FC2ブログ
2009年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2009.12.21 (Mon)

デザイナー フィリップ スタルク Philippe Starck 

スタルクは1949年生まれだから、来年2010年は61歳。(写真は彼のオフィスサイトから)
img05149534.jpg

日本がバブルの時代にソットサスのポストモダン時代が終焉を迎えて、時代は次の波をつくれなくてイライラしている時に、パリから強烈な匂いを発散して一気に世の中にデビューしたデザイナー。
draft_lens4760142module34681292photo_1242776635philippe_stark_forks.jpg

においは強烈だが、下地は妥協の無いミニマリズム主義だから、デザインに混乱がない。ブレがないから、ストレートにメッセージが伝わるし変化球も面白いです。
AAS1030_a.jpg

私はスタルクと会ったことはありませんが、彼の弟子のカリムラシッドやクラウディオコルッチを知っています。
コルッチとは一緒に仕事をしたことがありますから、彼の感覚を少しは知っています。今となっては本人は「スタルクの...」と言われるのがいまいちのようですが、間違いなくスタルク師匠のにおいは感じます。
sogok081418.jpg

スタルクがミニマルなデザインの流れをつくって二十数年が経ち、今も続いています。アップルのiPhoneや深沢直人氏のデザインがその世界観ですが、私には時代はミニマルの次の波をつくれなくてイライラしているように見えます。

私の好きなスタルクの仕事です。
ピクチャ 7


ピクチャ 13


ピクチャ 15

私の偏見ですが歴代の新しいプロダクトスタイルを築いた人はエットーレ ソットサス→マリオ ベリー二→倉俣 史朗→フィリップ スタルクとなるがどうでしょうか。(アレッサンドロ・メンディー二を入れるかを迷いました。)

ソットサスの仕事
Ettore.jpg

お前はどうなんだと言われそうですがデザイナーには役割があって、歴代の彼らには彼らの役割があったのでしょう。

スタルクの仕事はココから見られます。

さあ、次は誰が継ぐのでしょう。
もうすぐ出てきそうな予感です。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術


人気ブログランキングへ
12:18  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |