2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016.07.17 (Sun)

ポラロイドの小型アクションカメラ Polaroid Cube+

2015年6月のほぼ1年前にポラロイドが発売した小型アクションカメラPolaroid Cube+ が好評です。Polaroidと聞くと、どうしても.インスタントカメラSX70を思い出しますが、現在Polaroidの主力はデジカメやモバイルプリンターやフォトペーパーなど。
qzポラロイドャ

今回の製品は2014年1月発売前の Polaroid Cube と同じ35mm角の立方体のままですが、WiFi機能を搭載してスマホアプリと連携した画像転送やリモート撮影が評価されたようです。両サイドのレインボーカラーがPolaroidデザインらしいです。
qzers_500.jpg
7~8年前にGoProが「ライフスタイル・アクションカメラ」というジャンルを確立しましたが、 Polaroid Cube+ は4K撮影や水中ハウジングなど本格的な仕様ではないかわりに、35mm角という小型で軽くて持ち運びやすく、いろいろな場所に置いたり磁石でくっつけたりして、手軽に広角124度の写真や動画が撮れることを売りとしています。
qz-product-photos09.jpg

水中ハウジング。
qz014121103.jpg

8Mピクセルに高精細化して、WiFiに対応し、スマートフォンアプリと連携して、リモートで構図を確認して設定の変更などが可能です。
qzcube02.jpg

仕様は35mm角サイズ、防滴、ラバー製カバーによる耐衝撃、microSDスロット、フルHD動画撮影など。プロモーション動画は積極的に子供を登場させて精密カメラではなく、遊べる道具感を出しています。


こちらはちょっと年齢を引き上げたバージョン。


Polaroid Cube+ は149ドル。無線なしで画素数の低いスタンダードCubeは99ドルです。

普通ならここで終わりですが、今回は続きがあります。このPolaroid Cubeにそっくりなキューブ型カメラをGoProがHERO4 Session名で2015年7月に発売したので、Polaroidが訴えて係争中となりました。

写真がGoProのHERO4です。HERO4は本気のアクションカムで、GoProのライト版といったところ。サイズは実測で縦横38mm×奥行36mm。価格も5万円近いことを考えると、これらはちょっと違うカテゴリーのカメラではあるのですが似ています。サイズは約38ミリ角。
qzsession-image-jpg.jpg

この裁判の行方に業界の注目が、集まっています。こちらはPolaroid Cube+ 。
qzd-cube-product-photos01.jpg

でも、主要部品は日本製なんでしょうし、こんな楽しいカメラがなんでウォークマン文化や写メール文化を作ったソニーやシャープから5年、10年前に出なかったのか疑問です。企業内の商品企画部やデザインセンターからはこんな商品企画プランは山のように出ていたはずなのに。結局こういう視点から判断できる経営者が育っていないのが、日本経済が復活できない一番の問題だと私は思います。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 小型カメラ - ジャンル : 趣味・実用


人気ブログランキングへ
18:00  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1463-ef31a9a6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |