FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2019.03.17 (Sun)

シクラメンの花

これはもう我が家で7年生き続けているシクラメンです。 底面の貯水部のある鉢で頂いたので、水やりの手間のかからず、水さえ切らさねば寒い季節はずっと花を咲かせ続けるお手軽な花鉢でした。
qaMG_2315.jpg

4年目にはネコが出窓で日向ぼっこをする時に邪魔なのか蹴って貯水部の水をひっくり返すので、鉢を外のベランダに出しました。蹴ってたのはこいつ、ギイです。
qaMG_4392.jpg

もう一枚ギイです。今年1月に18才で空に昇って行きましたがいろいろ笑わせてくれるニャンでした。
qaMG_4395.jpg

外に出されたシクラメンは貯水部の水を切らさないようにだけ気を使っていたら、その後3年はそのまま機嫌よく寒い時期に花を咲かせていましたが、さすがに昨年の10月に例年なら新しい葉とつぼみが出てくる時期に何も出さなくなりました。

いよいよ寿命かと思って植物なんだから最後ぐらいは土の中で過ごさせてやろうと妙な考えを起こした私は、米ぬかを入れた土にシクラメンの球根入れてやりました。すると2月に入って新しい葉をつけてつぼみを吹き出しました。
qaMG_2351.jpg

つぼみはすぐに葉の間から顔出して伸びて行きます。
qaMG_2318.jpg

さすがに全盛期よりは小さな花ですが勢いがあります。
qaMG_2350.jpg

元気になったのは良いのですが実はこの細長いプランターは、その半分以上にローズマリーが植わっています。赤い花の後ろにそびえるグリーンはローズマリーです。
qaMG_2324.jpg

ローズマリーも野生化が進んで根元の枝はもはや木になって来ました。
qaMG_2327.jpg

植物を育てるのは得意な私ですが、剪定はへたくそです。

人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 樹木・花木 - ジャンル : 趣味・実用


人気ブログランキングへ
16:00  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.02.09 (Sat)

多摩美術大生のヨシダリュウタくんの「おもしろさの仕組み」

多摩美術大生のヨシダリュウタくんは「もしも」を考えながら身の回りを眺めたら、いつもはなんとも思っていなかったモノ・風景が途端におもしろく見えてくるとして、そのおもしろさを表現して話題を集めています。

これがヨシダリュウタくんのTwitterメインキャラクター。
qacreator_525589_l.jpg

足の小指をぶつけると痛いので、小指用のヘルメットを作りました。
qasMRKu.jpg


立腹クリームはテレビNEWS ZERO情報コーナーで有働由美子さんにもとても受けていました。
qaDvbrAGyVsAAKkSU.jpg

では続いて作品をどうぞ。
qaDo90UF3V4AYKRrh.jpg

qaAAgwDc.jpg

qaDko8MkmUYAAqWRM.jpg
qaDko8NTxU8AAne2H.jpg


qaDq6mx2sVAAADm-V.jpg
qaDq6my09VAAAwbUX.jpg


qaDhGoCyzUYAAHc_z.jpg

ハニートラップ
qaDf-bhkdU0AAZrZc.jpg


「目覚まし時計を止める時のボタンを押す動作」をツッコミに見立てた目覚まし時計を考えました。
目覚まし音が鳴った後に、この時計がしゃべってボケてくれます。
qa3Kz1ckzu.jpg

qass目覚まし2

qa8 ツッコミ目覚まし時計(1)



こんなのもありました。この扇風機のデザイナーの私としては何かうれしいです。

qaa14b-a93ff090935c.png

ヨシダリュウタ
qayoshidaprof.jpg
1996年大阪生まれ。多摩美術大学在学中。
昨年ほぼ毎日のペースで作品を発表し続けてTwitterフォロワー数11.6万人超となりました。現在東京の代官山近くて展覧会開催中です。

ヨシダリュウタ展 もしも視点
会期:2019年2月2日(土)~11日(月・祝)
時間:10:00~19:00(最終日のみ17:00まで)
会場:MONKEY GALLERY(モンキーギャラリー)
場所:東京都渋谷区猿楽町12-8 The SOHO CORNER D.K.Y.
最寄り駅:代官山駅(徒歩約5分)


人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : イラスト - ジャンル : アニメ・コミック


人気ブログランキングへ
16:00  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.12.29 (Sat)

ハワイ語で「遠方からの最初の使者」を意味する「オウムアムア('Oumuamua)」

2018年の終わりに今年の宇宙の出来事に眼を向けてみました。

昨年10月14日に地球の軌道の下を通過したオウムアムアについては世界中で結構な話題になっていたのですが、なぜか日本ではさほど注目されませんでした。
これがハワイ語で「遠方からの最初の使者」という名のオウムアムア。
qa515005.jpg

地球を含む天の川銀河には1000億の恒星が存在し、惑星形成過程で放出された無数の小天体の一つがオウムアムアで、
我々の太陽系に初めて訪れた恒星間天体です。


全長400メートル、直径80メートルの細長い葉巻型で7.3時間で1回転しています。このような形の小惑星は過去に発見された例はありません。この独特の姿と飛来する速度が変化した事で大型の宇宙船ではという噂もありました。
qahLxS.jpg

太陽系外から秒速25km以上で近づき、太陽と水星の間を通り抜けて、地球から2400万kmまで接近。太陽の重力で急激に軌道を変えて、火星の軌道横をぬけて現在は太陽から離れつつあります。
qaperihelion.jpg

オウムアムアはこと座のベガの方向からやってきました。太陽系の惑星が公転する黄道面に対して、北の方向からかなりの角度で太陽に接近してきたことになります。その速度は秒速26.3km でした。9月9日に太陽に最接近した際には秒速87.4km に達したことがわかりました。このとき、オウムアムアは水星の軌道の内側に入っていましたから、広大な宇宙空間の中で超接近遭遇です。オウムアムアは太陽の重力で軌道を曲げられ、10月14日に地球の軌道の下を通過、11月1日には火星の軌道の上を通過しました。
qauamua_orbit.jpg

オウムアムアはこと座のベガの方向から何千万年もの間、宇宙を旅してきました。この画像のほぼ中央がベガです。
chart08_s.jpg

私たちの太陽系には、これほど細長い形をした小惑星は存在しません。いったい、どのような過程で、このような形の小惑星ができあがったのでしょうか。
qa1oumuamua.jpg

現在は太陽から秒速44kmで遠ざかって、ぺガサス座の方向へ向かっています。
qaua-w1280.jpg

何にしてもオウムアムアが地球に衝突しなくて良かったです。もし衝突していたら過去の太陽系内の小惑星が衝突したときをはるかにしのぐ規模だったと言われます。オウムアムアは新年の2019年1月には土星の軌道近くを通過中です。

おまけに簡単に宇宙の大きさの分かる動画をご覧ください。この動画の中ほどにオウムアムアの発生地と思われるベガ星系も出てきます。こんなのを見ると、私は人間の存在理由を考えてしまいます。


今年もデザウマをご愛読下さり、ありがとうございました。
来る2019年がみなさまにとって良き年でありますように。


人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 宇宙に関する話題 - ジャンル : ニュース


人気ブログランキングへ
14:00  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.01.02 (Tue)

明けましておめでとうございます

2018年明けましておめでとうおざいます。

写真は初詣に行った家の近くの神社のおみくじだらけの木です。
qzMG_7743.jpg

初詣のおみくじは結んで帰れば良いというものではないようです。
知りたい運の期間や自身の願い事を思い浮かべながら引くもの。
「大吉」や「吉」などのタイトルよりも中身の文章の方が大切。
神様からの御託宣を大切にして日々を過ごすというものなので持って帰るのが基本。

よろしくしくない結果の場合は結んで、神様にお力を頂く事を祈願するという考え方もあります。
時々読み返して書かれていることを謙虚に受け止め、見直す事が必要。
心願叶えば神前にお礼参りをして、おみくじを結んで帰ります。

qzMG_7746.jpg

御神託のおみくじは持って帰って大事にするのが基本ですが、縁談が来ないなどの困ったおみくじは神様にお願いして何とかしてもらう為に木に結ぶと言う言い伝えもあります。中には利き手でない方の片手だけで結べたら願いが叶うというかなり高いハードルの地方があったりで面白いです。


写真はうちの家のお雑煮です。うちは曾祖父の代から函館なので、雑煮はお澄ましです。具材は鳥肉、大根、金時人参。上にのせるのは三つ葉と柚子の皮、お餅は焦げ目が付くくらいの焼き餅で湯にくぐらせます。そして最後に焼き海苔を散らします。
qzMG_7738.jpg

年が明けて静かな元日と正月2日です。

今年最初のデザウマ人気ブログランキングボタンに励ましと愛のひと押しを!! ボタンは下にあります。

テーマ : 美味しいもの - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
16:21  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.12.30 (Sat)

Best wishes for the holidays and New Year.



今年最後のデザウマをお届けします。皆様にとりまして来る2018年が素晴らしい1年でありますように。

Best wishes for the holidays and New Year.

qzwMG_7537.jpg

写真は白川通りを美しく照らす今年の京都造形芸術大学の学生17人による「京造イルミネーションプロジェクト」 展示タイトルは「ワタシイロ」。


今年最後のデザウマ人気ブログランキングボタンに励ましと愛のひと押しを!! ボタンは下にあります。

テーマ : 芸術・心・癒し - ジャンル : 学問・文化・芸術


人気ブログランキングへ
08:15  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.27 (Tue)

呼ばれなければ行けない熊野の玉置神社にお礼参りに行きます

玉置神社本殿(写真は神社のサイトから使わせて頂きました。)
qzzmain_img.jpg

昨年私が講師をさせて頂いている京造形大の村田教授に進められて、平日の朝から一人運転で参拝に行き、お願いした事が7ヶ月経って叶いましたので、村田教授に報告すると、「それやったら、是非ともお礼参りに行った方がいい。」と聞いて行くことになりました。
●昨年8月の玉置神社参拝記事

前回、大阪市内から一人運転で長時間の山道運転に自信を無くしたので今回は相方と運転交代しながら余裕で到着です。
qzMG_5436.jpg

和歌山と奈良の県境で標高1000mの駐車場です。テントの横の茶店で一休みします。
qzMG_5437.jpg

前回も飲んだ八咫烏マークの熊野サイダー。
qzMG_5439.jpg

前回は丁度ラジオから「象徴としてのお務めについての天皇陛下のお言葉 」の放送が流れている最中で気が付かなかったのですが、壁の額には何と右下に礼宮文仁と川嶋紀子とあります。1985年、学習院大学文学部心理学科在学時の自然文化研究会で来られた時のものです。
qzzMG_5444.jpg
左上には後に今上天皇の娘婿となる黒田 慶樹さんの名前もあります。同じ学習院大学で同期の自然文化研究会とは知りませんでした。オフロが最高とありますから泊りがけだったのでしょうし、このメンバー15名は川嶋紀子さん以外はほぼ男という事で、サークル内でのお二人は公認の仲という事だったのでしょうか。

今回は茶店のお爺さんの「ご利益のレベルがぜんぜん違う。」という絶対のお勧めで玉置山の山頂から玉置神社へ向かうルートで行きます。
qzMG_5445.jpg

このルートが完璧なハイキングコースとは知りませんでした。茶店の爺さんを恨みながら進みます。
qzMG_5447.jpg

シャクナゲの花畑の真ん中に出ました。
qzMG_5454.jpg

花の盛りは終わっていますが綺麗です。
qzMG_5452.jpg

やっと玉置山山頂です。これでご利益が無ければ茶店の爺さんを恨んでやると思うほど疲れました。
qzMG_5455.jpg

大杉が乱立する山道です。登山者とすれ違います。
qzMG_5461.jpg

休憩してお茶と、西日本だけの販売になったカールおじさんで一息つきます。
qzMG_5463.jpg
標高1000mで気圧が低いからカールおじさんの袋がパンパンに張っています。

玉置神社に到着して参拝前に手水舎で手を清めます。柄杓には真新しく、「奉納 香芝市 吹石一恵」とあります。一昨年結婚して、昨年出産と祝い事が続いたので彼女も御礼参りだったのでしょうか。
qzMG_5480.jpg
しっかり手を清めて本殿に向います。

本殿です。ほぼ同じアングルなのですが、冒頭の神秘的な写真と比べて何と穏やかな空気感でしょうか。
qzzMG_5469.jpg

昨年のお守りをお返しして、新しいお守りを頂いて参拝を終えました。
qzMG_5483.jpg
さあ、新たな問題の発生です。今回お願いしたことが叶ったら、来年またお礼に来る事になってしまいました。

玉置神社社務所

奈良県吉野郡十津川村玉置川1番地
0746-64-0500

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに愛と励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 奈良 - ジャンル : 地域情報


人気ブログランキングへ
18:00  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.03 (Sat)

2回目のフェスティバルホールは井上陽水

第一回目のフェスティバルホールは3月の「玉置浩二のシンフォニックコンサート」でした。その時に「今度は5月のフェスでの井上陽水チケットを申し込んでみます。」と予告記事を書きましたが、めでたくチケットが取れました。
qz050710.jpg
陽水は1948年生まれですから今年69歳で玉置浩二より10歳上です。言っちゃぁ失礼ですがこの先10年20年も歌い続けるのは無理なので、この辺でしっかりライブを音響の良いホールで聴いておきたいと思いました。

京阪電車の渡辺橋駅から地下を歩くとフェスティバルホールのビルのB1Fのオープンテラス席に出ます。
qzMG_5335.jpg

時間は午後6時過ぎで、まわりの店で色々買って飲んだり食べたりする人でにぎわっています。
qzMG_5336.jpg

地上に出ました。ではホールに入ります。
qzMG_5340.jpg

前回同様にゆったりと赤い大階段を上ります。
qzMG_5346.jpg

これが上りきったところです。
qzMG_5347.jpg

ウェイティングホールの南窓から外を見ます。肥後橋の一つ東の歩行者専用の橋が見えますが、この橋の名前は何だったか忘れました。今日は相方が橋の奥にある駐車場を使っているはずです。NHK朝ドラの「あさが来た」の“びっくりぽん”で有名になった広岡浅子の大同生命本社肥後橋ビルの下部分が見えます。
qzMG_5354.jpg

ウェイティングホールには開演を待つ人が大勢。
qzMG_5359.jpg

会場に入りますが撮影はこれが限界で、これ以上はすぐに係員に止められます。前回の玉置浩二は3階席でしたが、今日は2階席で少しはステージが近く見えます。しかし全席8000円ちょっとで、場所は運次第というのも何かなぁ~という気がします。
qzMG_5360.jpg

陽水らしいグズグズとしたMCと、受けないギャグと素晴らしい歌声でした。これがセットリストで、全21曲でした。アンコールの「アジアの純真」には驚かされました。最後は前回の玉置浩二と示し合わせたように、同じ「夏の終わりのハーモニー」でした。
qzMG_5366.jpg

という事で私も前回同様にこの動画を再度登場させます。


フェスティバルホールを出ました。先ほどの名前の分からない橋から写真です。
qzMG_5376.jpg

本当はこの後、前から行きたかったホワイティ梅田のルージュエブランコウハクでワインと洋風おでんなんかで食事をと思っていたのですが、もうすぐラストオーダーの時間になるので諦めて、近場の良さそうな店に入ります。次回はその店の紹介をお届けます。

今日も下のデザウマ人気ブログランキングボタンにはげましと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : 男性アーティスト - ジャンル : 音楽


人気ブログランキングへ
18:00  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.19 (Fri)

雀がエアコンの室外機を占拠してしまいました

写真はうちのマンションのリビングの出窓から横の窓を撮ったものです。下のサルの人形は昔エキスポランドがあった時にゲームの景品で捕ったものです。そのサルの頭の外にリビングのエアコンの室外機が見えます。
qzMG_5244.jpg

同じリビングから見たその窓外の室外機の上のカバーのホース部分のアップです。網戸越しなのでメッシュが見えています。問題なのはチラッと見えている右上の尾っぽ。茶色いのは今回の事件を物語るガムテープです。
qzMG_5235.jpg

二日前にリビングで椅子に座ってテレビを見ていてフッと右を見たら、この室外機の上に葉っぱのようなものをくわえる雀がいて、そのままこのホースの隙間に入って行くのです。
qzMG_5273.jpg

巣をつくっているのは明らかなので、速攻でガムテープで穴を塞ぎました。そして翌日の朝、相変わらず雀の鳴き声がするのですが雀の姿は見えません。まさかと思って室外機にそーっと耳を当てて2分くらい静かにしていると、中から雀の鳴き声がピーっと聞こえました。

貼ったガムテープをはがして、離れて様子をみていると親雀がひっきりなしに餌を運びだしました。写真のガムテープは剥がしたテープの残りです。
qzMG_5233.jpg

親鳥が来ると雛が大口を開けてピーピー鳴くのが見えます。雛は24時間エサ無しでしたが大丈夫で良かったです。
qzMG_5284.jpg

左にもう一つ大きな口が見えました。雛は2羽います。
qzMG_5281.jpg

雀も燕と同じく、つがいで雛の世話をするようです。エアコン室外機の上の手すりに止まっている親雀。
qzMG_5276.jpg

雀(スズメ)は、スズメ目スズメ科スズメ属に分類される鳥類です。私達にとても身近な鳥で、北海道から沖縄までどこでも見られるもっともポピュラーな鳥の1つです。

2008年の数字ですが日本本土の雀の個体数は、およそ1800万と言われてて、残念ながらこの20年で約6割減少したとも言われています。雀はこのまま放置すれば、近い将来絶滅する可能性があり、鳥獣保護法によって保護されて、捕獲・飼育が禁止されていますいます。

今回のうちの場合は飼育ではなく、保護とまでも行かない”見守り”なので違反はないと思いますが驚きました。雀の雛は卵からかえって14日目が巣立ちの目安だそうで、後4・5日でいなくなるようです。

この写真は上の柵のに停まっている親鳥を最初の出窓からアップで狙いました。
qzsMG_5270.jpg

中国では1958年に収穫期の穀物を食い荒らすとして、毛沢東が大躍進政策の一貫で人民軍を動員して雀狩りをした結果、雀が激減したのは良かったのですが、大規模な虫害により穀物生産量も激減してしまい、1960年には大量の餓死者を出したと言います。

ちょっと引いて見ます。
qzMG_5270.jpg
今回、確かに親雀が捕ってくる尋常でないエサの量を見ていると、その中国の話が理解できます。

さらに引いて見ます。
qzMG_5242.jpg

今年は一瞬、暑くなってもエアコンが使えないのではと心配しましたが何とかなりそうで良かったです。

我が家のエアコンの室外機から巣立ってゆく雀たちが、日本の食糧生産の役にたってくれることを祈ります。

今日も下のデザウマ人気ブログランキングボタンにはげましと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他


人気ブログランキングへ
18:00  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.04.10 (Mon)

髪のハリ、コシ、ツヤのためにハゲてもよいのか?

今日の話の要約は、世の中の殆どの男性はせっかくシャンプーでキレイにした頭皮をトリートメントやコンディショナーのベッタリとした油分や樹脂成分で頭皮の毛穴を塞いで、薄毛やハゲの原因をつくっているのではないかというものです。

私は長年のプロダクトデザインの仕事と、15年前からは抗癌剤治療中の女性向けの安価な髪の毛帽子「WithWig」のネット通販事業を行っています。このブログ「デザウマ」もそのネット販売サイトのSEO対策で2009年から書き出したものです。

そして先日ネット通販のサイトに、患者さんに向けた治療中の髪の毛のケアについての記事を書きました。(イラストは私の作)
shampoopng.jpg

その記事の中に、全脱毛が予測される抗癌剤治療が始まったら髪をショートにして脱毛に備えて、短くなった髪のシャンプーは頭皮に一段と優しくして、リンスやトリートメントは使わない旨の紹介をしました。

髪の毛がショートなら、生え変わるまでの期間ではさほど毛は傷まないので、リンスやトリートメントやコンディショナーは必要が無く、むしろそれらに含まれる油分や樹脂成分が毛穴を塞ぐし、指通りを良くするために配合されるカチオン界面活性剤が皮膚を刺激して、抜け毛や 頭皮炎症を引き起こす可能性があるから使わない方がよいというものです。
qzaaヘアーabcャプチャ

という事は世の中のショートヘアの男性が毎回シャンプー後のリンスやトリートメントやコンディショナーを使うのは実は間違いで、せっかくシャンプーでキレイにした頭皮の毛穴をそれらの油分や樹脂成分で塞いで、髪の毛の成長を妨げていることになります。
qzaarヘアーャ
●参考「将来ハゲないようにトリートメントは頭皮につけない」
事実、メーカー側もコンディショナー (リンス)、トリートメントは地肌や髪の根元は避けて、髪の中間から毛先に使うのが基本です。と説明しています。

男のベリーショートなヘアスタイルではリンスやトリートメントやコンディショナーを頭皮につけずに使うのはほぼ不可能ですし、私もそんなことはまったく知らずに学生時代からシャンプー後にせっせと頭全体に使っていました。

若い時は毛穴を少々塞がれても毛髪は元気でしょうが、歳とともに毛根の毛を伸ばす勢いが弱くなると、リンスやトリートメントやコンディショナーが毛穴を塞いで、毛が細くなって抜けて行く人が私も含めて意外に多いのではと思いました。
qzqaabangs

若ハゲの人はそれなりの原因があってでしょうが、そうではなくてせっかくこの歳まで保った髪の毛がこんな理由で抜けて行くのは我慢できません。この際は受け売りではなくて、自分で検証しなくてはいけませんので、今年の1月から4月現在までリンスやトリートメントやコンディショナーを一切使わない洗髪をしてきました。

結果はマイナスな事は全くなくて、むしろ頭の調子はすこぶる快調でスッキリです。これはシャンプーメーカーとしては売り上げに大きく影響することなので、公にされるのは困る事だと思います。
qzaasweep.jpg

中年を過ぎて、最近めっきり髪の毛が薄くなったという人は、リンスやトリートメントやコンディショナーを頭皮につけるような事をしていないかチェックした方が良いようです。

でもやっぱり、リンスやトリートメントはしたいという方には非常に困難な作業ですが、頑張って毛先だけにつけることをお勧めします。(一部のスカルプ系のコンディショナー・トリートメントは頭皮についても大丈夫とうたっています。)
qzaaヘアー

あと重要なのはシャンプーする時間です。
頭皮には太い血管がないので夜寝ると頭皮の温度が下がり、昼間の汗や皮脂が汚れとともに固まってしまいます。就寝中は髪が伸びる大切な時間帯で、毛穴が詰まっていると健康な髪の成長を妨げる事になるのでシャンプーは夜がおすすめです。

樹脂と油でコーティングしてつくった髪の毛のハリ、コシ、ツヤが実は毛穴を塞いで、毛根を痛めて薄毛や脱毛の原因になりかねません。男性はリンスやトリートメント、コンディショナーを使わない方がいいという話にガッテンしていただけましたでしょうか。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しをお願いします。

テーマ : 抜け毛・発毛・育毛 - ジャンル : ヘルス・ダイエット


人気ブログランキングへ
18:00  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.23 (Thu)

4年前から行きたいと思っていたフェスティバルホールにやっと行きます

4年前から行きたいと思っていた肥後橋のフェスティバルホールにやっと行きます。ここがオープンするという告知記事をデザウマに書いてからいろんなフェスのライブコンサートに申し込んだのですが全滅でした。

肥後橋駅を上がるとド~ンと建っています。
qzMG_4576.jpg

一昨年には姉妹建築の西タワービルも出来上がりました。
qzMG_4578.jpg

先代とほぼ同じ規模で席数も同じと聞いています。
qzMG_4582.jpg

アプローチは先代と比べると格段に広くて、この階段のステップ幅と角度はとても優雅です。
qzMG_4583.jpg
京都の喧嘩を売られているような角度の階段とは大違いです。

2階に先代のフェスティバルホールの50年間の展示があります。
qzMG_4594.jpg

カラヤンもこのホールの特別な音響を愛していた一人と聞きます。
qzMG_4596.jpg

で、今日はこの方のシンフォニックコンサートです。
qzMG_4584.jpg
あんたが何で玉置浩二なん?と言われそうですが実は前から一度この人の歌を生でちゃんと聞いて見たかったのです。

一階席前のホワイエにはスタンディングテーブルがあって飲み物のサービスをしています。ウィーンのフォルクスオーパーみたいです。行ったこと無いけど。
qzMG_4590.jpg

今日の席はなんと3階席で、スキー場で斜度35°の壁をてっぺんから見下ろしている感じ。本当に尾てい骨あたりがゾワッとします。
qzMG_4591.jpg
玉置浩二、大阪フィルのフルオーケストラをバックになかなか聴かせてくれました。

これが終演に貼りだされたA3の普通紙を糊でつないだ手作り感満載のセットリスト。これはフェスティバルホールらしくありません。
qzaMG_4600.jpg

最後の「夏の終りのハーモニー」はなんとノーマイクで聴かせてくれました。この三階席までブレス音が聞こえてくるこのホールの音響設計はすごいです。今度は5月のフェスでの井上陽水チケットを申し込んでみます。

こんな古い動画がありました。1986年作詞:井上陽水 作曲:玉置浩二「夏の終りのハーモニー」


この後食事に行った北新地の「堂島精肉店」を書こうと思ったのですが長くなりましたので次回3月26日夜にアップします。お楽しみに。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しをお願いします。

テーマ : 男性アーティスト - ジャンル : 音楽


人気ブログランキングへ
18:00  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.02.13 (Mon)

日頃よく飲むジュースのお話しです。

今日は写真のベトナム女性の話ではありません。彼女が手にするジュースの話です。日本ではジュースと呼べるのは果汁100%のものだけというのは殆どの人が知っています。
qz62067-1.jpg

ではスーパーの棚に並んでいる果汁飲料が100%果汁かどうかを一目で見分けられる人は全体の2割と少ないそうです。実は私もつい先日まで知りませんでした。
qz303_3L1.jpgqz208303_3L2.jpg

それは果汁100%のものだけが「果物のしずくや、果物の断面を表示できる。」というものです。だから確かにそうなっています。

qzcts_img_1.jpgqzducts_img_3.jpgqzs_img_5.jpg
果汁100%ではない果汁飲料は果実の断面を表示できません。これは公正競争規約・景品表示法法令で決められています。

次に100%ジュースには2種類あって、ひとつはストレートタイプで、もう一つは濃縮還元タイプです。両方とも加熱殺菌処理されるので、生の果物を絞ったままのフレッシュジュースに比べると風味は落ちます。
qz0266-1.jpg

手軽に安価に飲めるのが濃縮還元100%のジュースですが、昔は製造の途中で栄養成分の多くが抜けてしまいました。最近は濃縮技術が進歩しているので、食物繊維やビタミンCの減少はありますが、それ以外はかなり改善されているようです。でも加熱で香りはかなり抜けてしまうので還元水に香料を足して元の果汁に近づけたジュースが多いです。

果物の表現にはこんな条件があります。
qz195645.jpg
オレンジジュースは香りが抜けにくいのか香料のないものもありますが、リンゴジュースやグレープフルーツジュースなどは香料を使用している商品が多いです。

一方でカルシウムやカリウムなどのミネラルや天然色素のカロテノイドなどは加熱しても減少しません。また、トマトジュースの抗酸化成分リコピンのように加工品で摂る方が吸収率の良い栄養素もあります。
qz7861-1.jpg

ぜひ身体に良い果汁100%や野菜100%のジュースを飲みたいです。

●野菜ジュースの濃縮還元についてのサイト(KAGOME)
●野菜ジュースの栄養についてのサイト(KAGOME)

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しをお願いします。

テーマ : 食品・食べ物・食生活 - ジャンル : ライフ


人気ブログランキングへ
18:00  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.01.05 (Thu)

初詣は40年ぶりの住吉大社です。

2017年が明けました。三重県の熊野灘では今年の初日の出はとても縁起の良いだるま朝日が出たとウェザーニュースに写真入りで紹介されていました。写真は我が家のお雑煮です。北海道出身なので、お澄ましタイプで餅は焼いてお湯を潜らせます。
qzMG_3705.jpg

昨年もそうだったのですが、今年も服部の割烹「塩井」のおせちを頂きます。
qzzMGa0013.jpg

3日の初詣は何と40年ぶりに住吉大社に詣でました。住吉大社は西暦211年に神功皇后が住吉大神を住吉の地に鎮斎とありますから約1800年の歴史があると言われます。
qzMG_3708.jpg

小学生から中学生の頃の初詣で毎年見ていた景色がありました。
qzMG_3713.jpg

住吉大社といえばこの有名な太鼓橋です。大勢の人が渡って行きます。
qzMG_3738.jpg
3日にFacebookでは先にアップしましたが、こちらの写真はiPhoneではなくてデジカメです。

住吉踊りや独特の獅子舞の奉納。
qzMG_3717.jpg

本殿へのお参りを済ませたら屋台を見て回ります。
qzMG_3736.jpg

まず気になった屋台はこれ、クロワッサン鯛焼きです。
qzMG_3732.jpg
手前の女性が食べているのは隣の店の煎餅に焼きそば盛って半熟の目玉焼きをのせたもので、近年人気の商品だそうです。

24層の生地を高温で焼き上げるサックサクの新食感の文字に釣られました。一つ200円。
qzIMG_3729.jpg

普通の鯛焼きより餡子は少な目でパイ生地は厚めでウマいのですが、後味が凄いマーガリン。
qzMG_3730.jpg

次に気になったのがこの焼き小龍包。焼きなのに暖簾にはどう見ても蒸し小龍包の写真が。
qzMG_3744.jpg

3ツ入って300円。
qzMG_3739.jpg

かなり熱そうです。
qzMG_3741.jpg

中は結構ジュンワリとしたスープ入りです。
qzMG_3742.jpg

さすが住吉大社の初詣客は凄い人出です。屋台の規模も関西一ではないでしょうか。

●昨年2016.01.06 の割烹塩井の記事

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しをお願いします。

テーマ : お正月料理 - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
18:00  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.12.08 (Thu)

コンビニが潰れるまで

2014年の11月のデザウマにたまたま会社の私のデスクの後ろの窓から見える隣の敷地にコンビニができる事になったので、更地から「コンビニができるまで」の5か月間をレポートしました。今日はその逆の「コンビニが潰れるまで」です。

私は血液型がB型で凝り性で飽き性なのに、たまにツボにハマるとこんな根気強さを発揮します。2014年の春に、それまで3年間コインパーキングだった土地に重機が入りました。
qqzMG_3064.jpg

溝にコンクリ―トが打たれて野基礎ができました。
qqzMG_3181.jpg

野基礎の上に鉄筋入りの型枠が出来て、そこに柱梁桁の重量鉄骨が組まれました。
qqzMG_3279.jpg

外壁のパネルが組まれて内装工事に入って、天井に空調の室外機を設置するための囲いができました。
qqzMG_3755.jpg

11月頭にローソンがオープンしました。ここは東100mにセブンイレブン、南200mにセブンイレブン、南250mにローソンという中程度の激戦区。オーナーはこの界隈でローソンを2店舗展開中でここが3店舗目だったとか。
qqzMG_4113.jpg
ここまでが2年前の記事からの抜粋です。

結局オープンしてから2年と2か月で閉店でした。ビルの前にあるので郵便を出す以外にもたまに利用しましたが、品揃えが普通で、従業員の移り変わりが激しい店でした。そういえばテレビでコンビニのお菓子ランキングで話題になった丸永製菓のアイス菓子「安納芋もなか」全国のローソン限定発売も、結局ここでは売られる事はなかったです。
qzMG_3273.jpg
成人向け雑誌はいつもあるのに、普通の週刊誌は今年の春あたりから置かなくなりましたので何故かなと思っていたら、

閉店のひと月前に閉じる噂を聞きました。そのあたりから棚がどんどんスカスカになって行きます。
qzzMG_3272.jpg

そして閉店しました。
qzMG_3290.jpg

翌日には大型トラックが数台横づけになって、什器冷蔵庫、エアコン、看板を撤去して行きました。
qzMG_3335.jpg
結局、マニュアル通りの平均的品揃えでは周囲に競合店があれば苦戦するし、いつ行っても店をまかされている意識が無い、時給バイト顔丸出しの従業員のいる店は地域で認められないという事でしょうか。そこそこ頭の良さそうな女性スタッフは何人かいたようだったのですが。

うちの会社にとっての問題は最寄りのポストが無くなった事です。次はぜひ郵便局が来て欲しいです。d( ̄  ̄)
また次のテナントが入ったら報告します。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 大阪 - ジャンル : 地域情報


人気ブログランキングへ
18:00  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.09.21 (Wed)

昔から10年に一度世間を騒がせる写真があります

デザウマのブログでは珍しいテーマですが、明治時代からこれまで10年に一度のサイクルで世の中を騒がせる写真があります。
今回も最近ネットで騒がれ出しました。これです。(オリジナルは白黒で、この写真は後に着色されたもの。)
qz52eb34c2bfb6ba7794cf.jpg
下のサムネイルをクリックするとフルサイズの大きい写真が別ウィンドで開きます。
qz47041942a81e52eb34c2bfb6ba7794cf.jpg

1865年(慶応元年)2月中旬から3月18日までの間に、長崎へ集結をかけられた各藩の勤皇党は世界の情勢に明るい、オランダ人宣教師フルベッキ博士を訪問しました。

日本の統一、王政復古はどうなってゆくのかをフルベッキ博士を交え議論し合った時に、長崎の写真家である上野彦馬の写真スタジオで真ん中にフルベッキ博士とその子供も入って、和やかな雰囲気で記念撮影されたものとの説があります。

この写真は後の明治28年に、宗教家で歴史家でもある戸川残花が雑誌「太陽」に掲載して世に知らしめる事になりますが、当時の政界の圧力で、写真の説明書きは佐賀藩の学生達と記載されました。

でもよく見てみると佐賀藩の学生どころかそこには.....。
陸奥宗光、五代友厚、黒田清隆、高杉晋作、坂本竜馬......
qz9553652.jpg
西郷従道、西郷隆盛、大久保利通、伊藤博文、岩倉具慶、明治天皇....
qz3_9553652.jpg
勝海舟、中岡慎太郎、大隈重信、大村益次郎、桂小五郎、後藤象二郎....
qz43_9553652.jpg
後世の実物の写真や、本人を知る人達の証言もあって、およそ半数近くは本人であるとされています。
もちろん昔の手の込んだ合成絵画のたぐいではないかとも思われるので、10年に一度のサイクルで世間を騒がせる写真と言われています。

25.陸奥宗則 と書かれているのは 高杉晋作ではないかとか、幕臣の勝海舟がいるのはいくらなんでもとか、明治天皇が髷頭で大刀を持って写っているなんて....いやいや、明治天皇には有力な替え玉説というのがあって、など、この写真が明治28年に登場してから諸説プンプンです。

もう一度、元写真に近い白黒写真をどうぞ。(クリックで大きくなります。)
verbeck.jpg
レイアウトと名前リストです。(クリックで大きくなります。)
qzo0800058512218908293.jpg
この写真が1865年(慶応元年)3月の撮影で、本物ならばこの後すぐ彼らは歴史の大きな渦に飛び込んで行きます。
1865年(慶応元年)2月高杉晋作が長州藩の実権を握る。5月1日 坂本竜馬が桂小五郎と会合。
1867年(慶応3年)6月12日坂本竜馬が船中八策を示す。10月13日倒幕の勅命が下される。
      翌14日徳川慶喜が大政奉還。11月15日 坂本竜馬と中岡慎太郎が京都で暗殺される。
1868年(慶応4年)1月3日鳥羽伏見の戦い。 3月13日勝海舟と西郷隆盛の江戸城会談。
      4月11日江戸城の無血開城。


勤皇党のスポンサーは日本との貿易を拡大したかったロスチャイルド家の代理人グラバーというのは有名な話ですが、グラバーが幕末から維新で破産して歴史の表舞台から去った後も、この写真の中央のフルベッキは日本政府に大きな影響力を持ちます。

桂小五郎は木戸孝允と名乗って明治政府で活躍するのですが、この写真で検証してみます。
左は今回の写真で、横は同じ頃の写真へ、そして洋服姿は明治政府の木戸孝允です。
桂小五郎ck qzw11126299757.jpg 木戸kido
私は同じ人に見えますがどうでしょう。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : なんだこれ - ジャンル : 写真


人気ブログランキングへ
18:00  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.08.30 (Tue)

呼ばれなければたどり着けない玉置神社に

今年の5月に京都造形芸術大のプロダクトデザイン学科の教務室でのことです。授業が終わった後で村田智明教授と休憩のお茶をしていたら話の中で、「和歌山と奈良の県境にある玉置神社はとても良い神社だから、一度行かれたらいいと思う。」と勧めていただきました。
その場でネットで見たらこんな写真がありました。明らかに何かありそうな神社です。村田さんご自身も会社のスタッフと行かれて良いことがあったそうです。
qzmain_img.jpg
この古社に呼ばれる人は友達に誘われたり、やたらと玉置神社に関する情報を目にしたりするそうで、事実この村田さんからの話以降はよく熊野古道の名を耳にするようになり、この写真が頭に浮かびました。ああ、これはお参りに来なさいと呼ばれているなと思いました。私は2010年の真冬に熊野「お燈まつり」に行きましたが、その時の誘われている感じに似ています。

動画がありました。
[美しき日本] 奈良 十津川村玉置神社


ただ、サイトにはこうもあります。 呼ばれていない人は、予定を立てても「急な仕事が入る。」や、「道が土砂崩れで不通になる。」とか「カーナビが突然壊れて迷子になる。」…などの理由でたどり着けないといいます。

何時行こうかと迷っていたら、ポカッと月曜日の予定が無くなって、自由になる日が丸一日できたので急遽車を飛ばして行きます。車が最後の玉置山を登り始めたら急に吐き気がして気分が悪くなりましたが、何とか駐車場に辿りついて参道を歩き進みます。
qzMG_2279.jpg

いきなりこんなものが出てきました、ここまで来て熊に出くわして、お参りできずは悲しいぞ、と思いながら進みます。
qzMG_2306.jpg
そう言えば先日学校で、元宇宙飛行士の秋山豊寛教授にお会いした時に聞いた「昔は日本中に大勢いた日本猟友会というライフルを撃てる人が、銃の規制が強化され、高齢化が進んでどんどんいなくなっているから、日本中の山にイノシシやら熊が増えているんです。」というのを思い出しました。

分かれ道です。元気なので右へ。
qzdMG_2280.jpg

着きました。本社殿です。冒頭の写真通りのすごい存在感です。
qaMG_2297.jpg

社務所の方にある手水舎です。
qzMG_2302.jpg

ここの奉納ひしゃくは女優の吹石一恵さんという事で、確かにそう書いてあります。
qzMG_2300.jpg
福山雅治との間に、この冬第一子誕生のニュースが飛び交っていますが、こちらは個人的な願いは控えて無私の心でお祈りすることが重要で。この神社の神様に気に入られると、 天下を動かす大人物になれるそうです。私はもう遅い気もしますが。(^-^;)

写真がうまくつながりませんでしたが、周囲が10.5mの大杉です。
qzMG_2288.jpg
qzsMG_2287.jpg
諸説ありますが、最も古いものは神武天皇が東征の折りに熊野の浜より上陸して、八咫烏の案内で大和の地を目指す途中で、この玉置山で、この後の安泰を祈願して十種の神宝を奉じた地とあります。これを起源とするなら玉置神社は伊勢神宮より、熊野速玉大社より古い神社となります。

駐車場に向かって帰ります。
qzMG_2305.jpg

駐車場の売店のお爺さんから「ここで休んで行き。」と勧められて、めはりずし(高菜の浅漬けの葉でくるんだ弁当用のおにぎり)を頂きながら、私が「車でここに登って来る時は吐き気がして気分が悪かったけど、今はすっかり良くなった。」と話すと、お爺さん曰く、「あんたで今日同じ話を聞くのが10人目。中には車内で子供が泣き叫んで大変やったけど、この駐車場に着いたらケロッとしてたと言う家族連れがおった。」と。

こんなサイダーがありました。熊野鼓動という会社の商品です。
qzMG_2307.jpg
八咫烏(ヤタガラス=三本足のカラス)はサッカーJリーグですでに有名ですが、地元なのでサイダーを持たせてもOKということでしょうか。

とにかく無事に参拝が済みました。やはり私は玉置神社に呼ばれていたと思います。
しかし、大阪市内北区から片道4時間半の一人運転はキツイです。次回からは誰かを誘ってくることにしましょう。

玉置神社社務所


奈良県吉野郡十津川村玉置川1番地
0746-64-0500
●道路情報と天気予報、近隣情報

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山) - ジャンル : 地域情報


人気ブログランキングへ
18:00  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)
 | HOME |  NEXT