2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.10.31 (Fri)

子供達の義肢がつくられています

義手チャ

ものづくりの環境をガラッと変えてしまった3Dプリンタですが、その3Dプリンタを使って、子どもたちの為の義肢がつくられています。
qqian2.jpg


今まで義肢は型を採ってひとつひとつオーダーメードで作られる高額で時間のかかるもので、希望する人が直ぐに手に入れることが出来るものではありませんでした。そこで考えられたのが3Dプリンタで義肢をつくることです。
qq1328_03.jpg

3Dプリンタで制作された義肢を普及させる団体、E-nabling The Futureで活動するアーロン・ブラウンさんは子供達のために3Dプリンタで義手をつくって、無料で提供しています。

構造はいたって簡単で、手首が曲ればその動きにあわせて手の甲の5本指に繋がるワイヤーの引っ張り調節で、物がつかめる構造です。ユーザーの手の各部のサイズを指定すれば、3Dプリンタが現物を仕上げて、それを組み立てれば完成です。
qaptor-1.jpg

slider8.jpg

もう一つ素晴らしいのはこの開発ソフトは公開されていて、世界中のデザイナーとエンジニアが改良に参加できることです。
ヒュー・ジャックマン演じる人気ヒーローのX-メンウルヴァリンの爪をつける事もできます。
-hands-01.jpg

動画がありました。


手首から上の無い子供達の使える神経伝達型のパワーアシストモデルも準備中ですがイカツイのが気になります。
ritalex.jpg

これまで大勢のエンジニアやデザイナーが3Dプリンタを使って、世の中の子供達を救ってきました。
犯罪や事故につながる銃が作られるなどネガティブな話題の多い3Dプリンタですが、本来は立体物を簡単に作ることが出来る夢の機械です。
piclong.jpg

詳細はコチラから。
デザイナーとして私も参加したくなりました。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース


人気ブログランキングへ
18:00  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1149-dc7be11f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |