2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018.06.12 (Tue)

あってもいいなパッケージデザイン

デザウマですからデザインの情報もお送りしています。最近容器のデザインをしているので色々調べていると、面白いものがありましたので紹介です。

ニューヨークシティーブランドのスパゲティ。私はこの形をつくる底に入っているモノが見たいです。
qa1fc75c8c.jpg

デリバリーピッザをキレイに取リだせるパッケージ。これならピッザの先がダランと垂れ下がらず、指先を舐めずに済みます。
qa2b784005.jpg

バターナイフ付きの小分けバター。確かにこれなら使い捨てのプラスチックのバターナイフは要りません。黄色に塗られているのでバターと意味づけされています。
qaconcep.jpg

チュロスのソースホルダー付きパッケージ。
qaf73667a8.jpg

豆カス入れ付きの袋は落花生、栗、枝豆なんかにも良さそうです。
qa18f31423.jpg

日本では見ませんが、マクドのストローコーラの上にフタ一体型のバーガートレーです。これなら両手がふさがる事はありません。
qae2592d78.jpg

このポップコーンパッケージなら電子レンジでチンで、広げればおしゃれな容器になって食べた後はそのままポイ。
qaapackaging_concepts.jpg

喫煙は身体に悪いよ、のメッセージを直球でパッケージにしたすぐれもの。
qaa31f7f15.jpg

誰もが思う、歯磨きチューブの最後のイライラを解消するアイデアパッケージ。ライオンさんどうでしょうか。
qa61404e15_201806021608106b0.jpg

コードのパッケージはちぎると結束バンドになります。
qa445b7762.jpg

グラス2つがワインボトルのパッケージになる優れもの。黄色の接合テープがオシャレです。qapackaging.jpg

昨年紹介したユニークなショッピングバック(紙袋)です。
●2017.08.17 紙袋もすてきなデザインアイテムです。


今日も下のデザウマ人気ブログランキングボタンにはげましと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : すぐれもの - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
16:00  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.06.03 (Sun)

COOL氏「TOP MODELS」展

ブログのタイトルが「デザウマ」なので、デザインとウマいものを書いていますが、なぜかウマいものを書いた方が圧倒的に人気があります。でも、懲りずにデザインを書きます。とは言っても今日はアートです。

先日、古いお付き合いの松田英夫さんがFacebookで紹介していたのを見て、行きたくなりました。COOL氏「TOP MODELS」展に行きます。
qa974475c34e.jpg

大阪市西区北堀江のART HOUSE電話番号のCOOL氏「TOP MODELS」展最終日に何とかこれました。
qaMG_9201.jpg

COOL氏「TOP MODELS」展の作者の三上彰雄さんは三十数年前のクライアント側のデザイナーで、私は外注デザイン会社のデザイナーでした。三上さんは今はフリーのアーティストで、作家活動を始めて今年で7年目だそうです。
qaMG_9202.jpg


会場内です。以前はアメリカンモダンな人物イラストを描かれていたそうですが、数年前から表現が人形になってきたと。
qaMG_9203.jpg
三十年ぶりにお会いした三上さんは昔と全然一緒でした。

展示の人形台の上にはその人形の特徴的な大きな写真があります。なかなか綺麗な展示です。
qa00cefc8a47e.jpg

作品にはそれぞれ主張するシーンがあるようで、モデルに対するこの猫も意図的に比率が大きく感じ取れます。
qad42644a1e80.jpg

これは狛犬と題された作品。石粉粘土で成形して削って磨いてアクリル塗装をしています。
qaMG_9204.jpg
qaIMG_9210.jpg

細かい削り加工の毛の流れがきれいです。
qaMG_9206_2018052700011527e.jpg

TOP MODEL達がポーズをとっています。
qaMG_9208.jpg

プロダクトデザイナー時代の三上さんがこの世界観を持っていたとは知りませんでした。
qaMG_9209_2018052700011870b.jpg

細かい作業なので一体の完成に一か月はかかるそです。
qaMG_9211.jpg

著名と言われた人形作家の多くが夜に見るのが恐い人形を作っているのに対して、カジュアルなポージングと独特のデフォルメで魅せる三上さんの作風が新鮮です。
qaMG_9217_2018052700012130a.jpg

表現のベースがイラストから立体になっても表現しているものは同じという三上さんです。
qaMG_9222.jpg

三十年ちょっとぶりにお会いして、楽しいお話をさせて頂きました。これからの三上さん作品が楽しみです。
・COOL氏のホームページ

今日もデザウマの人気ブログランキングボタンにどうぞ愛のひと押しをお願いします。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術


人気ブログランキングへ
15:40  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.04.25 (Wed)

新学期と叡山電鉄の「ひえい」

今年も14月12日から大学の前期授業が始めりました。今年はどんな3年生に合えるのかなと考えながら、北区の会社を出て京阪電車に乗って昼前に出町柳駅に到着しました。毎年梅雨入り前まではレンタサイクルで北白川の上終町まで走るのですが、今年は暑すぎてとても自転車に乗る気になれません。
チャ

叡山電鉄の改札に向かうと今年3月から運航を開始して講師仲間の先生の中にも乗ったという声が聞こえている「ひえい」がホームに入っているのでこれは乗らねばと急いで改札に入ると、フォ~ンという音とともにドアが閉まって出て行きます。(≧◇≦)エー

せめて写真をとカバンからカメラを取り出して撮ったけど、だいぶ遠くへいってしまった。
qzMG_8761.jpg

精一杯拡大するとこんな写真になりました。何か古い町並みに突然のゴールデンオーバルが浮いています。
qzbMG_8761.jpg

乗車するのは次の機会にしますが、デザインは気になりますのでネットから情報を集めました。
「ひえい」は新造車両ではなくて1988年製の30年前の車両のリフォームでした。
qziei_01.jpg

車外も車内は特にラピートのモダン版という感じがしたのですが、デザインはGKデザイン総研広島さんでした。
qzenhiei_03.jpg

私が感心したのはこの連結器を取り込んだ大きなオーバルの造形です。連結器のような重要構造物の周りに意匠を施すのは大変難しいのですが、確かにこれをやらないとオーバルのデザイン効果が半減します。
qzDXpd.jpg
又、詳細は乗車した時にレポートすることにします。

茶山駅で降りて久々に学校まで緩やかな坂道を歩いて10分で学校へ到着です。
qzMG_8722.jpg

今年も祇園新地甲部歌舞練場が耐震対策工事中なので、本学の春秋座が「都おどり」の会場になっています。
qzMG_8789.jpg

大階段上のカフェテリアのある人間館では昨年春にHanao Shoes(鼻緒シューズ)という名前でテスト販売していたスニーカーが、
qzMG_8792.jpg

本格的に販売がスタートしたという告知があります。すでにロンドンとミラノで売り出したとは知りませんでした。
qzMG_8790.jpg

私が名付けた「マジノ要塞トンネル」に入って行きます。
qzMG_8794.jpg

ちょっと寄り道し過ぎてしまい、急いで何か食べないとお昼なしになりそうなので、地下2階からエレベーターで3階の学食に寄ったらすでにこんなに混んでいました。
qzMG_8728.jpg

例年通り前期最初のメニューはオムライスかと思ったのですが、手っ取り早いのが麺類なので、
qzMG_8724.jpg

かき揚げうどんと
qzMG_8725.jpg

横の棚から鶏のささ身サラダを選びます。
qzMG_8727.jpg

急いで食べて屋上階のプロダクトデザイン研究室前からの左京区市内です。下の白川通からこれだけ登って来るのですからかなりの高低差です。
qzMG_8733.jpg

出席簿タブレットと頼んでおいた初回講義の配布コピーを受け取って、北隣の谷を越えて教室に向かいます。
qzMG_8796_20180421171423389.jpg

ここが3年生と4年生の自習室で、私が昨年教えた学生もチラホラです。私の教室はこの奥の扉です。
qzMG_8797_20180421171425c2d.jpg
今年私が担当する前期の3年生は過去最多の14名。さあ気合をいれて授業をしてきます。


今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : その他 - ジャンル : その他


人気ブログランキングへ
16:03  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.04.22 (Sun)

イタリアのロックペイントアーティストErnestina Gallina

イタリアのロックペイントアーティストErnestina Gallina(エルネスティナ ガリーナ)の自然な形の岩に描く独特の動物ペイントの世界が話題です。
qzwwャ

彼女は自然が生み出す石の曲線を利用して動物のペイントを行っています。
qzgatto.jpg
ただリアルさを追求する従来のロックペインティングではなく、彼女独特の視点で石の表情も生かしながらアートとして仕上げているところに魅力があります。
qzaErnestina_Gallina_56.jpg
qzpainting.jpg

彼女は子供の時から絵画、デッサン、モデリングなどを愛していたが、家庭の事情で美術学校に通えなかったけれど、その後1987年に一家がアフリカ、ケニヤのナイロビに引っ越したことが彼女の転機となり、そこで大自然と動物という未知の世界に出会い、彼女のインスピレーションは大いに刺激されてロックペイントアーティストとなりました。
qzng-rock-art.jpg

qzddrrャ

元は自然の中で磨かれて丸くなったただの石ですが、そこから表情を見出して作品に仕上げて行きます。
qzallina_1.jpg

こんな作品もあります。
qz677-g4i.jpg

まだまだ作品の幅が広がって行きそうな楽しみな作家です。
qzoca7.jpg

彼女がロックペイントアーティストErnestina Gallina(エルネスティナ ガリーナ)。
qz30e8d2-g4i.jpg

qz108771571.jpg

引用先:https://www.flickr.com/photos/erne00/page2
引用先:http://www.pietrevive.it/


今日も人気ブログランキングボタンに思いやりと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : アート - ジャンル : 学問・文化・芸術


人気ブログランキングへ
16:02  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.04.16 (Mon)

ダイキンマルチエアコンUXのデザイン

2016年に発売開始で、今年も販売中のダイキンマルチエアコンUXはなかなか良いデザインです。
qzbanner_20180406164600a6b.jpg

確かに大型壁掛けテレビと同じ壁面に今の量販店に並んでいるボコッと飛び出るエアコンは興覚めです。ある程度出っ張るのは仕方ないのですが、もっと収め方やデザインで出来ることはあるはずではと思っていました。そのひとつの答えがダイキンから出ました。
qz2.jpg

ダイキンのCM動画です。最初の波だかウェーブだかのパターンがちょっと長いです。


CMの中にありましたが、壁から浮き出てきたという素直な造形に好感が持てます。
qzbbキャプチャ

qzaaキャプチャ

qzccキャプチャ

qzddキャプチャ

ただ、フラップが開いて登場する吹き出し口周りはもっと綺麗に収めて欲しかったです。
qzeeキャプチャ

残念なのはこれが室外機1台と室内機4台セットのマルチエアコン専用のデザインという事です。このデザインを汎用型の1台売りにも展開して欲しいです。社内では絶対そういう検討がされたはずなのですが、なぜ商品化されなかったのでしょうか。
qzux-1.jpg

カラーはシルバーとホワイトの2種類ですが、このデザインなら和室の砂壁仕上げに馴染む色と仕上げが欲しいです。
qzux2-7.jpg

デザインはAlexander Schlag(アレキサンダー・シュラッグ)氏とダイキンヨーロッパ社が共同で担当とあります。
qz5.jpg

ダイキンマルチエアコンUXもそうですが、この細長い縦横比を世の中に初めて登場させたのは1987年に私が企画デザインを担当したNational(現Panasonic)エオリアCS-P181G/CS-P221Gでした。参照記事→デザウマ2015.05.31「これも懐かしいデザインです。」
qzaNationaleoriabb.jpg
30年前にこの細長い比率にするのに大変な苦労がありましたが、このダイキンエアコンも最新スペックを搭載しながらここまで薄くするにはかなりの苦労があったのではと思います。

エアコンが細長くなったのはいいけれど、壁から突き出ているようなデザインばっかりの中で、久々に気持ちの良いデザインのダイキンマルチエアコンUXです。あと、室外機ももっとデザインの必要がありそうです。


今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : オススメ - ジャンル : その他


人気ブログランキングへ
16:00  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.04.10 (Tue)

接着剤で困ったことはありませんか、の続編。


前回の「こんなのがあったら良いのにと思っていたものが登場したので思わず紹介します。」の100%防水・耐熱仕上がりの接着剤Bondicに色々質問を頂き届きましたが、実際に使ってみないとお答えきませんのでとにかくネットで注文して実際に使ってみます。
qz014043.jpg

発注後3日で届きました。しっかりとしたアルミケースに入っています。
qzMG_8651.jpg

オレンジの部分がUV LEDライトで、黒い部分が接着溶液です。
qzMG_8647.jpg

けっこうきちんとデザインされています。
qzMG_8648.jpg

UV LEDライトを点灯させてみました。
qzMG_8649.jpg

では実際に使ってみます。
従来の接着剤ではできなかった食器の欠けたところの補修です。これは気に入っていた鉢ものと皿のセットなのですが、鉢の縁が欠けてしまいました。欠けた所に接着溶剤を一滴づつ盛って、UV LEDライトを4秒当てるのを6~7回繰り返しました。仕上がりは透明ですが、しっかりと固まっています。
qzMG_8653.jpg

これはもう今は売っていないAdam&Eveの分厚いケーキ皿ですが、これも縁が欠けた部分を補修しました。
qzMG_8657.jpg

補修した二か所のアップです。
qzMG_8654.jpg

次はiPhoneのイヤホンコードです。L・Rの分岐パーツからコードの被覆が剥がれていました。ちょっと仕上げは汚いですが、分岐の根本を固めました。かなりしっかりとしています。
qzMG_8664.jpg

YouTubu専用で使っているiPhone4のコネクタジャックのコード被覆が破れて、中身がむき出しになったので、絶縁テープで巻いて使っていましたが、テープはいつまでもネバネバして何度も剥がれかけるので困っていました。これも接着溶剤を傷んだ箇所に盛りました。
qzMG_8670.jpg

モジュラージャックの止めパーツの折れたのを接着とか、折れてしまったメガネのつるなどの接着面が小さすぎて、従来の接着剤では補修が困難なところの接着などが紹介されています。動画参照。


歯科で歯の補修に使えるなら耐衝撃、耐熱性能もそこそこはあるので、使い道は結構広そうです。これはもう接着剤ではなくて、溶接材と言ったほうが良さそうです。

今日も人気ブログランキングボタンに思いやりと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : オススメ - ジャンル : その他


人気ブログランキングへ
16:17  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.04.07 (Sat)

接着剤で困ったことはありませんか。

デザウマのデザインの話題とはちょっと違うのですが、こんなのがあったら良いのにと思っていたものが登場したので思わず紹介します。Bondicという名の100%防水・耐熱で、溶剤を使用しない接着剤です。付属のUV LEDライトで硬化します。
qzlider-slide-1.jpg


アルミケースの中にオレンジのUV LEDライトと黒い樹脂溶液ケースが一体になった本体が入っていす。
日本製の機能一点張りの接着剤容器よりみはるかにキチンとデザインされています。
qz81DCJrL0KiL.jpg

多くの方は初めて聞くUV硬化型という接着剤ですが、歯科医で歯を削った後に充填剤で埋めて、光を当てて固めるアレと同じです。あの原理を接着剤に応用したものですが、考えてみれば何故今までなかったのかと思うくらいの便利な商品です。
qz52065619.jpg

Bondicは液体プラスチックで、硬化させるまでは液状のままで、市販の接着剤のように乾いてしまうことはありません。使用法は接着個所をきれいにして、Bondicを塗布、付属のUV LEDライトで硬化し、成形するという4つのステップに従うだけで、ほとんど何でも修復できます。

動画をご覧ください。


Bondicは、乾くと透明で永久的に接着します。何でも数秒で接着、組み立て、修復、穴埋めができます。Bondicはプラスチック、木、金属、PVC、スチール、ゴム、配線、セラミック、フィギュア、ビニール、ケブラー、ポリプロピレン、皮革など様々なものに使えます。(接着効果が期待できないと言われているPP(ポリプロピレン)にも表面研磨は必要ですが使用できます。)

水槽の中でプラスチック製の水草も固定できます。
qz4621.jpg

Bondicはカナダ製で歯科医療で使われているダイレクトボンディングの技術を接着剤の市場に持ち込んだ製品です。歯を成型するという液体プラスチックの耐久性とLEDによる4秒間の紫外線硬化という技術で従来の接着剤ではできなかった成型加工も可能にしました。

PCケーブルの剥けてしまったしまった箇所の補修。
qz1025779.jpg

割れたグラスや食器の補修。
qz2064596.jpg

欠けてしまった歯車の山の箇所を
qzボンでぃっぃャ

Bondicで4秒間LED紫外線を当てながら液体プラスチックを盛って行くと
qzbonndexikkuチャ

歯車が補修できました。
qzャ

日本ではオリエント・エンタプライズ株式会社が代理店になっています。Amazonや楽天市場でも買えるようです。(LED付きスターターキットで税込 2,580 円~税込 2,980 円)

デザウマでは以前にカテゴリー私のデザインで、フルベール化粧品の美容液のボトルデザインを紹介しましたが、その時に使ったのが、UV硬化の表面保護型の塗料でした。UV硬化型の液体プラスチックの用途は広いです。

調べてみれば、市販品ではなく工業用のUV硬化形弾性接着剤などはセメダイン社からもすでに出ている訳で、そんな技術の応用製品が何故日本製ではできなくて、カナダ製なのでしょうか。

日頃のデザイン活動をしながら感じるのはあるべき製品や、あったら良いのにという製品を世の中に送り出せなくなった日本企業の悩みです。コニシさんにも頑張って欲しいです。

この新しい接着剤Bondicを手に入れて後日レポートします。お楽しみに~ (^▽^)/


今日も人気ブログランキングボタンに思いやりと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : すぐれもの - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
16:00  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.03.31 (Sat)

「もしも、ミスタードーナツがつり革をつくったら」

今年2月に東京都美術館で開催された京都造形芸術大学の全学科の卒業制作の中から選抜された「KUAD ANNUAL 2018 シュレディンガーの猫」に展示された情報デザインコース 稲田光佑さんの卒業制作作品「つり革とIoT、新しい広告の形。」が話題になっています。(リンク先は小林さやか(ビリギャル)さんのブログです。)
qzFQIPZC.jpg
(写真:京都造形芸術大学のホームページより)

車内広告には「もしも、ミスタードーナツがつり革をつくったら。」「つかもう、おいしさ ドーナツリカワキャンペーン。」と書かれています。
qz08cd458-l.jpg
(写真:京都造形芸術大学のホームページより)

「このドーナツリカワは、スマートフォンをかざすことで、お得なドーナツのクーポンが手に入ります。」単につり革をドーナツに変えただけでなく、スマホをかざすことでクーポンもゲットできる仕組みです。
qz8f9050-700x499.jpg
(写真:京都造形芸術大学のホームページより)

「ドーナツからポスターまで、本当にこんな広告があってもおかしくないように作りました。ミスタードーナツにも卒業展の作品として許可を得ています。」と作者の稲田さん。
qz29XUAgOR49.jpg
(写真:京都造形芸術大学のホームページより)

大学の講師から「デザインのヒントは身の回りにある。」と言われた事と、自分の普段の生活を振り返って思い浮かんだのが、よく電車に乗ること。その中でつり革がドーナツのように見えたそうです。作品の中には手触り感が心配なものもありますがが、そんな細かいことはさておきましょう。
qz51f6a9fa.jpg
(写真:京都造形芸術大学のホームページより)

電車内では多くの人がスマホを操作しています。それをつり革にかざすことで、かざしたそのドーナツのクーポンが手に入ったらいいなと、IoTのストーリーも加わえました。
qzminiIMG.jpg
(写真:京都造形芸術大学のホームページより)

一次的にはドーナツのつり革と車内広告で訴求。二次的にはクーポンを得ることで実際の店舗へ足を運んでもらう動機づけにします。写真が作者の稲田さんのようです。
qzM14082.jpg
(写真:京都造形芸術大学のホームページより)

「実際につり革をつかむ行為や、その様子を楽しんだり、撮影したりといった点も広告の一部で、遊びを広告にすることを考えました。さらにその様子をツイッターやSNSで拡散させることも含めて一つの作品です。」と稲田さん。

2月19日の卒業制作記事では私が講師として参加しているプロダクトデザインの作品紹介だけでした。当日学内展示は相当な点数なので今年は他の学科コースはあまり見ていませんでした。このような作品があるのですからもっと時間をとって見なければと反省しております。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに愛と励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術


人気ブログランキングへ
16:39  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.03.25 (Sun)

インテリアアクセサリーデザインmokujii

楽しいインテリアアクセサリーを造っていた友人が昨年秋に亡くなりました。今日は追悼ブログです。
2月に肥後橋で「中村哲治 偲ぶ作品展」がありました。
qzMG_8333.jpg

私が26才の時、当時勤めていたデザイン会社に学校の後輩になる中村さんを私が面接して採用となりました。
qzMG_8331.jpg

メキメキと頭角を現して4年で殆どの仕事を任す位になって、独立して巣立って行きました。
qzMG_8317.jpg

時代はバブルで中村さんは商業空間インテリア企画の「愉快組」という会社組織を率いて日本中を走り周りました。
qzMG_8318.jpg

丁度バブルが弾ける少し前に私も独立したので、会社立ち上げの相談に乗ってもらいました。
qzMG_8325.jpg

以来、遊び事に誘ってもらったり、システムキッチンの商品企画などで力を借りたりの時間が過ぎて、
qzMG_2164.jpg

お互いもう歳で、バタバタしない仕事の環境になった今から6年ほど前に同じ梅田界隈にオフィスがあったので、連絡を取り合う様になり、たまに会ってはVR(バーチャルリアリティ)とAR(拡張現実)の話をしていました。
qzMG_8319.jpg

その頃に中村さんがこの真鍮と木製のmokujiiシリーズを工房で作り始めた事を聞きました。木製の愉快な小物を造るのはずいぶん昔にやっていたのは知ってましたが、
qzMG_8323.jpg

大きな商業空間の仕事と、この小さな手の中の世界が中村さんの中で、どう整合性が取れているのか、とうとう聞き忘れてしまいました。
qzMG_8334.jpg

今は、共に二十歳代の時にひと冬のべ30日間もゲレンデに一緒に行き倒した事やテニスの事、無茶苦茶やってた若い時の事と、5年ほど前に「酒司前田」という北新地のBARで落ち着いてウィスキーグラスを手にする姿が、過ぎた時間の順序に関係なく浮かんで行きます。
qzMG_8326.jpg

今日紹介している写真は偲ぶ作品展当日と、通夜の日に工房で撮らせて頂きました。
qzMG_2160.jpg

てっちゃん、どうぞ安らかに。

今日も人気ブログランキングボタンに思いやりと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : 大切なこと - ジャンル : ライフ


人気ブログランキングへ
16:03  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2018.03.10 (Sat)

心を癒すしっぽクッションQoobo

2012年のデザウマで脳波測定センサーで、心の動きを察知して耳が感情表現するという、新しいコミュニケーションツール「necomimi」を紹介しましたが、今日のQooboは同じユカイ工学株式会社の製品です。

qz9tvps9yUa_.jpg

Qooboは米国メディアパネル・イノベーションアワードにて特別賞「Special Award Gadget Nation Award」を受賞し、海外のテレビやWEB などの多くのメディアから大反響がありました。
qzzphoto7.jpg

そして、「Kickstarter」でクラウドファンディング行い、908名の支援のもとに、目標額の247%(12,360,156円)を達成して現在は受付を終了しています。これがしっぽクッションQoobo
qzphoto10.jpg

まずは動画をご覧ください。


ほどよく“子ネコ”感を感じられるサイズ・重量感というメーカーの説明ですが、猫飼いの立場から言わせてもらうと、これは大猫サイズです。
qzphoto5.jpg

膝に乗せたり抱っこすると自然となでなでしてしまいます。
qzphoto1.jpg

本当の猫はこんなことはさせてくれません。
qzphoto3.jpg

色は2種類で、HUSKY GRAY はハスキー犬のようにクールなグレー。FRENCH BROWN はふんわり優しい栗色です。
qzgespeedic8kBcRNEwZg.jpg

しっぽの動きパターンは本物のアルゴリズム研究に基づいて設計されています。
qzZ8iRX9LsOr.jpg
そっと撫でるとフワフワと、たくさん撫でるとブンブンと、しっぽを振って応えてくれます。そして何にもしていないのにフワ~っと揺れます。

いかがでしょうかオタクにも一個、いや、一匹。
pzqhoto2.jpg

せっかくですから久々に我が家のしっぽをご覧ください。
qzsMG_4055.jpg


お求めはコチラから→https://shop.qoobo.info/今のところ商品の発送は今年秋になるそうです。

ユカイ工学株式会社
東京都新宿区富久町16-11

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット


人気ブログランキングへ
16:04  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.03.04 (Sun)

気になるネーミングの「大人の鉛筆」

本題に入る前に、私がこの記事を書いたのはかなり以前なのですが、先月27日放送のマツコの知らない世界でこの「大人の鉛筆」が紹介されて一躍有名になってしまいました。価格も現在B 芯入りで、削りセットで上は700円から下は500円まで色々のようです。

ここから本題です。
私が鉛筆を使っていたのは中学校までで、それからはずーっとシャーペンを使っているので、この六角形の木製の鉛筆を見ると妙に懐かしく感じます。このシャーペン型鉛筆の「大人の鉛筆」は北星鉛筆株式会社が創業60周年記念 新商品として、鉛筆好きの人達の為につくったものです。「大人の鉛筆」の商品構成は鉛筆本体と5本入り替え芯と芯削り。
qzimg_2.jpg

鉛筆を使う事が無くなった大人に向けて、小さいころから慣れ親しんだ鉛筆で書くことの楽しさや心地よい書き心地を再び感じて欲しいと、鉛筆屋が心を込めてつくった古くて新しい筆記具です。
qzfuku22.jpg

アメリカ産の高級インセンス シダー材の木目を生かした仕上げはどこか懐かしさを感じます。
qzB307312297_.jpg
不純物のない黒鉛と粘土を均一に混合させた国産で高品質の鉛筆と同じ2mm芯が黒くて綺麗な字を描きます。大人の人達が書くことの楽しさを再認識できる鉛筆とあります。鉛筆画や楽譜を描くのに向いているそうです。
qz832411_b.jpg

直径2mmの芯削りは刃を使わずに独自の4方向の板バネで、回転させなくても軽く左右に回すだけでシャープに削れます。
qz832411_c.jpg

替え芯はB HB 2Bの3種類。
qz832412_a.jpg

この大人の鉛筆でスケッチを描いてみたくなります。そういえば昔カーペンターペンシルという太くて平べったい鉛筆で、商品企画の製品の使用シーンのカンプ画を山ほど書いていたのを思い出しました。今でもあるのかなカーペンターペンシル。

写真はなかなか楽しそうな本社屋
qzncil_01.jpg

大人の鉛筆商品番号 0832411
参考価格 660円 (税込) 送料別
替え芯5本入り商品番号 0832412
参考価格 145円 (税込) 送料別


北星鉛筆株式会社

東京都葛飾区四つ木 1-23-11
03-3693-0777

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに愛と励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : すぐれもの - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
16:00  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.02.23 (Fri)

京都精華大学のふわ玉オムライスと卒展

叡山電鉄の京都造形大の近くの茶山駅から北へ7つ目の京都精華大前駅から大学構内に入りました。雪が降って里の景色が霞んでいます。精華大学の卒展は京都美術館で昨年も見ました。今年は京都美術館が大改装中なので学内展示となっています。はたして大学のカラーというか昨年と同じ印象なのか興味があります。
qzMG_8194.jpg
そういえば今は退任されたようですが、こちらのプロダクトデザインで長年教授・学科長をされていた井上 斌策さんは私が最初に勤めた大阪のD産業デザイン研究所の先輩上司でした。学校在任中には来ずに退任してから来るのかと怒られそうです。たまたまです、井上先輩すみません。m(_ _)m

正門ゲートから入ります。
qzMG_8168.jpg

お昼過ぎでまだ何も食べずに来たので暖を取りながら学食で何んか食べます。
qzMG_8166.jpg

テレビではピョンチャンオリンピックの男子フィギア決勝で羽生結弦が金メダル取った実況放送をしています。
qzMG_8163.jpg

写真の左下の実物メニューが眼に止まりました。「卒業展覧会プレート」ふわ玉オムライス(彩りサラダと海老フライとスープ)。
qzMG_8167.jpg
そういえば京造形大の食堂も「ふわふわオムライス」という似たような名前でした。大学の学食では「ふわ」という文字が好まれるようです。

途中の棚にウマそうな薩摩芋サラダがあったので取りました。
qzMG_8157.jpg

これが精華大卒展仕様の「ふわ玉オムライス」。
qzMG_8153.jpg

小型の海老フライとキャベツ千切りが彩りサラダ。彩りには違いありませんがわざわざ彩りサラダと名乗るほどのものでしょうか。
qzMG_8155.jpg
デザウマなのにお味のレポートを忘れておりました。普通です。

プロダクトを含むデザインの展示は体育館です。例によって私の勝手なチョイスで作品紹介です。
qzMG_8192.jpg

『真似する家具』
家具が家具を真似する家具は「ベッドの姿をした椅子」と、「椅子の姿をした机」などです。サイズ感や高さ大きさが違うので相対するとそうかと分かります。私はこの家具たちの黒いデザインバランス感覚が好きです。
qz021901.jpg
qzMG_8181.jpg


『技術の組合せで座り心地を向上させた車椅子』
デザインコンセプトとスタイリングもよく分かって良い展示ですが、私はそれ以上にイエローブラックなパネルプレゼンテーションのセンスの上品な打ち出し方が好きです。
qz021902.jpg
qzMG_8188.jpg

qzMG_8183.jpg


『沼津市明治資料館改装計画』
静岡県「沼津市の歴史の全てがわかる地域に根ざした博物館に。」はぜひとも実現させたい良質な環境施設改善のプロダクトです。運営計画まで踏み込んでよくまとめられた環境計画と思います。
qz21903.jpg
qzMG_8179.jpg
各作品の概要説明と学生の名前を書いたプレートがありますが、そこの顔写真がみんな大口を開けているという統一感が面白いです。

見終って外に出ると雪は止んでいました。写真の山里景色の下を叡山電鉄が走っています。あと4駅登ると以前デザウマで紹介した貴船口駅です。
qzMG_8197.jpg


今年は京都芸術大学の卒展は残念ながら日程が合わず行けませんでした。
●昨年2017年2月の京都市美術館での京都芸術大学作品展

今日も人気ブログランキングボタンに思いやりと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術


人気ブログランキングへ
16:07  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.02.16 (Fri)

滋賀県立大学 卒展「にじゅうまる」と「らーめんチキン野郎」

JRで滋賀の瀬田あたりを走っています。北に広がる琵琶湖が綺麗です。
qzMG_8036.jpg

午前9時過ぎに南彦根に着きました。初めて降りる駅です。
qzMG_8037.jpg

到着したのが滋賀県立大学です。私の行っている京都造形芸術大学の山の急斜面の環境に慣れているせいか、平面でゆったりしているキャンパスは何か風通しが良すぎて落ち着きません。空がとても広いです。
qzMG_8040.jpg

今日の目的は以前デザウマに登場して頂いたこちらの人間文化学部生活デザイン学科の南 助教のところの卒展です。昨年は京都芸術大学精華大学の卒展に行きましたが、滋賀県立大は気づいたら終わっていたので今年は早めにチェックしていました。
qzMG_8041.jpg

生活デザイン学科はプロダクトデザインを含んだもっと大きな括り方をしているようです。
qzMG_8042.jpg

という事で私の勝手なチョイスでのプロダクト視点の作品紹介です。
■ 高齢者のための誤嚥防止用姿勢保持椅子 誤嚥を防ぐ姿勢をつくる椅子で、各部調節で体格対応しています。誤嚥問題は私もデザインで取り組んでいるテーマなので興味深いです。
qzMG_8044.jpg

■木材の経年変化が美しいお弁当箱。 形はシンプルでもケヤキ・ヒノキ・タモ・ウォールナットの素材の表情が面白い。
qzMG_8048.jpg

qzMG_8049.jpg

■ソーラークッカーを活用のエネルギーカフェ。 環境負荷低減の提案を生活デザインの視点でカフェまでもって行くのがいいです。
qzMG_8057.jpg

実際にジャガバターを調理して500円で売っているリアリティさが言い放しではなくて好感が持てます。
qzMG_8059.jpg
紹介したのはごく一部ですが、みなさんテーマをよく掘り下げて丁寧なプレゼンをしています。

琵琶湖のスケールを可視化するデザインという楽しいものを提案している西林さんと色々お話ができました。帰りに近所で何処かお勧めのランチがあったら教えてと頼むと、ベルロードにある「らーめんチキン野郎」へぜひと教えてくれました。
そんな訳でお店に到着。
qzMG_8064.jpg

店に入ると厨房とカウンタを仕切る白い柱梁の構え方がモダンです。
qzMG_8080.jpg

メニューの収め方もモダンでカッコイイです。
qzMG_8070.jpg

私のカウンター席の上には鶏が座っています。
qzMG_8068.jpg

私のチョイスは西林さんから聞いていた2月限定の「にぼこってり野郎」です。このトロッとしたタイプのスープは京都の天下一品のタイプですが、それよりはかなり白いです。
qzMG_8072.jpg

なるほど西林さんの言う通り、スープはトロッとしていて味はしっかりでもあっさりです。
qzMG_8077.jpg

麺は平太麺のウェーブタイプで弾力があります。
qzMG_8074.jpg

チャーシューは豚と鶏の二種類が入っています。
qzMG_8075.jpg
最初は「ちきん野郎」という奇をてらった目立ちたがりのチャライ名前の普通の店かと思いましたが、なんのなんの接客もしっかりとしたウマい店でした。
後でネット検索したら2012年冬にオープンで、賀県彦根市のラーメン屋「にっこう」本店で修業していた柿町亮太という人が店長の行列のできる繁盛店でした。滋賀県立大学 生活デザイン学科の西林さん、良い店を教えて頂きありがとうございました。

おまけの動画



らーめんチキン野郎

滋賀県彦根市大藪町21-22
0749-27-6171
11:30~14:30 18:00~22:00 土日祝11:30~22:00
火曜日定休

今日はとっても長くなりました。(=^_^;=)

今日も人気ブログランキングボタンに思いやりと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 滋賀県_彦根市


人気ブログランキングへ
16:00  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.02.13 (Tue)

グルテン検知IoTデバイス「Nima」

このところデザインの記事が少なくなっていますので、今日はこんな話題です。

私のまわりにも食物アレルギーの人がいて、場合によってはアナフィラキシーの強い症状が出て、呼吸障害や血圧低下などで、救急搬送という事もあるそうです。そんな事で食物に含まれる危険なアレルギー物質の有無が分かる簡易な検出器は以前から求められていました。

これが外出先でも簡単に使う事の出来る画期的な食物アレルギー物質検知 IoTデバイスNimaです。
qz食品Sale-550x336

現在のところグルテンとピーナッツ検出は発売中で、もうすぐ乳製品検出タイプが発売になります。
qz食品nima

左の検出カプセルと本体と、スマホアプリの構成です。
qz食品dd

検出カプセルは使い捨てで、新しい検査食物の度に新しいものに交換します。
qz食品ffャ

使い方はえ豆粒サイズの食材をカプセルに入れて、
qz食品ccャ

カプセルのキャップを締めて、
qz食品bbャ

本体にセットで、あとはボタンを押せば検査が始まります。
qz食品aaャ

詳細はスマホアプリで確認しますが、第一次判定は本体のニッコリマークで表示されるところが分かりやすいです。アレルギー食品含有だとニッコリでなくなります。
160916_01-642x336.png

qz食品96900

qz食品30
この人がMIT出身の6SensorLabs Scott Sundvor CTO & Co-founder(最高技術責任者で創業者)
qz食品SL

英語ですが分かりやすい動画があります。


検出カプセルを交換することで1つのセンサーで複数の検査ができます。カプセルの中にグルテン用やピーナツ用、乳製品用の試薬が入っています。
Nimaは2016年の1月にラスベガスで開催されたCES 2016においてTechCrunch主催のHardware Battlefieldで優勝しています。
物質検知 IoTデバイスNimaは「あったらいいな、モノづくり研究所」の選定商品にしたい製品です。
●購入はhttps://nimasensor.com/へ

今日も人気ブログランキングボタンに思いやりと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル : ライフ


人気ブログランキングへ
16:02  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.01.26 (Fri)

昨年2017CESの話題になったふせんメモプリンター

qz4524-1.jpg
今年も1月9日から米ラスベガスでCES2018が開催されました。うちの会社でも昨年末にある大手メーカーからCESデビューのAV機器デザインの特急依頼があって、展示モデル製作からCESに送り出すまで大変でしたが、好評の内に展示が終了してほっとしています。今日はそのCESで昨年話題になった製品の紹介です。

スマートフォンでも印刷できるMANGOSLABの“ふせんメモプリンター”「nemonic(MIP-001)」です。
qze4687664cbf.jpg

CESの最高革新賞、BEST OF CES、昨秋の日本のGマークを受賞しています。
qz069a6b01a562.png
手の平サイズの小型プリンタで、裏面粘着タイプの感熱紙にメモやイラストを印刷します。アプリはiOSやAndroidのスマートフォンからBluetooth 4.0で通信する。(パソコン用のアプリケーションも有り) プリンターのサイズは4x4x3.5インチでUSB端子搭載なので、Bluetoothが使えなくても大丈夫。
qznemonic_c1_001.png

ビジネスユース以外にもこんなシーンを提案しています。
qzffecbc.png
qz5e3094.png

私が良いなと思ったのは大学の授業のKJ法の実践シーンです。グループでアイデア出す時にこれがあれば、各自の発表を順に出力して、一覧できるボードに貼る作業が整理しやすくスムーズに進みそうです。
CES2017会場の動画があります。


こちらはMANGOSLAB社のCM。


qzhusenn33ャ
のり付き専用サイズの感熱紙のプリンタなので専用カートリッジですが一つ1000円はちょっと高いです。(ホワイト、ブルー、イエロー、ピンク)
qznemo8.jpg

扱いやすいスマホのアプリ画面。
qz5f6b98110.png

手のひらサイズでカラーは5色。
qzn_nemonic_c5_001.jpg
qznic_middle_003.png
この製品の製造販売は2016年にSamusungのイノベーション部門から誕生したMangoslabという韓国企業です。私はこの商品に一番近いメーカーは日本のコクヨとかポスト・イット® スリーエムジャパングループやPLUSだと思うのですが、こんなにあったら便利なものをそんな各社がなぜ出さないのか疑問です。

今の最新技術をもってしたら難なくできたと思うのですが問題はもっと根深くて、このようなモノを日本企業は出さないのではなくて、"出せない"のではと思う様になりました。これはもう"私達の手で『あったらいいな、モノづくり研究所』をつくって日本のモノづくりを下支えせねば"と思いました。『あったらいいな、モノづくり研究所』を始動させます。

デザウマ人気ブログランキングボタンに励ましと愛のひと押しを!!ボタンは下にあります。


テーマ : すぐれもの - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
16:06  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT