FC2ブログ
2011年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2011.01.04 (Tue)

焼き菓子バームクーヘンねんりん家

友人が銀座の繁盛店の「ねんりん家 バームクーヘン」をお土産に東京から帰ってきました。
ここ数年はバームクーヘンとご当地ロールケーキのブームが続いています。
IMG_1754.jpg

日本で最初にバームクーヘンを焼いたカール・ユーハイムは第一次世界大戦の
捕虜として中国から日本へ連行され、5年間の収容所生活中に1919年広島県物産陳列館
(現在の原爆ドーム)で」バウムクーヘンを出品・即売して大好評を得ます。
これを期に日本中にバウムクーヘンが広がって行き、ユーハイム夫妻は日本を永住の地と定め、
横浜に会社設立するも、関東大震災で倒壊し、避難船に乗って神戸へ移住。
エキゾチックな元町居留地を目の前に見る元生田署前に夫婦でユーハイムを開設する。
カール・ユーハイムとエリーゼ・ユーハイム
ピクチャ 2a
このユーハイムから多くの職人が育っていって、分家の分家の従兄弟というふうに
広まっていったのでしょう。誰かからドイツ人は「バームクーヘンは食うーへん」という
しょーもないダジャレを聞かされたことがありますが、どうも事実のようです。
ピクチャ 2

ブッシュド・ノエルがEU全体のポピュラーなクリスマスケーキとすれば、
バームクーヘンは旧東ドイツのローカルなクリスマスケーキと言っていいでしょうか。
だから、ドイツ人にして見れば日本人の感覚の京都の八つ橋は知ってるし嫌いやないけど、
数年に一回食べるかどうかという感覚でしょうか。

頂いたバームクーヘンのカットです。
IMG_1749.jpg

日本に連れてこられたカール・ユーハイムとエリーゼ・ユーハイム夫妻が当時の日本で
手に入る食材でつくれたドイツ菓子がバームクーヘンだったのでしょう。
有塩発酵バター/鶏卵/上白糖/小麦粉/コーンスターチ/ベーキングパウダー/
生クリーム/牛乳/ラム酒/ローマジパン(アーモンドをペースト状にしたもの)
これで棒に巻き付けてひたすら根気よく回転焼きで出来上がりです。

機械で回しているのにランダムな生地の積層焼きがいいです。
IMG_1742.jpg

食べます。先人の知恵が集まった味がします。生タイプもあってこれは
当日のみの賞味期限タイプで、これも一度食べてみたいです。
IMG_1747.jpg

「ねんりん家」はアノ東京ばな奈のメーカーでもあります。

別の日本に来たドイツ人がお抹茶のバームクーヘンを出されて、コレはウマいと
ビックリしてたそうで、1919年から始まった日本のバームクーヘンはノーベル賞教授の
根岸クロスカップリングで進化を続けています。
ユーハイムは昨年末に故国ドイツで賞を頂いています。
ピクチャ 3a

焼き菓子バームクーヘン
ねんりん家


松坂屋銀座店
東京都中央区銀座6-10-1 松坂屋銀座店1F
03-3572-1111

2019年はバームクーヘンの100年際の年です。本家分家師匠弟子みんなで何かして欲しいです。
今年も拍手ボタン/人気ブログランキングボタンをポ・ポーンと押して頂ければうれしいです 。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

タグ : 東京都_中央区


人気ブログランキングへ
23:31  |  デザート/お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |