FC2ブログ
2009年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2009.09.06 (Sun)

デザイン Bang & Olufsen(バング&オルフセン)のアラームクロックBeoTime

デンマーク生まれの高級オーディオメーカーバング&オルフセン、
通称B&OのアラームクロックBeoTimeです。
価格はB&Oにしては安いのかやっぱり高いのか分からないUS$375くらい。
B&OアラームクロックBeoTimea

フルート型に見えるこのデザインはモーツアルトが最後に完成させたオペラ"魔笛"から
インスパイアしたんですって。時計と似通ったデザインにしたくないと考えたデザイナーは
いわく眠りと覚醒、昼と夜との対立からモーツァルトの「魔笛」にヒントを得たと。
アラームクロックBeoTimeb

理屈や発想の経緯の説明はどうでもいいのですが、私は目覚まし時計のデザインとして
いいと思います。今時のグッドバランス至上主義のミニマルなデザインも良いのですが、
iPhoneを始めとする優等生は見飽きたところですから。
アラームクロックBeoTimed

各部の機能は手前のノブがアラームのon / offスイッチ、
4つの鍵のうち3つは液晶ディスプレイ、
ひとまわり大きな鍵はナビゲーションパネルです。
アラームクロックBeoTimee

AV機器のリモコンとしても機能するようにできていいます。
朝、内蔵のチャイム音を鳴らすほかに、テレビやオーディオシステムを起動して、
好みのテレビ番組やラジオ、または音楽を目覚まし音に使用する事が可能です。
ただし、コントロールできるのはB&OのAV機器に限ります。
この辺が、顧客の囲い込みが得意なのか下手なのか難しいB&O社ならでは。

私には人に気持ちいいデザインとはという、
良い刺激になるフルートスタイルです。
こちらに動画がありました。

デザイナー:Steffen Schmelling

テーマ : すぐれもの - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
23:30  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |