2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.03.01 (Wed)

「京都造形芸術大学 卒業展/大学院 修了展」

一昨日の京都精華大学に続いて、私が非常勤講師をさせて頂いている「2016年度 京都造形芸術大学 卒業展/大学院 修了展」です。いつもの大階段は見上げるだけで上がりません。横のエレベーターで行きます。
qzMG_4509.jpg

アップにしました。出展者数800名とかなりの規模で、学内全体が展示会場となっています。
qzMG_4511.jpg

プロダクトの卒業生47名はとても紹介できないので、私の勝手で気になった作品を3点だけ。
これが今年のプロダクトデザイン学科のポスター。周囲に作品がチラッと覗いています。
qzMG_4559.jpg

入門者から中級者向けのギターFaidoc.。
qzMG_4522.jpg
他のコードに比べて手首と指に痛みを伴うFコードは多くの初心者を挫折に追い込んできました。そのFコードの取得をサポートしながら弾きやすい姿勢に導く機能を持つギターです。

私もギターはこの[F]で指が痛くて挫折した一人なので、このコンセプトには凄く共感できます。
qzMG_4521.jpg

[F]ポジションを無理なく押さえる事が出来るねじれ面と変化するR処理のグリップ。
qzMG_4524.jpg

モダンになり過ぎない楽器テイストには好感が持てます。
qzMG_4523.jpg

従来のヘッド機能はボディ裏に。
qzMG_4516.jpg
qzMG_4525.jpg

輪状ロープの研究とインテリアへの応用。展示パネルの写真が歪んでしまいました。
qzMG_4528.jpg

輪状ロープをむすぶ・かける・ねじる・はさむで新しい収納整理家具的展開。
qzMG_4527.jpg
私はボーイスカウト出身なので、「もやい結び」や「はた結び」、「縮め結び」など見た目も綺麗な結び方を知っていますが、そんな形も入れたら四角いフレームが面白く演出できそうです。

使い切りマニキュア
qzMG_4530.jpg

詳しくは書いてありませんでしたが、スポンジの蓋を外して、両手の爪に2度塗りできる0.5mlを出し切って使い切りだそうです。
qzMG_4531.jpg

私は詳しく知りませんが、おそらくマニキュアのボトル(蓋ブラシと瓶)の姿は17世紀から変わってなかったと思います。それを使いやすく変える企画はとても面白いです。
qzMG_4529.jpg

紹介した3つの作品の中にはたまたま私が3年生で教えた12人はいませんでしたが、みなそれぞれに成長して、授業の成果を見せてくれていました。

松麟館の上からの京都市内です。この後プロダクトデザインLABOを覗いて帰ります。
qzMG_4546.jpg

卒展は次の3月5日の日曜が最終日です。面白いですからこの機会にぜひ、これからの若い人達の作品を見に来てください。
qzaMG_4566.jpg
プロダクトデザインに行ったら47名全員の作品が紹介された「プロダクトデザインコース卒業制作図録」を受け取って見て下さい。P120に私も卒業生に送る詞を書かせて頂きました。(もし品切れだったらゴメンナサイ。)

●「2016年度 京都造形芸術大学 卒業展/大学院 修了展」オフィシャルサイト

おまけです。写真はこの日撮った学内のネコです。私が担当する教室のある直心館の一階を中心に7匹位いるようで、学内の「瓜生山ねこの会」が世話をされています。ネコ好きな人は分かるようでこの日も階段で座っていると、ノーマルレンズでこの距離まで近寄って来ました。
qzMG_4543_20170228140009dc9.jpg


今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しをお願いします。

テーマ : 学校行事 - ジャンル : 学校・教育


人気ブログランキングへ
17:00  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1555-a24b05c3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |