2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015.07.18 (Sat)

2015年4月発売された『鳥のウンチシール』はいかが

鍵を掛けていても盗まれる自転車ですが、人の意識を利用した盗難防止策として発売前から話題をさらっていた『鳥のウンチシール』が4月に発売されました。シュールだけど確かにニーズはあると思います。
item_200693_l.jpg

千葉工業大学大学院の本木礼夫冴(れおが)さんが、大学の工学部デザイン科学科の卒業制作に選んだテーマは「○○そうで××」。テーマの解釈として、イメージと機能にギャップがあるものとは何か? 見て楽しいだけでなく世の中のためになるものとは何か?と考えて、思い出したのは、かつて自転車を盗まれた事と、サドルに鳥のフンがついていて嫌な思いをした事でした。一見何の関係もない2つの出来事が結びつき、シールがひらめきました。
うんちシールqqャ
自転車のサドルに鳥のフンが付いていたら、泥棒でも盗もうという気が失せるのではないか、という人の意識を利用した盗難防止策として提案したという。

作者の話では絵の具を溶いた白い液体を、自宅の2階から黒い用紙の上に何度もベチャッと落として、できた形の中から一番自然に見えるものを選んで、形や見た目の雰囲気をモチーフにして、鳥のウンチにある黒い部分は消しゴムのカスを使ったそうです。作者の調べではあの黒い部分は鳥は排尿とフンを一緒に行うので、黒い部分は尿酸の結晶ということです。さすが千葉工業大学です。

うんちシール

この卒業制作で学科内の賞をもらったそうですが、もっと多くの人に広めたいと思い、全日本クリエーターズ・コンソーシアムが主催する「雑貨大賞」というコンペに応募。優秀賞に選ばれ商品化が決まりました。

シールは貼って剥がせる素材なので、貼りっぱなしにせずとも何度も使えます。フンの形は自宅の2階から何度も落としてみて、最も自然だったものを原型に選んだそうです。

うんちシールaa

作者は今後の展開について。自転車保有率が高いヨーロッパでも広めたいというのと、「臭いをつけることで、より本物に近づけたいので検討中です。」と言っていますが、私は鶏の糞の臭いが分かるまで接近したくないから泥棒に効果があるのであって、臭いはいらないと思うのですが.......。

作者の千葉工業大学大学院の本木礼夫冴さん
本木礼夫冴

・価格は1枚入りで税込み540円でヴィレッジヴァンガードのホームページから購入できます

もちろん親しい人を驚かすアイテムとしても使えます。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : こんなのどうでしょうか? - ジャンル : 趣味・実用


人気ブログランキングへ
18:00  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1281-2031aff2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |