2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.06.24 (Fri)

ル・マン24時間レース トヨタ残り2周で無念

今年のル・マン24時間レースはTOYOTA GAZOO Racingの5号車が23時間55分までトップを走って、あとチェッカーフラッグへ1周を残して、まさかのトラブルでリタイアとなってしまいました。
qzルマンfャ
6号車が2位表彰台を獲得したものの、チームにとっては悔しい24時間レースの幕切れとなってしまいました。

2台のTS050 HYBRIDは残り3時間の時点で同一周回の1位と3位を走行して、トヨタのル・マン24時間レース初勝利へ向けて順調にレースを戦っていました。
qzルマンbャ
ラストのステアリングを握ったのは中嶋一貴で、2位のポルシェ2号車との差は残り3周で1分半。トヨタの初勝利はもはや決定的と思われました。

茫然とするトヨタのピットクルー。
qzルマンaャ

しかし、トヨタ5号車はファイナルラップへと向かう最後のストレートコース上で、中嶋一貴が「ノーパワー!!」の絶叫と同時にストップ。なんとか走行を再開したけれど規定の6分以内に最終周を走れずに失格。

突然転がり込んだ優勝に狂喜乱舞のポルシェピット。
qzルマンdャ

ダイジェスト動画です。問題のシーンは後半。


ポルシェの公式ツイッターは6月19日のレース終了からわずか3時間48分後に、大きく映し出されたトヨタ5号車の写真と共にこんなメッセージを添えています。
「Competed together for 24 hours. Head to head for 24 hours. Gained our respect forever. #LEMANS24」
「24時間を一緒に戦った。接戦の24時間だった。われわれの永遠の敬意を添えて」と。
qzAsswv.jpg

トヨタから公式の発表です。
「 ル・マン24時間レースの最終盤、TS050 HYBRID #5号車を襲ったトラブルは、ターボチャージャーとインタークーラーを繋ぐ吸気ダクト回りの不具合によるもので、これによりターボチャージャーの制御が失われた。」
2016062100001_view.jpg

惜しかったです。トヨタさん来年に期待しています。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク


人気ブログランキングへ
18:00  |  カーデザイン/車について  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1455-6957517d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |