2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.04.09 (Sat)

蕎麦 小堀屋本店 千葉県香取市佐原

今日は前回のうなぎの山田屋の翌日です。佐原は利根川に注ぐ運河の街で、運河周辺は江戸時代から続く街並みがあります。
qzMG_0234.jpg
利根川は後の書き文字で本来は刀禰川であったと「万葉集」に記載があります。私の苗字の「中禰」は千葉の本家の過去帳に西暦1600年以前は「刀禰」と名乗っていたと記載があります。全国でも希少苗字なので何か関連がありそうです。

そんなことはさておき、こちらが今日のお昼を頂くお店の蕎麦屋「小堀屋本店」。かなり古い店構え前に、開店を待つこれもかなり古い(失礼)人達が並んでいます。
qzzMG_0235.jpg

1782年からこの場所で蕎麦屋を創業、それ以前は醤油屋とか。
qzMG_0238.jpg

明治33年に江戸時代風のこの建物を建てて現在に至るそうです。
qzMG_0240.jpg

暖簾が出ました。古い人に囲まれていた所為か店の人がとても若く見えます。
qzMG_0239.jpg

店内左は座敷で、右に靴を脱がないでも腰が掛けられる小掛の席があります。
qzMG_0243.jpg

表メニューですが目当ては裏の、
qzMG_0242.jpg

北海道日高昆布を練りこんだ「黒切りそば」です。
qzMG_0241.jpg

横の座敷を見たらちょうど、先に入った「かなり古い人達」が揃って蕎麦を箸で上げている珍しいシーンでした。
qzMG_0246.jpg
後ろの急こう配な階段は江戸時代の建築の特徴とか。

来ました。江戸時代から続く、黒切りそばです。
qzMG_0248.jpg

昆布でこれだけ黒く見えるという事はかなりの割合で昆布が入っているようです。
qzMG_0247.jpg

食べると、なるほど最初に昆布の旨みを感じて、後で蕎麦の香りが追いかけてきます。ウマいです。
qzMG_0250.jpg

店がまだ開店早々だからでしょうか、蕎麦湯が薄目なのが残念。
qzMG_0252.jpg

小堀屋本店

千葉県香取市佐原イ505
0478-52-4128
11:00~16:30
定休水曜日

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ

タグ : 千葉県_香取市


人気ブログランキングへ
18:00  |  うどん/蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1414-2ba48efa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |