2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2015.03.26 (Thu)

ニューヨークの人気チョコレートショップ L.A.Burdick

最近は海外で有名店になると、すぐ東京出店となるのですが。有名になっても未だ日本に出てこない店もあります。今日はそんなお店の一つ、ニューヨークの人気チョコレートショップ L.A.Burdick(エル・エー・バーディック)です。本店はニューハンプシャー州のWalpoleという街にあり、ボストンにも店があります。
NYチョコャ

実は私、5年前にタバコを止めて、昨年秋からは毎晩飲んでいた酒も止めたら今まで食べなかったチョコレートに手が伸びる様になりました。そんな噂を聞きつけてデザウマニューヨーク特派員のつゆこさんから届いたのがL.A.Burdickチョコです。
リボンがアメリカしています。
qqMG_6087.jpg

開けるとこんな感じ。2段重ねで結構びっしり入っています。
qqMG_6089.jpg

真ん中にあるブラウンとホワイトチョコのマウスがこの店のトレードマーク的存在。
NYちょこriangle14a

長いしっぽのマウスチョコレートや、ちょっと太めのペンギンチョコレートは、可愛い贈り物としても人気の高いチョコレートだそうです。

この箱に入っている右のホワイトマウスの顔は手作りらしく相当歪んでいます。
qqMG_6099.jpg

"From a White Mouse to the White House" Commemorative Inauguration Chocolates.
この White Mouseがオバマ大統領2期目再選の時にWhite Houseに送られました。
obamainaug09.jpg

オバマ大統領がシッポをつかんでパクリ。
gI_0_mouse2whitehouse.jpg

フレーバーチョコのコーヒーや紅茶はお茶を抽出するところから行い、香料や濃縮物・エッセンスは不使用で、オレンジやレモンは果汁を絞るところからやるそうです。また、業界では当たり前に使うモールド(チョコ成形型)は使わずに手でカット&成形してチョコボンボンを作るのだとか。

この人がオーナーのラリー・バーディック氏(Larry Burdick)
NYちょこlb3

2009年10月末、NYのフラットアイアン地区にオープンしたカフェ併設のチョコレートショップです。
チョコ地図ャ

ニューヨーク店の外観。入ったところのショーケースには、チョコレートを使ったケーキ数種類やタルト、カヌレやマドレーヌ、クロワッサンなどバラエティー豊かな品揃え。寒い冬のニューヨークで、コートの襟を立てて店に飛び込んで、温かいチョコレートを飲むなんて事をつゆこ特派員はやっているそうです。私もやりたいです。
qq12473304124.jpg

L.A.BURDICK Handmade Chocolates

5 East 20th Street
New York, NY 10003
:212-796-0143

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
18:00  |  デザート/お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1221-8030864a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |