2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.12.29 (Thu)

また懐かしい36年前の私のデザインに会いました

地味なデザインの紹介で恐縮ですが、あまりに懐かしくも突然の出会いがありました。
前回の天満宮のハンバーグを食べた樹林亭 (キリンテイ)のトイレの手洗い水栓金具が1980年前後(今から36年前)にデザインしたものでした。出会いは突然やってきました。
qz2ハンドル混合水栓99

実際は全体ではなくて、このグリップです。頭のねじキャップは外れていて丸い穴が見えています。これは水専用の単水栓ですから本当はブルーのねじキャップが付いているのが本来の姿です。
qzT136MUNR13.jpg

1980年にTOTOからの依頼でデザインしたのがこの混合水栓でした。グリップはこの時のデザインです。
qz20090307135322.jpg

回転式グリップは普及型の水栓金具に使われるので、汎用品として息の長い使われ方になったようです。初代は白っぽいワームグレーでしたが、このモデルは白っぽいクールグレーの少し透明系の樹脂成型品です。外形はそのままに、色と素材は時代に合わて進化してきたようです。
qzMG_1733.jpg

賃貸住宅やホテルの洗面所の混合水栓、洗濯機への給水栓、10年前まではシャワー水栓にも使われていました。最新のTOTOの電子カタログで見ると残っているのはこの単水栓(品番T136MUNR13)だけです。

TOTOからの依頼テーマは「最低10年はモデルチェンジ無しで使える息の長いデザインで、大人から子供の手まで石鹸のついたスベる手で確実に回せるグリップ」でした。
qzMG_3398.jpg

当時、この仕事はスタッフにやらせずに、自分でクレー粘土を触って造りました。こんな単水栓用のグリップを横に寝かせた使い方は予定していませんでしたが十分にしっかり回せます。
qzMG_3396.jpg
デザインして36年経った今でも製品カタログに載っている製品を担当できたのは名誉な事と思います。あの時TOTO九州小倉で開発担当だったビールが大好きで、ケンタッキーフライドチキンの大きなバケツに入ったパーティーバーレルを阪神タイガースのナイターを見ながら平らげるのが大好きですと言っていた巨漢の藍川さんを思い出しました。元気にしてるかな。

私のロングライフなデザインをまとめてみました。
●TOAエンジニアリング車搭載用コンビネーション型ホーンスピーカー1971~
●松下電工配線器具 ザ・タップ1989~
●松下電工スポットライト 蛍光灯スポットライト1980~
●大阪ガス ガスバーベキューコンロ1971~
●大阪ガス 押し回しガスコックシリーズ1971~

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しをお願いします。

テーマ : すぐれもの - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
18:00  |  私のデザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1528-a9602944

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |