FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.11.13 (Fri)

お好焼 もんじゃ「一丁目」台東区

今年のグッドデザイン賞のイベントが全て終わりました。
6月締め切りの書類審査の準備から半年間はけっこう長いです。
仲見店

一夜明けて、東京の友人と浅草に行きました。
ここに来るのは15年ぶりでしょうか、ほどんど変化はないようです。
雷門b

この提灯が松下幸之助さんからの寄贈とはしりませんでした。

名物の人形焼きです。食べるのは子供のとき以来です。
この仲見店にも何件も焼きたてを出す店がありますが、中には回転する自動機が
おいてあって、ポコポコ出てくるのを紙袋に入れて出すだけの店もありました。
浅草人形焼きd

そんな中でこちらはまったくの手づくり。職人さんが金型をひっくり返しています。
これを買いました。極薄皮で中がもっちりアンコは機械ではできません。
これも日本の文化です。
浅草人形焼きe

濡れ煎餅の串です。これはウマかったです。
浅草ぬれせん

浅草観音さまへのお参りをすませて、昼過ぎとなりお腹が空いてきたので
もんじゃ焼きでもとなりました。もんじゃと言えば月島ですが、浅草にもいい店が
あるという噂です。

事前に調べなかったので、今回はみんなの勘が頼りです。
で、決めたのはこちら。結構有名店でした。
浅草もんじゃa

店内です。
浅草もんじゃc

東京の友人は実は関西人。でももう東京が長いので焼き手をおまかせします。
出てきました。もんじゃのモチ、海老、コーンです。
もんじゃ1
薄茶色の繊維状のものはスルメです。美味しい出汁になります。
まず、上の具材だけを鉄板に
もんじゃ2

これを刻みながら焼き上げて、真ん中に大きな穴をつくります。
もんじゃ3

その穴に、ボウルの残りのスープを流し込みます。スープをかき回しながら、
もんじゃ4

固まってきたら、広げた具材と混ぜ合わせて、胡椒とウスターソースを加えて
ひたすら刻みます。
もんじゃ5

一段と固まってきたら出来上がりです。

食べ方は小さいはがしで、カキとるように延ばしてひっくり返していただきます。
食べ方はいろいろあるようですが、今回私はこんな食べ方をあみ出しました。

手前にウスターソースを焼き固めたゾーンをつくって、
口に運ぶ前にこのソースもかき取って一緒に頂きます。香ばしいのです。
もんじゃg

もんじゃ焼きの達人ってのがありました。仕事が速いです。


お好焼 「もんじゃ一丁目」

東京都台東区浅草1-21-2
03-3845-7566
火~金17:00~22:30
土日祭11:30~21:30
月曜定休

お店を出て少し歩くと、三遊亭円楽さんに出会いました。
古典から近代への落語の道筋をつくった方です。心よりご冥福をお祈りいたします。
浅草手形円楽

この後、夕食の新大久保へ移動します。
これが、また大変なことに...。
浅草駅

拍手ボタンと人気ブログランキングボタンを押して頂ければうれしいです。
(反映されるのには1日かかるようですと前日書きましたが、半日だそうです)

テーマ : こんなお店行きました - ジャンル : グルメ

タグ : 東京都_台東区


人気ブログランキングへ
23:19  |  粉もの(お好み焼き/たこ焼き/豚まん)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |