2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.05.19 (Fri)

雀がエアコンの室外機を占拠してしまいました

写真はうちのマンションのリビングの出窓から横の窓を撮ったものです。下のサルの人形は昔エキスポランドがあった時にゲームの景品で捕ったものです。そのサルの頭の外にリビングのエアコンの室外機が見えます。
qzMG_5244.jpg

同じリビングから見たその窓外の室外機の上のカバーのホース部分のアップです。網戸越しなのでメッシュが見えています。問題なのはチラッと見えている右上の尾っぽ。茶色いのは今回の事件を物語るガムテープです。
qzMG_5235.jpg

二日前にリビングで椅子に座ってテレビを見ていてフッと右を見たら、この室外機の上に葉っぱのようなものをくわえる雀がいて、そのままこのホースの隙間に入って行くのです。
qzMG_5273.jpg

巣をつくっているのは明らかなので、速攻でガムテープで穴を塞ぎました。そして翌日の朝、相変わらず雀の鳴き声がするのですが雀の姿は見えません。まさかと思って室外機にそーっと耳を当てて2分くらい静かにしていると、中から雀の鳴き声がピーっと聞こえました。

貼ったガムテープをはがして、離れて様子をみていると親雀がひっきりなしに餌を運びだしました。写真のガムテープは剥がしたテープの残りです。
qzMG_5233.jpg

親鳥が来ると雛が大口を開けてピーピー鳴くのが見えます。雛は24時間エサ無しでしたが大丈夫で良かったです。
qzMG_5284.jpg

左にもう一つ大きな口が見えました。雛は2羽います。
qzMG_5281.jpg

雀も燕と同じく、つがいで雛の世話をするようです。エアコン室外機の上の手すりに止まっている親雀。
qzMG_5276.jpg

雀(スズメ)は、スズメ目スズメ科スズメ属に分類される鳥類です。私達にとても身近な鳥で、北海道から沖縄までどこでも見られるもっともポピュラーな鳥の1つです。

2008年の数字ですが日本本土の雀の個体数は、およそ1800万と言われてて、残念ながらこの20年で約6割減少したとも言われています。雀はこのまま放置すれば、近い将来絶滅する可能性があり、鳥獣保護法によって保護されて、捕獲・飼育が禁止されていますいます。

今回のうちの場合は飼育ではなく、保護とまでも行かない”見守り”なので違反はないと思いますが驚きました。雀の雛は卵からかえって14日目が巣立ちの目安だそうで、後4・5日でいなくなるようです。

この写真は上の柵のに停まっている親鳥を最初の出窓からアップで狙いました。
qzsMG_5270.jpg

中国では1958年に収穫期の穀物を食い荒らすとして、毛沢東が大躍進政策の一貫で人民軍を動員して雀狩りをした結果、雀が激減したのは良かったのですが、大規模な虫害により穀物生産量も激減してしまい、1960年には大量の餓死者を出したと言います。

ちょっと引いて見ます。
qzMG_5270.jpg
今回、確かに親雀が捕ってくる尋常でないエサの量を見ていると、その中国の話が理解できます。

さらに引いて見ます。
qzMG_5242.jpg

今年は一瞬、暑くなってもエアコンが使えないのではと心配しましたが何とかなりそうで良かったです。

我が家のエアコンの室外機から巣立ってゆく雀たちが、日本の食糧生産の役にたってくれることを祈ります。

今日も下のデザウマ人気ブログランキングボタンにはげましと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他


人気ブログランキングへ
18:00  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1582-5978c721

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |