2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016.03.16 (Wed)

自分の家は海抜何メートルか気になりませんか?

温暖化で海面上昇すると、どこが水没するのかがわかる地図が話題になっています。日本ではいずれ必ず来ると言われる東南海地震で、東日本大震災クラスの津波が近畿と東海四国の太平洋側を襲うと言われています。この地図を9mの津波が陸地深くまで到達したらという視点で見てみます。
海抜qaq
●シュミレーションはコチラから→http://geology.com/sea-level-rise/

操作は簡単です。下が大阪の海面上昇9mを表示したところです。ジワジワ来る温暖化海面上昇と勢いのある津波では若干到達距離に差があるかもしれませんが、枚方高槻まで達しています。
大阪湾9mャ
以前デザウマのアースダイバーの記事で紹介した大和川の水が流れ込んでいた弥生時代に似ています。

9mで関空は水没で、大阪の沿岸部は相当な被害が出そうです。だいたい南海本線まで浸水しています。
関空9m

上町台地にある中央区の大阪城周辺は水没していません。その上の天六までは陸地が残ります。
qab大阪チャ

分かりにくいですが9m浸水の天六のアップです。うちの会社のある本庄西は水没ですが、地図下の扇町公園の北野病院へ逃げれば助かりそうです。クローズアップでは写真モードの方が分かり易そうです。
qaa水没ャ

東京の浸水9mはどうでしょう。荒川から北へは絶対行かない方が身のためというのが分かります。
東京9m

都内で海に近いところにいたら、津波警報で山手線の内側へ避難です。
bqa東京bbpキャプチャ

北海道です。私の生まれた函館山のふもとの船見町は無事のようですが、函館の中心街は完全に水没です。五稜郭タワーは水面から頭が出ている状態。
函館9m

デザウマのつゆこ特派員のいるニューヨークのマンハッタンやブルックリンはこんな感じ。
ブルックリン

驚いたのは上海の9mです。南京まで水が迫り、うちのクライアントの関係工場の多くが相当被害を受けそうです。
上海9mャ

Global Sea Level Rise MapとこのGoogle Maps 標高表示(V3 APi版)を合わせて見ると、今の場所の海抜がわかるので、津波の高さから海抜値を引くと、水没高さがわかります。下の座標はうちの会社のある本庄西で海抜が1.78mでここに9mの津波が来たら7.2mの水没だから3階以上の鉄筋コンクリート建物にいれば大丈夫です。
標高ャ

こんなもん分ってどうするのって声もありますが、なぜか私はこういうシュミレーションが大好き。本当はデザイナーより地球物理geophysicsが向いていたのではと思う事があります。皆さんも家や、仕事場が水没するかどうか位はチェックしといた方がいいですよ。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : すぐれもの - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
18:00  |  地震津波被害と原発問題  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1401-89cc346a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |