2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.12.26 (Fri)

走る喜びを手に入れた犬の物語

先日のデザウマで3Dプリンターでつくる子供達の義肢の話を書きましたが、今月の17日にネットで一気に世界中に広がった、可愛いダービーという犬の話です。
ダービーは生まれつき両方の前足が不自由な犬です。
Derby.jpg

前の飼い主 が飼い続けられなくなり、安楽死させられるのを防ぐために、動物保護組織のPeace and Paws Dog Rescueが養育していましたが、その話を聞きいて養母となったのがTara Andersonさん。
derby-8.jpg

彼女はなんとかダービーを歩かせてやりたいとこんな車輪型の歩行器をつくってやりましたが、このタイプは後ろ足ならOKでも前足には不向きなようです。
dog17n-3-web.jpg

たまたま 3D Systemsという3Dプリンターメーカーに勤めていたタラはデリックカンパーナという動物補綴の専門家と会社の有志達の協力を得て、本格的に義肢の製作を始めてまとまったのがこの形です。
犬義足qqプチャ

装着します。
325880-b5fc9576-86ca-11e4-bf87-d1f7005bd55e.jpg

その後はこんな風に楽しそうに走り回っています。
imprimante-3d.jpg

i犬義足プチャ

Derbyqqe.jpg

ちょっと前足の位置が低い気もしますが、ダービーにとってはもっと低い位置で生活していたのですから徐々に上げていけば良いのでしょう。
犬義足qャ
新しい足を手に入れたダービーは毎日家族と3〜4km走っているそうです。

最後にダービーの動画をどうぞ


アイデア次第でどんどん広がる3Dプリンターの世界から目が離せません。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース


人気ブログランキングへ
18:01  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1177-6e24c4e3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |