2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.10.31 (Tue)

多言語音声翻訳アプリ VoiceTra<ボイストラ>

VoiceTra<ボイストラ>はNICT(エヌアイシーティー:国立研究開発法人情報通信研究機構)が、言葉の壁の克服を目指して30年前に開発に着手し、今年ようやく誰もがダウンロードして使えるアプリとして運用を開始したした31言語対応のスマートフォン用多言語音声翻訳アプリです。珍しい国が開発した無料アプリです。
qzaaプチャ
話しかけると外国語に翻訳してくれる音声翻訳アプリです。操作は簡単で翻訳結果が正しいかどうかもテキストで確認できます。

qzaボイストラaaャ

早速私もスマホに入れて使ってみました。ちょっと慣れは必要ですが使い勝手は良い感じです。これだとすでに有料で提供している民間のスマホアプリはかなり打撃を受けるのではないでしょうか。非常勤で講師をさせて頂いている京都造形芸術大で、これまでにドイツと中国からの留学生を担当して苦労したので、今度チャンスがあれば使ってみようと思います。
qzvoicetra.jpg

VoiceTra<ボイストラ>の特長は
A:話しかけたことを翻訳してくれる。
B:使い方がわかりやすい。
C: 翻訳結果が正しいかがわかる。
D:世界31言語に対応
E:無料アプリ

31ヶ国の内訳は
qz70415145740.jpg

qza00352256.jpg

動画でわかるVoiceTra 紹介編


VoiceTra 近未来の利用シーン ~交通編~


●VoiceTraは、個人利用の範囲で無料で使用可能です。
●自社業務における外国人対応で音声翻訳アプリを試してみたい等、組織での利用を検討されている場合は、こちらをご覧ください。

ダウンロードはスマホのアプリ検索でVoiceTra又はボイストラで検索してください。

デザウマ人気ブログランキングボタンに励ましと愛のひと押しを!! ボタンは下にあります。

テーマ : 生活に役立つ情報 - ジャンル : ライフ


人気ブログランキングへ
16:38  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.28 (Sat)

ル・シュクレ・クール岸部店が再開していました。

家から車で8分のル・シュクレ・クールが閉店してからしばらく美味しいバゲットを求めてさ迷い続けて、ルマタン・ドゥ・ラヴィミル・ヴィラージュか、会社近くのブーランジェエスカガワでパンを買っています。
qz_kishibe.jpg
ル・シュクレ・クール独特のあのケンカを売っているような硬さとウマさのバゲットを思い出していましたが、移転して行った中之島のダイビルまではなかなか行けません。

そのル・シュクレ・クールが2016年6月の閉店から一年少しで戻ってきました。閉店してもこの赤い店はそのままだったので、いずれは販売だけでも再開するのではと思っていました。
qzMG_6929.jpg

店内は以前と変わらないのでしょうが、何か狭く感じます。
qzaMG_6923.jpg

パンの種類は以前と同じくらいですね。
qzMG_6924.jpg

私のお目当てのバゲットは320円。ちょっと高めですが、実はル・シュクレ・クールは外税ではなく内税なので、外税換算すると約294円です。
qzMG_6925.jpg

以前は左隣の姉妹店で売っていたエクレアや、
qzMG_6926.jpg

ケーキもあります。
qzMG_6927.jpg

昨年春までは開店が午前8時だったのが11時になりました。奥の厨房を覗くと大きなオーブンは無いようなので、堂島の本店で焼いたものを運んでいるのでしょうか。
qzMG_6928.jpg

買ったバゲットの袋を覗きます。これです。先のとんがり感と焦げたとしか見えない焼き上がりです。でもこれ、食べると焦げてないんです。今日はブラウンシチューにしましょうか。
qzMG_6956.jpg
美味しいパン屋を気分で選べる贅沢に感謝です。

こちらは立派になった中之島のダイビル一階の本店。
qzshinchi.jpg

販売だけでしょうが四ツ橋出張所もできました。
qzbashi_s01.jpg


●ブーランジュリー"Le Sucre-Coeur"の店主のブログ2017年 02月 14日振り返り・・・ながら全速力で走ってる感じ。
●デザウマの2009.12.05 パン職人 岩永歩

ル・シュクレ・クール 岸部店

大阪府吹田市岸部北5丁目20-3
06-6384-7901
11:00~18:00
定休日曜日・月曜日

デザウマ人気ブログランキングボタンに励ましと愛のひと押しを!! ボタンは下にあります。

テーマ : パン - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_吹田市


人気ブログランキングへ
15:30  |  こだわり食材/パン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.25 (Wed)

Hyperloop(ハイパーループ)がリニア新幹線を蹴散らしそうです

1812年にイギリスで世界最初の蒸気機関車による営業路線誕生して200年が経ちましたが、今音速の1,225km/hよりほんの少しだけ遅い1,220km/hで走行可能なイーロン・マスク氏が提唱するハイパーループが誕生しようとしています。
qzハイパーvャ

イーロン・マスク氏といえば電気自動車のテスラ社と地上帰還型ロケットのスペースX社のCEOで、PayPal社の前身であるX.com社の創始者としても有名です。
qzElon831144.jpg

減圧された直線的なチューブ内をポッドが浮上して進むというのがコンセプトで、推進方法はリニアモーターカーと同じ原理ですが、こちらの車体を浮かす方法は車両の前面に設置されたファンで空気を吸い込み、それを底面から圧縮排出することで車体を浮かします。架線いらずで必要なエネルギーは搭載されたバッテリーとソーラーパワーでまかなうという比較的安価な方式です。
qz70807_hy_04.jpg
超伝導リニア方式に比べて省電力で路線と並走する架線が要らないシンプルな構成は大きなメリットです。

新鮮なのがこの地球儀の路線図です。Hyperloop(ハイパーループ)の1,220km/hは現在のボーイング787の1.5倍の速さで地球上を高速移動します。
qz20F2000005.jpg

もうちょっと詳しい路線イメージです。ボーイング787で東京→NY・東京→パリの12時間が8時間になります。大陸を効率歴に最短距離でつなぐので、ハワイは路線にないようです。
qznetwork1.jpg

マイル換算の比較表です。
qzeik09w.jpg

これがテスト車両。減圧パイプの中を空気噴射で浮上してリニアで進みます。
qzndex.png

アメリカで実証テストが始まっています。
qzハイパーwチャ

qzハイパーqqドバイはこの計画に積極的に資本参加しています。
qza20161013-snap.jpg

How Hyperloop One's System Becomes Reality



2020年秋のドバイのビジネスマンのある日のイメージ
Here’s how the Hyperloop will work

日本のリニア新幹線は30年前に具体的研究がスタートして、やっと東京名古屋間の時速500km運転が10年後の2027年、大阪までつながるのは最短で20年後です。私はその時にその横を時速1,220kmでパイプの中を疾走するHyperloopがいるのではないかとちょっと心配です。


今日もデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 生活に役立つ情報 - ジャンル : ライフ


人気ブログランキングへ
16:38  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.22 (Sun)

中華料理 燕燕 (エンエン)

久々の京都出町柳でお昼です。中華料理 燕燕 (エンエン) は広東とか四川とか上海という中華のジャンルにとらわれず、100近い中国各地の家庭料理を出す事で評判のお店です。
qzMG_6671.jpg

真ん中あたりの席から入口を見ます。夜は予約で満席になるお店のようですが、ランチはどうでしょうか。
qzMG_6640.jpg

結構奥に広いです。土曜日の11時40分ですが空いています。
qzaMG_6641.jpg
この後12時を回ると混み出しました。

壁には趣味の良さそうな中国の写真が飾ってあります。
qzMG_6665.jpg

ランチメニューです。
qzMG_6655.jpg

私チョイスの豚バラと白菜、春雨の煮込み。
qzMG_6642.jpg

相方チョイスの酢豚。
qzMG_6643.jpg

私のは本当に中国の家庭料理のような優しいウマ味中華です。
qzMG_6644.jpg

しっかり浸かった搾菜です。
qzMG_6647.jpg

台湾のラーメン出汁のような軽い鶏ガラ風味の卵スープです。
qzMG_6649.jpg

中華醤油の風味の効いた八宝菜的な味はご飯に合います。
qzMG_6651.jpg

最後はレモン風味のツルンとしたゼリー寄せで口がさっぱりします。
qzMG_6653.jpg

以前デザウマで紹介した左京区の「華祥」と同じく、地元に愛されている中華料理屋という感じがします。

中華料理 燕燕 (エンエン) (リンク先はおでかけ女史組<京都部長>小原誉子 / おでかけマイスター)

京都市上京区今出川通寺町西入ル大原口町211
075-222-1489
11:30~14:00 18:00~21:30
定休木曜・第3水曜

デザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 中華 - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市上京区


人気ブログランキングへ
16:30  |  寿司/天ぷら/鰻/カツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.19 (Thu)

ローハチカフェ (Raw8 Cafe) 大阪市北区中津

うちでは酵素玄米が流行っています。これを炊き上げるのがなかなか難しくてネットで調べて何度もトライしているのですが、何処か違います。たまたま地下鉄の中津駅近くにローハチカフェ (Raw8 Cafe) という、ローフードカフェ&グルテンフリーのお店があって、そこで酵素玄米を出していると聞いて早速お昼に行ってみます。
qzMG_6857.jpg

会社からチャリで5分で到着。
qzMG_6858.jpg

表のメニュー看板を拡大しました。
qzsMG_6858.jpg

店内です。壁、天井は麻炭と天然漆喰で仕上げるという徹底した健康志向のインテリア。
qzMG_6869.jpg
手前の椅子はアルネ・ヤコブセンのセブンチェアのオリジナルでしょうか。

ナチュラルでオーガニックスタイル感のあるインテリアです。
qzMG_6866.jpg

オーガニックガーデンプレートランチが来ました。なんかオシャレです。
qzMG_6871.jpg

これがうちではなかなか実現できない酵素玄米です。左半分に埋もれている黒い粒は小豆。
qzavMG_6872.jpg

切り干し大根と人参の炊物。
qzMG_6874.jpg

蕪は実と葉の炊物。
qzMG_6873.jpg

キャベツも発酵っぽい味がします。
qzMG_6875.jpg

茄子と色々野菜の炊物。みんな味付けに変化があって飽きません。
qzMG_6876.jpg

主役の酵素玄米はシットリでモッチリです。うちはティファールの中圧の圧力釜ですが、やはり高圧の圧力釜でないとうまくいかないのでしょうか。
qzMG_6878.jpg

ネットにローハチカフェ (Raw8 Cafe)で懐かしい人の名前がありました。このデザウマの最初の方で登場した、大阪市生野区中川3丁目のあって、数年前に閉店した創華飯店のオーナーシェフの蓮田マチ子さんのベジ中華料理教室がこちらで開催されています。
qzMG_6880.jpg
蓮田マチ子さんの青海苔スープと海老と牡蠣の春巻と酢豚が食べたいです。

ローハチカフェ (Raw8 Cafe)

大阪市北区中津1-15-33
090-8982-6868         
12:00~21:00 (月•火•木は12:00~17:00)
定休日水曜日・日曜日

デザウマ人気ブログランキングボタンに励ましと愛のひと押しを!! ボタンは下にあります。

テーマ : Lunch♪ - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市北区


人気ブログランキングへ
16:08  |  居酒屋/もつ料理/食堂  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.16 (Mon)

高島屋美術部創設110年記念 人間国宝 村山 明展

先日10月4日のデザウマに人間国宝の会の名幹事だった北波さんを偲ぶ会の様子を書かせて頂き、長年の宴会場所だった「伏見」のアーカイブ記事を紹介しましたが、人間国宝については長らく触れていませんでした。そこで丁度京都では今週から、大阪では来月に開催される人間国宝 村山 明展をご案内しながら紹介させて頂きます。qz101201.jpg

---------------------------------------------------------------------------
高島屋美術部創設110年記念 人間国宝 村山 明展

古来、豊富な樹木に恵まれた日本では、樹種それぞれの特質や色味、木目の美しさを生かし、指物・挽物・刳物などの高い工芸技術が発達してまいりました。村山明先生は1944年に兵庫県尼崎市生まれ、1965年京都市立美術大学彫刻家を卒業した同年、日本工芸会近畿支部の創設に係わり、民芸運動で活躍中の黒田辰秋先生に師事され、本格的に木工芸の道に進まれました。

qz101202.jpg
欅拭漆飾棚(810×298×800)

1970年に日本伝統工芸展で初入選・初受賞を果たし、以降研鑽を積み、制作・発表に邁進。数々の受賞を重ねられ、2003年に重要無形文化財「木工芸」保持者(人間国宝)に認定されました。

qza101202.jpg
欅拭漆重箱(内白壇塗)台付(351×293×231)

秀麗な木目と肌合い、重厚で力強い造形力、拭漆など卓越した漆技法によって生み出される作品は、伝統工芸の魅力気品に満ち溢れた日本を代表する「用の美」です。高島屋での初個展となる今展では、飾棚、卓、花器、盛器などを中心に小箱や髪飾りなど40点を出品いたします。ぜひ、この機会にご高覧賜りますようご案内申し上げます。  2017年秋  高島屋美術部
---------------------------------------------------------------------------
と言うのが主催者の硬いご挨拶ですが、実は人間国宝は親しみやすい人間味に溢れた方で、私にとっては市立工芸高校時代に、デザインの世界の扉を開いて頂いた恩師です。
qzurayama.jpg

村山 明 氏

1944年兵庫県尼崎市生に生まれる
1966年京都市立美術大学彫刻科卒業、黒田辰秋に師事
1970年第17回日本伝統工芸展で朝日新聞社賞受賞 以降入選多数
1996年京都府無形文化財保持者(木工芸)に認定される
2003年重要無形文化財保持者(木工芸 人間国宝)に認定される
2004年京都府文化賞功労賞受賞
2005年文化庁に<欅拭漆盛器>が収蔵される 伊勢神宮<欅拭漆船型盛器>奉納収蔵される
     紫綬褒章受章。

qzimg_03.jpg

2006年「人間国宝展」<東京・日本橋高島屋>
2014年 旭日小授賞受賞
2015年 京都市文化功労者表彰
2016年 伊勢神宮奉納<欅拭漆盛卓>
     京都市芸術文化協会 名誉会員認定
     薬師寺奉納<欅拭漆盛卓>
2016年 「人間国宝 村山 明展」(京都・大阪 高島屋)
現在、(社)日本工芸会参与。
(今週18日からの京都では第64回日本伝統工芸展が併設されています。)

余談ですが、ある時いつも通りの三条の居酒屋「伏見」の二階で人間国宝の会の最中に、隣の座敷の宴会グループから声がかかって、「そちらはどんな集まりですか?」と聞かれてうちのメンバーが「人間国宝....」と言ったらすかさず「隣の人間国宝さん!」って言われました。(分かるのは関西在住の方だけですみません。)
今月なら京都高島屋で、来月なら大阪高島屋で開催される人間国宝の木工芸の技をご覧になりませんか。

●8年前のデザウマで紹介した最初の人間国宝記事です。

●高島屋美術部創設110年記念 人間国宝 村山 明展〈木工芸〉
 10月18日(水) → 24日(火) 6階美術画廊 ※最終日は午後4時閉場。



デザウマ人気ブログランキングボタンに励ましと愛のひと押しを!! ボタンは下です。

テーマ : 工芸 - ジャンル : 学問・文化・芸術


人気ブログランキングへ
15:10  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.13 (Fri)

「土佐の赤かつお」 上町池澤本店

今日は友人の竹島 芳子さんの大好きな高知県の上町池澤本店の「土佐の赤かつお」の紹介です。
qzkakatuo01.png

冬は一人スノボで北国を転戦、夏はご夫婦で南国ダイビング三昧の芳子さんから先日この夏の高知土産を頂きました。コレです。青いラベルは「土佐の赤かつお」の青さのり入りです。
qzMG_6622.jpg

テスト・試合・恋・人間関係....様々な現代人の疲れにかつおで(勝魚)勝つ!土佐の勝負めし。とあります。縁起の良いキャッチフレーズです。
qzMG_6626.jpg

ややこしいものは使っていないとありますので、要冷蔵で開封後はすみやかに食べねばなりません。
qzMG_6624.jpg

開封するとこんなビジュアルで、あの酒盗を思わせるようなブラウンカラー一色ですが生臭さは全くありません。
qzMG_6628.jpg

白ご飯に抜群に合うという事なのですが、うちでは最近この茶色い「酵素玄米ご飯」がブームなのでこれで行きます。
qzMG_6630.jpg
「酵素玄米ご飯」については後日改めて記事にします。

この位をお箸に取って一口ご飯を頂きます。ア~!!なるほど、今までのご飯の友にはない新しいウマ味です。
qzMG_6631.jpg
何と言ったら良いのでしょう。かつおフレークを旨み油で練って唐辛子をちょっと効かせた感じで、入ってないのにごま油の香りもあります。

でも私はこの味はスッキリタイプで辛口の日本酒に合うと思い、これもこの夏に佐渡の土産で頂いた佐渡の逸見酒造の純米「至」を合わせてみます。
qzMG_6635.jpg
これはウマいです。( ̄∀ ̄)

この土佐の赤かつおはフジテレビの2011年紳助プロデュース『めし友グランプリ2011』で優勝しています。
qzoJFX1tp1yr8_1280.jpg

『めし友グランプリ2011』の優勝動画がありました。その後いろんなご飯の友の大会に優勝しているようです。


芳子さ~ん、次は是非とも赤ラベルのニンニクをお待ちしております!(^_^)/~~

「土佐の赤かつお」 上町池澤本店

デザウマ人気ブログランキングボタンに励ましと愛のひと押しを!!
ボタンは下です。

テーマ : こんなの食べてみた - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
16:11  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.10 (Tue)

ラーメン与七 膳所店 滋賀県大津市木下町

大津市膳所に来ています。JR大阪駅から京都乗換で膳所駅、京阪電車に乗り換えて膳所本町駅で降りました。打ち合わせは昼一からなので、何処かでお昼を済ませてから向かうことにします。
qzMG_6361.jpg

駅から徒歩7分で琵琶湖畔に出ました。膳所城と近江大橋を過ぎると琵琶湖が綺麗です。
qzMG_6385.jpg
意外に知られていませんが、大津は西暦667年に天智天皇によって近江大津宮という都がおかれた場所です。この膳所はその時代に天皇の食事をつくる場所として、御厨(みくりや)の地と定められて、そこから膳所と命名されています。

この大津の近くの近江堅田は私の先祖の刀禰一族が西暦890年頃から200年の間、琵琶湖の湖族として居を構えた土地なのでこの膳所あたりも船で往来していたと思うと感慨深いです。(吉川英治「新・平家物語 代6巻」に堅田湖族首領の刀禰弾正介が平清盛の圧政に抵抗する様子が描かれています。)リンク先は「平安時代の陰陽」さん

そんなことはともかくお昼にします。事前にネットで調べたこの辺りでは美味しいと評判のラーメン屋に行きます。ラーメン与七 膳所店です。
qzMG_6381.jpg

店内はけっこう広いです。
qzMG_6364.jpg

入口の誰かよく分からないサイン色紙。
qzMG_6362.jpg

メニュー自販機です。
qzMG_6363.jpg

一番この店でポピュラーそうなとんこつチャーシューにしました。
qzMG_6365.jpg

スープを頂きます。やはりあの天下一品をイメージさせますが、それほどしっかり濃い味ではありません。
qzMG_6367.jpg
何と表現したら良いのでしょう。誰かが言っていた「マッタリでモッタリした」が近そうです。

麺はこの「マッタリでモッタリした」スープを良く絡めています。
qzMG_6371.jpg

チャーシューはとても柔らかでスープと一体化したマイルドタイプです。
qzMG_6372.jpg

感心したのはこちらの従業員の気持ち良く身近に感じる接客です。近頃のマニュアル返答と接客しかできないバカなバイトとは大違いです。
qzMG_6375.jpg

ラーメン与七 膳所店 (リンク先は小物ラヲタのラーメン日記さん)

滋賀県大津市木下町18-23
077-524-4715
11:00~15:00 18:00~22:00
定休月曜日

デザウマへの人気ブログランキングボタンにはげましと愛のひと押しをお願いします。下にあります。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 滋賀県大津市


人気ブログランキングへ
16:00  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.07 (Sat)

イカリヤ食堂 京都市下京区木屋町団栗橋下ル

写真は京都四条の鴨川の川床です。この歳になって初めての床デビューに9月の名残の川床料理のイベントに参加すべく、やってきたらあいにくの大雨です。(T_T)
qzaikariyaa.jpg

店は3年前から何度電話しても予約が取れないかった木屋町団栗橋の「イカリヤ食堂」です。
qzrect_8241013.jpg
(この写真はお店のサイトから)

店内に通されました。やはり川床席は強い雨なので屋内の席です。京都の川床を名乗る店は悪天候の場合に店内に収用できる席が確保されていないと許可されないというのは本当でした。
qzMG_6753.jpg

本来なら今日は鴨川の音が聞こえるこんな席でした。
qzikariya_mainR.jpg

せっかくなので外に出てみます。こちらのイカリヤ食堂の建物は150年の歴史とか。
qzMG_6806.jpg
お隣りは創業220年の老舗で、坂本龍馬も通ったという水炊きの『鳥彌三(とりやさ)』(リンク先は「杉本彩のBeautyブログ」)

今日は「名残りの床」のコース料理ですが、あいにくの天気で川床ではなくて屋内でのスタートとなり.....。というスタッフ。
qzMG_6764.jpg

イタリア のスパークリングワイン、チェレット モスカート・ダスティ 2016でスタートです。
qzMG_6754.jpg

Antipasto1は桃とオマール海老とリコッタチーズ。
qzMG_6767.jpg

続いてワインがレ・テラス ソーヴィニヨン・ブラン2014。
qzMG_6768.jpg

qzMG_6770.jpg

Antipasto2は鮎です。蓼と胡瓜のソースで頂きます。
qzMG_6775.jpg

スタッフの調理姿が見えます。
qzMG_6782.jpg

Antipasto3はパスタです。牡丹海老とフルーツトマトとボッタルガ(ボラ卵巣の塩漬け)はなかなかの風味です。私の認識ではこの店はフレンチでしたが、イタリアンの間違いのようです。
qzMG_6783.jpg

今日は珍しく白ばかり飲むことになりました。料理に合わせるなら次はこれがお勧めという事で、ブルゴーニュ・ブラン・ジャンド・ラ・ヴィーニュ。
qz614047.jpg

pesceは太刀魚と万願寺唐辛子を酢橘のソースで。
qzMG_6785.jpg

ウマ味でしっとりとした太刀魚の身と酢橘のソースが良く合います。
qzMG_6787.jpg

primo piattoはポルチーニ茸と黒枝豆とイタリア米のリゾット。
qzMG_6792.jpg

qzMG_6793.jpg

secondo piattoはハンガリー産灰色マンガリッツア豚。
qzMG_6800.jpg

dolceは林檎とカモミールアイス。
qzMG_6801.jpg

カプチーノでごちそうさまでした。
qzMG_6802.jpg


イカリヤ食堂


京都市下京区木屋町団栗橋下ル斎藤町138-2
075-276-2067
17:00~24:00 
(11:30〜14:00土日祝のみ限定ランチ)
不定休

デザウマ人気ブログランキングボタンに励ましと愛のひと押しを!! ボタンは下にあります。

テーマ : お店紹介 - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市下京区


人気ブログランキングへ
15:00  |  イタリアン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.04 (Wed)

人間国宝の会 松井別館 花かんざし  京都市中京区六角高倉東入ル

京都は中京区六角高倉東入ルにある松井別館 花かんざしに来ました。今日はこのデザウマで最多の登場回数の「人間国宝村山明を囲む会」を主催されていた京都新聞OBの北波誠さんを偲ぶ会がありました。
qz花かんざしチャ

5月には「人間国宝村山明を囲む会」を招集されてお元気だったのに、翌6月に突然の事でした。今日は会の顔見知りの方々ばかり、三十数名が集まりました。
qzMG_6614.jpg

長年この会の開催場所だった京都三条の居酒屋「伏見」の女将の川原多津子さんの姿もあります。
qzaMG_6614.jpg

偲ぶ懐石のメニューです。
qz090701.jpg

今日はお世話になった故人を偲びながらデザウマ最多登場となった京都三条の居酒屋「伏見」の回顧録をお届けします。
京都市の市街地再開発で多くの人から惜しまれながら昨年5月に閉店しました。
qzxMG_0719.jpg
故夏目雅子さんや京唄子さんら著名人も多く訪れ、常連だった故大滝秀治さんは1人で静かに食べたり飲んだりしながらお客さんの振る舞いを観察していたそうです。(京都新聞のテキスト情報

私は毎回店に入る前に外の白板手書きのメニューで季節の美味しい魚をチェックしました。
qzMG_0720_2017091314043653b.jpg

一階はJの字型のカウンターで、週末は5時を回ると満席でした。チラッと奥の黒板メニューが見えます。
qzxI292.jpg
このカウンター席では私が忘れられない光景があります。それは隣の中年の男性二人づれの片方がパジャマの上からコートを羽織って、点滴スタンドを横に従えてビールを飲んでいる姿です。近くの入院患者でしょうが、ビックリして二度見してしまいました。

私達2階の宴会組はいつも左路地奥のドアから入ります。
IMG_7625_20170913140439377.jpg

この狭い階段を上がって2階の座敷に自分の靴を持って上がります。
qzxMG_0728.jpg

階段横に見える厨房です。刺身から焼き物、煮物、揚物からご飯ものまで全てここでつくられていました。
qzaMG_4093.jpg

所狭しと並べられた料理です。
4940_201709131418277d2.jpg

こんな刺身の大皿が4つも並んでました。
IMG_0897_20170913141829785.jpg

伏見のビールはサッポロで、1階は生が出ますが2階は大瓶だけです。この写真は我ながらうまく撮れたビールグラス越しにグラスを傾ける北波幹事。
qzxMG_8981.jpg

本当はステージホールでないと聴けない野田淳子さんの歌。
Iqzx302a.jpg

伏見名物の野菜天婦羅です。
qzx2829.jpg

2016年5月31日の最終営業日の集まりで女将の川原多津子さんに人間国宝の村山明さん(左)と幹事の北波誠さん(右)からお花の贈呈がありました。
qzxMG005043bc6.jpg

女将は1975年から父上の跡を継いで41年目でした。
qzxMG_0757.jpg

味の店 伏 見は創業の1955年から61年目の2016年に幕を閉じました。
qzx4913.jpg
昨年長年親しんだ店が無くなり、今年突然に北波さんという名幹事を亡くしてしまった人間国宝を囲む会ですが、また新たな美味しい会の報告をこのデザウマでさせて頂きます。

総まとめとして過去のデザウマで紹介した「伏見」の」25回分の過去ログを書き出しましたのでどうぞ各ページをご覧ください。
●2016.06.18 味の店 伏 見  最終回
●2016.05.25 味の店 伏 見  伏見が閉店
●2016.05.09 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋


●2015.12.13 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋
●2015.10.10 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋
●2015.07.30 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋
●2015.04.03 2015年京都の桜と三条の伏見の春の2
●2015.04.01 2015年京都の桜と三条の伏見の春の1
●2015.01.13 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋 (一階)


●2014.09.07 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋
●2014.05.14 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋

●2014.04.02 味の店 伏 見 京都市東山区三条大橋 (一階)
●2014.03.11 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋
●2014.02.21 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋 (一階)

●2013.09.04 京都三条の居酒屋伏見が再開発で
●2013.06.20 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋 (一階)

●2013.04.07 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋

●2012.08.13 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋(一階)
●2012.06.08 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋

●2011.11.01 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋
●2011.07.14 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋(一階)

●2011.06.14 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋(一階その1)
●2011.06.16 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋(一階その2)

●2010.10.12 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋

●2009.12.13 味の店 伏 見  京都市 東山区三条大橋
●2009.12.09 木工作家 人間国宝の村山明さん

松井別館 花かんざし
京都市中京区六角高倉東入ル
075-221-6688

デザウマへの人気ブログランキングボタンにはげましと愛のひと押しをお願いします。下にあります。

テーマ : 関西の美味しいお店 - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市中京区


人気ブログランキングへ
17:00  |  割烹  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.01 (Sun)

居酒屋 竹うち 大阪市北区与力町

天神橋筋3丁目の商店街です。今日はこの近くの居酒屋竹うちで、もの凄く久しぶりに会う同い年の男3人が会う事になりました。
qzMG_6572.jpg

チラッと見える赤提灯が竹うちです。こんな高い建物に囲まれています。
qzMG_6577.jpg

入り口横にいつもの「今日の魚」の黒板があります。
qzMG_6578.jpg

その黒板です。名残りのハモと秋刀魚が秋です。
qzMG_6579.jpg

金曜日の7時過ぎなのに空いています。こんな日もあるのですね。
qzMG_6586.jpg

という事で一人は30年ぶりの乾杯で、もう一人とは大阪の我孫子中学校を卒業して以来ですから大人になって初めての乾杯です。二人は高校が同じの仲良し。今日こうして会う事になったFacebookのSNSの力に改めて感心します。
qzMG_6593.jpg

これは店内の今日のメニューです。
qzMG_6585.jpg

話だしたら注文のタイミングが難しくなるので小鉢を一気に頼みます。
いつものポテトサラダ。
qzMG_6588.jpg

青森の毛豆は茶豆の一種のようです。
qzMG_6589.jpg

貝柱のぬた。
qzMG_6590.jpg

香りの良い小芋のゆず煮。
qzMG_6591.jpg

小骨がまったく気にならないいわし生姜煮。
qzMG_6592.jpg
 
今日も寡黙にお料理をつくり続ける大将です。そういえばこの一年半で大将の声をまだ聴いていない気がします。
qzMG_6587.jpg

刺身盛りを3人前。
qzMG_6594.jpg

やはりこちらの鯖は美味しいです。
qzMG_6597.jpg

鱧の天婦羅。
qzMG_6598.jpg

ウマいです。私はやっぱり落しより天婦羅が好きです。
qzMG_6600.jpg

実は他にも頼んだのですが話に気が行って写真を忘れました。
今日のご飯ものは鯖が売り切れだったので鯵の棒寿司にします。
qzMG_6604.jpg

少し炙ってある鯵と酢飯の加減が上品です。
qzMG_6607.jpg

お腹いっぱいで店を出たのですが、もうちょっと行こうかとなって天神橋3丁目のサンボアへ。
qzMG_6575.jpg

何度か来る機会はあったのですが結局2年ぶりでしょうか。
qzMG_6609.jpg

いつものハイボールです。やはり私はこの冷えたグラスにウィスキーと冷えたトニックウォーターだけのハイボールが好きです。
qzMG_1174.jpg

店長の田仲さんはこの2年で貫録が出てきたようです。
qzIMG_6610.jpg
●MIKAの「楽園で乾杯!」←こちらにバーテンダーの田仲さんがつくるハイボールの連続写真が紹介されています。
●前回2017.04.19の居酒屋 竹うち

居酒屋 竹うち
(リンク先はこのお店の常連のキャノンデールさんのブログ)
大阪市北区与力町4-8
06-6809-1661
17:00~23:00
定休水曜日

天神橋サンボア

大阪市北区天神橋3-8-3
06-6360-4212 
16:00~23:00
火曜定休

デザウマ人気ブログランキングに励ましと愛のひと押しをお願いします。ボタンは下です。

テーマ : 関西の美味しいお店 - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市北区


人気ブログランキングへ
16:00  |  居酒屋/もつ料理/食堂  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |