2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.08.12 (Tue)

最も愛された大統領のペット

アメリカ大統領の家族は「犬」と一緒に、ホワイトハウスに引っ越すのが慣例 だそうです。
オバマ大統領も愛犬「ボー」と一緒に引っ越しました。

長らく続いていたファーストドッグの伝統が、アメリカ合衆国第42代大統領ビル・クリントン時代に破られました。愛猫ソックスは歴代で初めてホワイトハウス入りをした「ファーストキャット」として話題になりました。
d1FtZk1qaxihzo1_400.jpg
ソックスと大統領一家との出会いは、1991年にクリントンの娘チェルシーがアーカンソーのピアノ教室から帰る途中、 偶然に娘の腕の中に飛び込んできたのが最初の出会いだったとか。その後クリントンは1992年の大統領選挙で当選し、翌1993年にホワイトハウス入りします。今から思うと本当のラッキーキャットでした。

足が白い毛で「靴下」を履いてるみたいなので名前が「ソックス」。
人の肩にのるのが好きなソックス。
cat-socks-photo-1.jpg

ファストキャット イン、執務室
buddysocksqq1.jpg

お出かけも、VIP待遇♪
2784637145.jpg

確か、当時のホワイトハウスのウェブサイトには、アニメ化されたソックスが案内役を務めるというコーナーがありましたっけ。
sockcurrieoffice.jpg

抱っこより、肩の上が、お気に入り♪
25dc4e98aa.jpg

ヒラリー・クリントンだけは特別に膝の上。
buddysocks16aa.jpg

ソックス・クリントンはマスコミも追いかける人気っぷり 。
84637335.jpg

記者会見場にもひょこり現れます。
socks11aa.jpg

そんな幸せな一家に暗雲が漂い出すのは、クリントン政権2期目の1997年です。ラブラドールレトリバーの「バディ」がホワイトハウスにやってきてソックスは「ファースト・ペット」の座を奪われます。
1_christmas_stocking.jpg

2期目のクリントンは医療保険制度改革の頓挫、北朝鮮の核武装の防止に失敗、とどめがモニカ・ルインスキーとのスキャンダル事件で不本意な終盤を迎えると同時に、同居犬バディとの仲があまりにも悪かったため、ソックスはやむなくクリントン一家とは離別し、大統領の秘書だったベティに引き取られます。
c9a9cb7.jpg

2002年1月2日バディはニューヨーク州チャパクア(en:Chappaqua, New York)のクリントン家の近くで自由に走り回っていた際に、車にはねられてその生涯を終えています。やはりバディはラッキードッグではなかったということでしょう。

ソックス(1989~2009)は最後にガンを患いましたが20歳という長寿を全うしています。なお、ヒラリー・クリントンが1998年に書いた本の中で、ソックスには、アメリカ合衆国第42代大統領ビル・クリントンの任期中、週に7万5千通を超える手紙や小包が届いて、ホワイトハウスで飼われた歴代の動物の中で、最も人気が高かったと書かれています。

2016年の大統領選挙にはヒラリー・クリントンの出馬が確実視されています。私はヒラリーが第44代アメリカ合衆国大統領に就任したら、是非ともホワイトハウスにファーストキャットをお勧めします。

うちにも若い時に肩にのるのが好きで、晩年8キロの大猫になった白いマグが亡くなって2ヶ月が経ちました。
2307568e2.jpg

16才のマグは医者の診察を受けても特段の病気もない高齢ネコでしたから寿命だったと思います。
2646.jpg

デザウマのカテゴリー分類の「ニャンにゃんニャン」に元気なマグがいます。

うちにはもう一匹、ギイというなかなか笑わせてくれるネコがいます。またこのデザウマに登場させましょう。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤による脱毛を快適にサポートする髪の毛帽子WithWigを応援しています。

テーマ : ねこ大好き - ジャンル : ペット


人気ブログランキングへ
18:56  |  にゃん、ニャン、にゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1110-0e66306f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |