FC2ブログ
2010年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2010.02.03 (Wed)

1400年前から伝わる熊野の「お燈まつり」に行ってきます。

(写真はお燈まつりを紹介する主旨で新宮市観光協会・サンケイ新聞さんから使わせて頂きました。)

場所は伊勢神宮から南へ和歌山市に入ったところの新宮市です。
ご神体の「ゴトビキ岩」の周囲に次々と集まった白装束姿の腰に荒縄を巻いた「上り子」と呼ばれる
男たちは午後8時前、山門が開くとともに待ちかまえていた男たちは
「ウオー」と叫びながら競って飛び出します。
ピクチャ 3x

もう7年前から熊野古道を世界遺産にと運動していた、古い友人から一回参加しませんかと
誘われていたのですが、何か都合がつきませんでした。今年も年明けに「そろそろどう?」と
誘いのメールをもらって、さ一あ行けるかなと思っていたら、
週間のうちに2回も自分が、祭りの中にいる夢を見てしまいました。
熊野a

思えば私の祖先は大昔の伊勢で水軍を指揮して、
平家に加わり平正盛(1096~1153平清盛の祖父)の配下となり、後の源平合戦で負けて、
石川県の真浦の落ちのびて、土地の神社守っていた神官という説があります。

そんな背景かどうかは分かりませんが、何としても一度は行くべきかとなった次第です。
なぜか経済界や芸能人の参加も多いそうで、木村拓哉、工藤静香夫妻も来てたとか。
原田芳雄さんは毎年参加だそうです。

場所はココ
ピクチャ 3x

→を下り降ります
ピクチャ 4x

海岸で禊ぎの後、白装束に着替えて山を登ります。
2000人以上の男達が大たいまつを持って一気に下ります。
下から見ると竜が下るように見えるそうです。
2971-0a.jpg

宮城県名取市長の佐々木いそおさんのブログがその日一日の様子をよく
表現しています。私も熊野灘での禊ぎに加えてこのパターンで6日を体験してきます。
このサイトの中段に原田芳雄さんが登場しています。

しかし、昨日からえげつない鼻風邪を引いてしまった私。
大丈夫か、熊野灘の海にふんどし一丁で入って....。
和歌山の遊走人さんのブログの写真)
08c7985e.jpg

今日も拍手ボタンと人気ブログランキングボタンを押して頂ければうれしいです。

テーマ : お祭り&行事 - ジャンル : 地域情報


人気ブログランキングへ
17:03  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |