカップってのがありましたがダメでした。この店の大吟醸という日本酒の本流でのチャレンジには拍手をしたいです。
看板のアップです。
IMG_6179.jpg

店主みさ子さんは25年間、北新地でワイルドターキーというバーボンBARをやってた人で、今はご主人と好きなお酒と料理の研究をされていて、上質な日本酒を味わいたい人のために、この夏にお店を開いたそうです。
ズラリと大吟醸です。
IMG_6181.jpg

お料理が出てきます。
香潤鶏モモ肉の野生オレガノを使用した甘酒漬け
IMG_6194.jpg

合わせる大吟醸は岡山県 櫻室町 純米大吟醸
IMG_6184a.jpg

若鶏のハートの玉葱レモン醤油漬
この塗りの器とのバランスが良かった。デジイチを持ってくれば良かったです。
IMG_6204.jpg
これには富山県 勝駒 大吟醸

カツオのソース漬のオリジナル低温調理、おろし生姜と浅葱
IMG_6211.jpg

オリジナル低温調理ってのが気になりますが、説明を聞いても何か難しそうです。
酒がウマいからいいです。
IMG_6212.jpg

秘伝長期熟成自家製ハム(桜とヒッコリー)と神山椎茸の昆布〆
IMG_6219.jpg
秋田県 飛良泉 山廃純米大吟醸

熊本産干し淡竹と美味しい出汁で仕込んだ特性和風メンマ
IMG_6222.jpg

日曜日の5時頃です。今日のメンバーは私とこちらのシャンソン歌手の栄子さんと、
妙子さん、どちらも古い付き合いの友人です。(お二人とも顔出しOKありがとうございます。)
私らの他は年配の夫婦と女性客でした。
IMG_6206.jpg

上等なものを少しづつ。とってもリッチな気分になります。
それでいて殆どの大吟醸と料理がワンコインです。
座席数が少ないので、必ず予約して行く事をお薦めします。
明るい時間から飲むと酔うのが早いですね。  ( ̄ω ̄)ボー…

お酒なんでも研究所 カフェ部

大阪市阿倍野区王子町1-7-8
080-4413-2685
17:00~23:00 (土曜日のみ15:00~23:00)
月曜火曜定休

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : 日本酒 - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市阿倍野区


人気ブログランキングへ
18:30  |  バー/喫茶店  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)
 | HOME |