2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.05.04 (Thu)

アストロビジョンという公共施設向けの大型画面

久々に私のデザインのお話しです。それも結構大きいもの。
まずはこの写真からです。大阪の人なら大抵知っているこの場所。国際見本市会場のインテックス大阪です。このエントランスを入って行きます。インテックス大阪の施主は大阪市。総合設計は東畑建築事務所で1985年の竣工。
qzイン0037-1

外からも見えた大きなインテックスプラザというドームの中に私のデザインしたモノがあります。
qzイン0050

これです。名前はインテックスビジョン。私がデザインしたのは1984年頃です。当時アストロビジョンという大型画面の技術を持っていた松下通信工業株式会社(現 パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社)が大阪市から受注しました。
qzDSCF4750.jpg
設計デザインは松下電器産業総合デザインセンターが行い、私が所属していた環境デザイン研究所が委託業務として請負うこととなり、私が担当となりました。当時私はまだ20歳代。

季節によって、夕方に西日が当たりだすところに設置場所を指定されて、画面にカメラのレンズフードのようなカバーをつけました。
qzインx114f07f9
INTEX VISIONの文字のスペースには使わない時の保護用のロールシャッターを収納しました。左右の黒いスリットはスピーカーです。建築寄りではないオーディオっぽいデザインが特徴で、結構好評でした。

数十年経った今でも大阪マラソンのランナー達や、
qzインebd578bfa

くまモンと仲良くさせて頂いています。
qzイン9397

実はこの時にインテックスビジョンの画面部分と、当時盛んに売り出したパナソニックの屋外PAシステムのRAMZAと組み合わせて大阪ビジネスパークに竣工する「TWIN21」のパナソニックタワーのアトリウムに設置する事になりました。真ん中の画面です。
qz松obp13B

アップにします。防護シャッターは必要がないので、頭が軽い感じのデザインです。
qz松mg_main_4
こういう施設設備のデザインを担当すると、その公共施設がある限り息長くメンテナンスされて残って行きます。

施設が無くなって、今は無いものもあります。これが私のデザインの中で今のところ最も大きい仕事でした。分かるでしょうか、今は無き阪急西宮球場です。下は名神高速道路で大きく下にカーブして行く先は西宮インターチェンジです。その高速道路側に小さくポコッと山形に盛り上がった構造物が見えます。
qz西03006

私がデザインした西宮球場のスコアボードです。
qz西0426-2
スコアボードの総合施工は東芝電材で、アストロビジョンの技術を持っている松下通信工業が画面担当で入りましたが、結局画面担当側がスコアボード全体のデザインから実施設計をする事になり、私が担当になりました。阪急、東芝、松下の皆さんとの充実した仕事になりました。

ラジカセみたい。とかスコアボードらしくないとか色々意見はありましたが、そのうち狙い通りに西宮球場と言えばこのスコアボードというシンボルアイコンに育ってくれました。黒ではなくN3のグレーにしたので天気によって色が変わるのが特徴的でした。
qz西0426-1

西宮球場はもうありませんが、『阪急西宮ギャラリー』に精巧なジオラマ模型があり、そこの動画にスコアボードが残っていました。


こちらが西宮球場と阪急西宮北口駅周辺のジオラマ模型

その後、西武所沢球場の横長ワイドで、センターアストロビジョンのスコアボードのデザインにも参加させて頂きました。

今日も下のデザウマ人気ブログランキングボタンにはげましと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : プロのお仕事 - ジャンル : 就職・お仕事


人気ブログランキングへ
18:00  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.12.29 (Thu)

また懐かしい36年前の私のデザインに会いました

地味なデザインの紹介で恐縮ですが、あまりに懐かしくも突然の出会いがありました。
前回の天満宮のハンバーグを食べた樹林亭 (キリンテイ)のトイレの手洗い水栓金具が1980年前後(今から36年前)にデザインしたものでした。出会いは突然やってきました。
qz2ハンドル混合水栓99

実際は全体ではなくて、このグリップです。頭のねじキャップは外れていて丸い穴が見えています。これは水専用の単水栓ですから本当はブルーのねじキャップが付いているのが本来の姿です。
qzT136MUNR13.jpg

1980年にTOTOからの依頼でデザインしたのがこの混合水栓でした。グリップはこの時のデザインです。
qz20090307135322.jpg

回転式グリップは普及型の水栓金具に使われるので、汎用品として息の長い使われ方になったようです。初代は白っぽいワームグレーでしたが、このモデルは白っぽいクールグレーの少し透明系の樹脂成型品です。外形はそのままに、色と素材は時代に合わて進化してきたようです。
qzMG_1733.jpg

賃貸住宅やホテルの洗面所の混合水栓、洗濯機への給水栓、10年前まではシャワー水栓にも使われていました。最新のTOTOの電子カタログで見ると残っているのはこの単水栓(品番T136MUNR13)だけです。

TOTOからの依頼テーマは「最低10年はモデルチェンジ無しで使える息の長いデザインで、大人から子供の手まで石鹸のついたスベる手で確実に回せるグリップ」でした。
qzMG_3398.jpg

当時、この仕事はスタッフにやらせずに、自分でクレー粘土を触って造りました。こんな単水栓用のグリップを横に寝かせた使い方は予定していませんでしたが十分にしっかり回せます。
qzMG_3396.jpg
デザインして36年経った今でも製品カタログに載っている製品を担当できたのは名誉な事と思います。あの時TOTO九州小倉で開発担当だったビールが大好きで、ケンタッキーフライドチキンの大きなバケツに入ったパーティーバーレルを阪神タイガースのナイターを見ながら平らげるのが大好きですと言っていた巨漢の藍川さんを思い出しました。元気にしてるかな。

私のロングライフなデザインをまとめてみました。
●TOAエンジニアリング車搭載用コンビネーション型ホーンスピーカー1971~
●松下電工配線器具 ザ・タップ1989~
●松下電工スポットライト 蛍光灯スポットライト1980~
●大阪ガス ガスバーベキューコンロ1971~
●大阪ガス 押し回しガスコックシリーズ1971~

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しをお願いします。

テーマ : すぐれもの - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
18:00  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.09.24 (Sat)

2016年の大瓜生山祭が終わりました

京都造形芸術大学の2016年大瓜生山祭の大階段も今日は台風の影響で暗いです。
qz大階段ャ

大階段は登らずに新しくできたカフェヴェルディ 京都造形芸大店の横からエレベータで上がります。写真は今やカフェの天井となったホールの天井照明。
qzriguti 6e

エレベータを上がると、今年の京造形ねぶたの展示が始まります。今年のテーマは「刻」です。各学科総出での1回生5人から3人のグループ製作。9月に入って2週間で完成させます。
例年通り作品へのコメントは私の印象です。

いきなりですがゴキブリです。白くて大きくても近寄りたくないほどリアルです。
qzMG_2856.jpg

私達には馴染み深いコニシの木工ボンド。
qzMG_2857.jpg

大きいからよく分かりませんが、エンドピンが伸びているので多分チェロです。
qzMG_2858.jpg

乳歯から永久歯に生え変わる子供の歯です。内側から見る歯が新鮮です。歯ブラシになった気分です。
qzMG_2860.jpg

パスコの食パン「超熟」が袋から出たところ。私には「刻」のコンセプトの解釈が謎。
qzMG_2867.jpg

絵になるカットです。
qzMG_2869.jpg

構造が分かるだけに、両腕の浮き方に感心します。眼がいいですね。
qzMG_2873.jpg

アトムの妹のウランちゃんのスカート姿みたいで、足の太さの割にお尻がありません。
qzMG_2874.jpg

最初のコニシボンドと同じ狙いでしょうか。
qzMG_2876.jpg

先日書いたこの学祭の予告記事のLクラスの優秀賞受賞の「猫・猫・猫」です。やはり動きを感じる作品です。このアーチ形状は良くできています。
qzMG_2866.jpg

先頭のネズミは結構マンガチックです。
qzMG_2863.jpg

そして、学長賞に輝いたのがJクラスが造った、写真のメッセージの「レジ袋」です。横にトロフィーがあります。
qzMG_2877.jpg

ミニチュアの骨組み模型がありました。
qzMG_2878.jpg

確かにこの作品の良さは実物でないと分かりません。これでも雰囲気を伝えようと頑張ってシャッターを切りました。
qzMG_2880.jpg
風で膨らんだ瞬間のレジ袋の様がよく分かります。

今年は昨年の「包む」のブラジャーのような他の展示会への貸し出し作品は無かったようで、開催の翌日20日には全て解体されたそうです。
写真は上の相撲関取の制作風景です。熱い製作の2週間は彼らの記憶に一生残るのでしょう。
qz1406573_n.jpg
写真はプロダクトデザイン学科のOe先生のところから勝手に拝借しました。Oe先生、すみません。m(_ _)m

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術


人気ブログランキングへ
18:00  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.07.21 (Thu)

京都造形芸術大学 瓜生山農園

大学の前期の授業も終盤に入ってっ来ました。私が担当している道具のデザイン論に関わりがあるので、今日は任意参加で課題が順調に進んでいる学生と一緒に、この丘陵地に建つ校舎のさらに上にある瓜生山農園に行きます。
これは学内の地図です。私の担当教室が真ん中上のJで、瓜生山農園はその右上のカマボコ屋根。
qzMG_2062.jpg

校舎最上階の前からいきなり山道が始まります。
qzMG_1951.jpg

実はこの瓜生山農園を主宰しているのは日本人宇宙飛行士第一号の秋山 豊寛さん。2011年の福島第一原発事故で避難してきて、この大学の芸術学部創造学習センターで 教授をされています。
この先が大学のあるマジノ要塞のような斜面の頂上です。
qzMG_1942.jpg

そんな方が、私が教えている教室のわずか上の方におられるとは、もっと早く知るべきでしたと後悔しています。
スタートしてほぼ5分で到着です。
qzMG_1944.jpg

秋山さんはクリエイターやアーティストを目指す人達にとって、五感を研ぎ澄ます事の大切さを説き、その為の瓜生山農園と説明されます。畑の自然を通して、気配とか予知という人間に備わった能力を理解し、発展させる教育をされています。

温室の中です。人には辛いこの暑さも作物には良い気候のようです。
qzMG_2041.jpg

露地ものも元気に育っています。
qzMG_1945.jpg

茄子。
qzaMG_1946.jpg

かぼちゃ。
qz09258577894317_n.jpg

枝豆。
qz649735742806008_o.jpg

学生の手で植えて収穫したものをその場で食べたり、家で学生自ら調理したりします。
qz1088037668564_n.jpg

無農薬で自然肥料育ちの野菜はウマいです。
qz0774758556_n.jpg

・秋山さんがこの温室で原発の事、福島の事、農園の事を語ります。


・2012年に大学で収録した「夜な夜なカフェ Vol.8 寺脇研 x 秋山豊寛 @京都造形芸術大学 」


秋山さんのデータ
qzaキャプチャ
秋山 豊寛あきやま とよひろ、1942年生まれジャーナリスト、
1990年ソユーズ宇宙船に乗船し、日本人初の宇宙飛行士となる。
東京放送(TBS)に入社し、政治部記者、ワシントン支局長、外信部デスク、
国際ニュースセンター長、報道局専任局長を歴任。
京都造形芸術大学芸術学部教授。

おまけです。何とか言う蛾の幼虫です。無農薬な農場環境だからでしょうか。ここの蜘蛛はデカいし、こんな蛾の幼虫もデカいです。ここの農園を体験した学生も大きく育って欲しいです。
qzMG_2055.jpg

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育


人気ブログランキングへ
18:00  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.03.14 (Mon)

懐かしい出会いは続きます。

タイトル通りの事が起きました。駐車場に車を入れて、会社の前の交差点で、目の前に一台のタンクを積んだトラックが止まりました。
qaMG_9681.jpg

この時期に「ゆ~きやこんこん」と鳴らしながら灯油を販売して行く近所のガソリンスタンドの車です。そのスピーカーが見た事のある形です。通り過ぎながら写真を撮ります。ブログを書く者としてデジカメは何時も鞄の外ポケットにスタンバイしています。
qaMG_9679.jpg

向う側のスピーカーは何処の物か知りませんが、これは間違いようのない、私が40うん年前にデザインして先日このデザウマで記事にした東亞通信工業(現TOAエンジニアリング)の車搭載用の「コンビネーション型ホーンスピーカーSC-35P」です。
qaMG_9680.jpg

前記事はまさかあるかなとネットオークションを見たらあって驚いたというものでしたが、今度は40年以上ぶりに目の前に現役の実物が現れてびっくりぽんです。●前回のデザウマ記事
qaaMG_9681.jpg


しつこく、アップで押さえます。サイドステーのネジには荷台を照らす照明を抱えながら、現役バリバリで仕事をしている姿は頼もしく見えます。紫外線劣化もさほどないようです。
qaaMG_9680.jpg

もう一度●東亞通信工業(現TOAエンジニアリング)のサイト(下の方にあります。)
20150516214053a90_20160301153714a81.jpg
ただ、私の記憶ではこれは大阪万博の翌年1971年のデビューだったと思います。40年以上前の1年誤差は問題にはなりませんが。

これも先のPanasonicのラジオコンデンサマイク大阪ガスのコンロガスコック同様に最初に勤めたD産業デザイン研究所での2年半の仕事でした。

不思議なものでバブルの頃に関わった建築の仕事はマンションを除いて殆ど残っていませんが、その遥か前からやってきたプロダクトデザインの仕事はこのように現役で残っているものが多いです。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : すぐれもの - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
18:00  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.02.29 (Mon)

National ブラッドフォード・グランドアワードのポケットラジオ

家の書棚から古いスケッチが出てきました。先日のワイヤレスコンデンサマイクの前年のペーペー時代の私が初めて松下電器(現パナソニック)のラジオ事業部の仕事で、アメリカ向けのポケットラジオのデザインを担当した時のものです。
qabMG_7609.jpg

確かブラッドフォード・グランドアワードという全米の電気量販店のブランドで松下電器がOEM提供する商品でした。私が所属していたD産業デザイン研究所と大阪でも老舗のYデザイン会社とのコンペ形式でスタートした仕事でした。

当時松下電器のラジオ事業部は私より4才年上の先輩のSさんの担当する仕事でした。D産業デザイン研究所の多田所長から「あんたもスケッチ描かせたる。」と言われてマーカースケッチ100枚の中に10枚ほど私のデザインスケッチを混ぜて頂きました。

一次選考で残ったデザインの5案に私のプランがひとつだけ入っていました。

スケッチは二次選考に入って行きますが、今回出てきたスケッチはその二次選考のSさんのスケッチです。いや、正確にはそのSさんのスケッチを私がコピーしたものです。当時の事ですから、スキャナも何にもなくて、最初から手書きで写したものです。
qaMG_7608.jpg
絵はクレセントボードにパステルとポスターカラーの直描きです。失敗したら書き直しの時代です。

そして、このちょっと汚げなスケッチが私のデザインの二次選考用のファーストスケッチです。デザインはともかく、このレベルの絵では選んでもらえないと思い、S先輩のスケッチを夜なべで、何枚も何枚もコピーして練習しました。
qaMG_7610.jpg
残念ながらその時の本番スケッチは提出してしまったのでありません。黒モデルではなくて赤でしたがこれよりはかなり綺麗に描けました。

私は行かなかったのですが翌日、多田所長とS先輩がフェアレディZを飛ばしてラジオ事業部のプレゼンから帰って来られて、私のデザインが製品化になったと聞きました。そんな事はラッキーだっただけの事ですが、私はS先輩のつくり出すプロダクトデザインのバランスの良さに憧れて、横で1年ほど学ばせて頂きました。このポケットラジオの仕事の後しばらくして、退社されて別のデザイン会社に移られました。

後に縁あって、松下電器のウィンド型エアコンのデザインで、Sさんの変わらないスケッチを見る機会がありました。デザインのバランスの良さというものは天性のもので、努力ではどうしようもないものです。はたして自分にその天性があるかどうかはひたすら良い物を見て、何度もトライして初めて分かるものです。

私がSさんの仕事をリスペクトしていた事をご本人は知らなかったと思いますが、その後も難しい仕事が来るとSさんならどんな答えを出すだろうかと考えていました。
そんなバランスに気づかせてくれたSさんの訃報を先日Facebookで知りました。長い間お世話になりました。ありがとうございました。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記


人気ブログランキングへ
18:00  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.02.13 (Sat)

REDSONのBADMINTONラケットが韓国で人気です。

今年の年賀状に登場させたREDSONのBADMINTONラケットが韓国で人気です。長年デザインを担当しているREDSONの本拠地が台北になり、今年から全アジアブランドとなりましたが、そのニューモデルが韓国で人気です。
rogoyy.jpg
このVIデザインも1985年の仕事でした。2014年に全体のデザインバランスを見直してマニュアルをつくり直したのでロゴマークは元気復活です。

ニューモデル発表前の韓国内の予告CM。Are You Ready to be THE BEST ONE ?デザインのキーモチーフとなったVパターンをウマく使っています。
qa韓国redsonャ

なかなかイイ感じのデザインデビュー予告CM。 そうです。業界ではかなり挑戦的なイノベ―ティブデザインです。
qaredsonredosnqawwャ

REDSONのSHAPE-01のでデビューCM。
qaredson韓国bbャ

バドミントンの世界市場はヨネックスの一強時代が長く続いています。性能は同等でもヨネックス的なスポーツ根性ものデザイン(略してスポコンデザイン)以外は売れないと長い間言われてきたバドミントン市場に新しい風を吹かせる事ができました。

qaeddosonqabャ

韓国スポーツ雑誌の記事。
redsonkoriaqaaャ

qaレッドソンaa

バトミントンフレームには不可能と言われたディンプルモノコック構造を実現して、これまでにない高速振りぬけ感と、
qaレッドソンディンプルaa

打球の衝撃をフレームの広範囲で吸収するブレの無いシャトルショットを実現しました。
qaレッドソンコントロール

これがうちの社内撮影画像で年賀に使ったものです。
201512281002423ef_2016020416425968c.jpg

日本発売は全国のバドミントン専門店で今月から。
qa12647535_.jpg

PROIDの新感覚スポーツデザインスタイルにどうぞご期待ください。

●facebook REDSON KOREA

●REDSON Japan

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : バドミントン - ジャンル : スポーツ


人気ブログランキングへ
18:00  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.01.20 (Wed)

National Pnasonic FM WIRELESS MICROPHONE

懐かしい私のデザイン紹介です。昨年5月の大阪ガスのバーベキューコンロの登場にはビックリしましたが、これは私が保管していたもので、25年ぶりに姿を見ました。
確か1972年に松下電器が本格的に海外でAV製品を展開し出した頃の製品です。私もまだデザイナーとしてはペーペーの頃です。
qaMG_9377.jpg
ナショナルパナソニックの日本語ロゴが今では考えられないレイアウトで、大文字のPNASONICにもびっくりポンです。

海外、特にアメリカでは商標問題があってNationalが使えなかったので、National Panasonicと名乗っていた頃の製品です。今では珍しくないですが、当時の最新技術搭載で松下電器初のFMワイヤレス高性能コンデンサマイクです。
qaMG_9374.jpg

でかい写真ですが、これで原寸の80%位(20インチモニタ描画)です。
qaMG_9370.jpg

プロジェクトスタートの時は当時誕生間のないTechnicsブランドで発売予定でしたが、発売間際でナショナルパナソニックになりました。
qaMG_9364.jpg

聞いた話ですが、当時お元気だった松下幸之助さんが門真の本社の南側の窓から見える国道を挟んだ向かい側のテク二クスの建屋看板を見て「なんや、あんなとこにテク二クスと書いた看板があるけど、どこの会社や。」と言われ、取締役の方々はそ~っと部屋を出た事があったとか。幸之助さんは自社製品のすべてをNationalブランドにしたかったそうです。

各部の説明です。FM周波数はFMラジオの電波帯で可変式。ニッカドの充電スタンド付です。
qaMG_9373.jpg

風防を取りました。首が少し傾いているのが特徴的なデザインでした。これは一個づつ砂を詰めて成型しないとできない形なので生産技術からは恨まれました。ワイヤレスの距離は30m~50mの性能。
qaMG_9360.jpg

おそらくナショナルのNマークが入っている最後の方の製品ではないでしょうか。
qaMG_9356.jpg

スタンド底の銘板です。
qaMG_9369.jpg

22才位の時にアメリカ向けのポケットラジオやこんなマイクの製品デザインを担当できたのは幸運でしたし、その後の私のデザインのベースになっていると思います。
qaMG_9358.jpg

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援します。

テーマ : カメラ・AV機器・家電・通販、買物2ちゃんねる取りまとめ - ジャンル : 趣味・実用


人気ブログランキングへ
18:00  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.01.01 (Fri)

2016年明けましておめでとうございます。

どうぞみなさま今年もよろしくお願い申し上げます。

今年のNewYearカードをお送りします。
2016年お年賀サイズ小_プロイド
写真は今年春に台湾から全アジア圏に向けて発売となるREDSONバトミントンラケット+SHAPEシリーズです。バトミントンフレームには不可能と言われたディンプルモノコック構造を実現して、異次元の高速振りぬけ感を実現しました。PROIDの新感覚スポーツデザインスタイルです。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : すぐれもの - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
18:00  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.10.28 (Wed)

フルベール化粧品 プレザレーヴセラム

10月20日に続いて私のデザインです。私は約40年の間にそれはそれはいろんなモノをデザインしてきましたが、まだ初めてのデザインを頼まれることがあります。今回は高級化粧品です。
15100706.jpg

双美人マークでおなじみのフルベール化粧品美容液、プレザレーヴ セラム 40ml 31.500円です。
(現在の双美人マークはもっと簡略化された線画のマークに変わっています。)
吉野工業所013

化粧品の性能をここで説明しても仕方ないので省きますが、スイス政府公認のエーデルワイスエッセンスの入った高性能美白美容液です。
qaimg002.jpg
15100707.jpg

プレザレーヴのターゲットは四十歳代後半から五十歳代。ボトルの基本形は三つの円を重ねた形と上広がりなシルエットで、ホールド感の良い姿にまとめました。シンプルだけど印象に残る、華やかな上品さを狙ったデザインです。
qaroid作品himg031

化粧品業界で初めての自己治癒(傷が復元する)塗料を採用して、名古屋の塗料メーカーの研究所で立会ながら苦労して独特の白色シットリ感をつくりました。この肌触りは結構話題になりました。
qamg017.jpg

ロゴマーク書体デザインは私の古くからの友人で仕事仲間の山城滋さん(ブラックグラフィックス)に担当して頂きました。
qaimg016.jpg
ボトル容器の製作担当は吉野製作所。

この化粧品デザインを経験した事で、私のデザインの引き出しが増えた気がします。初年度で売れ筋商品に駆け上がりながら、3年目に発売を終了してしまいまいます。とても人気のデザインだっただけに惜しいです。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : その他 - ジャンル : その他


人気ブログランキングへ
18:00  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.10.26 (Mon)

写真が見つかりました

先日の私の懐かしいデザイン紹介で、荒い写真を貼りつけていましたが、ましな写真が見つかりました。
●修正ページ=2015.05.31これも懐かしいデザインです。

エおリアb
エオリアab15102102

ナショナル ルームエアコンCS-221G
Nationaleoriabb.jpg

右側面部分の色違いモデルの拡大です。1989年の4月デビューですから、もう26年前のデザインですがそんな古さは感じません。本編で説明した通りの事情があって、私は原寸スケッチまでで、図面は当時のエアコン事業部のデザイナーが私のデザイン意図をとても良く理解して、まとめてくれています。
Nationaleoriaacc.jpg

今回のエアコンのカタログに、同時期に本社の総合デザインセンターからの依頼で私がデザインした松下電器エアコン事業部のウォータークーラーがありました。
ナショナル ウォータークーラーCE-3103P
ウォーター15102101
これはワーキングモデルまで担当して、門真市の山口板金という所に通って、ステンレスの絞りとアルゴン溶接加工で給水トレーを苦労してつくったのを思い出します。意外と長寿命な製品なので、今でも屋内なら現役の製品を見る事があります。

もうひとつ、荒れた写真の貼り直しです。
さすがに荒れたビデオはどうしようもありませんが、写真の一部を張り替えました。

●修正ページ=2015.09.16株式会社福田武環境デザイン研究所の時代
フロア入口のデザインオブジェで私の作品です。製作担当は津田晃良さん。ペンというモチーフが注射器とか人参などの色んなものに展開されて結構楽しい作品でした。1983年頃のあるデザイン国際展で、GKデザイン会長の今は亡き栄久庵 憲司さんにユニーク作品で私は好きです。と褒めて頂きました。
qa092408.jpg

左半分の拡大です。ペンとして書きやすいかどうかはともかく、
qaa092408.jpg

右半分です。筆記具のあり方(モノのあり方)としてユニークな提案ができました。
qaaa5092408.jpg

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : 社長のブログ - ジャンル : ビジネス


人気ブログランキングへ
18:00  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.10.20 (Tue)

フランクフルトのLight&Building Show

久々に私のデザインです。ものはLED照明器具。

2009年の7月にシャープが発売する新型LED電球を使ったデモンストレーション照明のデザインを担当した記事を書いてから丸6年が経過しました。市場に衝撃を与えたLED40w~60wの明るさで4000円~6000円(消費電力6w~8w)はこのところ1000円前後まで市場価格が下がってきました。

もはやLED電球では利益の出ない照明業界はこぞって、特殊電球や照明器具そのものの製品化にシフトしています。qaLB12.jpg

そんな新しい光を提案する照明器具をデザイン担当しましたのでその紹介です。写真は2012年のフランクフルトLight&Building Showへの出展から。
展示は2セットづつ6点、ペンダント長方形、丸型で各2種、スタンド型1種類のデザインを発表しました。
15100713.jpg

いずれも超薄型のLED発光ユニット内蔵で薄型なのにLED独特のツブツブが見えません。
15100709.jpg

まずは板厚18mmのスクゥエアペンダント。これは吊り下げ前を上から見たところ。蛍光灯40wと同等の光量はかなり明るいです。
15092404.jpg
上面も発光します。

このようにU字型パイプ金物の中にステンレスワイヤーを通して、照明器具の角度を自由位置に固定できるようになっています。
15092403.jpg

独自設計のフィルターで光を拡散反射させています。
15092406.jpg

会場で「これは本当にLED光源なのか」と話題になった丸型ペンダント(手前)蛍光灯30w相当です。
qq4091202.jpg

ミニマルなデザインですが、細部に気持ちの良い三次曲面をつくりました。
15100711.jpg

最後が写真下にある階段状のスタンド照明です。
qq4091203.jpg

これも18mm板厚をLEDで均一に光らせています。なんと一台に使用するLEDは一面に4粒だけで、器具一台あた12粒という光の拡散技術を効果的に見せるミニマルな主張のあるスタンドです。
15100712.jpg

すでに私達の周りでは沢山のLEDが使われています。コンビニや駅のホームの天井も、車のヘッドライトも街中の防犯灯もです。LEDの寿命は40000時間で、1日10時間点灯で約10年もつと言われていますが、ノーブランドのLED電球も多く出回っていて、中には1000円で売られている物が3ヶ月で切れてしまうものがあると聞きます。電球には保証書が有りませんのでどうぞご注意ください。
●カテゴリー「私のデザイン」

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : すぐれもの - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
18:00  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.09.16 (Wed)

株式会社福田武環境デザイン研究所の時代

今日のデザウマは私を良く知っている人と今日紹介する会社のOBの方にはかなり面白い記事ですが、そうでない人にはすみません。

今から27年前のVHSテープが出てきました。解像度は良くないのですが、懐かしい人達が登場するビデオを私一人が見ているのはもったいないので、youtubeにアップしました。当時を知っているFacebookの友達も多いので楽しんで頂けるのではと思います。


大阪に私が16年在籍した「株式会社福田武環境デザイン研究所」という長い名前のデザイン会社がありました。後に「FD」と改名しましたが、最盛期の1985年頃には大阪に50名、東京に30名というフリーランスのデザインの会社としてはかなりの大所帯で、日本でも2位3位の規模でした。
場所は千里中央の少し北の箕面船場です。
FD新御堂ャ
デザイン部門の紹介のシーンでグレーのシャツ姿で通路を行ったり来たりするのがこのカメラを回していた当時30ウン才の私です。相当見にくいけど....。

CASAと書いてあるビルの上から下まで5フロアー500㎡全部を使っていました。
FDの建物ャ

ビル内のフロアー表示です。インテリア/プロダクト/グラフィックデザインと商品企画・生活研究・タウン誌発行の会社でした。
FDのサインャ

これが母体のデザイン部門の内訳です。ビデオから取った静止画なので荒いです。
FDサインャ

フロア入口のデザインオブジェで私の作品です。制作担当は津田晃良さん。もっとハッキリ見える写真があったのですが、見つかったら差し替えます。ペンというモチーフが注射器とか人参などの色んなものに展開されて結構楽しい作品でした。あるデザイン国際展でGKデザイン会長の今は亡き栄久庵 憲司さんになかなかユニーク作品で私は好きです。と褒めて頂きました。。
qa092408.jpg

これがデザイン部門のフロアー。
あFD社内

数々の日本初、世界初の商品を世に送り出してきました。そんな商品の一部を挙げて見ます。日本がとても元気な時代でした。
・業界初の2メーターシリーズの家庭収納家具(協和木工)
・業界初の洗髪洗面化粧台シリーズ「ソミエール」(松下電工=現パナソニック)
・世界初の家庭用製パン機「ホームベーカリー」(松下電器=現パナソニック)
・業界発のスリムエアコン「エオリア」(松下電器=現パナソニック)
・業界発のデジタル方式車載インパネ(松下電装=現パナソニック)
・世界初の充電式ドリルドライバーEZシリーズ(松下電工=現パナソニック)
・世界初のダイニングテーブルキッチン 可倒式混合水栓搭載K2 (自社開発)
・世界初の部屋を2倍に使える昇降床方式のby2 ROOM(自社開発)

30年前に北大阪でタブロイド判のタウン情報誌を発行していました。
qaMG_7416.jpg

デザイン会社がタウン情報誌を発行している事が結構話題になり、色んな取材を受けていました。
qaMG_7410.jpg

携帯電話がショルダーホンから、ハンディホンに変わった頃で、バブルが弾ける少し前の日本のモノづくりが絶好調の時代でした。あの時代の再来は望みませんが、日本のモノづくりは復活させたいです。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : ビジネス - ジャンル : ビジネス


人気ブログランキングへ
18:03  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.05.31 (Sun)

これも懐かしいデザインです

私のデザインの中でエポックメーキングな仕事の一つにナショナルエオリアCS-P181G/CS-P221Gがあります。
qaa1449_1.jpg
qad14482.jpg
私は1989年の発売の年にアメリカから帰国してプロイドを立ち上げました。確か松下のOBPツインタワービル一階アトリウムの私がデザインしたアストロビジョンの前で、上のエオリアの二代目キャンペーンガール(確かギリシャの子で16才)の撮影風景に出くわしました。26年前ですからギリシャの子は今42才です。

もっと綺麗なCM写真があったのですが、見つかったら差し替えます。今で言うミニマルなデザインで、細長くて横スリットのバランスがモダンインテリアに良く合いました。
Nationaleoriabb.jpg
ナショナルエオリアCS-P181G/CS-P221G
1987年春に松下電器の草津のエアコン事業部のデザイン室の伊藤室長(当時)と商品企画メンバーに呼び出されて依頼されたのが「一家に3台目のエアコン」プロジェクトでした。その時すでにリビングと夫婦の寝室にはエアコンがありましたが、子供部屋にはまだこれからという時代でした。
ようやくエアコンが漢字の名前からカタカナへ、木目調からシルバーや白基調に変わろうとしていた年です。平均的なエアコンのサイズは高さ360㍉幅790㍉奥行150㍉でした。

右側面部分の拡大です。1989年の4月デビューですから、もう26年前のデザインですがそんな古さは感じません。
Nationaleoriaacc.jpg


私達プロジェクトメンバーには一つの仮説が思い浮かびます。大手のプレハブ住宅の二階の天井と窓の間は300㍉前後だから従来のエアコンでは入らないし、木造の壁構造に縦間隔900㍉ピッチで入っている木軸に、幅790㍉幅のエアコンを固定するには150㍉以上の持ち出し金物がいる。これを解決できる細長いエアコンをつくれば良いのではというものです。

1989年のグッドデザイン賞を受賞しています。
受賞者はエアコンのデザイン室となっています。今も一部にそんな習慣が残っているようですが、当時は外部デザイン受託者の名前は、一部のメーカー(私の記憶では松下電工・ソニー・ヤマハ)を除いては出してはもらえないない時代でした。
bbエアコンャ
ccエアコンャ
ddaエアコンャ
eeエアコンャ

手分けしてコンセプト立案→仮説検証→デザイン提案→原寸スケッチとラフ機構レイアウトまでまとめて提出しました。後日「一家に3台目のエアコン」は事業部長プレゼンであっけなく否決されてしまいます。理由は「高さを140㍉下げて220㍉にするのに工場ラインの変更だけで一体なんぼかかると思ってんねん!アホかぁ!」でした。後日、担当のエアコンの伊藤デザイン部長から百億円近い投資金額を聞きましたが、その位は当然と思ってただけにとても残念でした。

そして、翌1988年は記録的な冷夏になります。量販店でエアコンは在庫の山となり、1989年の新型エアコンには従来にない新しい視点が求められます。私達の立案した細長エアコンが急遽浮上して、突貫で1989年春発売に間に合わせます。

原寸スケッチ通りのバランスでデビューしてくれました。結局、私はスケッチまでしか描いていませんから、私のデザイン意図を丁寧にくみ取って製品意匠図をエアコン事業部のデザイナーの誰かが書いてくれた訳で、今となってはその方に感謝しています。
qab1449.jpg

その後はご存じの通りで、世の中のエアコンは細長だらけで、日立はレスラーのハルクホーガンに「細長~~!!」と言わせていました。いずれは登場する事になったであろう細長エアコンですが、この姿に気づいて自らの手で世の中に送り出せた事はプロダクトデザイナーとして幸せな事です。

その時代のナショナルのエオリアのCMを徳永英明の歌にのせてどうぞ。


その時のプロジェクトメンバーで、最初の仮説立案から仮説検証で一緒に苦労してくれた近藤昌士さん(元:パーソンズ常務取締役、現:近藤商店代表)にこの場を借りて改めてお礼を申し上げます。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : AV機器・家電製品 - ジャンル : ライフ


人気ブログランキングへ
18:00  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2015.05.21 (Thu)

懐かしい出会いは続きます

懐かしい出会いは続くもので、バーベキューコンロとほぼ同じ世代の私のデザインを見つけました。こちらは現物ではなくてネット情報です。車搭載用のコンビネーション型ホーンスピーカー。これはGマークではなくて、大阪デザインセンターの選定商品になったと思います。
東亜特殊電気ャ

東亞通信工業(現TOAエンジニアリング)のホーンスピーカーです。こちらも私にとって初めての大型インジェクション成型品で、おまけに時速100kmの向かい風走行に耐えるボディ強度という厳しいデザイン条件でした。
トーアャ
東亞通信工業(現TOAエンジニアリング)のサイト(下の方にあります。)

高速走行対応と紫外線劣化に対応するために前面のホーンのエッジを折り返した形にしました。白バイのスピーカーには小型の角型がありましたが、車両の屋根に装着するスピーカーとしては初の四角型だったと思います。
トーアaaaチャ

この写真はオークションサイトの中古品で、かなりキズがありますがKOBE JAPANの文字がハッキリ読めます。価格は5000円。40年前の製造ではないでしょうが、それにしてもいい値段がついています。
トーアaaaャ

こんな感じで2連、縦に積んで4連とつながって車の屋根に固定されます。確かこの固定金物のシステムも考えました。
f101.jpg
この製品は後に選挙の度に目にする事になりました。あの選挙期間中のうるさい「○○をお願いします!!」の元はこの車載スピーカーです。聞けばこの会社今はどうか知りませんが、当時選挙の年は臨時ボーナスが出たとか。
●東亞通信工業(現TOAエンジニアリング)株式会社

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : すぐれもの - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
18:00  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT