2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.07.25 (Mon)

ポケモンGOは年寄りの散歩にイイらしい

ポケモンGOもゲームというデザインなので、デザウマでのカテゴリーはデザインに入れます。

先週末から、家の周りでスマホを見ながらうろうろしている人をよく見ます。明らかにポケモンGOをやっている人達です。商品企画を仕事にしているので避けては通れない社会現象なので、私もやってみることにします。(画像はオフィシャルサイトから)
qzaポケモンgoャ

このゲームは携帯の写メールという文化が出来上がったのと同じか、それ以上の出来事として後世に記憶される事になるのではと思います。
qzbポケモンgoャ

もう少し説明すると、位置情報と、現実の世界と、仮想のゲームの世界を一体化した初めての4次元型体験アプリ(と勝手に命名します。)として歴史に名を残しそうです。
qzcポケモンGO
このような4次元アプリとしては受験生向けや、TDL、TDS、USJなどのアミューズメント施設、老人介護施設なんかではすぐにでもアプリ開発ができそうです。

23日土曜日に、久々に家の周りをスマホ片手に歩いてポケモンGOしてみました。
qzMG_1804.jpg

私の住んでいる吹田市の山田は東海道自然遊歩道という長い帯状の公園と万博記念公園に囲まれた所で、幹線道路から少し入るとこんな緑の深い場所があちこちにあります。
qzzMG_1817.jpg

山田西公園には大きな池もあります。この池の周囲にポケモンが出没して、イベントが現れます。
qzzMG_1813.jpg

これもイベントの写真に紹介されていた公園のポールです。こんなローカルな施設の写真が入っているゲームアプリって凄いと思います。これが世界中規模で展開されているのですから、どんなGPSマーカーのアルゴリズムを使っているのか興味が湧きます。
qzzMG_1805.jpg

池の近くに全国的にも有名なヒメホタルの生息地があって、例年6月中旬にはかなりの人出になります。この看板もポケモンイベントマーカーでした。
qzzMG_1816.jpg

池の周囲の柵に付いているこの縦15㎝横25㎝の小さなプレートもイベントマーカーでちゃんとアプリの中の写真で登場します。
qzzMG_1812.jpg
ここは一般車両は入れない場所で、バイクでやっとの場所です。

イベントマーカーの山田西第2公園にある通称「巻き糞公園」の「まきふんすべり台」です。デザウマの最初のころに漫才コンビの麒麟の田村裕が中学生の時に、ここでの体験を書いて200万部超のベストセラーとなった「ホームレス中学生」で有名になったあのすべり台。
qzMG_1827.jpg

イベントマーカーは画面上にこんな風に現れます。これは家の近くにあるピアノ引っ越し屋さんの屋上にあるピアノマン看板。
qzMG_1828_2016072415484223c.jpg

初日の印象は結構歩かされた感でした。早朝や日暮れに、健康のためにストイックに黙々と歩くのはちょっと抵抗がある私でも、ポケモンGOをしながらならのウォーキングならイイかと思いますが、あなたはどうですか。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : オンラインゲーム - ジャンル : オンラインゲーム


人気ブログランキングへ
18:00  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1473-b1486f08

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |