2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.08.20 (Sun)

ミシュラン星の蕎麦 たかま 大阪市北区天神橋7

テレビだったか雑誌だったか、うちの会社から歩いて行ける天神橋7丁目にミシュラン一つ星の蕎麦屋があると知って気になっていましたが、その「たかま」にやっと今日のお昼に行きます。
qzIMG_0043.jpg

ここです。暖簾は有りません。
qzMG_6300.jpg

11時30分に開店だそうですが店に着くと向かいの道路の日陰にはすでに12~13人の行列。時間になって開店と同時にゾロゾロと入って行きます。私ら2人で丁度満席になりました。
qzMG_6255.jpg

店内は写真の10人ちょっとが座れる大テーブルと、
qzMG_6258.jpg

この4人テーブルが一つです。私らはこちらで相席です。
qzMG_6257.jpg

メニューです。田舎そばは蕎麦殻ごと挽いたそばで、盛りそばは蕎麦の実の中心のやわらかい部分を挽いた白いそば。
qzMG_6260.jpg

それと一品メニューです。蕎麦が来るまで時間がかかりそうなので、だし巻きを頼みます。
qzMG_6261.jpg

朱の盆トレーにお箸とお茶が絵になります。
qzMG_6265.jpg

ずいぶん黄色の濃いだし巻きがきました。
qzMG_6267.jpg

こんな薄くてハッキリとした積層のだし巻きは初めてです。相当巻いています。
qzMG_6272.jpg

相方の天ざるそばの天婦羅が来て、
qzqMG_6283.jpg

細めの綺麗な淡い色に仕上がった盛りそばが来ます。
qzMG_6284.jpg

私の鴨汁そばです。
qzMG_6274.jpg

つけ汁椀は具だくさんです。
qzMG_6276.jpg

私の田舎そばも細いです。
qzMG_6275.jpg

アップで見ると蕎麦殻ごと挽いているのに透明感があって角が立っているのが分かります。
qzMG_6278.jpg
醤油が立ちすぎない、少し甘めの汁が蕎麦の香りを引き立たせています。

ぶ厚めのしっかり味の鴨肉。
qzMG_6279.jpg

大きめの焼き白ネギも汁に良く合います。
qzMG_6281.jpg

最後の蕎麦湯も濃厚でとろみがあります。
qzMG_6294.jpg
また来ます。なかなか美味しいそばでした。

蕎麦 たかま

大阪市北区天神橋7-12-14
06-6882-8844
11:30~14:30
火曜日定休

今日も下のデザウマ人気ブログランキングボタンに応援のひと押しをお願いします。

テーマ : 蕎麦 - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市北区


人気ブログランキングへ
16:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.16 (Tue)

淡路島でホルモンうどんと釣りと温泉

一年ちょっとぶりで淡路島の岩屋へ釣りに来ました。明石海峡大橋通過中です。いつもながら白くてデカイです。
qzMG_2055_20170506024743141.jpg
全長3,911 m、中央支間1,990 mで世界最長の吊り橋は阪神淡路大震災で1m伸びて現在公式に中央支間1,991に書き換えられている事を知っている人は少ないようです。

いつもの釣り場(2016年の記事)に着いて、今渡ってきた橋を見ます。
qzMG_5041.jpg

海峡を行き交う釣り船をアップで撮ってみました。今日は空も海も同じ色に見えます。
qzMG_5051.jpg

仲間で釣り糸を出すとこんなのや、
qzMG_5046.jpg

こんなのが釣れました。
qzMG_5055.jpg

今日は毎回釣りの段取りをして頂いている後藤さんの特製ホルモンうどんが食べられます。このホルモンうどんは2月にMBSの”せやねん”という番組内で実演調理して、紹介された料理です。写真は当日の番組から後藤さんは前列右。
qzss1582.jpg

その調理がスタートしました。厚めの鉄板に油をひいて十分加熱したらホルモンを炒めて、
qzMG_5069.jpg

出てきた油で野菜に塩コショウをして炒めます。
qzMG_5073.jpg

ポイントはうどんを熱湯でザッと湯がいてから、
qzMG_5081.jpg

一気に高温で水分を飛ばしながら焼きあげるところ。
qzMG_5082.jpg

肝心なのはこの岡山県津山産の”ホルモンうどんたれ”。
qzMG_5078.jpg

何でもB-1グランプリで有名になったソースだそうです。
qzMG_5080.jpg

このあたりでみんなでカンパ~イ。
qzMG_5093.jpg

仕上げにソースを回しかけて仕上げます。
qzMG_5088.jpg

出来上がりました。ウマいです。
qzMG_5089.jpg
後藤さん、ホルモンうどん店開店の折りは応援させて頂きます。

肝心の釣りの方はいまいちでした。アイスボックスで持ち帰るには程遠い釣果なので、熱心な小さいくて茶色の釣りギャラリーにおすそ分けすることにします。生きているのではとチョイチョイと手を出して、
qzMG_5098.jpg

ウマそうに食べてくれます。
qzMG_5097.jpg

こちらは途中から参加の白黒の方。
qzMG_5065.jpg

2時頃で釣りを切り上げて今回も近くの丘の上の温泉「松帆の郷」へ行きます。
qzMG_5104.jpg

写真は温泉施設のサイトで紹介されている野天風呂の写真です。素っ裸で海峡の風を受けながら明石海峡大橋を眺めるのは気持ちいいです。
qzsage2.jpg


温泉 松帆の郷

兵庫県淡路市岩屋3570-77
0799-73-2333
休館日第1木曜(1・4・5・8月は無休)


今日も下のデザウマ人気ブログランキングボタンにはげましと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : 美味しかった♪ - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.02.19 (Sun)

手打ちうどん 山元麺蔵 京都市左京区岡崎南

山元麺蔵の「麺蔵」を題材にした新しいロゴマークです。
qzMG_4168.jpg

前回、左京区の山元麺蔵に行ったのは2011.08.14のむちゃくちゃ暑い日でした。6年前でもすでにメジャーな繁盛店でしたが、あれからもっとスゴイ繁盛店となってしまい、今日まで長い行列に並ぶ勇気が出ずにいました。
写真左は岡崎公園動物園前バス停です。この先を左に曲がると店が見えます。今の時間は午後2時ですからお昼時のピークは過ぎています。
qzMG_4165.jpg

甘かったです。右が山元麺蔵の行列で、左はうどんそばと卵丼で有名な「岡北」の行列です。確か前回は岡北に行列は無かったのですが、山元麺蔵につられたのでしょうか。
qzMG_4167.jpg

今日は食べる気満々できましたので、覚悟して25mほどの列に並びます。大きな提灯が店で、その先の列は隣の岡北のもの。
qzMG_4171.jpg

雪が降ってきて風も出てきて凍えていると、店から熱いお茶のうれしいサービスが。店内は暑いのでしょう、サービスする彼女は半袖Tシャツ。
qzMG_4177.jpg

行列の順番にメニューを配って注文を取っています。これは冬バージョンの大根おろしの入った温かメニューで、私はこの鶏ささみ天みぞれうどんと、前回美味しかったので別に牛蒡の天ぷらをもらいます。
qzaMG_4170.jpg

ここで気付いたのですが私の前は中国の女の子二人連れで、後ろは韓国の女性たちです。ちゃんと中国語と韓国語のメニューも用意されています。
qzMG_4174.jpg

前の子たちの中国語メニューが見えました。天婦羅は読めますがそれ以外はちょっと....。
qzMG_4176.jpg
中国では日本のうどんがブームと聞きましたが本当のようです。鰹や昆布のウマ味が分かるのですね。注意して周りの会話を聞いていると、行列の半数は外国の人です。

40分で、やっと店の入り口にきましたが身体が芯まで冷えてしまいました。
qzMG_4178.jpg

カウンター奥に座ります。ここは前回と同じ場所です。
qzMG_4183.jpg

洗い場のシンク程の大きなフライヤーが二つあって、これでガンガン天ぷらを揚げています。
qzMG_4182.jpg

鶏ささみ天と
qzMG_4184.jpg

みぞれうどんが来ました。
qzMG_4189.jpg

この出汁、温まります。
qzMG_4186.jpg

前回の釜揚げのうどんはかなりの強腰でしたが、これはそうでもありません。食べやすいです。
qzMG_4192.jpg

牛蒡の天ぷらも来ました。
qzMG_4188.jpg

鶏のささみの天ぷらはシットリふんわりでウマいです。
qzMG_4193.jpg

香の良い牛蒡です。
qzMG_4194.jpg

長い行列でお待たせしたという事で店長から杏仁豆腐のサービス。
qzMG_4198.jpg

店を出る時に撮った店内です。
qzMG_4201.jpg

手打ちうどん 山元麺蔵

京都市左京区岡崎南御所町34
075-751-0677
11:00~18:00
水曜日11:00~14:30
木曜と第4水曜定休(祭日の場合は翌日休業)
麺切れ閉店

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しをお願いします。

テーマ : うどん - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市左京区


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.11.05 (Sat)

うどん双樹(soujyu) 大阪市北区天神橋2

北区天神橋2丁目に来ています。午前中からの打ち合わせが12時過ぎに終わりました。近くでお昼を済ませて会社に戻ろうとお店を探していると、大阪天満宮の北側に出ました。
qzMG_3223.jpg

ちょっとだけ大阪天満宮の歴史を。
その昔奈良時代この地に難波京の西北を守るために創建された大将軍社があって、平安時代(901年)に菅原道真公が九州の大宰府へ流される際にこの大将軍社をお参りして旅の無事を祈りましたが、その二年後に大宰府で菅原道真公が亡くなった後に菅原道真公を「天神様」として祀る天神信仰が全国に広がりました。

qzMG_3221.jpg

949年にこの地の大将軍社の前に一晩で7本の松が生え霊光を放つようになった、という話が都に伝わり、その話を耳にした時の天皇・村上天皇の勅命で大阪天満宮が創建され天満宮が建立されます。これが大阪天満宮のはじまりです。この霊光を放って光り輝いた池を「明星池」と呼ぶようになったが現在は無く、隣にあった「星合池」がこの写真の池です。(現在は亀の池とも呼ばれます。)

qzMG_3220.jpg

この由緒ある星合池で営業しているのが茶店の佇まいの「うどん双樹」でここが最近売り出したメニューがすべらんうどんです。学問の神様として受験生の合格祈願を引き受ける大阪天満宮とそのすぐ横にできた芸を磨く若手落語家の登龍門となっている「繁昌亭」ですが双方にとって禁句なのは「すべる」なので大阪らしい洒落っ気の効いたメニューです。

qzMG_3224.jpg

ということで星合池に架かる石橋を渡って星合茶寮へ。
qzMG_3219.jpg

なんと本当に茶店風で、外の緋毛氈の縁台が客席です。
qzMG_3214.jpg

メニューです。近くに繁昌亭があるし、ときうどんというもち入りの白い出汁のうどんが気になったのでメニュー下段真ん中のそれを頼みます。
qMG_3208.jpg

外に張り出した小屋が調理場です。
qzaMG_3209.jpg

やってきました。ときうどんです。出汁つゆに擦りごまを合せた白い出し汁です。丸いのはおもちです。
qzMG_3202.jpg

しかし、これがなぜときうどんかというと、繁昌亭から何か落語にちなんだメニューを出して欲しいと言われて、「時うどん」という勘定をごまかす噺から→「ごまかす」→「胡麻のかす」とつながるのだとか。聞いてみないと絶対分かりません。

おばちゃんがしきりにラー油を勧めるので入れてみます。
qzMG_3206.jpg

なるほど。ラー油をいれると一段と胡麻の香りが引き立ってウマいです。
qzMG_3205.jpg

帰りにおばちゃんから、受験生に渡しているんやけど、あんたさんはお商売してるみたいやからコレあげると「すべらんステッカー」を頂きました。言葉は魔法なんですって。
qz300.jpg


うどん双樹

大阪市北区天神橋2-5-6
0120-533-539
11:00~16:00
定休水曜日

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : うどん - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市北区


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.10.03 (Mon)

満寿形屋(ますがたや)  京都市上京区枡形通

一年十か月ぶりの出町柳駅近くの鯖寿司で有名な満寿形屋(ますがたや)です。今日の記事は京都造形芸術大学の2016年大瓜生山祭に行く前の腹ごしらえです。
qzMG_2828.jpg

いつも通りに12時ジャストに暖簾がでます。
qzMG_2831.jpg

歴史のある店ですから、店の雰囲気は一年そこらでは全く変わりません。
qzMG_2838.jpg

メニューも変わりません。
qzMG_2833.jpg

入口横で職人さんがせっせと鯖寿司を作っています。
qzMG_2839.jpg

こんなチャンスはめったにないので満寿形屋の鯖をアップで見ます。
qzMG_2840.jpg

「冷やしぶっかけと鯖寿司」1200円がきました。
qzMG_2841.jpg

これも変わらぬ蒲鉾の分厚さ。
qzMG_2842.jpg

うどんの箸上げアップ。
qzMG_2846.jpg

鯖寿司も箸上げにトライしますが、美しく上がりませんので食べる前の姿です。
qzMG_2843.jpg

実は店の開店前に並んで待っている間に、和菓子の出町「ふたば」に電話して豆餅の餡なしと、餡入りを電話予約していました。餡なしは予約販売しかやってないというのがこの裏技の特徴です。
qzMG_2850.jpg

ですから、店の前で行列の整理をしている店の人に、予約名を言うと豆餅を速攻で渡してもらえます。この方法の悪い所は行列のギャラリーからグサグサ刺さる視線を浴びる事です。
qzMG_2854.jpg

●2015.01.11の満寿形屋
●2014.08.04の満寿形屋

●2014.03.07の満寿形屋

満寿形屋(ますがたや) 
(京都グルメ本【京都旅楽】さんから)

京都市上京区枡形通出町西入二神町179
075-231-4209
12:00~18:00(なくなり次第終了)
定休水曜日

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 寿司 - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市上京区


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.08.24 (Wed)

いぶきうどん 大阪市北区天神橋5

天神橋筋商店街の天五に「いぶきうどん」ができました。中崎町の「中華そばいぶき」とは関係のない別の店です。
qzMG_2332.jpg

でも売りにしているのは同じ香川県伊吹島産の「いぶきいりこ」です。うどんとラーメンですが、同じいりこの出し汁なので、とても気になります。店は7月末にオープンしたばっかりです。

qzMG_2329.jpg
いぶきうどん

間口は狭いけど、天神橋筋商店街に面している一等地です。ちょっと変わったレイアウトで、客は表の自販機で食券を買って、正面向かって左右いづれかの入り口から入ります。従業員は真ん中からの出入りです。
qzMG_2310.jpg

暖かいかけうどんの方が、よく味が分かるのですが、今日は暑いので「とり天・ちくわ天ぶっかけうどん」にします。
qzMG_2308.jpg

店に入りました。立ち食いです。従業員出入り口からはそのまま厨房に繋がります。
qzMG_2315.jpg

カウンターにはサービスのいりこの素揚げが、
qzaMG_2313.jpg

目の前の棚の上には表の自販機から入るオーダーのプリンターがあります。入ってくる人が何を食べるか分かるってどうなんでしょう。
qzMG_2324.jpg

奥の手打ち製麺コーナーが見えます。
qzMG_2325.jpg

とり天・ちくわ天ぶっかけうどんがきました。
qzMG_2316.jpg

手打ち麺が少し荒っぽくて、のど越しがモッタリします。
qzMG_2318.jpg

竹輪も、魚のすり身が少ないのでしょうか。もっとモッチリシットリ感が欲しいところ。
qzMG_2323.jpg

やっぱりいりこの美味しさは出汁かけうどんでないと分からないので次回はそれにしましょう。
qzいぶきうどんャ
(写真のかけうどんはお店のサイトから)

店を出たら丁度、真ん中の従業員出口からスタッフが出てきました。このレイアウト、外から見える厨房の演出がなかなか良い感じです。
qzMG_2331.jpg

いぶきうどん

大阪市北区天神橋5-5-16
06-6135-1170
11:00~22:00
不定休

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : うどん - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市北区


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.04.09 (Sat)

蕎麦 小堀屋本店 千葉県香取市佐原

今日は前回のうなぎの山田屋の翌日です。佐原は利根川に注ぐ運河の街で、運河周辺は江戸時代から続く街並みがあります。
qzMG_0234.jpg
利根川は後の書き文字で本来は刀禰川であったと「万葉集」に記載があります。私の苗字の「中禰」は千葉の本家の過去帳に西暦1600年以前は「刀禰」と名乗っていたと記載があります。全国でも希少苗字なので何か関連がありそうです。

そんなことはさておき、こちらが今日のお昼を頂くお店の蕎麦屋「小堀屋本店」。かなり古い店構え前に、開店を待つこれもかなり古い(失礼)人達が並んでいます。
qzzMG_0235.jpg

1782年からこの場所で蕎麦屋を創業、それ以前は醤油屋とか。
qzMG_0238.jpg

明治33年に江戸時代風のこの建物を建てて現在に至るそうです。
qzMG_0240.jpg

暖簾が出ました。古い人に囲まれていた所為か店の人がとても若く見えます。
qzMG_0239.jpg

店内左は座敷で、右に靴を脱がないでも腰が掛けられる小掛の席があります。
qzMG_0243.jpg

表メニューですが目当ては裏の、
qzMG_0242.jpg

北海道日高昆布を練りこんだ「黒切りそば」です。
qzMG_0241.jpg

横の座敷を見たらちょうど、先に入った「かなり古い人達」が揃って蕎麦を箸で上げている珍しいシーンでした。
qzMG_0246.jpg
後ろの急こう配な階段は江戸時代の建築の特徴とか。

来ました。江戸時代から続く、黒切りそばです。
qzMG_0248.jpg

昆布でこれだけ黒く見えるという事はかなりの割合で昆布が入っているようです。
qzMG_0247.jpg

食べると、なるほど最初に昆布の旨みを感じて、後で蕎麦の香りが追いかけてきます。ウマいです。
qzMG_0250.jpg

店がまだ開店早々だからでしょうか、蕎麦湯が薄目なのが残念。
qzMG_0252.jpg

小堀屋本店

千葉県香取市佐原イ505
0478-52-4128
11:00~16:30
定休水曜日

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ

タグ : 千葉県_香取市


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.03.10 (Thu)

手打そば処 みな川  京都市左京区北白川

今日はほぼ一年ぶりの「手打そば処みな川」です。
qaMG_9835.jpg

スタートは早朝の河原町。四条大橋を渡って阪急電車から京阪電車に乗り換えて出町柳へ。
qaMG_9767.jpg

今日は3月5日土曜日で、京都造形芸術大の卒業制作展の作品講評です。
qawaMG_9773.jpg

卒業して行く彼ら37名の内12名は3回生の時に、私が教えた学生です。卒業制作の中身は学生らしい提案や研究の発表です。正論が多くて、意外性のある発表がもっと欲しかったのは私の欲かな。
qaMG_9771.jpg

植松学科長が卒業して行くプロダクトデザイン学科生を激励されています。この後、講師陣に混じって私もお話しさせて頂きました。
qaMG_1655.jpg

今日のお昼は同じ講師仲間の奥田さんと近くの蕎麦屋がいいなとなって、私も木曜日の授業の日は店が定休で行けなかった「みな川」へ一年ぶりに。
qaMG_9790.jpg
●昨年のみな川

店内です。
qaMG_9774.jpg

奥田さんは前回私が食べた、蕎麦の「白和え」と「9割せいろ」と「粗挽き10割せいろ」の「味重ね」に炊込みご飯をオーダー。
qaMG_9780.jpg

私は上の写真の左の「味彩」に。
qaqMG_9782.jpg

お漬物と惣菜と、
qaMG_9787.jpg

炊き込みご飯と、
qaMG_9788.jpg

最初に出てくる白和え蕎麦がセットで1200円。
qaMG_9779.jpg

蕎麦つゆをかけて、
qaMG_9784.jpg

細めの喉越しの良い蕎麦をいただきます。うん、ウマ~い。
qaMG_9785.jpg

手打そば処 みな川

京都市左京区北白川山田町67-18
075-724-2340
11:30~15:00 18:00~21:00(水曜夜は休)
木曜定休日

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 蕎麦 - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市左京区


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.02.05 (Fri)

山陰道茶店 中村軒 京都市西京区桂 その1

inqax.jpg

桂離宮に行ってきました。中学生の頃に一度来ていると思っていたのですが何処かと間違っていたらしく、見るものは初めてでした。美術教科書に載っている写真の世界が現実の目の前に広がる様は興奮ものです。
07gr-06.gif

桂離宮は江戸時代に皇族の八条宮の別邸として創設され、建築群と回遊式の茶屋が配されている庭園は日本庭園の傑作とされています。
qaMG_9513.jpg

茶屋の中には小舟で渡って、船着き場から上がって行く茶屋もあったりで、庭園を渡る船で楽しむ様は現代のディズニーランドのようです。
qaMG_9503.jpg

月波楼の船底天井です。竹、皮のついたままの木、曲がった木、柿葺、茅葺、瓦葺と素材が使われていながらシンプルで落ち着いています。相当な労力をかけて一つひとつのものが選ばれ作られていることが伝わってきます。
qaMG_9508.jpg

インテリアデザイナーの内田 繁さんが1999年に桑沢デザイン塾で説いた、「茶室を読む」 の世界です。
qaMG_9502.jpg

石垣張りという障子です。紙の接ぎ目をデザインとして見せる張り方で、その昔は御所やこの桂離宮などにだけに許された障子の貼り方がありました。今日のような雨の日は見学者がよろけて傘でプツッという事があるそうで、張替が大変だそうです。
qaMG_9500.jpg

皇室に係わる建築物らしく、瓦には菊のご紋。
qaMG_9505.jpg

そういえば雨の中長靴姿で庭内の案内を担当していたのは皇宮警察の職員でした。
qaMG_9495.jpg

世間とはまったく隔絶された別世界で、桂川から水を引いた池と水路を設けて、その周辺に茶室をレイアウトする庭と建築美の調和がすばらしく、京都はもちろん、日本文化の精髄として世界的にも評価が高い施設です。もっと早く見に来るべきでした。
qaMG_9509.jpg
●桂離宮(施設案内ビデオや施設の概要図と見学予約はこちらを)

冷たい雨の降る桂での午前中の見学ですっかり冷えてしまい、お昼になってお腹もすいてきましたので、近くのお店に入ります。今日の仲間は大阪市立工芸高等学校時代の同級生写真右の3人。
このお店は桂離宮のすぐ南側で饅頭屋を商うこと百三十余年の「中村軒」
qaMG_9547.jpg

昔は住居で使っていた店奥の部屋も今は客間。
qaMG_9530.jpg

他の人は茶漬鰻やにゅうめんを頼んでいますが、私は京都らしい白味噌のお雑煮。
qaMG_9518.jpg

お餅2つと小さな京芋が入っています。鰹と昆布出汁でのばした合わせ白味噌はウマいです。
qaMG_9519.jpg

京都のお餅は丸餅です。
qaMG_9525.jpg

qaMG_9520.jpg

qaMG_9522.jpg

という事なので、食べ進んでからかつおぶしをふりかけると趣きが変わって楽しいです。
qaMG_9526.jpg

食事は終わって暖まったのですが、本来は和菓子の美味しい店なのでこのままのお茶と菓子を楽しむ事にします。その様子は次回です。

和菓子甘味処 山陰道茶店 中村軒

京都市西京区桂浅原町61
075-381-2650
7:30~18:00
水曜日 (祝日の場合は営業)

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援します。

テーマ : 和食 - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市西京区


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.12.03 (Thu)

うどん ゆきの 大阪市東住吉区山坂3

久々のうどんのお店です。場所はハルカスのある大阪の天王寺より少し南のJR南田辺駅近くのうどん「ゆきの」です。
qaMG_8830.jpg

実はこの店を知ったのはずいぶん前の2008年でした。店の一台だけの駐車場はいつも埋まっていて、住宅地なので周りに駐車場は無し、遠いところに止めて歩こうとしても店は昼前から行列で、たどり着いても食べ終わるには相当時間がかかりそうで諦めていました。

店は右の暖簾のところで、正面のJR阪和線の高架が見るあたりが、私が市立工芸時代によく部活の朝練で走っていた長池公園。
qaMG_8844.jpg

今日はクライアント会議が12時半に終わって、車で店の前を通過すると待ち人は4人でこれは入れると車を離れたコインパークに入れてきました。そしたら待ち人は一人です。
qaMG_8845.jpg

それでも店内は満席なのでカメラを向ける事ができません。しかたなくカウンター越しの厨房を撮ります。こじんまりとした、大将一人が動きやすく考えられた厨房です。んっ、正面の壁の水栓の下にあるのは......。
qaMG_8839.jpg

そうです。私がデザイナーの新人時代の仕事の大阪ガスの押し回しコックです。初めてのお店でもこんなのを見つけると妙に落ち着ます。
qaaMG_8839.jpg

このお店での初メニューを何にしようかと思いましたが、天ぷらののった冷たい天ぶっかけと、かやくご飯のセット(平日の昼食は100円引きの860円)にします。
qaMG_8832.jpg

私のうどんを仕上げる三浦さんというこちらの大将が、うどんに醤油ダレを掛け回す時のうどん鉢の位置が目の高さというのに、ちょっとびっくりポンです。

具だくさんでうどんが見えません。
qaMG_8833.jpg

いろいろうどんを食べてきました
が、初めての感覚です。程よい強めのコシで手強いけれどある程度噛みしめるとプッツンといさぎよく切れる。エッジが立ってないからのど越しが気持ちいいです。写真左のノンエッジな麺の断面です。
qaMG_8837.jpg
鰹の効いたわずかに甘目のかけ出汁もバランスが良いです。

こちら定食セットのかやくご飯。こちらも人気のご飯でこれを目当てに来る人も多いとか。
qaMG_8834.jpg

細かく刻んであるのでしょうか、いい土牛蒡の香りがなかなかのもんです。
qaMG_8841.jpg

これまではうどんのエッジがどうのこうのと言っていましたが、確かにエッジは立ってない方がのど越しは良い事に今日納得しました。
三浦さんの仕事は見ていても気持ち良かったし、知っていたのになぜもっと早くに来なかったのか後悔しました。

うどん ゆきの
リンク先は写真の綺麗な「昼ごはんも白状するブログ」さんです。

大阪市東住吉区山坂3丁目10-14
06-6622-8866
11:00~13:00 17:30~19:30 (土・日は11:00~13:30)
休:月曜・祝・日

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市東住吉区


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.06.24 (Wed)

手打大山そば 響 京都市左京区田中下柳町

qaMG_7051.jpg
今週も160分講義を担当する木曜日のお昼前の京都出町柳です。京阪電車が出町柳まで伸びたのは平成元年の1989年で、うちの会社プロイドと一緒の歴史です。(リンクを貼ってある会社のサイトは2002年から殆ど触っていないのでリニューアル作業開始しました。)

梅雨らしい今にも降りそうな空なので、今日はレンタルチャリを諦めてバスで行く事にして、久々に駅周辺で食事にします。数年前に一度店を閉めた後、馴染み客の要望に応えて再び店を開いたという出町柳駅の斜め真向かいにある手打大山そば「響」です。周りの駅前店舗とは違った個人宅の佇まいが印象的なお店です。

これまで何度か前を通っていたのですが、「支度中」のだったり、開いてはいてもこの路地に長蛇の列で諦めたりしていました。
qaMG_7066.jpg

この茶色の札がひっくり返えすと「支度中」になります。今日は「商い中」に変わったばっかりの様です。
qaaMG_7066.jpg

蕎麦屋さんらしい白地の黒文字の暖簾。
qaMG_7065.jpg

カウンターで馴染の客と店主の会話を聞いていると、長らくやってきた店を数年間閉めていたけど、最近再開したという話をされています。
qaMG_7062.jpg

看板メニューのわりごそばを。三段になっている皿にそれぞれ盛られ、ネギとおろしの入ったたそばに、鰹と海苔と
qa]MG_7050

つゆをかけていただきます。
qaMG_7052.jpg

昔、協和木工という島根県の浜田にある会社に行くのに出雲空港を良く利用していました。あの辺は「割子そば」という名のこのような塗の器に入った太目の蕎麦を甘目の汁で食べさせる店がありましたがそんな感じです。
qaMG_7054.jpg

自家製の一味をかけてどうぞ召し上がって、と言われました。辛いのは苦手なので少しだけ。
qaMG_7055.jpg

かけ過ぎです。
qaMG_7060.jpg

お店オリジナルの一味は販売もしています。
qaMG_7063.jpg
確かに昔食べた事のある独特の太目の手打ち感のある、噛むほどに味のある山陰地方のお蕎麦です。

バス停です。上終町京都造形芸術大行き系統3番がもうすぐ到着です。サインの左をデザインした大阪ガスの車が通過します。京都も大阪ガスだろうなと思っていましたが、やっと確認できました。右の通り向かいの店はなんでしょう。
qaMG_7068.jpg

「SALUTYA」というカフェです。なかなか味のありそうな店ですから今度行ってみます。
qaMG_7069.jpg

バスは百万遍の交差点を左に曲がります。
qaMG_7071.jpg

学校のバス停です。それにしても上終町="かみはてちょう"とはなんという町名でしょう。この世の終わりを示しているようです。この辺は縄文文化の色濃い土地ですから曰くありそうです。機会があれば調べてみたいです。
qaMG_7072.jpg

学校正面到着しました。バスも良いもんです。
qaMG_7076.jpg

手打大山そば  響 

京都市左京区田中下柳町20
電話は非公開
11:40〜19:00
定休毎週月曜日火曜日

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : 麺類・うどん・そば - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市左京区


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.04.17 (Fri)

うどん屋 きすけ 大阪市北区鶴野町4

毎日うどん屋 きすけの前を通って新御堂筋に上がって帰ります。いつの頃からか午後11時(麺切れ次第終了)が午後9時(麺切れ次第終了)になって、時間前に終わっているのを良く見るようになりました。
qqMG_6155.jpg

今日は早目の6時半、冷たい雨が降ります。
qqMG_6156.jpg

いつもながら飾りっ気のない店内ですが、私は好きです。
qqMG_6139.jpg

メニューです。この3年で少し値上げになってるようです。2011年のデザウマを見ると、生じょうゆうどんは50円、肉ぶっかけ温泉たまごのせは10円上がっています。食品は軒並み値上がりしているので仕方ないです。
qqMG_6140.jpg

相方チョイスの鯛ちくわ天と温泉たまごのぶっかけ800円。
qqMG_6141.jpg

私チョイスの肉ぶっかけ温泉たまごのせ990円。
qqMG_6144.jpg

甘めの味付けが冷やしたうどんに良く合います。
qqMG_6153.jpg

素人ですが、うどん打ちの経験のある者から言わせると、この独特の"モッチリ腰"はどうやればできるか興味があります。
qqqMG_6146.jpg

飾りっ気はないと言いましたが、出入り口横の衝立の上にこんなものが。
qqMG_6154.jpg

讃岐うどん~ なんがでっきょん!雀のお宿Ⅱさんのブログの写真がウマそうです。

うどん屋 きすけ

大阪市北区鶴野町4-11
06-6375-5656
12:00~21:00(麺切れ終了)
火曜定休・毎月最後の月曜日

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : うどん - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
18:03  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2015.02.16 (Mon)

手打そば処 みな川  京都市左京区北白川

先々週に続いて朝8時の京都です。阪急の河原町駅から京阪電車乗り換えで四条大橋を渡ります。橋から南側を見ます。右に有名なウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計で今年、築90年の中華料理の東華菜館が見えます。
qqMG_5774.jpg
このビルは最初牡蠣料理屋で次に洋食屋だったのが戦時中に中華料理に変わって今まで続いているそうです。

こちらは同じ場所からの見慣れた北側で、岩倉から鞍馬は雪模様です。今日も今から北白川の学校へ行きます。
qqMG_5773.jpg

お昼になりました。ずっと前から行きたかったのに講師役の木曜日は定休日で行けなかった蕎麦屋「みな川」があります。今日は水曜日なので昨日から行くと決めていました。学校から南へ歩きます。途中に今年5月末竣工の創々館の建設現場を通ります。京都造形芸術大学は子供芸術大学や専門学校も併設する大きな学校です。
qqMG_5803_20150203174643577.jpg

大学から一つ南の信号のある交差点から山側に入ったところに店があります。この交差点の向かい側に、以前デザウマに登場したイタリアンのブズン (Bosom)ドンク 北白川店 (DONQ)が見えます。
qqMG_5802.jpg

着きました。店の建物が学校と同じく瓜生山の坂道に建っているので斜めです。
qqMG_5800.jpg

お古のメニューです。初めてですから、蕎麦の味が良く分かる「味がさね」にします。
qqMG_5801.jpg

明るくシンプルで外から見るより広い感じです。
qqMG_5775.jpg

続き座敷のカウンター席は足元が掘ってあるので楽です。
qqMG_5777.jpg

蕎麦ちょこと薬味が来て暫し待ちます。
qqMG_5779.jpg

まず、蕎麦の白和えです。正確には分かりませんが胡桃が入っているような旨味のある白和えで、蕎麦の味をうまく引き出しています。
qqMG_5783.jpg

九割の蕎麦です。驚くのは蕎麦の細さ。
qqMG_5786.jpg

細いのにしっかりとして蕎麦の香りが爽やかです。
qqMG_5788.jpg

3つ目の皿は色が黒っぽい十割蕎麦です。これも同様に細いです。
qqMG_5789.jpg

明らかに上の九割とは色が違います。こちらは蕎麦の香りが濃いです。鼻からゆっくり息をはいて余韻を楽しみます。
qqMG_5791.jpg

蕎麦つゆは蕎麦の風味を引き出すためのしっかり味のアッサリ目なので、中ほどで継ぎ足します。
qqMG_5793.jpg

十割の蕎麦も湯掻いているからか、蕎麦湯も濃厚でウマいです。
qqMG_5796.jpg

夜のメニューがありました。
qqMG_5782.jpg

学校にも近いし、良い店ですが私の授業は毎週木曜日というのが惜しいです。

手打そば処 みな川

京都市左京区北白川山田町67-18
075-724-2340
11:30~15:00 18:00~21:00(水曜夜は休)
定休:木曜日

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤による脱毛を快適にサポートする髪の毛帽子WithWigを応援しています。

テーマ : 蕎麦 - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市左京区


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.01.27 (Tue)

越前手打生蕎麦 新保屋(しんぽや) 豊中市中桜塚

今月初めに米国に帰ったデザウマニューヨーク特派員のつゆこさんから、今日昼前にリポートが届きました。
写真はブルックリンの自宅の窓から下の通りを見たもので、窓が凍っています。今から猛吹雪だそうです。
FullSizeRender.jpg
CNNニュースでは 米北東部で今日26日から明日27日にかけて猛烈な暴風雪が予想されており、ニューヨーク市のデブラシオ市長は25日の記者会見で「ニューヨーク市史上、最大級の暴風雪になる公算が大きい」として警戒を呼びかけています。
ニューヨークの積雪は90センチに達する見通しで、ニュージャージー州北東部からニューヨーク、コネティカット州南部にかけての一帯はハリケーン級の暴風が吹く恐れがあるとか。すでに学校は休校でサラリーマンOLも自宅待機に入ったそうです。お大事に~~。

さて、今日は豊中に用事で来ています。
豊中と言えば、市役所横の蕎麦の新保屋に長い間行っていません。今ならまだ新蕎麦十割があるかも知れません。どうせならとデザウマ読者の市役所のMさんを誘って行きます。
qqMG_5705.jpg

Mさん曰く、「お品書きには出ていない裏メニューがあって、これがなかなかウマいです。」と、さすがご近所の常連情報。
qqMG_5704.jpg

「十割のおろし蕎麦で天ぷら入りとご飯」というもので、Mさんのオーダーに私ものる事にします。
qqMG_5703.jpg

蕎麦は並みサイズにしてご飯小をつけました。
qqMG_5696.jpg

この店独特の辛味大根の入ったおろし蕎麦に海老天がのっています。
qqqMG_5697.jpg

この福井産辛味大根の入った鰹節の効いた出汁も寒いシーズンだけのメニューです。
qqMG_5698.jpg

蕎麦は茹で上げ時間が短い硬めです。だからしっかり噛むと新蕎麦の香りと甘みが実に豊かです。
qqMG_5699.jpg

海老天の衣が硬めです。葛粉が入っているのでしょうか。この海老天がご飯に良く合います。
qqMG_5701.jpg
辛味大根おろしをまぜた汁を最後に頂くと、とても爽やかです。

●蕎麦 新保屋2回目2013.09.26

●蕎麦 新保屋1回目2010.11.02

蕎麦 新保屋

豊中市中桜塚3-10-3 (豊中市役所南隣り)
06-6852-6017
11:30~14:30/17:00~19:00
日曜・祝日定休

どうぞデザウマの人気ブログランキングボタンをよろしくお願いいたします。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : 蕎麦 - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_豊中市


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.11.20 (Thu)

蕎麦 こやぶ竹聲庵(ちくせいあん) 長野県伊那市

お休みをもらって、信州の姉夫婦のところに行きます。
qqMG_4831.jpg

今までなら車で5時間かけて中央自動車道の伊那インターを降りて行くのですが、木曽山脈を貫く全長4.5kmの権兵衛トンネルができたので、新大阪からのぞみで名古屋まで行って、
qqMG_4822.jpg

特急ワイドビューしなのに乗り換えて、
qqMG_4824.jpg

木曽福島から入ります。ここまで新大阪から2時間半ですから楽です。
qqMG_4823.jpg

お昼時なので、伊那側の権兵衛トンネルを出たところのそば処「こやぶ竹聲庵」に入ります。前回は2009年秋でしたから5年ぶりです。丁度、新蕎麦の次期なのでグッドタイミングです。
qqMG_4825.jpg

落ち葉のフカフカな道を歩いて店に入ります。何も変わっていません。
qqMG_4826.jpg

平日の昼時でほぼ満席です。中高年層が目立ちます。
qqMG_4827.jpg

メニューです。
qqMG_4828.jpg

メニューにはざる2枚で1030円とありますが、入りそうなので3枚(笊3段)でオーダーします。焦し味噌も付いてきます。
qqMG_4829.jpg

10割の新蕎麦です。
qqMG_4830.jpg

イイですね蕎麦の香りが。
qqMG_4832.jpg

自家製の野沢菜です。蕎麦の間につまむのが良いアクセントで、ウマいす。
qqMG_4833.jpg

こやぶの伊那市内の店の動画がありましたが、なぜかざる蕎麦のアップだけですが写真と違う臨場感があります。


こやぶ竹聲庵 (ちくせいあん)

伊那市大字西箕輪与地6563
TEL:0265-78-9966
11:00~14:00  夜は予約制
水曜定休

久々に伊那の記事が続きます。どうぞお楽しみに。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ

タグ : 長野県_伊那市


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT