2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2015.09.24 (Thu)

中崎町商店街の「稲田酒店」と「堀内酒店」

先日の冷やしイリコそばのいぶきを紹介の最後に天五中崎町商店街の「稲田酒店」と「堀内酒店」というとても個性的な立ち飲みの店を紹介を予告しました。

酒屋で立ち飲みすることを四角い升の角に口をつけて飲むことから「角打ち(かくうち)」と呼びます。その数は近年めっきり減りましたが、「稲田酒店」と「堀内酒店」はそんなスタイルを守る大阪の老舗です。
いぶきから見える「イナダ酒店」。
qaMG_8113.jpg
店名がカタカナなのか漢字なのか、統一しないのは認知力が分散するのでもったいないです。

2店舗とも「天五中崎町商店街」の東側、「浪花町商店街」にあります。私は今回初めて正式名称が「天五中崎町商店街」で、「おいでやす通り」が愛称で、通りの東半分が「浪花町商店街」で西半分が「黒崎東商店街」とい呼び名がある事を始めて知りました。名を統一すれば認知度も集客率も上がると思うのですが、なんでしないんでしょう。

そんなことはさておき、まず稲田酒店です。右が酒屋で左が立ち飲みどころ。もちろん店内ではつながっています。
qaMG_8109.jpg

えっ!午後1時過ぎで、誰かカウンターで飲んでいる人がいます。
qaMG_8115.jpg

この店内写真はグルメブロガーの「関西女のプチ日記」のkaaiさんにお願いして使わせて頂きました。夕方過ぎには店内は満員状態で、写真でも分かる通り、日本酒ファンの女性客も多いです。中には「わし、今日3回目やねん。」という凄い人もいます。初対面でもすぐ仲良しになれる明るい雰囲気で、常時100種類以上の品揃えを誇る稲田酒店です。
qa稲田酒店5
料理も豊富で、小皿でポンポン出てきます。この店内一杯の客の話し声が途絶えませんからどうしても会話が大声になります。

一方こちらは同じ角打ちの堀内酒店です。商店街のデータでは10時から開いているとありますが13時は閉まっています。
qaMG_8111.jpg

と思ったらガラガラとシャッターが開いて堀内の大将が出かけていきました。
qaMG_8116.jpg

誰もいないディープ感が満載の店内です。
qaMG_8118.jpg

こちらのメニューはシンプルで、日本酒が数種類と銘柄の指定ができない芋か麦焼酎、ビールはアサヒかサッポロの大瓶のみと酒屋とは思えない品揃えの少なさです。酒屋なのにどうしてキリンビールが無いのか不思議です。

アテも、おでんと湯豆腐以外は数種類のラップをかけた小皿料理が最初は積んであって、無くなったらおしまい。他は乾きもの少々。
こちらも「関西女のプチ日記」から使わせて頂きました。
qa関西女のプチ日記 qaa関西女のプチ日記

回転の早い稲田酒店に比べて、堀内酒店は常連さん同士が語らいながらゆっくり酒を楽しむ感じです。
qa446ab75.jpg

店は明治からの歴史ある立ち飲み屋で店主は3代目。最初はちょっとハードルが高いかも知れませんが、勇気を出して話しかければ必ず答えてくれます。私なんか始めて行った数日後の2回目に大将が「あんた長い間、けーへんかったけど、どないしとったん?」って。私は???で、誰かと間違われているのは明らかでしたが、常連さんに格上げしてもらったようで気分良かったです。
どちらのお店も、私なんぞが写真の撮れる雰囲気ではありませんので、著名な女性グルメブロガーさんの力をお借りしました。
●イラストレーターのkaaiさんの「関西女のプチ日記」

稲田酒店
種類豊富なお酒が飲めて、買える稲田酒店。美味しい創作おでんが人気。
常時100種類以上の品揃えを誇る稲田酒店。
大阪市北区浪花町6-4・5
06-6371-0636
10:00~20:30
定休第2・3土曜 日曜

堀内酒店
明治からの歴史の長い立ち飲み屋。暖簾をくぐれば嫌なことを忘れられるそんな店。

大阪市北区浪花町4-18
06-6371-3605
10:00~20:00
無休

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

デザウマは抗がん剤脱毛をサポートする医療用ウィッグ帽子のWithWigを応援しています。

テーマ : 居酒屋 - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
18:00  |  居酒屋/もつ料理/食堂  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1314-e9b1dba7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |