FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.07.31 (Wed)

蕎麦屋 木田  豊中市東豊中町

昼一に阪急豊中駅近くで用事があったので、その近くでお昼を取ろうと、早めに車で出ました。
qa9071802.jpg

今日あたりは蕎麦が良いなと思い、豊中で蕎麦と言えば越前手打生蕎麦の新保屋(しんぽや)かなと思ったのですが、デザウマではまだ紹介していない蕎麦屋で、一昨年に京都造形芸術大の先生仲間の村田智明さんご夫妻に連れて行って頂いた豊中の住宅街にある「蕎麦屋 木田」がウマかったので今日はそちらに行く事にします。
qaMG_3576.jpg
到着すると満席で外に7人並んでいたのですが、すぐに入店出来て私だけが一人待ちになりましたので遠慮なく写真を撮ります。(ベンチの上の私の鞄を取り除くべきでした。)

入ってすぐ右の店内が良く見える席に着きました。こちら蕎麦屋 木田は2007年オープンとありますから12年目。
qaMG_3586 のコピー

私の後ろには外が良く見える細長い窓があります。見える景色は本当に静かな住宅街です。
qaMG_3582 のコピー

前回、村田ご夫妻と頂いたのは天ぷらせいろだったので、今日はくるみ胡麻せいろにします。
qaMG_3578 のコピー

おろし生姜とネギの薬味がまず来ました。
qaMG_3583 のコピー

くるみ胡麻せいろの登場です。
qaMG_3587 のコピー

普通のつけだれにすりおろしのくるみ胡麻がタップリ入っています。
qaMG_3587.jpg

蕎麦は白い更科ではなく、蕎麦の実がらの少し入ったタイプ。
qaMG_3589 のコピー

いただきます。
qaMG_3590 のコピー

こちらのそばつゆは出汁の効いた少し辛めですが、その汁によく馴染んだくるみと胡麻の風味です。
qaMG_3592 のコピー

残りのつゆに蕎麦湯を入れて楽しみます。もう少し汁が欲しかったです。
qaMG_3595 のコピー

蕎麦屋 木田
大阪府豊中市東豊中町5-30-25
06-6848-5455
11:00~14:30 17:00~20:30
定休火曜(祝日の場合翌日休み)


人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_豊中市


人気ブログランキングへ
15:30  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.05.17 (Fri)

サザンとうどんツアー番外編

そんなことで香川県と愛媛県でのサザン40周年ライブと老舗うどんと旨いものツアーから帰ってきました今日はその番外編です。
前の続きになっていますので読んでいない人は先に前回をどうぞ。


明石海峡大橋大橋を渡って大坂に帰ってきました。
qasMG_2982.jpg
旅先で買ってきたものをいただきます。

まずはこちらで、
qaMG_2911.jpg

最終日の朝に買ったこの新鮮な小魚パックは
qasMG_2912.jpg

帰ったその日の晩に
qaMG_2989.jpg

アヒージョにして冷凍保存してあった 北区中崎のブーランジェ エス カガワのバケットで美味しくいただきました。
qaMG_2994.jpg

翌日の昼には今回うどん本来のウマさを再認識させてくれた山越うどんの
山越うどんロゴャ

テイクアウトの生めん(賞味期限一週間)を
qaMG_3001.jpg

15分茹でて水洗いして
qaMG_3002.jpg
qaMG_3003.jpg

これも買ってきた濃縮だし醤油を
20161001_597dbd.jpg

希釈して回しかけます。
qaMG_3009.jpg

店内の打ち立て出来立てには及びませんが、山越うどんの風味と腰は味わえます。
qaMG_3011.jpg

こんな人のためのネット通販がありました。→通信販売I山越うどん
qa通販20

ネットを調べていると地元のレンタカー屋がこんな面白いサービスをしていました。レンタカーで行く讃岐うどん。王道コース
qaレンタカーチャ

朝8時に高松空港に入ってレンタカーでセットしてある専用ナビ案内でうどんの老舗5軒めぐって3時に空港に戻ってくるというものです。
qa王道コースャ
qaレンタカー地図

どこまでうどんが好きやねんという感じですね。

人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
16:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.05.14 (Tue)

山越うどん (やまごえうどん 愛媛県松山市住吉

サザン40周年ツアーライブに行きます。チケットが当たったのは何と愛媛県武道館でした。日曜日のチケットなのでどうせなら翌日休みを取って、以前から一度は行きたい老舗うどんと旨いものツアーをやってみます。そんな事で今回はデザウマ初めての6部作の最終回目。

道後温泉の宿から近くの三津浜に来ました。実はここに相方が前回のサザンライブの帰りに寄った魚屋さんがとても良かったとの事で、今回もアイスボックス持参で来ました。
qaMG_2918.jpg

この界隈では有名で、テレビ取材も多いという「魚屋 かあちゃん」です。
qaMG_2910.jpg

壁にはこんなサイン色紙が
qaMG_2915.jpg

ところが今日は漁が少なくて冷蔵ケースは殆どカラ、前回買って美味しかったチンコイカ(姿が似ているのでチンコイカ本当はミミイカ)は無しです。(〒_〒)
qaMG_2913.jpg

しかたなく、近くの魚屋さんをググってみると神浦鮮魚店というのが近くにあります。ダメもとで向かいます。
中央の看板もない小さな店です。真ん中右端にニャンがいます。
qaMG_2929.jpg

神浦鮮魚店のショーケース。店主の神浦さんにもチンコイカはないか聞いたのですがやはり漁がないの返事ですが、こちらの冷蔵ケースにはそこそこの魚が。
qasMG_2922.jpg

後でネットで見つけた地元のPRポスターの神浦鮮魚店の神浦さんとニャン。
qa507703486_n.jpg

現在の店のマスコットニャンはこの仔です。
qaMG_2921.jpg

旨そうな魚を少し買いました。
qaMG_2919.jpg

神浦鮮魚店
愛媛県松山市住吉2丁目9−1
089-951-3227

愛媛県を後にして今回最後の老舗うどん店、「かまたまうどん」発祥のお店、香川県綾歌郡綾川町の「山越うどん」に向かいます。約200km走ってやっと到着。
畑の麦が青々と茂る山間の町です。奥の車が見えるところに車を止めました。
qaMG_2975.jpg

その麦畑の横に「山越うどん」があります。写真の正面が出口で、入り口は右の細い道を入ったところにあります。
qaMG_2972.jpg

こちらが入り口で、やはり行列です。行列の人が見ている看板が、
qaMG_2931.jpg

このメニュー看板と
qaMG_2932.jpg

場内案内図。メニューを選んで→オーダーして→受け取って→支払いして→席を選んで食べる。というスムーズな流れが出来ています。
qaMG_2935.jpg

厨房も良く見えます。
qaMG_2937.jpg

一番奥の大きな東屋のテーブルにつきます。結構な広さです。
qaMG_2961.jpg

私のかまたま大。茹でたての釜からあがったうどんに卵をまぜてオリジナルの出汁を回しかけていただきます。
qaMG_2942.jpg

これが出汁です。後で思わずボトルを買いました。
qaMG_2958.jpg

竹輪天とカニカマ天を取りました。
qaMG_2944.jpg

「讃岐うどん界の頂点、山越うどん」と誰かが言っていますが十分その訳が分かる味です。
qaMG_2957.jpg

決して上等な竹輪天ではないのですがウマいです。
qaMG_2949.jpg

こちらは相方のひやつけ小。
qaMG_2946.jpg

少し分けてもらいましたが、山越うどんでは絶対単品の大を頼まずに「かまたま小とひやつけ小」を、そしてまだ食べられるなら、「ひやかけ小にキツネ揚げトッピング」をお勧めします。
qaMG_2955.jpg

これが最後まで食べられるか心配しながら食べた、「ひやかけ小にキツネ揚げトッピング」。
qaMG_2962.jpg

大阪でもウマいうどんが食べられるようになりましたが、このうどんはここだけのものです。
qaMG_2965.jpg

東屋の端っこで動画撮影していますが、この後店の人に何者かと詰問されていました。
qaMG_2969.jpg


山越うどん (やまごえうどん)

qaランクaaaャ
香川県綾歌郡綾川町羽床上602‐2
087-878-0420
09:00~13:30
定休毎週日曜日

高松のレンタカー屋がレンタカーで行く讃岐うどんコースというキャンペーンをやっています。

明石海峡大橋を渡って、二泊三日のサザンとうどんの旅を終わります。
qaMG_2982.jpg

人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ

タグ : 香川県_綾歌郡


人気ブログランキングへ
16:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.05.05 (Sun)

釜あげうどん 長田 in 香の香  香川県善通寺市金蔵寺町

サザン40周年ツアーライブに行きます。チケットが当たったのは何と愛媛県武道館でした。日曜日のチケットなのでどうせなら翌日休みを取って、以前から一度は行きたい老舗うどんと旨いものツアーをやってみます。そんな事で今回はデザウマ初めての6月部作の三回目。

【釜あげうどん 長田 in 香の香】
qaランクプチャ

qaタイトルプチャ

JR金蔵寺駅近くの宿から車で5分もかからないところにありました。
qaMG_2783.jpg

9時オープンで、30分前から続々と人が並びます。店の前は大型バス駐車可能の80台駐車場です。
qaMG_2787.jpg

スタッフが要領よく注文をさばいて行きます。
qaMG_2788.jpg

本当に熱々の釜揚げか、冷やしかのメニューしかありません。後はご飯ものが少々。
qaMG_2794.jpg

出汁の使用量はけっこうしっかり管理されています。
qaMG_2789.jpg

出汁入りの大徳利は八尾の一忠を思い出します。(残念ながら平成28年で閉店しました。)
qaMG_2793.jpg

出汁入れも湯飲みも同じ。
qaMG_2791.jpg

隣は3人で「たらい」です。
qaMG_2796.jpg

客席が一杯になると客席が空きだすまで注文はストップです。
qaMG_2797.jpg

私の熱々の釜揚げ大が来ました。
qaMG_2799.jpg

少し辛めの出汁に浸けて食べると、釜揚げうどんってこんなにウマかったっけという味です。大阪でこの釜揚げに近い味を求めると、さっき書いたように「一忠」は閉店したので、後は上本町の「「ふぅふー亭」でしょうか。
qaMG_2802.jpg

専用出口から出ます。
qaMG_2808.jpg

こんな張り紙がありました。
qasatubun8jpg1.jpg

釜あげうどん 長田 in 香の香
qaランクプチャ

香川県善通寺市金蔵寺町本村1180
0877-63-5921
9:00~17:00
定休水曜・木曜(祝日の場合は営業)

次は松山へ移動して道後温泉からいよいよサザンライブの愛媛県武道館です。

人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
16:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.04.29 (Mon)

うどん おか泉 と 岡じま  香川県綾歌郡宇多津町

サザン40周年ツアーライブに行きます。チケットが当たったのは何と愛媛県武道館でした。日曜日のチケットなのでどうせなら翌日休みを取って、以前から一度は行きたい老舗うどんと旨いものツアーをライブ一緒にやってみます。そんな事で今回はデザウマ初めての6部作の一回目。

写真の両サイドを固めるのは愛媛ミカンのキャラクターで右が「みきゃん」で左が「ダークみきゃん」。
qaサザン01ャ

車で土曜日に大阪を出発して名神→明石海峡大橋→淡路島→鳴門大橋→徳島→うどん県の香川綾歌郡宇多津町に4時間半で到着。うどんツアーの開始です。

第一部、香川県綾歌郡のうどん。
【うどん おか泉】
qaランクaaaャ

qaMG_2692.jpg

午後1時半でも行列ですが10分で入れました。
qaMG_2694.jpg

新しくて大きな店です。
qaMG_2697.jpg

おか泉自慢の一品という「ひや天おろし」972円にします。消費税を加算しても1049円という中途半端な値段です。何か理由があるのでしょうか。
qaMG_2699.jpg

真上から見ます。
qasMG_2701.jpg

少し斜めから。海老天二本を交差させて高く盛り付けるのが特長です。
qaMG_2702.jpg

うどんのアップ。透明さが梅田の「きすけ」の麺に似ています。
qasMG_2703.jpg

つけダレを回しかけます。
qaMG_2705.jpg

モッチリしなやかですがエッジは効いています。
qasMG_2709.jpg

海老天も熱々のサクサクでうどんとの相性もいいです。
qaMG_2710.jpg

週末は殆どが観光客のようで、その殆どがこのひや天おろしを注文するようです。
qaMG_2712.jpg

有名店お決まりの色紙。ここはちゃんと誰かというのが分かるようにしているのは好感が持てます。
qaMG_2713.jpg

本格手打うどん おか泉 (おかせん)

qaランクaaaャ
香川県綾歌郡宇多津町浜八番丁129-10
0877-49-4422
11:00~20:00
定休:毎週月曜、火曜(祝日の場合は営業)

普通盛りにしたので、頑張って次の店に向かいます。

【釜あげうどん 岡じま セルフ】
うどん百名店ではないのですがおか泉から車で15分の釜揚げうどんの岡じまに行きます。
qaMG_2714.jpg

こちらはいわゆる大阪にもあるセルフで自分でトレーを持ってうどんを受け取るカジュアルセルフな店です。
qaMG_2717.jpg

釜上げにしようか迷ったのですが、明日朝に釜揚げの老舗に行くつもりなので、
qaMG_2718.jpg

冷たい肉ぶっかけにします。
qaMG_2719.jpg

これは相方の冷たい温玉ぶっかけ。
qaMG_2721.jpg

肉でうどんが見えない私の肉ぶっかけです。
qaMG_2722.jpg

おか泉と比べるとエッジは丸いです。
qaMG_2724.jpg

おか泉でも気になったのがこのネギの刻み方です。この見るからに機械刻みが細かすぎてネギの風味が感じられません。ちょっと乾燥気味なのも気になります。
qaMG_2725.jpg

地元の家族連れが目立つお店です。
qaMG_2726.jpg

お値段もカジュアルです。
qaMG_2732.jpg

釜あげうどん 岡じま セルフ

丸亀市塩屋長町3-11-24
0877-85-7225
06:00~15:00
無休

近くの蓬莱海浜公園で暫し瀬戸大橋と行きかう船を眺めます。
qaMG_2733.jpg

今日の宿はJR金蔵寺駅近くです。宿にチェックインしてこの駅から三つ目の丸亀駅近くの「骨付鳥一鶴」に行きます。
qaMG_2735.jpg


人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ

タグ : 香川県_丸亀市


人気ブログランキングへ
16:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.11.07 (Wed)

十割蕎麦 馥 (かんば) 大阪市北区国分寺

会社から歩いて7分の天六交差点からちょっと東の国分寺近くに年中十割蕎麦を出す蕎麦屋」ができたと聞いて行きます。そういえば以前行ったミシュラン星の蕎麦 たかまもこの近くでした。

十割蕎麦 馥 ”かんば” と読みます。この字は馥郁(ふくいく)たる香りの馥(ふく)ですが、 馥(かんば)しいとも読みます。いづれも香りが豊かという意味で屋号にしているのでしょうから期待が持てます。
18101001.jpg

地名となっている近くの国分寺は西暦741年の創建となっているところからこの町の歴史は相当古そうです。そんな住宅地の細い道を入っていくと 馥 ”かんば”のお店があります。
qaMG_2388.jpg

玄関の引き戸を開けるとタタキで、正面の引き戸の向うは厨房なので、右に向いて靴を脱いで上がります。
二階には座敷があるようですが、一階は板場を囲むL字型の掘りごたつカウンターにランチョンマットが5つだけの実にこじんまりとした店内。
qaMG_2366.jpg

昼のメニューはこれだけで、蕎麦はすべて盛りかザルです。私は辛味大根蕎麦にします。
qaMG_2364.jpg

すり下ろした辛味大根とネギとワサビの薬味がでました。
qaMG_2371.jpg

蕎麦がきました。今日はiPhoneのカメラで撮影で勝手が違うので難しいです。
qaMG_E2372.jpg

見た目に硬そうに見える黒っぽい十割蕎麦です。
qaMG_E2374.jpg

まずなにも浸けずに食べてみます。十割にしてはシットリです。しっかり噛みしめると蕎麦の風味が強くなり香りも出てきます。
qaMG_E2375.jpg

大根の量を加減したつもりなのに結構な辛さです。
qaMG_E2381.jpg

最後に蕎麦湯です。この蕎麦湯が濃くてトロントロンです。なんでも特別に濃い蕎麦湯を作っているそうで、蕎麦以上に身体に良さそうです。
qaMG_E2385.jpg

ネットで調べてみると、こちらは昼は「馥」という蕎麦屋で、夜は「肴」という寿司屋にスイッチして大将も別の人に替わります。ネットでは玄関横のこの札が夜になると炭火鮨 「肴」に変わっていました。最近は天六界隈もこのシェア型店舗が増加傾向にあります。
qaomote ャ

この店の一本南隣りに以前行った味噌ラーメン店の「麺と人」があります。


十割蕎麦 馥 (かんば)

大阪市北区国分寺2-3-13
06-6809-6678
11:30〜14:00
不定休

下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市北区


人気ブログランキングへ
15:30  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.07.31 (Tue)

手打蕎麦 藤芳 左京区北白川

今日は出町柳から上終町の学校の手前のバス停で途中下車して、白川疎水横の藤芳という手打ち蕎麦屋でお昼にします。
qa藤芳蕎麦 (12)
私が京都造形芸大の講師を引き受けたのが2014年で、どうせなら京都でのお昼ご飯を積極的にデザウマで紹介しようと、きっかけになったお店です。おかげさまで左京区で紹介した店の数が70件近くになっています。

この疎水の右横に店があります。この疎水路は琵琶湖疏水とつながっていると聞きました。
qaMG_9375.jpg

4年前の5月は赤暖簾でしたが今は白暖簾です。店前の原チャリは変わっていません。
qaMG_9372.jpg

店内です。多分4年前と同じ席に座りました。
qaMG_9351.jpg

お昼のセットメニューです。お腹が空いているので京都のタウン誌Leafで紹介されたという「まんぷく定食」をざる蕎麦で頼みます。
qaMG_9355.jpg

そうでした。こちらは蕎麦も揚げ物も時間がかかる事を忘れていました。
qaMG_9370_20180718164435435.jpg

さほど心配するほどでもなく出てきました。
qaMG_9361.jpg

ミニ天丼の天婦羅は最近はやりのカリッとするでんぷん粉は使わない、天つゆの良く染みるシットリタイプ。
qaMG_9362.jpg

こちら手打ちざる。
qaMG_9364_201807181707487cf.jpg

安心のウマさです。
qaMG_9366.jpg

天丼の間に挟む、
qaMG_9367.jpg

良く浸かった漬物の酸味がいいです。
qaMG_9368.jpg

蕎麦湯を味わう時間もありました。
qaMG_9369_20180718170754dd3.jpg

筑紫哲也さんの横に新しい色紙が増えていました。
qaMG_9353.jpg

店の冷房の感覚が残っているうちにダラッとした坂道を上がって、あの茶色いタイルの学校まで急いで行きます。
qaMG_9376.jpg


●2014.05.06手打蕎麦 藤芳 左京区北白川

手打蕎麦 藤芳

京都市左京区北白川東平井町27-3
075-711-2817
11:30 21:00
水曜定休(祝日の場合営業し翌日が休み)

デザウマの人気ブログランキングにどうぞ励ましのひと押しをお願いします。

テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市左京区


人気ブログランキングへ
16:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.07.13 (Fri)

三高餅 (さんこうもち) 京都市左京区田中関田町

出町柳駅前から東へ百万遍交差点に向かって5分程歩いたところにこの三高餅 (さんこうもち)があります。ここは2年前に学校へレンタサイクルで走る途中で車を避けようとして溝にタイヤを取られてコケた場所です。前かごのPCを守ろうとして思いっきり右肩を打ち付けてしまいました。
qaMG_9653.jpg
暖簾の左は持ち帰り用の受付のようで、ここに倒れ込んだら店の人が助けてくれました。

そんな事で一度は食べに来ねばと思っていました。餅屋のようですが丼ものやそばも出しています。
qaMG_9668_20180709140514c6f.jpg

店内は奥に長い店です。右隣が厨房なのは分かりますが、店舗設計的にはあまり見かけないレイアウトです。12時を過ぎたとたんに店内は満席になりました。なかなかの繁盛店です。
qaMG_9656.jpg

初めてで、予備知識がないので表にあった親子丼とミニそばのセットにします。
qaMG_9657.jpg

来ました。
qaMG_9659_20180709140505bd2.jpg

小ぶりの温かいそばです。
qaMG_9661_201807091405084d4.jpg

京都らしいちょっと甘めのしっかり出汁味のそばです。
qaMG_9666_2018070914051198c.jpg

一方この親子丼は何か様子が違います。
qaMG_9660.jpg

この玉子とじの感じは岡崎の岡北の玉子とじです。この値段でこのレベルの玉子とじが食べられるのは得した気分です。
qaMG_9663.jpg

たくあんの浸かり具合もいいです。
qaMG_9667.jpg

お勘定の時に店主らしい人に聞いたらその昔、京都大学が旧制の第三高等学校の時代からの店名だから三高餅 (さんこうもち) なのだが、今はもう餅はつくっていないとの事です。餅はないけど今はこの小ぶりないなり寿司が名物のようです。
qaMG_9669.jpg
後でネットを見てみたら京大生の間では三高餅 で必ず食べるべきはこのいなり寿司とカレー中華そばのセットとありました。うどんでもそばでもなく中華そばのカレーとは珍しいです。次回チャレンジしてみます。

三高餅老舗 (さんこうち) (リンク先は「ケンドーコバヤシのたまらない店」 )

京都市左京区田中関田町1
075-781-4881
11:00~19:00
定休火曜日

人気ブログランキングボタンに応援のひと押しをお願いします。

テーマ : 今日のランチ! - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市左京区


人気ブログランキングへ
16:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.03.01 (Thu)

うどん屋 きすけ 大阪市北区鶴野町4

先日デザウマニューヨーク特派員のつゆこさん達と梅田の「踊るうどん」に久々に行ったのですがそういえば、梅田界隈の美味しいうどんをずいぶん食べていなかった事に気付きました。そこで今日のランチは北区鶴野町「きすけ」です。
qzMG_8020.jpg

会社からチャリで来ました。ジャスト12時開店で10分前ですが並んでます。
qzMG_8019.jpg

店内に入りました。若い(オープンからもう10年近いから若くはないかも知れませんが、)大将2人のうちの一人だけです。
qzMG_8022.jpg

このシルバークラスは中空ステンレスの優れものですが、今日みたいな寒い日に氷入りのガンガンに冷えた水はカンニンして欲しいです。一口飲むとブルッときます。
qzMG_8026.jpg

メニューです。2年10ヶ月ぶりですが価格・内容ともに変化ないようです。
qzMG_8021.jpg

相方は「鯛ちくわ天とおんせん卵のぶっかけ」
qzMG_8027.jpg

この四角い断面の側面が凹んでいるのが曲者で、冷たいうどんはかなりハードなモッチリです。
qzMG_8028.jpg

私の肉ぶっかけ温泉玉子のせがきました。
qzMG_8029.jpg

この腰と歯ごたえがきすけです。
qzMG_8033.jpg

甘辛で旨みたっぷりの牛肉。
qzMG_8035.jpg

さすがにホールスタッフはどんどん変わっているようで、この日もスタッフ募集してました。
qzMG_8024.jpg

味を忘れないように久々にたけうちうどんにも行かねばなりません。


うどん屋 きすけ←リンク先は「おでかけ動画マガジンルトロン」

大阪市北区鶴野町4-11
06-6375-5656
12:00~21:00(麺切れ終了)
火曜定休・毎月最後の月曜日

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : うどん - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市北区


人気ブログランキングへ
16:02  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.01.29 (Mon)

踊るうどん 梅田店 大阪市北区梅田

日曜日の梅田でお昼です。友人家族と待ち合わせして「何食べよか。」となりました。"うどん"という声が上がったので、そうなると大阪駅前第3ビル地下の「うだま」か「うどん棒」か「踊るうどん」になります。(はがくれはまだ行ったことがないので。)ここは珍しい舞茸の天婦羅が売りの「踊るうどん」にします。2014年の5月以来です。
qzMG_7575.jpg

厨房が正面に見える席に着きました。
qzMG_7580.jpg

昼少し前で混んでないのですが、もの凄く素早い身動きのバイト君がいます。
qzMG_7578.jpg

メニューは内容値段ともに3年半前と変わっていません。「肉まいたけ天温玉ぶっかけ」にします。
qzMG_7582.jpg

前回は冷たいタイプだったからでしょうか、今回の温かタイプはまとまりがありません。
qzMG_7583.jpg

まとまりはなくても真冬は温かいうどんがウマいです。
qzMG_7584.jpg

舞茸の天婦羅はちょっとだけ汁を吸った位をバリバリ行くのが美味しいです。
qzMG_7588.jpg

お肉は少し甘めの甘辛味。
qzMG_7590.jpg

食べている後ろをバイト君が凄い速さで歩いています。歩きまわる風が寒いくらい。
qzMG_7576.jpg
きっと体育系の大学生なんだろうなと勝手に納得します。
久々の踊るうどんはウマかったです。

●参考=旅男ライフのKOUさんの「大阪梅田のうどんをほぼ制覇した僕が選ぶ、絶対食べてほしいおすすめ店 」


踊るうどん 梅田店

大阪市北区梅田1-1 駅前第3ビルB2F
06-6344-3760
11:00~15:30 17:00~22:00(麺切れ次第終了)
日祝11:00~20:30(麺切れ次第終了)
無休


今日も人気ブログランキングボタンに思いやりと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : 関西の美味しいお店 - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市北区


人気ブログランキングへ
16:11  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.08.20 (Sun)

ミシュラン星の蕎麦 たかま 大阪市北区天神橋7

テレビだったか雑誌だったか、うちの会社から歩いて行ける天神橋7丁目にミシュラン一つ星の蕎麦屋があると知って気になっていましたが、その「たかま」にやっと今日のお昼に行きます。
qzIMG_0043.jpg

ここです。暖簾は有りません。
qzMG_6300.jpg

11時30分に開店だそうですが店に着くと向かいの道路の日陰にはすでに12~13人の行列。時間になって開店と同時にゾロゾロと入って行きます。私ら2人で丁度満席になりました。
qzMG_6255.jpg

店内は写真の10人ちょっとが座れる大テーブルと、
qzMG_6258.jpg

この4人テーブルが一つです。私らはこちらで相席です。
qzMG_6257.jpg

メニューです。田舎そばは蕎麦殻ごと挽いたそばで、盛りそばは蕎麦の実の中心のやわらかい部分を挽いた白いそば。
qzMG_6260.jpg

それと一品メニューです。蕎麦が来るまで時間がかかりそうなので、だし巻きを頼みます。
qzMG_6261.jpg

朱の盆トレーにお箸とお茶が絵になります。
qzMG_6265.jpg

ずいぶん黄色の濃いだし巻きがきました。
qzMG_6267.jpg

こんな薄くてハッキリとした積層のだし巻きは初めてです。相当巻いています。
qzMG_6272.jpg

相方の天ざるそばの天婦羅が来て、
qzqMG_6283.jpg

細めの綺麗な淡い色に仕上がった盛りそばが来ます。
qzMG_6284.jpg

私の鴨汁そばです。
qzMG_6274.jpg

つけ汁椀は具だくさんです。
qzMG_6276.jpg

私の田舎そばも細いです。
qzMG_6275.jpg

アップで見ると蕎麦殻ごと挽いているのに透明感があって角が立っているのが分かります。
qzMG_6278.jpg
醤油が立ちすぎない、少し甘めの汁が蕎麦の香りを引き立たせています。

ぶ厚めのしっかり味の鴨肉。
qzMG_6279.jpg

大きめの焼き白ネギも汁に良く合います。
qzMG_6281.jpg

最後の蕎麦湯も濃厚でとろみがあります。
qzMG_6294.jpg
また来ます。なかなか美味しいそばでした。

蕎麦 たかま

大阪市北区天神橋7-12-14
06-6882-8844
11:30~14:30
火曜日定休

今日も下のデザウマ人気ブログランキングボタンに応援のひと押しをお願いします。

テーマ : 蕎麦 - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市北区


人気ブログランキングへ
16:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.16 (Tue)

淡路島でホルモンうどんと釣りと温泉

一年ちょっとぶりで淡路島の岩屋へ釣りに来ました。明石海峡大橋通過中です。いつもながら白くてデカイです。
qzMG_2055_20170506024743141.jpg
全長3,911 m、中央支間1,990 mで世界最長の吊り橋は阪神淡路大震災で1m伸びて現在公式に中央支間1,991に書き換えられている事を知っている人は少ないようです。

いつもの釣り場(2016年の記事)に着いて、今渡ってきた橋を見ます。
qzMG_5041.jpg

海峡を行き交う釣り船をアップで撮ってみました。今日は空も海も同じ色に見えます。
qzMG_5051.jpg

仲間で釣り糸を出すとこんなのや、
qzMG_5046.jpg

こんなのが釣れました。
qzMG_5055.jpg

今日は毎回釣りの段取りをして頂いている後藤さんの特製ホルモンうどんが食べられます。このホルモンうどんは2月にMBSの”せやねん”という番組内で実演調理して、紹介された料理です。写真は当日の番組から後藤さんは前列右。
qzss1582.jpg

その調理がスタートしました。厚めの鉄板に油をひいて十分加熱したらホルモンを炒めて、
qzMG_5069.jpg

出てきた油で野菜に塩コショウをして炒めます。
qzMG_5073.jpg

ポイントはうどんを熱湯でザッと湯がいてから、
qzMG_5081.jpg

一気に高温で水分を飛ばしながら焼きあげるところ。
qzMG_5082.jpg

肝心なのはこの岡山県津山産の”ホルモンうどんたれ”。
qzMG_5078.jpg

何でもB-1グランプリで有名になったソースだそうです。
qzMG_5080.jpg

このあたりでみんなでカンパ~イ。
qzMG_5093.jpg

仕上げにソースを回しかけて仕上げます。
qzMG_5088.jpg

出来上がりました。ウマいです。
qzMG_5089.jpg
後藤さん、ホルモンうどん店開店の折りは応援させて頂きます。

肝心の釣りの方はいまいちでした。アイスボックスで持ち帰るには程遠い釣果なので、熱心な小さいくて茶色の釣りギャラリーにおすそ分けすることにします。生きているのではとチョイチョイと手を出して、
qzMG_5098.jpg

ウマそうに食べてくれます。
qzMG_5097.jpg

こちらは途中から参加の白黒の方。
qzMG_5065.jpg

2時頃で釣りを切り上げて今回も近くの丘の上の温泉「松帆の郷」へ行きます。
qzMG_5104.jpg

写真は温泉施設のサイトで紹介されている野天風呂の写真です。素っ裸で海峡の風を受けながら明石海峡大橋を眺めるのは気持ちいいです。
qzsage2.jpg


温泉 松帆の郷

兵庫県淡路市岩屋3570-77
0799-73-2333
休館日第1木曜(1・4・5・8月は無休)


今日も下のデザウマ人気ブログランキングボタンにはげましと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : 美味しかった♪ - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.02.19 (Sun)

手打ちうどん 山元麺蔵 京都市左京区岡崎南

山元麺蔵の「麺蔵」を題材にした新しいロゴマークです。
qzMG_4168.jpg

前回、左京区の山元麺蔵に行ったのは2011.08.14のむちゃくちゃ暑い日でした。6年前でもすでにメジャーな繁盛店でしたが、あれからもっとスゴイ繁盛店となってしまい、今日まで長い行列に並ぶ勇気が出ずにいました。
写真左は岡崎公園動物園前バス停です。この先を左に曲がると店が見えます。今の時間は午後2時ですからお昼時のピークは過ぎています。
qzMG_4165.jpg

甘かったです。右が山元麺蔵の行列で、左はうどんそばと卵丼で有名な「岡北」の行列です。確か前回は岡北に行列は無かったのですが、山元麺蔵につられたのでしょうか。
qzMG_4167.jpg

今日は食べる気満々できましたので、覚悟して25mほどの列に並びます。大きな提灯が店で、その先の列は隣の岡北のもの。
qzMG_4171.jpg

雪が降ってきて風も出てきて凍えていると、店から熱いお茶のうれしいサービスが。店内は暑いのでしょう、サービスする彼女は半袖Tシャツ。
qzMG_4177.jpg

行列の順番にメニューを配って注文を取っています。これは冬バージョンの大根おろしの入った温かメニューで、私はこの鶏ささみ天みぞれうどんと、前回美味しかったので別に牛蒡の天ぷらをもらいます。
qzaMG_4170.jpg

ここで気付いたのですが私の前は中国の女の子二人連れで、後ろは韓国の女性たちです。ちゃんと中国語と韓国語のメニューも用意されています。
qzMG_4174.jpg

前の子たちの中国語メニューが見えました。天婦羅は読めますがそれ以外はちょっと....。
qzMG_4176.jpg
中国では日本のうどんがブームと聞きましたが本当のようです。鰹や昆布のウマ味が分かるのですね。注意して周りの会話を聞いていると、行列の半数は外国の人です。

40分で、やっと店の入り口にきましたが身体が芯まで冷えてしまいました。
qzMG_4178.jpg

カウンター奥に座ります。ここは前回と同じ場所です。
qzMG_4183.jpg

洗い場のシンク程の大きなフライヤーが二つあって、これでガンガン天ぷらを揚げています。
qzMG_4182.jpg

鶏ささみ天と
qzMG_4184.jpg

みぞれうどんが来ました。
qzMG_4189.jpg

この出汁、温まります。
qzMG_4186.jpg

前回の釜揚げのうどんはかなりの強腰でしたが、これはそうでもありません。食べやすいです。
qzMG_4192.jpg

牛蒡の天ぷらも来ました。
qzMG_4188.jpg

鶏のささみの天ぷらはシットリふんわりでウマいです。
qzMG_4193.jpg

香の良い牛蒡です。
qzMG_4194.jpg

長い行列でお待たせしたという事で店長から杏仁豆腐のサービス。
qzMG_4198.jpg

店を出る時に撮った店内です。
qzMG_4201.jpg

手打ちうどん 山元麺蔵

京都市左京区岡崎南御所町34
075-751-0677
11:00~18:00
水曜日11:00~14:30
木曜と第4水曜定休(祭日の場合は翌日休業)
麺切れ閉店

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しをお願いします。

テーマ : うどん - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市左京区


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.11.05 (Sat)

うどん双樹(soujyu) 大阪市北区天神橋2

北区天神橋2丁目に来ています。午前中からの打ち合わせが12時過ぎに終わりました。近くでお昼を済ませて会社に戻ろうとお店を探していると、大阪天満宮の北側に出ました。
qzMG_3223.jpg

ちょっとだけ大阪天満宮の歴史を。
その昔奈良時代この地に難波京の西北を守るために創建された大将軍社があって、平安時代(901年)に菅原道真公が九州の大宰府へ流される際にこの大将軍社をお参りして旅の無事を祈りましたが、その二年後に大宰府で菅原道真公が亡くなった後に菅原道真公を「天神様」として祀る天神信仰が全国に広がりました。

qzMG_3221.jpg

949年にこの地の大将軍社の前に一晩で7本の松が生え霊光を放つようになった、という話が都に伝わり、その話を耳にした時の天皇・村上天皇の勅命で大阪天満宮が創建され天満宮が建立されます。これが大阪天満宮のはじまりです。この霊光を放って光り輝いた池を「明星池」と呼ぶようになったが現在は無く、隣にあった「星合池」がこの写真の池です。(現在は亀の池とも呼ばれます。)

qzMG_3220.jpg

この由緒ある星合池で営業しているのが茶店の佇まいの「うどん双樹」でここが最近売り出したメニューがすべらんうどんです。学問の神様として受験生の合格祈願を引き受ける大阪天満宮とそのすぐ横にできた芸を磨く若手落語家の登龍門となっている「繁昌亭」ですが双方にとって禁句なのは「すべる」なので大阪らしい洒落っ気の効いたメニューです。

qzMG_3224.jpg

ということで星合池に架かる石橋を渡って星合茶寮へ。
qzMG_3219.jpg

なんと本当に茶店風で、外の緋毛氈の縁台が客席です。
qzMG_3214.jpg

メニューです。近くに繁昌亭があるし、ときうどんというもち入りの白い出汁のうどんが気になったのでメニュー下段真ん中のそれを頼みます。
qMG_3208.jpg

外に張り出した小屋が調理場です。
qzaMG_3209.jpg

やってきました。ときうどんです。出汁つゆに擦りごまを合せた白い出し汁です。丸いのはおもちです。
qzMG_3202.jpg

しかし、これがなぜときうどんかというと、繁昌亭から何か落語にちなんだメニューを出して欲しいと言われて、「時うどん」という勘定をごまかす噺から→「ごまかす」→「胡麻のかす」とつながるのだとか。聞いてみないと絶対分かりません。

おばちゃんがしきりにラー油を勧めるので入れてみます。
qzMG_3206.jpg

なるほど。ラー油をいれると一段と胡麻の香りが引き立ってウマいです。
qzMG_3205.jpg

帰りにおばちゃんから、受験生に渡しているんやけど、あんたさんはお商売してるみたいやからコレあげると「すべらんステッカー」を頂きました。言葉は魔法なんですって。
qz300.jpg


うどん双樹

大阪市北区天神橋2-5-6
0120-533-539
11:00~16:00
定休水曜日

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : うどん - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市北区


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.10.03 (Mon)

満寿形屋(ますがたや)  京都市上京区枡形通

一年十か月ぶりの出町柳駅近くの鯖寿司で有名な満寿形屋(ますがたや)です。今日の記事は京都造形芸術大学の2016年大瓜生山祭に行く前の腹ごしらえです。
qzMG_2828.jpg

いつも通りに12時ジャストに暖簾がでます。
qzMG_2831.jpg

歴史のある店ですから、店の雰囲気は一年そこらでは全く変わりません。
qzMG_2838.jpg

メニューも変わりません。
qzMG_2833.jpg

入口横で職人さんがせっせと鯖寿司を作っています。
qzMG_2839.jpg

こんなチャンスはめったにないので満寿形屋の鯖をアップで見ます。
qzMG_2840.jpg

「冷やしぶっかけと鯖寿司」1200円がきました。
qzMG_2841.jpg

これも変わらぬ蒲鉾の分厚さ。
qzMG_2842.jpg

うどんの箸上げアップ。
qzMG_2846.jpg

鯖寿司も箸上げにトライしますが、美しく上がりませんので食べる前の姿です。
qzMG_2843.jpg

実は店の開店前に並んで待っている間に、和菓子の出町「ふたば」に電話して豆餅の餡なしと、餡入りを電話予約していました。餡なしは予約販売しかやってないというのがこの裏技の特徴です。
qzMG_2850.jpg

ですから、店の前で行列の整理をしている店の人に、予約名を言うと豆餅を速攻で渡してもらえます。この方法の悪い所は行列のギャラリーからグサグサ刺さる視線を浴びる事です。
qzMG_2854.jpg

●2015.01.11の満寿形屋
●2014.08.04の満寿形屋

●2014.03.07の満寿形屋

満寿形屋(ますがたや) 
(京都グルメ本【京都旅楽】さんから)

京都市上京区枡形通出町西入二神町179
075-231-4209
12:00~18:00(なくなり次第終了)
定休水曜日

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 寿司 - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市上京区


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT