2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.11.14 (Fri)

大衆食堂 稲田屋 広島県福山市

久々の広島出張です。
qqMG_4722.jpg

今年は新幹線誕生50周年です。私が一番よく乗っていたのは300系でした。今日は今のところ最新のN700A。
qqMG_4724.jpg

今日の目的地は福山から在来線に乗って一時間弱のところですが、目的地の駅前には食事のできるところがありません。福山で一旦外に出ます。尾道ラーメンでも食べようかと、歩いて行くとアーケードにさしかかります。
qqMG_4738.jpg

何かのサイトで見た事のある「稲田屋」が目の前に。昭和初期の香りがするお店で、 アーケードにこのお店の肉を甘じょっぱく炊く香りが漂っています。 スマホの食べログで見るとポイントが3.58と高得点。 これも何かのご縁ではと入店します。
qqMG_4727.jpg

店内はとっても昭和初期しています。
qqMG_4735.jpg

メニューです。急に入店を決めたので事前情報がありません。サイト情報では初心者へのお勧めは定食700円(左下黄色)とあるのでそれに従います。
qqMG_4731.jpg

この明らかに常連で年配の人は着席するなり、「ビール、冷やっこ、串5本」とオーダーします。串というのが関東煮の事で、おでんではなくて、牛肉の甘辛煮の串刺しのことでした。
qqMG_4737.jpg

やってきました。私の定食のめし・漬物・肉皿・みそ汁です。700円にしてはちょっと質素です。
qqMG_4730.jpg

肉皿は牛肉多めで玉葱じゃが芋入りの好き焼きのようです。
qqMG_4729.jpg

食べると、結構な甘さに驚きます。甘さが一番のごちそうだった時代から続く福山人のソウルフードという感じです。
稲田屋の創業は大正時代だそうです。
qqMG_4733.jpg

稲田屋の料理は基本的に『もつ煮込み』と『牛肉煮込み』の2種類だけで、もつ煮込みのほうは、シロ(腸)とフワ(肺)を、それぞれ串に刺して、醤油と砂糖で味付けした煮汁で煮込んだものを「関東煮」と呼んでいます。常連はこれを「クシ」と呼んでいます。牛皿なら吉野家やすき屋の方がお得感がありますが、この歴史ある独特の甘さ加減で地元客を虜にしている店なのでしょう。

大衆食堂  稲田屋

広島県福山市船町1-18
084-925-1392
11:00~20:00
定休木曜

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

タグ : 広島県_福山市


人気ブログランキングへ
18:00  |  居酒屋/もつ料理/食堂  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1157-f2f743fb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |