2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.02.24 (Tue)

築地にファーストクラス感覚のホテルが開業です

ラーメンやうどん、回転寿司、100円ショップなど日本で生まれて、世界進出を果たした業態はいくつもあります。そして今、ホテル業界からも革新的な宿泊施設が世界にデビューしようとしています。
qqqa01.jpg

カプセルホテルではなくて、ホテルのようでホテルでない、新しい宿泊施設の名はファーストキャビン。
店舗は2009年に大阪に誕生した1号店、京都の2号店、昨年年4月に羽田空港第1旅客ターミナルにオープンした3号店から秋葉原店、博多店と続いて、今年1月25日の築地店がオープンしました。

こちらファーストクラスキャビン
qqsukiji.jpg

宿泊料金は4500円~5900円で、部屋は4.2㎡(三畳弱)メートルの「ファーストクラスキャビン」と2.5㎡の「ビジネスクラスキャビン」の2種類。人が立てる高さはあるが窓はなしで、部屋と通路を隔てるのはスクリーンカーテン。

ファーストクラスキャビンの室内
qqoom_01.jpg

個室ではないけれどラグジュアリーにまとめられ、快適に過ごせる空間は飛行機のファーストクラスのよう。他人の気配は感じる けど、それぞれの空間の中で客が思い思いにリラックスして時間を過ごすことのできる空間は飛行機のファーストクラスというコンセプト。

ファーストクラスキャビンのロビーやフロントは一流シティホテル のようで、部屋はコンパクトだけれどテレビ、照明、LAN、アメニティなど必要な機能はすべて揃い、リラックスするに足る上質なスペースが確保されています。共用トイレや大浴場も清潔で。、女性向けの充実したスキンケアのアメニティも揃っています。

フロント
qqTsukiji02.jpg

カウンターバースタイルレストラン
qqqsukiji01.jpg

働率は御堂筋難波店が80%、京都烏丸店は70%、羽田ターミナル1店はは90%の高回転率。
築地に続いて新橋と、関西にも新たに1店舗の開業を予定しているそうです。

法律的には簡易宿泊施設であって、部屋に鍵をかけることはできないので、侵入を防いだりプライバシーを完全には保てないのは気になるところですが、飛行機のファーストクラス同様に人の目があって、安全な監視体制があればいいのでしょう。

qqph010.jpg

ファーストキャビンは空き室に悩むオフィスビルの活性化策として誕生した施設だそうです。日本はもうスクラップ&ビルドの国ではないようで、再開発して価値が上がるのは東京や大阪のごく限られた地区だけで、小規模なオフィスビルは建て替えても集客や賃貸料の上昇は見込みにくいので、現状を生かしながら空室を解消していくための解決策として期待されています。

qqトキャビンチャ

海外での展開はまず国際空港だそうで、8時間を1泊とすれば、1日3回転。そのうち1回転を部屋の清掃に充てるとしても、2回転は十分に可能な数字だと考えられています。

価格が安いLCCの台頭やオープンスカイの到来で旅立つ人が増えれば、空港や利便性の高い場所での宿泊施設の需要も増します。海外で立ち寄った空港や街角で日本生まれのユニークな宿泊施設が出迎えてくれる。そんな日がもうすぐ来るかもしれません。

●ファーストキャビン


今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース


人気ブログランキングへ
18:00  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1205-721a6099

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |