FC2ブログ
2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2009.07.13 (Mon)

デザイン アジアは内需市場と考える

今日、キリンとサントリーが経営統合というニュースが駆け巡った。
噂はあった。でもまさかという感覚だったが、やはりそこまで事態は進んでいる。

(写真はキリンのサイトより使わせて頂きました。イチローさんありがとう。)
イチロー

私らデザインの業界も国際化の波にさらされている。
最初はデザインと設計は日本で、金型制作から生産は中国で、だった。
それが現在では、中国からデザインオファーが来るようになった。

大手家電メーカーの戦略も、これまではフラッグシップモデルは
日本がスタートだったのが、適時で適国となった。
最高で最新の機種は今、発売して一番売れる場所で売る。

当たり前と言えばそれまでだが、眼の前にその現象が来ると慌てるものだ。
SONYがこの数年苦戦している。考えればSONYはウォークマンの
ヒットの時代から、ずーっとフラッグシップは日本初の路線を走っている。
このあたりが苦戦の原因かも知れない。

何にしてもサントリーとキリンが一緒になる。
これで、個人商店だったサントリーは上場して株を売った金で、
巨大中国市場でM&Aに打って出る事ができる。

(写真はサントリーのサイトより使わせて頂きました。)
サントリープレミアムモルツ

ハッキリしているのはこの先の日本市場には魅力が少ないと言う事。
人口は減る。老人が多くなるから上昇志向の商品は売れない。
でも商品が売れないと、企業は痩せていく。
日本で痩せていく訳には行かない。

私はアジアの為にユーロがそうしたようにアジア通貨をつくるべきと思う、
アジアを内需市場化するのは避けて通れない道と思う。アジアの中の日本でないと、
この後20年の日本は萎縮するばかりだ。

アジア通貨には当面アメリカとEUは大反対だろうが。長い眼で見れば
それが持てる国と持たざる国の格差を縮めて、アフガン初めアジアの平和につながる。
つまりは中東の平和にもつながる。

そんなビジョンを日本の外務省にも経済産業省の官僚に持ってもらいたい。
ご賛同頂けましたら、どうぞ拍手を!!

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済


人気ブログランキングへ
23:41  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |