FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.11.08 (Fri)

ラーメン 世界が麺で満ちる時

今日は午後から八尾でクライアント会議の後夕方から市内で会合があります。という事で車では行けませんので、一旦阪急淡路駅まで出て、前回春に紹介したJRおおさか東線の淡路駅から八尾に向かいますが、その前に淡路でお昼にします。
qa00301 のコピー

以前から阪急淡路駅近くに評判のラーメン屋が出来たとは聞いていたのですが、やっと来れました。「世界が麺で満ちる時」
qaMG_4414 のコピー

こちらの店主は西中島南方の「人類みな麺類」の出身だとか、それで同じ路線の店名なのだと分かります。ただ、「人類みな麺類」で修行された割にはカウンター後ろに積まれた食材段ボールの無造作感がちょっと気になります。
qaMG_4409 のコピー

私はオレンジ色のアローンで煮卵tpチャーシュー追加で行きます。
qaMG_4411 のコピー

12時になってどんどん客が入ってきます。
qaMG_4401 のコピー

人類みな麺類の店主がミスチルオタクと同じく、こちらはB'z大好き店主なのでもちろん店内はB'zサウンド。
qaMG_4402 のコピー

この店のスタンダードと言われるアローン、甘めの醤油のまろやかさを生かした優しい味わいだそうです。ただ、ラーメン鉢に対してのスープが少なさが気になります。
qaMG_4403 のコピー

確かに甘めの醤油味です。
qaMG_4405 のコピー

人類みな麺類同様になかなかウマい麺です。
qaMG_4408 のコピー

レア感のある薄切りチャーシュー。この薄いのが2枚追加で150円アップはちょっとお高いか。
qaMG_4406 のコピー

なかなか美味しい煮卵です。
qaMG_4410 のコピー

薄切りチャーシューを食べきったら出てくる店名文字。
qaMG_4412 のコピー

店を出ました。ビル看板に眼をやると一階にはこの「世界が麺で満ちる時 」ですが、一番上の看板のRico's Barは今年友人がオープンさせたバーですが、同じビルとは知りませんでした。夜の淡路は30年は来ていませんが今度デザウマで紹介しようと思います。
qaMG_4417 のコピー

JR淡路駅です。ここから八尾に向かいます。新大阪から二つ目の駅が淡路というのは阪急京都線の人にも新幹線が乗りやすくなったと思います。
qaMG_4419 のコピー
新大阪から奈良まで直通で行けることになって、南大阪の人はとても便利になったようです。大阪の鉄道は万博効果もあって一段と便利になるようですが、次は2025年の十三~新大阪が開通とか。

ラーメン 世界が麺で満ちる時
大阪市東淀川区淡路4-8-27
06-6325-1132
11:30~15:00 18:00~23:00
無休

人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市東淀川区


人気ブログランキングへ
16:00  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.09.20 (Fri)

今年も大瓜生山2019(学園祭)と修学院のらぁ麺すぐる

今世間を騒がせている“京芸の乱”の当事者の京都造形芸術大学の大瓜生山2019学園祭です。

今日は日曜日なので家から阪急電車で四条河原町に出ました。やっと秋の気配の四条大橋です。
qaMG_4211.jpg

出町柳に出て叡山電鉄に乗り換えて京都造形芸大のある茶山駅を過ぎて、修学院で降ります。実は数日前の情報番組で紹介された冷たくて美味しいラーメン店が2018年4月に修学院の駅近にできているという情報を見てそれならばとやってきました。
qaMG_4227.jpg
私にしては珍しい情報番組ネタのお店です。

店の前に立ってあることを思い出しました。ここは前にデザウマで紹介したことのある店で、前はフーデリカというイタリアンの店でした。(過去ログを移転又は閉店に修正しました。)

とにかく目的の店に到着しましたので入ります。
qaMG_4225.jpg

これが店のタイトルロゴとコンセプト。京都ミシュランラーメン店「とうひち」の2号店だそうです。
qaMG_4223_20190916174642822.jpg

qaMG_4221.jpg

前のイタリアンの時はもっと広いイメージ時でしたが、カウンター8席 テーブル席4席のこじんまりとした店です。
qaMG_4212.jpg

その情報番組で紹介された「冷やし鶏塩らぁ麺」です。なんでも冷したスープを旨味が伝わりやすいように鍋に入れて20度まで戻すというこだわりがあるそうです。
qaMG_4213.jpg

スープ行きます。けっこうしっかり味の鶏塩なので、20度に戻さなくても口の中で転がせば旨味の広がるスープと思います。
qaMG_4216.jpg

小麦粉「春よ恋」を使った自家製の平打ち麺は細目で腰があってウマいです。
qaMG_4218.jpg

厚切り鶏チャーシューと
qaMG_4217.jpg

薄切豚チャーシュー。
qaMG_4220.jpg
美味しいのですが、天六の中華そば いぶき  「冷やしイリコそば」まで7キンキンに冷やせとは言いませんが、もう少し特に麺が冷えていた方が私は好きです。

再び修学院から叡山電鉄で3駅の茶山で降りて学校まで歩きます。途中Prinz(プリンツ)という元Appleのデザイナー西堀晋さんがデザインしたカフェが取り壊されて工事中です。

いつもの大階段の下です。普通なら今年の京造ねぶたが見えるのですが今年の作品は背が低いのでしょうか。
qaMG_4229.jpg

京都造形芸術大学の1年生982人が2週間で制作する「京造ねぶた」。今年のテーマは「0/ZERO」。角材と針金を組み合わせた土台に和紙を貼って完成させます。これが階段下から見えるはずの作品。なるほど背は低いです。
qaMG_4231.jpg

今年は例年に比べて小ぶりで、過去のもので言えば「ブラジャー」とか「北極熊」のようないい意味での癖のある作品が少ないです。
qaMG_4233.jpg

qaMG_4232.jpg

写真では分かりにくいですがセミが羽化した後の抜け殻。
qaMG_4235.jpg

私が一番気に入ったのはこの人間館一階ホールの
qasMG_4237.jpg

このねぶたにするには最も不向きな薄べったい水引。これが今年の学長賞。
qaMG_4236.jpg


ラーメン  らぁ麺すぐる

京都市左京区山端壱町田町8-6
075-721-6556
11:00~14:30 18:00~21:30
木曜定休日

人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市左京区


人気ブログランキングへ
16:00  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.09.14 (Sat)

ラーメン 烈火 本店  豊中市庄内東町

お昼時の豊中市は庄内にいます。この阪急宝塚線の庄内駅の近くにに山形県の庄内を名乗る行列のラーメン屋烈火 本店があります。
qaMG_3934 のコピー

こちらの店主は大阪人で山形県の庄内で修行して、2011年に大阪の庄内で店をオープンしたそうです。行列店らしく外椅子が並んでいます。今日は行列が嫌なのでオープンの11時30分をめがけてきました。
qaMG_3916 のコピー

L字型のカウンターの端に座って厨房を撮りましたがボケました。店のロゴマークの4本横線と波線はラーメンの麺なのでしょうが、烈火の名前とどう関連づいているのか気になります。
qaMG_3918 のコピー

今日も暑いので、山形冷たい肉そばで食券を買いました。
qaMG_3917 のコピー

座ったカウンターから入り口方面を見ると12時を回ってどんどん客が入ってきます。平日ですが外はかなりの行列の様子。
qasMG_3933 のコピー

やって来ました山形冷たい肉そば。
qasMG_3921 のコピー

生七味付きです。私にはキツそうなので後でちょっとだけ試します。
qaMG_3924 のコピー

メニューで「らーめん」と「そば」が使い分けられていたのでさてはと思いましたが、これはしっかり硬茹の蕎麦です。
qaMG_3928 のコピー

スープは鶏ガラとちょっと和風の醤油の良く効いた冷たいスープ。
qaMG_3929 のコピー

鶏肉はひね鶏のチャーシュー。
qaMG_3926 のコピー

良く味わうと蕎麦と言っても小麦入りの粘りのある麺で、鴨醤油のような香りのスープは確かにラーメンです。
qaMG_3922 のコピー

最後の方で生七味を試してみました。ウマいのですがブッと汗が吹き出しました。
qaMG_3931 のコピー

店に入ってから出るまでずっとサザンがかかっていました。店主がファンなのでしょうか好感が持てます。
12時15分で店を出ると行列でした。今度は寒くなってから温かいラーメンを食べにきましょう。
お店の情報でこんなサイトがありました。
●関西ラーメンKING2016/01Vol.20:烈火

ラーメン 烈火 本店
qa内 ラーメン) のコピー
大阪府豊中市庄内東町2-2-14
06-7163-4417
11:30~25:00
定休日なし


人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_豊中市


人気ブログランキングへ
16:00  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.07.22 (Mon)

中華そば いぶき  この夏初めての 「冷やしイリコそば」

夏になるとこの暖簾をくぐりたくなります。例年今時分になると気温が35度以上になる日があるのですが、今日あたりは29度どまりで、巷では今年は冷夏なのではと不安視する声も聞こえます。
qaMG_3492 のコピー

でも夏には違いない訳でこの時期になると、瀬戸内海の伊吹島のいりこ漁が解禁になっていりこの新物が入ってくると、天五の中崎通商店街の「中華そばいぶき」の冷やしいりこそばの季節が始まります。
qaMG_3486 のコピー

店の前にくると、平日金曜日のお昼で行列ができています。私はオープン翌年の2013年から来ていますがこれだけ美味しいのに行列店になかなかならないのが不思議でしたが、6年にしてようやくここまで来て私もブログに書き続けた甲斐があります。と言いながら並ぶのは嫌いな裏腹な私です。
qaMG_3487 のコピー

意外と早く入れました。
qaMG_3490 のコピー

いつもバンダナぴっちり被りの山中大将です。今日あたりの客の注文はほとんどが冷やしいりこそばなので、茹でて冷やしての作業が大変です。
qaMG_3489 のコピー

やってきました。冷やしいりこそばの大盛り。
qaMG_3493 のコピー

いりこの香りたっぷりの澄んだ、
qaMG_3494 のコピー

冷た~~いスープ。
qaMG_3496 のコピー

冷たくてギュッと締まって少し透明感のある手打ち中太ストレート麺。
qaMG_3504 のコピー

私はシナチクと呼びますが、今は桃屋のメンマが浸透したのかメンマが一般的のようです。
qaMG_3499 のコピー

いりこと同じ瀬戸内海のワカメ。
qaMG_3501 のコピー

お馴染みの細切り叉焼。
qaMG_3506 のコピー

こちらの冷やしいりこそばの特徴の一つに後味のサッパリ感があります。やはり暑い夏には何度か食べたくなるラーメンです。
写真は店を出て天神橋筋商店街の方を見たところです。
手前のグリーンテントのもんじゃ焼き屋には15年ほど前に一度入ったことがあります。
qaMG_3513 のコピー


中華そば いぶき

大阪市北区浪花町4-16
06-6373-2810
12:00~14:00(水曜日の昼は休み) 18:30~23:30
定休火曜日 

デザウマへの人気ブログランキングボタンにはげましと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市北区


人気ブログランキングへ
16:00  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.07.10 (Wed)

ラーメン屋 オコメノカミサマ 大阪市都島区都島本通

久々にラーメンです。週末の買い物に天六に来ました。
qaMG_3400 のコピー

お昼でもと思っても天六界隈はものすごい人です。そこで天六を少し東に離れて車で都島本通り3丁目に出てきました。車をコインパーキングに入れて最近できたという変わった店名のラーメン屋に行きます。こちらです。普通ならこういう種類の名前の店には近づかないのですが事前に”美味しい”という情報が入りました。
青い空に白いテントが映えます。
qaMG_3397 のコピー

味の評価を頼りに来たのですが、こちらは昨年2018年10月にオープンしたばかりの店で、店主は元吉本新喜劇座員の大端 絵里香 (おおはた えりか)。実はこの日は店主の事は知らずに入店し、普通に食べて、後日知りました。
qaale のコピー

昼時で混み合っています。客の男女比は圧倒的に女性です。プロジェクターで壁面に妖精が飛び回っています。この演出は私にはキツイです。
qaMG_3401 のコピー

客席から厨房が少し見えます。大端 絵里香店主もいるのだと思います。
qaMG_3417 のコピー

中心メニューはこんな感じ。私は口にしにくいので指で指して注文した”神様からの贈り物ラーメン”で相方は表にあった、夏限定の”トリュフ香るヴィシソワーズ冷製ラーメン”。
qaMG_3399 のコピー

これがトリュフ香るヴィシソワーズ冷製ラーメン。白い器にラーメンが溶け込んでいいます。何だか冷製ラーメンと言うより冷製パスタと呼んだ方がピッタリ。
qaMG_3411 のコピー

そして神様からの贈り物ラーメン。京都の天下一のような濃厚鶏ガラスープをお米を溶かし込んだ出汁でトロトロに割って煮詰めたいるようなスープです。本当のところは分かりませんが。
qaMG_3407 のコピー
ラーメンスープとおにぎりにお米の美味しさを、そしてお米には神様が宿るということらしいです。

見た目より重たくない白濁スープの味をを強調したいのか、透明なレンゲ。
qaMG_3408 のコピー

揚げたレンコン、シャキシャキの水菜とヤングコーンで野菜が多いのは嬉しいです。
qaMG_3416 のコピー

中細ストレート麺はけっこうモチモチしていてトロトロスープが絡みます。見た目よりはるかにあっさりです。
qaMG_3410 のコピー

おにぎりも美味しかったです。
qaMG_3405 のコピー

ラーメン屋 オコメノカミサマ
大阪市都島区都島本通3-22-6
06-6923-7924
11:00~21:30
不定休

人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市都島区


人気ブログランキングへ
16:00  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.04.08 (Mon)

やよい亭   大阪府豊中市北緑丘2

デザウマの過去ログを見て見たら前回のやよい亭は2010年の7月でした。実は先月の土曜日にも来たのですが、週末はこんな行列状態でこの日は諦めました。
qaMG_0028[1]

で、別の平日の昼間は安心して入れるこんな状態。
qaMG_2145.jpg
2008年3月の弥生月のオープンなので「やよい亭」と聞いています。

今日もオープン厨房は出番を待つ鉢と皿が整然と積まれています。大将の力の抜けた広い肩の後ろ姿も南蛮亭の時代から40年近く変わりません。
qaMG_2149.jpg

前回よりわずかに値上げしていますが、流行りの〇〇系ラーメン屋より良心的価格です。
qaMG_2148.jpg

女将さんもお元気そうです。
qaMG_2150.jpg

私の半ちゃんラーメンのラーメンです。ラーメンは普通サイズ。
qaMG_2156.jpg

そして半サイズの焼きめし、これで800円。メニューを見ると客の要望が多かったのか半ラーメン焼きめしの850円が増えています。
qaMG_2151.jpg

いつもの白濁系の美味しいスープです。
qaMG_2158.jpg

麺も硬めのストレート。
qaMG_2163.jpg

チャーシューの味も 豊中市桜の町の南ばん亭の時代から変わりません。
qaMG_2161.jpg
繁盛店になって欲しいのですが行列店にはなって欲しくない大切なラーメン店です。

やよい亭       
大阪府豊中市北緑丘2-1-21-101
090-5972-4757
11:00~14:30 17:00~21:00
定休木曜

人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_豊中市


人気ブログランキングへ
16:00  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.11.01 (Thu)

麺屋 さん田 京都市右京区西院追分町

今日も昼一に京都西院のクライアントで打ち合わせで、仕事仲間のNさんと早めに待ち合わせしてお昼を取りながら下打ち合わせしようとNさんのお勧めのつけ麺屋さんに向かいます。
qaMG_0950.jpg

西院駅から徒歩10分ほどでイオンモール京都五条北側の麺屋 さん田に到着です。
qaMG_0952.jpg

ボケましたが上の写真の拡大です。暖簾の左下に「贈 吟醸ラーメン 久保田」とあります。すでに何度か行って知っているNさんの話では、店主の三田さんは大学途中でラーメンにハマって、一風堂と下京区西松屋町の吟醸ラーメン 久保田で修行されたそうです。修行先からの暖簾贈呈はなかなかの腕という事でしょうか。楽しみです。
qasMG_0952.jpg

店内は奥に細長くてカウンターだけ。平日の昼時は行列必至だそうですがすんなり入店できました。
qaIMG_0954.jpg

後ろ姿の店主の三田さん。
qaMG_0953_20181028172446549.jpg

スープが鶏と水とはいさぎ良さが伝わってきます。
qaIMG_0956.jpg

こちらの最も標準タイプのつけ麺の並にしました。
qaMG_0958.jpg

麺鉢には太めの麺と大き目の四角い志那竹と鶏チャーシュー。
qaMG_0959_20181028172454db0.jpg

太めの平打ち麺はモッチリで、鶏骨を炊上げた濃厚つけダレと抜群に合います。
qasMG_0966.jpg

鶏胸肉のチャーシューは結構薄味でレア感があるのでつけダレで頂きます。
qaMG_0960.jpg

ほぼ正方形の志那竹は噛んだ歯触りが新鮮です。
qaMG_0964.jpg

つけ麺用スープ割り出汁と鶏油(小ぶりの黒い瓶)があります。
qaMG_0957_20181028205059173.jpg

麺を食べた後の残ったつけダレをスープ割り出汁で割ります。思いのほか軽くて味わいのあるスープになります。
qaMG_0971.jpg

鶏油を加えると、スープの味が引き締まって旨味が増します。
qaMG_0973.jpg

12時半になると店内は満席で外は行列でした。行くなら11時45分までには入店したいです。
qaMG_0974.jpg

麺屋 さん田(リンク先はぴあ関西版)
京都市右京区西院追分町7-4
075-321-5556
11:00~14:00 18:00~21:00
定休月曜日 (祝日の場合営業、翌日火曜休み)

今日もデザウマの人気ブログランキングボタンにどうぞ愛のひと押しをお願いします。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市右京区


人気ブログランキングへ
14:00  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.10.19 (Fri)

太陽カレー 京都市中京区壬生西

京都中京区の西院です。クライアントとの午前中の打ち合わせが終わって、大阪に帰る前にお昼にします。この歩道の先が阪急西院駅。
qaMG_0902.jpg

旨辛口の太陽カレーとあります。先日のタイカレーラーメンのシャムの時に言いましたが、西院の人達は辛いものが好きなようです。何か舞台の書き割りのような入り口の階段を上ります。
qaMG_0899.jpg

何と階段に行列ができています。それでも5人待ちで入れました。壁には芸能、局アナ、レポーターの色紙多数です。最近の傾向としてはこの場合ウマいか、イマイチかハッキリしています。さあ、今日はどっち?
qaMG_0886.jpg

待っている間にメニューを見ます。季節の野菜ダブルに温泉玉子にします。
qaMG_0883_2018100817075326a.jpg

入り口の書き割り看板のようなイメージとは違うシンプルモダンな店内です。白と黒とグレーの店内に赤の椅子の背が似合います。
qaMG_0887.jpg

スキっとして好感が持てます。カウンター上の黒板が気になります。
qaMG_0888.jpg

拡大しました。独特のカレーと京都大原の新鮮野菜とお米が売りだそうです。
qasMG_0888.jpg

やってきました。季節の野菜ダブルに温泉玉子。これは標準の旨辛口ですが、辛さ控えめ・旨辛口・ちょい辛口・激辛の4段階から選べます。
qaMG_0889.jpg

野菜は京都の郊外・大原の農家から仕入れる有機栽培のものが中心。
qaMG_0890.jpg

日替わりでおよそ9種類の野菜が、生のまま、マリネ、素揚げなどの調理法でのります。
qaMG_0891.jpg
今日はバターナッツ・赤万願寺・ノーザンルビー・空心菜の花椒炒め・ナス・水菜・特性トマト・エシャロット・福神漬ピュレ。

京都の老舗お米屋「八代目儀兵衛」から仕入れる、島根産きぬむすめという食べ進めても柔らかくならず、ルーと相性の良い極太米。
qaMG_0892.jpg

カレーの旨辛と火の通ったじゃが芋ノーザンルビーの甘さが良いです。
qaMG_0893.jpg

この赤万願寺はクタっと柔らかに火が通っていて甘くて美味しい。
qaMG_0894.jpg

早い日は13時30分には売り切れ御免となるので、早めの時間に到着しておきたいところです。こちらのオーナーの背戸昭広さんはソムリエで、カレーとワインのマリアージュを提案されています。

太陽カレー

京都市中京区壬生西土居ノ内町19
075-311-0011
11:00~14:30(売切れの場合は早く終了)
定休:日・祝日 (不定休で月1~2回)

今日もデザウマの人気ブログランキングボタンにどうぞ愛のひと押しをお願いします。

テーマ : カレー - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
16:00  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.10.10 (Wed)

おだしと小麦一三〇 (イサオ) 京都市左京区一乗寺樋之口町

今年の6月に行った京都造形芸術大学の近くの澄んだお出汁で食べさせる中華そばの一三〇 (イサオ)に再訪です。その前に白川通と一条寺通の交差するところにあるラーメンの天下一品の総本店前を通ると何やら行列ができています。
qasMG_0725.jpg

ここは長い間閉まっていて、実際の営業は南へ70m行ったところに大きな店があるのですが、ネットで調べてみると、総本店だけの特別メニューの牛すじラーメンを加えて営業を再開したとあります。この総本店の店内の様子はデザウマの2011.06.28の記事、コッテリラーメン 天下一品をご覧ください。
qaMG_0724.jpg

で、今日のお店はこの天下一品を後ろに見ながら一条寺道を少し上がったところの右側です。
qaMG_0705.jpg

ナチュラルでシンプルなこの店の出汁のような看板です。
qaMG_0706.jpg

カウンターの一番奥の席に座ります。
qaMG_0720.jpg

前回はカウンターの向こう側に座りました。
qaMG_0707.jpg

焼きアゴは前回食べましたし、鰹出汁は分かるので、今日は鰆の出汁で行ってみます。
qaMG_0709.jpg

店主の伊佐夫さんが黙々とつくります。
qaMG_0708.jpg

出てきました。鰆の出汁のそばです。平打ち麺ですが前回よりは細い麺です。こちらの麺は日によっても、店の営業の前半と後半でも麺が変わる事があります。
qaMG_0712.jpg

まず鰆の出汁から行きます。なるほど、焼きアゴより風味が柔らかくて少し甘さを感じます。
qaMG_0713.jpg

この繊細な出汁に合わせるにはやはり細い麺になるという事でしょうか。
qaMG_0719.jpg

今回も行きます。炙り豚トロご飯。
qaMG_0714.jpg

冒頭の業界初の「天下一品コッテリラーメン」も、この究極のシンプルさの「おだしと小麦一三〇のそば」も同じこの左京区一乗寺樋之口町が発祥の地とは面白いです。


おだしと小麦一三〇 (イサオ)

京都市左京区一乗寺樋之口町27
電話番号は非公開
11:00~14:30 17:30〜19:30
月曜定休(木・金・祝日は昼営業のみ)

デザウマへの人気ブログランキングボタンにげましのひと押しをお願いします。下にあります。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市左京区


人気ブログランキングへ
16:00  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.09.24 (Mon)

タイカレーラーメン シャム 京都市中京区壬生花井町

13時半からのクライアントとの打ち合わせで京都です。食事を済ませてから打ち合わせ場所に行こうと思って阪急大宮駅から西に歩いてきました。
辛い物はちょっと苦手ですが辛さの中にウマさがあるとの評判を聞いて、今日はこちらのタイカレーラーメン シャムに入ります。隣の坦坦という名の担担麺の店も評判らしいのですが、この辺りの人は辛いもの好きのようです。
qaMG_0653.jpg

奥に長い店内です。12時過ぎでけっこう混んでます。奥のテーブルは若い女性グループがワイワイで、入り口付近のテーブルは男性の一人客が黙々と食べています。私の経験上こういう店は味に期待が持てます。
qaMG_0621.jpg

メニュープレートがありますがこれを理解するには時間がかかりそうなので。
qaMG_0620.jpg

迷った時のコレにします。
qaMG_0624.jpg

姉妹店の二条城円町のタイカレー専門店「シャム」からカレーラーメン部門が独立したお店で、今村洋介という人が店長。写真は店内にあった何かの特集で準グランプリを取ったという紹介記事。
qaMG_0627.jpg

ミニサラダが来て、
qaMG_0628.jpg

タイのジャスミン米に焦がしニンニクがのったご飯です。
qaMG_0632.jpg

カオソーイチキンのグリーンのカレーラーメンです。
qaMG_0631.jpg

ココナッツミルクのちょっと辛いけれどウマ味が勝っているスープ。
qaMG_0636.jpg

鶏の蒸し肉チャーシューはカレー味との相性が良いです。
qaMG_0642.jpg

麺は中華麺で、カレースープの中に感じるナンプラーの風味に良く合います。
qaMG_0643.jpg

途中で一口挟むジャスミン米も良い香りで美味しいです。
qaMG_0647.jpg

テーブル調味料になっているナンプラーは店内販売しています。
qaMG_0625_20180912192529553.jpg

オイスターブランドのナンプラーとは紛らわしい。
qaMG_0629_20180912192911989.jpg

口の中が辛さ一杯になってしまったのでプリンを頂きます。
qaMG_0648_201809121925300b1.jpg

250円でこの味は得した気分です。甘いものは辛さを気持ちよく引かせて行くようです。
qaMG_0650_20180912192532a02.jpg

確かにウマ辛ラーメンという表現がぴったりの店です。多分また来ます。


タイカレーラーメン シャム

●go baaanの紹介記事

京都市中京区壬生花井町23-4
075-823-6118
11:30~14:30 17:30~21:30
定休水曜日

人気ブログランキングにはげましと愛のひと押しをお願いします。ボタンは下にあります。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市中京区


人気ブログランキングへ
15:00  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.09.05 (Wed)

中華そば いぶき 今年初めての 「冷やしイリコそば」

毎年夏になるとおなじみの中崎町の冷やしイリコそば「いぶき」に異変が起きて、夏も盛りを過ぎようとしている今日が今年最初の入店になりました。

その前にこの日の夕方から扇町の関テレビル2FのMEBICで、ドイツの国際デザインコンペ団体のiFデザインアワードの公募説明会がありました。今年は医療関係機器のデザインが完成しつつあって、今まで日本のグッドデザイン賞は46点を頂いているのですが、iFデザインアワードはまだなので、応募条件など調べに広聴してきました。
QA11899.jpg

iFドイツ本部のラルフ・ウィーグマン氏の説明を聞き、iF日本オフィスの高田昭代氏といろいろお話をさせて頂きました。
QAMG_0407.jpg

iFの説明会が終わって9時です。写真は天神橋筋5丁目から天五中崎町商店街の入り口を見ています。ここから奥に80mほど入った左に冷やしイリコそばの「いぶき」があります。
qaMG_0409.jpg

毎年夏の暑さに身体が参りだすと食べたくなる冷やしイリコそばですが、
qaMG_0415.jpg

今年は異変があって、この店内の張り紙の通り平日昼の営業がなくなりました。
QAMG_0431.jpg

営業日の変更理由は分かりませんが、もう一つ変わったのが厨房の新人です。茹で上がった麺を氷水で締めている大将の山中さんと眼が合いました。
qaMG_0420.jpg

変わらない手書きメニューですが、私は夏季だけの冷やしイリコそばの大盛りです。
qaMG_0418.jpg

冷気を発するような鉢が運ばれました。
qaMG_0421.jpg

冷たく澄んだスープは濃いウマ味のイリコの出汁。
qaMG_0422.jpg

細いのに硬めモッチリ腰の強い麺です。
qaMG_0425.jpg

鶏チャーシュー、
qaMG_0427.jpg

ちょっと硬めでしっかり味の志那竹。
QAMG_0429.jpg

今年の異常な暑さはもう堪忍して欲しいところですが、この冷やしイリコそばの食べられる季節は当分終わって欲しくない私です。


●2018.04.19 中華そば いぶき 「イリコそば」
●2017.09.10中華そば いぶき 「冷やしイリコそば」 2017年2回目

中華そば いぶき

大阪市北区浪花町4-16
06-6373-2810
11:00~15:00 18:00~24:00
木曜定休

デザウマへの人気ブログランキングボタンにはげましと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市北区


人気ブログランキングへ
16:00  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.06.22 (Fri)

おだしと小麦一三〇 (イサオ) 京都市左京区一乗寺樋之口町

京都造形芸術大学の近くにある初めて紹介するラーメン屋さんです。写真の真ん中は以前デザウマで紹介した左京区の白川通にある天下一品の創業店。(今は記念館で営業店は南へ70m。)今日のお店は写真の後方の坂道を上がったところにあります。
qaqMG_9277.jpg

坂を上がってきました。おだしと小麦一三〇は写真中央の木目パネルの店です。隣は3年前に紹介したカフェ アノニマです
qaqMG_9276.jpg

この看板が自然のお出汁にこだわっていますというメッセージを発しています。
qaqMG_9274.jpg

けっこう広い店内です。奥のエプロンの後ろ姿が店主の伊佐夫さんでお店の名はそれで一三〇 (イサオ) 。
qaqMG_9260.jpg

これがこだわりの能書きで、ここはラーメン屋ではないからラーメンが食べたければ他所へどうぞと。
qaqMG_9263.jpg

毎朝引いた出汁に、国産小麦と卵と蕎麦粉でつくる自家製麺が売りの店との事です。これが本日の出汁の種類とその他メニュー。
qaqMG_9259.jpg

鰹は風味が強そうで、鰆では香りが微妙そうなので、焼きアゴにしました。
qaqMG_9264.jpg

今日は特にお腹が空いていて、行けそうなのでこれも頼みました。炙り豚トロご飯300円」。
qaqMG_9266.jpg

その店主自慢のアゴ出汁スープをいきます。なるほどあの中崎町商店街のイリコ出汁のいぶきを思い出すようなスキっととしたウマ味です。
qaqMG_9268.jpg

パスタのフィットチーネのような平打ち麺ですが、このアゴ出汁のしっかり味にはこの硬めの平打ちが良く合います。
qaqMG_9269.jpg

炙り豚トロご飯は文句なしにウマいです。
qaqMG_9272.jpg

これは卓上にある薬味の乾燥梅肉です。麺に入れると酸っぱ辛過ぎるのでご飯に少し振ります。ごはん一口にこの位が丁度です。
qawMG_9273.jpg
おだしと小麦一三〇 (イサオ)は京都造形芸術大で教えるようになってすぐにこの辺にあると知っていたのに、もっと早く来れば良かったです。また来ます。

おだしと小麦一三〇 (イサオ)

京都市左京区一乗寺樋之口町27
電話番号は非公開
11:00~14:30 17:30〜19:30
月曜定休(木・金・祝日は昼営業のみ)

デザウマへの人気ブログランキングボタンにはげましと愛のひと押しをお願いします。下にあります。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市左京区


人気ブログランキングへ
14:50  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.05.13 (Sun)

ラーメン 玉五郎 大阪市北区天神橋5

天神橋筋商店街5丁目の東側に一筋入ったラーメン屋玉五郎にランチに向います。この界隈では比較的新しい店です。
qzMG_4928.jpg

この数年でずいぶん煮干しラーメン屋が増えましたが、こちらもそんな店です。店前には木箱に入れた煮干しがありますが、どう見ても出汁を取る前のものです。天日干しという風ではないので、これは客寄せのディスプレイでしょうね。
qzMG_4927.jpg

店内自販機です。
qzMG_4905.jpg

L字型カウンターの奥に座ります。
qzMG_4908.jpg

目の前には出汁スープの大きな寸胴が3つ。
qzMG_4926_20170429184732dec.jpg

トッピングの追加メニューです。
qzMG_4911.jpg

私の味玉煮干しラーメンがきました。
qzMG_4912.jpg

しっかりとした煮干しの香りです。
qzMG_4914.jpg

こちら相方チョイスの煮干しつけ麺。
qzMG_4915.jpg

私は麺を食べ進めます。中太の縮れ麺です。
qzMG_4917.jpg

チャーシューはちょい厚めの煮崩れタイプ。
qzMG_4920.jpg

煮卵を箸で割るとトロリとした黄身の登場です。
qzMG_4923.jpg

カウンター上のポットはつけ麺用のスープ割りです。
qzMG_4910.jpg

相方が行きます。
qzMG_4924.jpg

にぼ次郎ほどきつくはない煮干し味で食べやすい味です。

●写真記事は改装前のものです。2018年5月1日に新装オープン。



玉五郎 本店
(リンク先は麺一杯さん)

大阪市北区天神橋5-6-33
06-6136-1313
11:00~23:00 (スープ売切れで終了)
不定休

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しをお願いします。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市北区


人気ブログランキングへ
14:30  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.04.19 (Thu)

中華そば いぶき 「イリコそば」

夜の中崎町商店街のおいでやす通りです。写真の方向に直進すると天神橋筋商店街の5丁目、通称天5です。グリーンのテントはずいぶん昔に行ったことがある、大阪では珍しい本格的もんじゃ焼きの「もんじゃ屋」です。少し遅くなって会社をでて久々に美味しいラーメンが食べたくなって、
qzMG_8619.jpg

思い出したのがいつもは真夏に必ず行っている冷やしイリコの「いぶき」です。こちらのイリコ出汁の暖かいラーメン780円もなかなかいけます。店内にウェーティングの人がいます。
qzMG_8617.jpg

でもすぐにテーブル席に座れました。大将とはうすっかり顔なじみです。
qzMG_8597.jpg

という事で今日は温かいイリコそば780円。
qzMG_8598.jpg

いつも通りに冷蔵庫の上には香川県の伊吹島加工のブランドイリコの箱があります。
qzMG_8599.jpg
本場香川県の美味しい讃岐うどんはこの伊吹いりこの出汁のウマさがあるからとも言われています。

きました。ピンク色のチャーシューがウマそうです。
qzMG_8600.jpg

まずイリコ出汁を頂きます。旨味タップリの鶏油が浮いています。
qzMG_8602.jpg

チャーシューのアップ。
qzMG_8603.jpg

これもブランドの鳴門のワカメです。
qzMG_8608.jpg

いつもの冷やしイリコそばの麺の硬さはありませんが、温かい方が小麦の香りが強いです。
qzMG_8611.jpg

今回初めて頼んだこれもブランド鶏の天草大王の手羽塩焼きです。
qzMG_8616.jpg

冒頭とは逆の地下鉄中崎町方向の「おいでやす通り。」
qzMG_8620.jpg

中華そば いぶき

大阪市北区浪花町4-16
06-6373-2810
11:00~15:00 18:00~24:00
木曜定休

デザウマへの人気ブログランキングボタンにはげましと愛のひと押しをお願いします。下にあります。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市北区


人気ブログランキングへ
16:03  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.13 (Fri)

「土佐の赤かつお」 上町池澤本店

今日は友人の竹島 芳子さんの大好きな高知県の上町池澤本店の「土佐の赤かつお」の紹介です。
qzkakatuo01.png

冬は一人スノボで北国を転戦、夏はご夫婦で南国ダイビング三昧の芳子さんから先日この夏の高知土産を頂きました。コレです。青いラベルは「土佐の赤かつお」の青さのり入りです。
qzMG_6622.jpg

テスト・試合・恋・人間関係....様々な現代人の疲れにかつおで(勝魚)勝つ!土佐の勝負めし。とあります。縁起の良いキャッチフレーズです。
qzMG_6626.jpg

ややこしいものは使っていないとありますので、要冷蔵で開封後はすみやかに食べねばなりません。
qzMG_6624.jpg

開封するとこんなビジュアルで、あの酒盗を思わせるようなブラウンカラー一色ですが生臭さは全くありません。
qzMG_6628.jpg

白ご飯に抜群に合うという事なのですが、うちでは最近この茶色い「酵素玄米ご飯」がブームなのでこれで行きます。
qzMG_6630.jpg
「酵素玄米ご飯」については後日改めて記事にします。

この位をお箸に取って一口ご飯を頂きます。ア~!!なるほど、今までのご飯の友にはない新しいウマ味です。
qzMG_6631.jpg
何と言ったら良いのでしょう。かつおフレークを旨み油で練って唐辛子をちょっと効かせた感じで、入ってないのにごま油の香りもあります。

でも私はこの味はスッキリタイプで辛口の日本酒に合うと思い、これもこの夏に佐渡の土産で頂いた佐渡の逸見酒造の純米「至」を合わせてみます。
qzMG_6635.jpg
これはウマいです。( ̄∀ ̄)

この土佐の赤かつおはフジテレビの2011年紳助プロデュース『めし友グランプリ2011』で優勝しています。
qzoJFX1tp1yr8_1280.jpg

『めし友グランプリ2011』の優勝動画がありました。その後いろんなご飯の友の大会に優勝しているようです。


芳子さ~ん、次は是非とも赤ラベルのニンニクをお待ちしております!(^_^)/~~

「土佐の赤かつお」 上町池澤本店

デザウマ人気ブログランキングボタンに励ましと愛のひと押しを!!
ボタンは下です。

テーマ : こんなの食べてみた - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
16:11  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT