2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.03.23 (Thu)

4年前から行きたいと思っていたフェスティバルホールにやっと行きます

4年前から行きたいと思っていた肥後橋のフェスティバルホールにやっと行きます。ここがオープンするという告知記事をデザウマに書いてからいろんなフェスのライブコンサートに申し込んだのですが全滅でした。

肥後橋駅を上がるとド~ンと建っています。
qzMG_4576.jpg

一昨年には姉妹建築の西タワービルも出来上がりました。
qzMG_4578.jpg

先代とほぼ同じ規模で席数も同じと聞いています。
qzMG_4582.jpg

アプローチは先代と比べると格段に広くて、この階段のステップ幅と角度はとても優雅です。
qzMG_4583.jpg
京都の喧嘩を売られているような角度の階段とは大違いです。

2階に先代のフェスティバルホールの50年間の展示があります。
qzMG_4594.jpg

カラヤンもこのホールの特別な音響を愛していた一人と聞きます。
qzMG_4596.jpg

で、今日はこの方のシンフォニックコンサートです。
qzMG_4584.jpg
あんたが何で玉置浩二なん?と言われそうですが実は前から一度この人の歌を生でちゃんと聞いて見たかったのです。

一階席前のホワイエにはスタンディングテーブルがあって飲み物のサービスをしています。ウィーンのフォルクスオーパーみたいです。行ったこと無いけど。
qzMG_4590.jpg

今日の席はなんと3階席で、スキー場で斜度35°の壁をてっぺんから見下ろしている感じ。本当に尾てい骨あたりがゾワッとします。
qzMG_4591.jpg
玉置浩二、大阪フィルのフルオーケストラをバックになかなか聴かせてくれました。

これが終演に貼りだされたA3の普通紙を糊でつないだ手作り感満載のセットリスト。これはフェスティバルホールらしくありません。
qzaMG_4600.jpg

最後の「夏の終りのハーモニー」はなんとノーマイクで聴かせてくれました。この三階席までブレス音が聞こえてくるこのホールの音響設計はすごいです。今度は5月のフェスでの井上陽水チケットを申し込んでみます。

こんな古い動画がありました。1986年作詞:井上陽水 作曲:玉置浩二「夏の終りのハーモニー」


この後食事に行った北新地の「堂島精肉店」を書こうと思ったのですが長くなりましたので次回3月26日夜にアップします。お楽しみに。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しをお願いします。

テーマ : 男性アーティスト - ジャンル : 音楽


人気ブログランキングへ
18:00  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1560-9af50d71

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |