FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2018.04.07 (Sat)

接着剤で困ったことはありませんか。

デザウマのデザインの話題とはちょっと違うのですが、こんなのがあったら良いのにと思っていたものが登場したので思わず紹介します。Bondicという名の100%防水・耐熱で、溶剤を使用しない接着剤です。付属のUV LEDライトで硬化します。
qzlider-slide-1.jpg


アルミケースの中にオレンジのUV LEDライトと黒い樹脂溶液ケースが一体になった本体が入っていす。
日本製の機能一点張りの接着剤容器よりみはるかにキチンとデザインされています。
qz81DCJrL0KiL.jpg

多くの方は初めて聞くUV硬化型という接着剤ですが、歯科医で歯を削った後に充填剤で埋めて、光を当てて固めるアレと同じです。あの原理を接着剤に応用したものですが、考えてみれば何故今までなかったのかと思うくらいの便利な商品です。
qz52065619.jpg

Bondicは液体プラスチックで、硬化させるまでは液状のままで、市販の接着剤のように乾いてしまうことはありません。使用法は接着個所をきれいにして、Bondicを塗布、付属のUV LEDライトで硬化し、成形するという4つのステップに従うだけで、ほとんど何でも修復できます。

動画をご覧ください。


Bondicは、乾くと透明で永久的に接着します。何でも数秒で接着、組み立て、修復、穴埋めができます。Bondicはプラスチック、木、金属、PVC、スチール、ゴム、配線、セラミック、フィギュア、ビニール、ケブラー、ポリプロピレン、皮革など様々なものに使えます。(接着効果が期待できないと言われているPP(ポリプロピレン)にも表面研磨は必要ですが使用できます。)

水槽の中でプラスチック製の水草も固定できます。
qz4621.jpg

Bondicはカナダ製で歯科医療で使われているダイレクトボンディングの技術を接着剤の市場に持ち込んだ製品です。歯を成型するという液体プラスチックの耐久性とLEDによる4秒間の紫外線硬化という技術で従来の接着剤ではできなかった成型加工も可能にしました。

PCケーブルの剥けてしまったしまった箇所の補修。
qz1025779.jpg

割れたグラスや食器の補修。
qz2064596.jpg

欠けてしまった歯車の山の箇所を
qzボンでぃっぃャ

Bondicで4秒間LED紫外線を当てながら液体プラスチックを盛って行くと
qzbonndexikkuチャ

歯車が補修できました。
qzャ

日本ではオリエント・エンタプライズ株式会社が代理店になっています。Amazonや楽天市場でも買えるようです。(LED付きスターターキットで税込 2,580 円~税込 2,980 円)

デザウマでは以前にカテゴリー私のデザインで、フルベール化粧品の美容液のボトルデザインを紹介しましたが、その時に使ったのが、UV硬化の表面保護型の塗料でした。UV硬化型の液体プラスチックの用途は広いです。

調べてみれば、市販品ではなく工業用のUV硬化形弾性接着剤などはセメダイン社からもすでに出ている訳で、そんな技術の応用製品が何故日本製ではできなくて、カナダ製なのでしょうか。

日頃のデザイン活動をしながら感じるのはあるべき製品や、あったら良いのにという製品を世の中に送り出せなくなった日本企業の悩みです。コニシさんにも頑張って欲しいです。

この新しい接着剤Bondicを手に入れて後日レポートします。お楽しみに~ (^▽^)/


今日も人気ブログランキングボタンに思いやりと愛のひと押しをお願いします。

テーマ : すぐれもの - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
16:00  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1694-ffa26c52

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |