2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.07.21 (Thu)

京都造形芸術大学 瓜生山農園

大学の前期の授業も終盤に入ってっ来ました。私が担当している道具のデザイン論に関わりがあるので、今日は任意参加で課題が順調に進んでいる学生と一緒に、この丘陵地に建つ校舎のさらに上にある瓜生山農園に行きます。
これは学内の地図です。私の担当教室が真ん中上のJで、瓜生山農園はその右上のカマボコ屋根。
qzMG_2062.jpg

校舎最上階の前からいきなり山道が始まります。
qzMG_1951.jpg

実はこの瓜生山農園を主宰しているのは日本人宇宙飛行士第一号の秋山 豊寛さん。2011年の福島第一原発事故で避難してきて、この大学の芸術学部創造学習センターで 教授をされています。
この先が大学のあるマジノ要塞のような斜面の頂上です。
qzMG_1942.jpg

そんな方が、私が教えている教室のわずか上の方におられるとは、もっと早く知るべきでしたと後悔しています。
スタートしてほぼ5分で到着です。
qzMG_1944.jpg

秋山さんはクリエイターやアーティストを目指す人達にとって、五感を研ぎ澄ます事の大切さを説き、その為の瓜生山農園と説明されます。畑の自然を通して、気配とか予知という人間に備わった能力を理解し、発展させる教育をされています。

温室の中です。人には辛いこの暑さも作物には良い気候のようです。
qzMG_2041.jpg

露地ものも元気に育っています。
qzMG_1945.jpg

茄子。
qzaMG_1946.jpg

かぼちゃ。
qz09258577894317_n.jpg

枝豆。
qz649735742806008_o.jpg

学生の手で植えて収穫したものをその場で食べたり、家で学生自ら調理したりします。
qz1088037668564_n.jpg

無農薬で自然肥料育ちの野菜はウマいです。
qz0774758556_n.jpg

・秋山さんがこの温室で原発の事、福島の事、農園の事を語ります。


・2012年に大学で収録した「夜な夜なカフェ Vol.8 寺脇研 x 秋山豊寛 @京都造形芸術大学 」


秋山さんのデータ
qzaキャプチャ
秋山 豊寛あきやま とよひろ、1942年生まれジャーナリスト、
1990年ソユーズ宇宙船に乗船し、日本人初の宇宙飛行士となる。
東京放送(TBS)に入社し、政治部記者、ワシントン支局長、外信部デスク、
国際ニュースセンター長、報道局専任局長を歴任。
京都造形芸術大学芸術学部教授。

おまけです。何とか言う蛾の幼虫です。無農薬な農場環境だからでしょうか。ここの蜘蛛はデカいし、こんな蛾の幼虫もデカいです。ここの農園を体験した学生も大きく育って欲しいです。
qzMG_2055.jpg

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育


人気ブログランキングへ
18:00  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1469-8a2e8e19

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |