FC2ブログ
2012年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2012.02.24 (Fri)

切り干し大根はとっても身体にいいです。

今日は地味~~ぃな茶色い写真ばかりです。私はたまに日持ちのするお惣菜をつくります。子供の頃は母親のつくるこの手の肉の入らない日持ちのするお惣菜や副菜のたぐいは苦手だったのですが、歳になると、自ら好んでつくる自分に驚きます。
IMG_7381.jpg
その昔、切り干大根は日本の冬の食卓になくてはならない食品でした。生の大根は1本500~600グラムで、天日で干すとわずか50グラム。それだけ切干大根には栄養がギュッと凝縮されています。昔から新鮮な野菜が出回らず、とかく栄養不良に陥りがちな寒い時期に、実にありがたい食べ物でした。

食物繊維総量、カリウム、鉄、カルシウムが多く含んでいる栄養効果の高い切り干し大根を日常の食生活に積極的に取り入れることは大変良いことです。

写真は長崎県五島産「きりぼし」大根の徳用200gです。長崎県の五島では切り干しいえばこの丸スライスで、「ゆでぼし」というのが私らが見慣れた線切りタイプのようです。

切り干し大根をサッと水洗いして20分ほど水で戻します。この切り干しは水吸いが良いです。
IMG_7382.jpg
パッケージの半分、100gを使います。これでも結構多めで、冷蔵庫保存で浅くチンしながら、冬なら6日目位は食べられます。すでに何度かつくっていますが、私は味がシッカリ染込んで、ウマ味のアップするこの丸スライスが好きです。

干し椎茸も戻します。もちろんこちらの戻し水は出汁で使います。
IMG_7384.jpg

うす揚げではなくて、私は豆腐感のある京揚げを油抜きして使います。
IMG_7385.jpg

切り干し大根を絞って、大きいダンゴが3つ。
IMG_7387.jpg

デカイフライパンにサラダ油を大さじ2杯入れて、加熱したところに切り干し大根ダンゴをほぐしながら手早く炒めて、戻して刻んだ椎茸と、京揚げを加えます。
IMG_7388.jpg
出汁4カップと、砂糖大さじ4とお酒少々入れて煮立たせます。一息入れて醤油を大さじ3。
(味を見てください。ちょっと足りない位が丁度良くなります。)

汁気がなくなるまで、20分位中火で炊き込んで出来上がりです。
IMG_7687.jpg
デカイ深鉢に入れて出します。

切り干し大根は天日で干して乾燥させた食材です。太陽の光を浴びることで、糖化されて甘味がさらに増して、栄養価も増加します。切り干し大根は二日酔いで弱った肝臓や胃腸を助けて、冷え性を予防します。

食物繊維も豊富で、コレステロールを体外に出して、動脈硬化を予防する作用と、便秘を改善し大腸ガンを予防する作用があります。切り干し大根は胃や腸の中で水分を吸収し膨らみ、少量でも満腹感が得られるため、ダイエットにも効果的です。

IMG_7779.jpg
身体にいい副菜の切り干し大根を今週末につくってみませんか。(^▽^)ノ

どうぞ、今日も拍手ボタンとブログランキングボタンを押してくださ~い。

テーマ : 男の料理 - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
18:10  |  男のできちゃった料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |