FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2019.01.03 (Thu)

明治42年(1909年)創業の銀座たちばなのかりんとう

2018.11.19に「京都らしいお使い物は八つ橋より阿闍梨餅(あじゃりもち)」を書いて昔からあるお使い物としてのお菓子の世界に疎すぎた自分に反省していたら、今度は銀座のたちばなのかりんとうを頂きました。
qaMG_1466.jpg
たちばなは東京のかりんとう御三家の一つと言われている老舗で、 他の二つは浅草の「小桜」と湯島の「花月」。

ネットで見てみると銀座たちばなはビルの一階に明治創業の店舗をそのまま舐め込んだという店構えです。
qa4567e.jpg


店内はお客が二組入ったら満員という狭さ。
qa949.jpg


店舗はこちらだけで、百貨店などへの出店はしていません。でも最近はAmazonで買えるようになりました。
qa4135355.jpg

太短い「ころ」とかりんとうは細長い「さえだ」の2種類。「ころ」は中まで砂糖がしみこまない分、噛みごたえがあって甘さより、生地の風味優先のかりんとう。もうひとつの「さえだ」は細い生地に蜜がしっかりとしみた上品な甘みが特徴のかりんとう。
qaL1000_.jpg

角缶は1~4号サイズの4種類で販売されており、いずれも「ころ」と「さえだ」の2種類が入り。丸缶小、中は各1種類のみ、2本入は「ころ」「さえだ」の2種類。
qa4403384.jpg

右の朱色缶が細長い「さえだ」で左上の黒缶が太短い「ころ」。
qa4424061.jpg

袋入りは「ころ」「さえだ」各900円。今回頂いたのは「さえだ」の細長い方。
qaMG_1465.jpg

今回「さえだ」の美味しい食べ方を発見しましたので紹介です。ホイップクリームをタップリつけると、いったん口の中で砕けて香りを感じた後に。しっとりとした舌触りがやってきて二度美味しいです。たちばなのかりんとうを食べる機会にはぜひお試し下さい。
qaMG_1483.jpg

京都でその日中に食べて頂けるなら、出町柳ふたばの豆餅で、日持ちさせるなら、田中大堰町京菓子司 満月 本店の阿闍梨餅(あじゃりもち)。東京は銀座8丁目たちばなのかりんとう。では大阪は今さら「あわおこし」ではなくてなんでしょう。

たちばな
(リンク先はmacaro-ni)
東京都中央区銀座8-7-19
03-3571-5661
11:00~19:00(土曜日11:00~17:00)
定休日曜日・祝日


人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
15:23  |  デザート/お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1780-3bfd11c9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |