FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018.12.23 (Sun)

モッさんのべた焼 京都市中京区壬生高柳町

お好み焼きが続きます。今日は京都西院駅近くの「モッさんのべた焼」です。
qaもっさんャ

京都にも広島焼きのような文化があり、それが「べた焼き」という事を聞いて、西院に用事があって、昼になりましたのでこちらの店にやって来ました。
qaMG_9506.jpg
本当はもう少し引いて写真を撮りたかったのですが出来ません。

店の前はこんな用水路。横を嵐山電鉄が通っています。京都でもさすがにここまで下ってくると北白川の疎水のような風情感はありません。
qaMG_9508_20181211160051990.jpg

店内は意外に広いです。
qaMG_9501.jpg

お昼もやっていますがどちらかというと夜の地元客相手のお店なのでしょう。
qaMG_9502_20181211160040623.jpg

元々のべた焼きは広島焼きの原形と言われる一銭洋食スタイルで、薄く溶いた生地をクレープのように焼いてその上に、キャベツ、ネギや紅生姜をのせて、ダシ溶きメリケン粉を上から かけて直ぐにひっくり返す。京都の下町のソウルフードべた焼きは本来はソースですが、こちらのもっさんは塩で食べる塩べた焼き発祥の店だそうです。

という事で、メニュー右上の「元祖もっさんの塩べた焼き」すじ、イカ、油かす、モダン入りを頼みます。モダンは焼きそば入り。
qaMG_9503_20181211160042168.jpg

中堅と若手のコンビが店を回しています。厨房の鉄板で焼いてこちらのテーブル鉄板に出すスタイル。
qaMG_9499.jpg

出てきました。ソース色がないのでシンプルで、ソースのむせ返る酸味臭がありません。
qaMG_9493.jpg

割ってみると、具材の積層が良く分かります。キャベツも姿がしっかり見えています。味はどうでしょうか。
qaMG_9495_2018121116004897d.jpg

なるほど。鰹鯖節の塩出汁味なので、素材の味がよく分かります。
qaMG_9496.jpg

お昼にはこの塩べた焼きの方が重たくなくて良いかも知れません。
qaMG_9500_20181211170843e6c.jpg

広島焼きは戦後の食糧の無い時に進駐軍のメリケン粉で広まった食文化ですが、この京都のべた焼きは大正から昭和初期にかけて関西全域で流行った一銭洋食がそのままの姿で残っています。

一方、大阪のお好み焼きは一銭洋食が変化して”いらち”の大阪人が、全部を混ぜて一気に焼き上げて、混ぜる時に空気をたくさん入れるとフワッとなるとか、押さえて焼いたらアカンとか独特の文化を作ったそうです。

という事で京都の”べた焼き”が現存するお好み焼きの原形という事でした。大阪の人と広島の人がお好み焼きの元祖問題でよくもめますが、実は大正時代からあるべた焼きの京都だったという事でいかがでしょうか。

モッさんのべた焼
京都市中京区壬生高柳町24-19
075-925-9292
1:30~14:00 17:00~23:00
木曜日定休

人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : 関西の美味しいお店 - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市中京区


人気ブログランキングへ
16:00  |  粉もの(お好み焼き/たこ焼き/豚まん)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1778-b0cd8355

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |