FC2ブログ
2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011.05.07 (Sat)

福島第一原発3号炉は即発臨界爆発だったと

3号炉は使用済み燃料プールでの即発臨界爆発とアメリカの学者が発表しています。
ピクチャ 13b

この「即発臨界」というのは原爆の核爆発の現象で、核分裂反応が千分の一秒単位という
短時間に急激に進行して、制御が不可能になった状態とされています。
3号機の爆発の時の閃光の瞬間が即発臨界と言われています。
確かにこれで相当数の放射性物質が拡散しましたが、この規模で収まったのは
人類にとってかなりラッキーだったようです。
ピクチャ 7b

明らかに違う1号機と3号機の爆発です。
ピクチャ 6b

福島第一原発3号機が爆発した時、「なぜ1号機の爆発よりもひどかったのか?」と
思いました。別になにも詳しい情報がないままに忘れかけていましたが、ここに来て
新しい情報が出てきました。原子力技師ガンダーセン氏Arnie Gundersenの解説です。


とても細かな粒子のウランがハワイと西海岸で検出されていて。同じくパウダー状の
プルトニウムも検出され、アメリシウムはニューヨークの上のニューイングランドでも検出
されていると言っています。これらの物質は超ウラン元素と呼ばれ、ウランよりも重くて、
その核種の検出で、福島第一3号機の燃料棒の揮発核物質かが明らかになります。
ピクチャ 12b

何にしても、3月11日の東日本大震災から始まる、役所と東電が連呼する「想定外」の
原発災害ですが、これまでの情報からすると、もっと最悪の状態になっていてもぜんぜん
不思議ではなかったようです。天はまだ日本を見捨てていないように感じるのは
私だけでしょうか。
ピクチャ 16b

ここに3月11日以来の日本の地震地図があります。最初ボーッと見ていたのですが、
午後2時46分に日本列島をスッポリ囲むどデカい円のM9が出てからは、花火大会
みたいな余震が始まります。
ピクチャ 22b

これを見ていると、やはり日本には、ましてや日本の海岸線には原発は無理です。
駿河湾の浜岡原発は、横揺れにはなんとか耐えても縦揺れは自重が武器となって、
2009年8月11日の駿河湾地震ではわずか震度5弱で原発建屋にひびが入りました。

青い光が当初、再臨界を示すチェレンコフ光ではと騒がれましたが、これは3号機の
むき出しになっている燃料棒が水に浸かっている時の光だそうです。
むき出し燃料棒が秋の台風、再度の地震津波でまた即発臨界爆発を起こさぬ様祈ります。
コレを見ていると日本の原子炉の脆弱さに、何か腹が立ってきます。
img_1502078.jpg

中部電力さん、駿河湾の浜岡原発を即刻止めてください。
活断層直下の浜岡原発は福島第一と同じアメリカGE社のMARK1で、それも欠陥があり、
すでに数度事故を起こしていると聞きました。耐震設計が震度5の原発なんて論外です。
中部電力があくまで拒否するなら海江田経産相、あなたの大臣命令で止められます。
海江田経産相が役人に取り込まれているなら、菅直人首相あなたが命令して下さい。
諫早湾のギロチンの塩受け堤防も上げさせるあなたですから。
高浜原発が潰れたら、大阪から北には人が住めなくなってしまいます。

と、ココまで書いて、この記事を7日の午後に予約投稿にしてタイマーかけてたら、
6日の午後に管首相が浜岡原発の停止を中部電力に指示したとのニュースが駆け巡りました。

さっそくデザウマの記事に追記して午前1時過ぎに更新しました。

2~3年の期限付きで、厳密な永久停止でないのが不満ですが、止めないよりははるかに
ましです。管首相、役人と御用学者のウソには気をつけましょう。

拍手ボタンと人気ブログランキングボタンを押して頂ければうれしいです。

テーマ : 原発事故 - ジャンル : ニュース


人気ブログランキングへ
01:00  |  地震津波被害と原発問題  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |