FC2ブログ
2020年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2018.01.26 (Fri)

昨年2017CESの話題になったふせんメモプリンター

qz4524-1.jpg
今年も1月9日から米ラスベガスでCES2018が開催されました。うちの会社でも昨年末にある大手メーカーからCESデビューのAV機器デザインの特急依頼があって、展示モデル製作からCESに送り出すまで大変でしたが、好評の内に展示が終了してほっとしています。今日はそのCESで昨年話題になった製品の紹介です。

スマートフォンでも印刷できるMANGOSLABの“ふせんメモプリンター”「nemonic(MIP-001)」です。
qze4687664cbf.jpg

CESの最高革新賞、BEST OF CES、昨秋の日本のGマークを受賞しています。
qz069a6b01a562.png
手の平サイズの小型プリンタで、裏面粘着タイプの感熱紙にメモやイラストを印刷します。アプリはiOSやAndroidのスマートフォンからBluetooth 4.0で通信する。(パソコン用のアプリケーションも有り) プリンターのサイズは4x4x3.5インチでUSB端子搭載なので、Bluetoothが使えなくても大丈夫。
qznemonic_c1_001.png

ビジネスユース以外にもこんなシーンを提案しています。
qzffecbc.png
qz5e3094.png

私が良いなと思ったのは大学の授業のKJ法の実践シーンです。グループでアイデア出す時にこれがあれば、各自の発表を順に出力して、一覧できるボードに貼る作業が整理しやすくスムーズに進みそうです。
CES2017会場の動画があります。


こちらはMANGOSLAB社のCM。


qzhusenn33ャ
のり付き専用サイズの感熱紙のプリンタなので専用カートリッジですが一つ1000円はちょっと高いです。(ホワイト、ブルー、イエロー、ピンク)
qznemo8.jpg

扱いやすいスマホのアプリ画面。
qz5f6b98110.png

手のひらサイズでカラーは5色。
qzn_nemonic_c5_001.jpg
qznic_middle_003.png
この製品の製造販売は2016年にSamusungのイノベーション部門から誕生したMangoslabという韓国企業です。私はこの商品に一番近いメーカーは日本のコクヨとかポスト・イット® スリーエムジャパングループやPLUSだと思うのですが、こんなにあったら便利なものをそんな各社がなぜ出さないのか疑問です。

今の最新技術をもってしたら難なくできたと思うのですが問題はもっと根深くて、このようなモノを日本企業は出さないのではなくて、"出せない"のではと思う様になりました。これはもう"私達の手で『あったらいいな、モノづくり研究所』をつくって日本のモノづくりを下支えせねば"と思いました。『あったらいいな、モノづくり研究所』を始動させます。

デザウマ人気ブログランキングボタンに励ましと愛のひと押しを!!ボタンは下にあります。


テーマ : すぐれもの - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
16:06  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1668-559911ac

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |