2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015.01.03 (Sat)

焼肉食堂ジェット 兵庫県芦屋市西山町

12月26日の会社大掃除のあとスタッフでお疲れさまの食事会で行った場所は阪急芦屋川駅近くの焼肉食堂ジェット。人気上昇中のお店です。

阪急の芦屋川駅を山側に下りて、西に下ると、いい感じの通りがあります。通りの左右にトルコ、中国広東、イタリアン、フレンチ、割烹の店が点在します。
qqMG_5299.jpg

着きました。この震災後に建てられたプレハブの一階です。
qqMG_5296.jpg

なかなかオシャレな住所表示。
qqMG_5297.jpg

お店のシステムは6時代と8時代の一日二度の入れ替え制で、今日は8時代が取れました。
qqMG_5293.jpg

10分早く到着したら店前には、後半の私ら用の焼肉七輪の火を起こしている最中です。
qqMG_5295.jpg

突出し代わりのキャベツとバーニャカウダーっぽいウマ味ソース。
qqMG_5308.jpg

L字カウンターのみの最大10席の店内は引きがないのでこんな写真になりました。この人が店主の宮内さん。
qqqqMG_5354.jpg

最初のプレートはレア肉3種。カルビ、センマイ
qqMG_5301.jpg

ハートランドビールでパンパイ~~。本当に今年はお疲れさまでした。
qqMG_5303.jpg

むちゃくちゃ良いとこの霜降りカルビ。とんでもなくウマい脂の味です。
qqMG_5307.jpg

焼肉のスタートはタンです。
qqMG_5314.jpg

タンは厚切りと薄切りの2種類のカットで、途中で包丁の入る香ばしい厚切りのタンと山椒の香りを纏った薄切りのタンの味変わり。
qqMG_5316.jpg
自分で焼くスタイルではこの深い味わいは生まれません。

次はカルビとてっちゃんを焼いています。
qqMG_5322.jpg

カルビの中でも旨味の濃いあばらの間のゲタカルビはトロロと出汁醤油で
qqMG_5323.jpg

てっちゃんは甘みのある脂と、柚子胡椒の香り
qqMG_5324.jpg

アカセンは味噌というか酒粕漬けのような味の焦げた感じがウマいです。
qqMG_5327.jpg

熱々の焼肉続きの口を一休させてくれるガスパチョ。
qqMG_5330.jpg

次に網に乗っかるのはだんご状のお肉。
qqMG_5331.jpg

トングでバラしながらしっかり焼いて行きます。
qqMG_5332.jpg

赤ワインでスタンバイします。
qqMG_5340.jpg

この肉は顎筋で、しっかり焼いて歯ごたえと旨味を楽しみます。
qqMG_5334.jpg

タケノコの漬物です。
qqMG_5335.jpg

ビーフシチューが出ました。味変わりの速さに油断できません。
qqMG_5342.jpg

ツラミのハリハリはスープがウマいです。
qqMG_5347.jpg

ランプ肉かと思いますが網に広げられました。
qqMG_5350.jpg

店主がトングで葱を入れて巻き上げます。
qqMG_5352.jpg

焼しゃぶスタイルで半熟のトロトロ玉子にくぐらせて頂きます。
qqMG_5357.jpg

最後のご飯ものです。スタッフ達の「牛しぐれ茶漬け」と
qqMG_5360.jpg

私の「まかないカレー」
qqMG_5364.jpg

昨年の春だったかこの店を知るきっかけになった、この店の誕生秘話のテレビ動画がありました。


今日は長編になりました。
焼肉屋ではなくて、牛肉料理店と理解しました。宮内店長、また来ます。

焼肉食堂ジェット

兵庫県芦屋市西山町2-4
0797-38-2939
17:30~22:00
定休月曜(祝日の時は翌日休)

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : 焼肉 - ジャンル : グルメ

タグ : 兵庫県_芦屋市


人気ブログランキングへ
15:00  |  焼き鳥/焼き肉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1181-03f23d59

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |