FC2ブログ
2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011.05.25 (Wed)

参議院の行政監視委員会「原発事故と行政監視の在り方」

昨日23日行われた参議院の行政監視委員会に小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)
が出て話をしていました。
ピクチャ 5

原子力に未来を感じて、専攻し勉強すればするほど未来を感じられなくなり、
実は、原子力は未来のかけらもない最悪のエネルギーであり、その開発に
40年以上邁進してきた日本の官僚と電力会社に、警笛を鳴らし続けて、学会と公の機関
から徹底的に阻害されてきた氏の言葉には強い説得力があると思います。

今日はその一部ですが、随時動画サイトに上がってくると思いますので、
できるだけ続けて紹介させて頂きたいと思っています。

小出さんの論点は
ピクチャ 5e
・いまやらなければならないのは子供たちを守るというその一点。
 日本では法律で、一般の人は年間1ミリシーベルトしか浴びてはいけないと
 決まっている。放射能は危険だからそう決まっている。私のような放射線の
 専門家、特殊な職業の人は年間20ミリまで我慢することになっている。

・それが、子どもたちにまでその20ミリシーベルトという特殊な基準を
 強制するという事態になっている。なんとしてもそれは認めたくない。
 それを防ぐため、知恵を集めていく必要がある。

・子供たちには原子力を許した責任は一切ない。大人は責任があるが、
 子どもだけは守りたい。皆の知恵と力を合わせながら、こどもを
 どうやって守れるか、考えていきたい。

「原発事故と行政監視の在り方」小出裕章氏の冒頭意見1/2


「原発事故と行政監視の在り方」小出裕章氏の冒頭意見2/2


「原発事故と行政監視の在り方」 孫正義ソフトバンク社長 の冒頭意見1/2


当日の夜と翌日の朝のニュースで、この参議院の行政監視委員会が出て、小出裕章さんも
やっと日の当る場所に出て来たかと期待したのに、孫正義氏どころか委員会のかけらも放送
されませんでした。事前にNHKに国会中継の要望がかなりあったと聞きますが、これも実現
しませんでした。まだ電力会社の経財界と官僚への闇の力が生きているのでしょうか。
だとすれば悲しいです。私にできることはわずかな力ですが、コレを世に紹介することです。

デザウマのずいぶん下の方(4月9日)に埋もれてしまったので、
斉藤和義の「ずっとウソだったんだ (They had spun to serious lie)」 もう一度歌詞つきでどうぞ


拍手ボタンと人気ブログランキングボタンを押してくだされば幸いです。

テーマ : 原発事故 - ジャンル : ニュース


人気ブログランキングへ
18:14  |  地震津波被害と原発問題  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |