FC2ブログ
2012年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.06.14 (Thu)

久々に原発です

野田政権が経産官僚と原子力村の要求通り、大飯原発3,4号機の再稼働にGOサインを
出しました。橋下市長が細野大臣に求めた夏限定の再稼働は無視されました。
市長3
今の政府は「原発は動けば一基1兆円の資産、動かなければマイナス1.5兆円の不良資産」
と考える電力会社の言いなりです。メガバンクも現政府は官僚の支配下にあるので、
小泉政権の時のように債券放棄する気はありません。政府の再生エネルギー移行政策は
ポーズだけです。

どうも日本政府もマスコミも今回の福島原発事故が、世界規模の放射性汚染事故という
認識が足りないようです。次に福島の4号機の水が抜けたら、関東がアウトで、大飯原発が
福島のような事故を起こしたら近畿圏がアウトです。さらにチェルノブイリ原発と、福島
第一原発の上に加算されるセシウム137の汚染で、ガンの発症率が世界レベルでドーンと
上昇します。残念な事に、細胞活動の活発な赤ん坊や乳幼児、児童から先にガンの発症率が
上がるのです。

これはセシウム137が降下した大気汚染の地表図です。真っ赤なところは福島で黄色から
緑が北関東に広がっています。驚くのは北海道より大阪より、ロス、サンフランシスコ、
アラスカ、カムチャツカの方がはるかに強く汚染されていることです。
セシウム11
Map of ground deposition of caesium-137 for the Fukushima-Daichii accident.
後で紹介する小出助教がNY講演で使ったフランスの資料。(三番目の画像が動画です。)

ではどのようにセシウム137大気汚染は広がって行ったのでしょうか。
2011年3月13日16:00
セシウム5

2011年3月16日01:00
セシウム6

2011年3月18日07:00
セシウム7

2011年3月21日22:00
セシウム8

2011年3月24日21:00
セシウム9

2011年4月01日08:00
セシウム10
ここまで20日足らずで汚染が広がり、最初の汚染地図になります。海にも降り注ぎましたが、
海は海で海洋汚染地図という物があるのでしょう。アメリカ東海岸に先日福島のハーレーの
バイクが揚がったそうですから、海洋汚染もアメリカまで到達しているでしょう。

デザウマの2012.04.27 (Fri)で、小出裕章京都大学原子炉実験所助教のニューヨーク公演「日本に帰る前に知っておきたい「放射能」のこと」の記事を書きましたが、実際の講演で小出助教がその危険性について述べておられますので紹介させていただきます。

5月3日 小出裕章さんのNY講演会「日本に帰る前に知っておきたい『放射能』のこと」
文字起こし作業をして下さった方に感謝です。
(その1)ここまで来るのはなんだか信じられないような気持ちでこの場所に立っています。
(その2)その原子力発電で一体何をやっているんでしょうか。
(その3)福島事故の影響って、どんなものだろうかと考えてみたいと思います。

小出裕章氏・中山憲医師・布施純郎医師のNYメディアに向けての記者会見2012年5月6日

助教は何度も、何ベクレル以下だから安全で、何ベクレル以上は危険なんて事ではなく、
ゼロから数字が上がって行けば、それに比例してガンの発症率が上がると説明しています。

今度日本が原発事故を起こしたらどうなるのでしょう。野田総理は私が責任を取ると、
言いましたが、どう取れると言うのでしょう。
小出助教は原発を「トイレのないマンションだ」と言います。正確には汚物タンクは
あるけれど、溜めるだけしかできないのではいつかは破綻するでしょう。

私は提案します。日本は国策として安全な原子炉停止から廃炉、核燃料の安全処理方法を
10年20年がかりで研究開発して、その技術を世界に広めましょう。事業として輸出しても
いいでしょうし、他の再生エネルギーと合わせて、経済援助でもいいでしょう。
そのためには原子力村の技術も重要です。小出さん達と握手して事に当たる事ができたら
と思いますが....ダメでしょうか。(´-ω-`)ダメでしょうね.....。

ニューヨーク在住の友人のつゆこさんが、この小出さんの講演に行って前の方に座ったら
目の前に坂本龍一がいて、USTREAM動画中継のカメラを回していたそうです。

どうぞ、拍手ボタンを、ブログランキングボタンもありがとうございます。

テーマ : 原発事故 - ジャンル : ニュース


人気ブログランキングへ
18:05  |  地震津波被害と原発問題  |  トラックバック(1)  |  コメント(1)
 | HOME |