FC2ブログ
2011年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2011.04.03 (Sun)

津波が車を襲う瞬間の一部始終をカメラが

千葉県東部の旭市と言いますから、釜石あたりよりは津波は低かったのでしょうが、
それでも津波が車を襲う瞬間の一部始終をとらえた映像はスゴいです。
幸いドライバーは助かっていて、その時を語っています。
「もう走るしかなかったんです。」

ドライバー:
「飯岡漁港の付近に差しかかった時にコーナーを曲がったら、もう波の壁が
見えたって状況です。波の壁が曲がった瞬間、見えたんですが、その時点では、
もう走るしかなかったんですね。その最中に、車が波に巻き込まれたという状況。」

「波が増えて、もう車が浮いた状態ですね。浮いて、もうその状態でパニックに
なりまして。水かさが最大2メートル近くにまでなったと思う。・・・」

FNNニュースのアナウンサーの芝居がかったナレーションはイマイチです。


前記事でフランス放射線防護原子力安全研究の3月15日に放射能物質が
大きな「の」の字の風向きで北関東一円へと南下した時の状況を書きました。
茨城県のホウレン草が問題になった3日前でした。

どうやらドイツ気象庁の予報では、次は4月5日の午後にまた都内から
関東一円に嫌な風が吹くようです。
ピクチャ 4a

早朝から夕方までは出来るだけ外出を避けた方が良いようです。
ピクチャ 5
ドイツ気象庁のHPトップページはココ

GIFアニメの動画はココで見る事ができます。

フランスは国際原子力機関(IAEA)の持っている福島第一原発沖の6カ所の放射能汚染
センサーでリアル情報を取っているそうです。
何で、日本の気象庁は光化学スモッグのように、放射能情報を出さないのでしょうか。
何で私達はフランスや、ドイツからの情報でしか知る事ができないのでしょうか。

日本の気象庁も「明日は風向きがマズいから外出は避けましょう。」
くらいやればいいのに。
そうだと思う方はどうぞ拍手ボタンと人気ブログランキングボタンを押してください。

テーマ : 東北地方太平洋沖地震 - ジャンル : ニュース


人気ブログランキングへ
23:56  |  地震津波被害と原発問題  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |