2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.11.17 (Thu)

舞洲スポーツアイランドの大阪エヴェッサ

今日はBリーグ(プロフェッショナル・バスケットボールリーグ)のチケットが回ってきましたので舞洲スポーツアイランドにきました。
qzMG_3012.jpg

舞洲(まいしま)と夢洲(ゆめしま)は1995年大阪市長に初当選した磯村隆文氏(故人)が2008年の夏季五輪開催を目指して、USJの隣に3セクで開発した人工島の施設ですが、国際オリンピック委員会総会の投票で立候補5都市の最下位で惨敗して、大阪市には膨大な市債残高が残りました。
大阪維新の市政改革によって、長らくぺんぺん草しか生えてないと言われたこの舞洲を拠点とするプロスポーツ3チームと大阪市が、2017年春から舞洲プロジェクトを始めます。市とスクラムを組むのは、サッカーJリーグのセレッソ大阪、バスケットボールBリーグの大阪エヴェッサ、プロ野球パリーグのオリックスです。

今日回ってきたチケットは大阪エヴェッサの応援席で、会場はBリーグ大阪エヴェッサのホームアリーナ。(府民共済スーパーアリーナが正式名称)
qzMG_3011.jpg

日本のプロバスケットリーグは長らく2つに分かれてた為にリオのオリンピックに出場できない寸前まで行ったのですが、2015年に元Jリーグの川渕会長を招いて、やっと統一リーグになったばっかりです。今年2016年が初のリーグ戦となりました。
qzMG_3050.jpg

大阪エヴェッサのホームアリーナの収容人数7,056人は立派な施設です。2008年大阪オリンピックが実現すればハンドボール・卓球会場になる前提で140億円で1996年に完成して、オリンピックの誘致活動の紹介施設に使われましたが、誘致に失敗してからはコンサートやイベント会場スポーツ教室に細々と使われる程度でした。
qzMG_3013.jpg

できたばかりのプロバスケットリーグ=Bリーグの各チームの大きな課題はサポーター会員集めです。大阪エヴェッサの企業サポーターの「ミクちゃんグループ」はパチンコ屋さん。
qzMG_3051.jpg

試合前の企業キャラクター登場です。右端の女の子は見たことがあります。
qzMG_3021.jpg

見た事のある右の子は重盛さと美でした。
qzMG_3023.jpg

こちらは試合合間に出てくる大阪エヴェッサのチアガール。
qzMG_3042.jpg

今日の試合はシーホース三河対大阪エヴェッサ
qzMG_3055.jpg

Bリーグは東地区、中地区、西地区の日本を3つに分けて各6チームで争います。
qzMG_3049.jpg

大阪エヴェッサのある西地区は三河、名古屋、滋賀、京都、琉球の6チーム。現在大阪エヴェッサは真ん中の3位。
写真の大阪エヴェッサのマスコットキャラはもちろん「えべっさん」ですが、名前は「まいどくん」。そのままえべっさんでいいと私は思います。全身LEDで光ってスゴイです。
qzMG_3039.jpg

今日の試合はシーホース三河の93対88で大阪エヴェッサの負けでした。
qzMG_3058.jpg

Bリーグは9月から始まって年間60試合でチャンピオンを決めます。まだまだ先の事ですが、今のところ大阪エヴェッサはそんなに強くありません。11月6日時点で西地区6チーム中3位です。ボールが回ったら確実に得点できるスタープレーヤーが欲しいところです。
qzeeeeプチャ

それと、Bリーグの試合が行われる舞洲スポーツアイランドは行くのに不便すぎます。いつまでも車でないと行く気になれない場所では発展しません。大阪維新の橋下市長の登場で5.5兆円から1兆円の市債削減ができましたが、ここに来て今度は大阪府が2025年の誘致を目指す大阪万国博の計画が進んでいます。また借金だけが膨らむ結果にならなければいいのですが。
○大阪エヴェッサのオフィシャルサイト

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ


人気ブログランキングへ
18:00  |  スポーツ関連  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1515-b61e73cc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |