FC2ブログ
2009年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2009.04.06 (Mon)

デザイン テスラ ロードスター「Tesla Roadster」

トヨタもホンダもこのままハイブリッドを連呼していていいのか。

最高時速200km、巡航距離390km、家庭用電源で約3時間半で充電できる
電気自動車テスラ ロードスターが発売された。
わずか4秒で静止状態から時速100kmまでの加速性能。
tesla1.jpg
これまでに900人以上がテスラ ロードスターを予約しており、その中には、
俳優のジョージ・クルーニー、ダスティン・ホフマン、
アーノルド・シュワルツェネッガーカリフォルニア州知事などの著名人も
含まれているという。

ロータスの軽量アルミカーボンファイバーシャシーで、バッテリーを搭載し、
様々な装備(ABSやエアバッグ、トラクションコントロール、オートクルーズなど)
を備えながらも1100kgで収まっている。

この車のリチウムイオン電池は、何とノートパソコン用の電池を6831個積んでいる。
満タン充電で1回は約4.5ドル(500円程度)もうガソリンスタンドに行かなくていいのだ。

テスラ・ロードスターの価格は10万9000ドル(約1150万円)確かに
高過ぎるが、次に出るのはホワイトスターという約600万円ぐらいの量産車。
36才のムスク会長
テスラ・モーターズのイーロン・マスク会長(37歳)は、過去にITベンチャーを
立ち上げ巨額の富を持つ人物、自動車産業は急速な変革期にあり、
産業の中心はデトロイトからシリコンバレーなど他の地域に移るとコメントしている。

確かに、その時一番いいモーターや電池、トランスミッションという部品を調達して、
組み立てるというのは、何もデトロイトである必要はない。
シンプルな部品とパーツで組み立てられる電気自動車の姿は、まさに大きな走るパソコン。

パソコン業界をデルが改革したように、いつの日にかオンラインショップで、
好きな車体とモーター、バッテリー、トランスミッションを選択して購入できる日が
くるかもしれない。

オバマ大統領がGMの始末に困っているがいっのことテスラ社に金をつぎ込んで、
GMを買収させるのもありかも。
tesla4.jpg

ムスク会長はニューメキシコ州での本生産を計画していたが、
シュワルツェネッガー知事が400人の雇用創出があるからと、この車を
カリフォリニアで生産させて欲しいと、製造設備1億ドルの州消費税の放棄という
引き留め工作に成功したとか。

この禁じ手のようなノートPC電池6831個の車は来年2010年春に日本発売開始。
このリチウム電池は日本製らしいが製造メーカーは秘密になっている。
さあ、どうするTOYOTAとHONDA。

テスラ社
http://www.teslamotors.com

テーマ : 新車・ニューモデル - ジャンル : 車・バイク


人気ブログランキングへ
19:00  |  カーデザイン/車について  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |