FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2009.10.15 (Thu)

アイスクリーム ゼー六 中央区本町

本町に用事があって、本町通を歩いていると懐かしい看板と暖簾が目に入ってきました。
アイスクリームのゼー六です。
午後4時頃ですが、アイスモナカのお持ち帰りの客が並んでいます。
白い車から出て来た肥えたオッチャンもこの後、列に並びました。
隣の大きいビルは東警察署です。車を止めるには勇気のいる場所です。
ゼー六b

店頭のアップです。おじいさんの手には確かにゼー六のアイスモナカがあります。
IMG_6544.jpg

私がこのゼー六に最初に行ったのは高校生の時に教師に連れて行ってもらった時。
あれから、ウン十年経ったけど、店内はそのまんまです。
ゼー六f

ここに来るとどうしてもアイスモナカと、コーヒが欲しくなります。

先にアイスが出てきました。
この特徴的なゼー六の刻印の白い皮も昔っから変わりません。
ゼー六のアイス

サラっとした食感、懐かしいほどにやさしい味が良いです。

コーヒーの味は以前よりウマくなった気がします。3代目の技でしょうか。
ゼー六のコーヒー

創業は大正2年(1913年)というから古いです。今のご主人で3代目とか。
最初は「ゼー六三十日(みそか)堂」という和菓子屋さん。
現在の店は昭和2年(1927年)に京都の茶室づくりの大工さんが改装して、
そのまま戦災を逃れてそのまま残ったもの。

片手で撮ったら、私の手が入ってしまいました。
ゼー六e

昭和の初めにはアイスキャンデーをつくったり、食堂も営業していたとのこと。
「ぜーろく」とは、「贅六」と書き、商人に無用の贅物六つ
(禄、閥、引、学、太刀、身分)をさす言葉が由来なのだそうな。
奥が深いです。
浪速のモーツワルト、キダタローさんも常連さんのようです。
壁に紹介記事がありました。
ゼー六g

今日は姿が見えませんが、あの2代目のおじいちゃんは元気なのかな。
もうかなりのお年と思います。
紹介記事がありました。

会社のスタッフにアイスモナカを買ってかえります。
ドライアイスなんてなものはありません。
「何分?」と聞かれて「30分」と答えると、
その分の厚さの新聞紙をしっかり巻いてくれます。

アイスクリーム ゼー六

大阪市中央区本町1-3-22
06-6261-2606
休日曜、祝日、第2・4・5土曜

テーマ : アイス - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市中央区


人気ブログランキングへ
18:42  |  バー/喫茶店  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/185-2d6790da

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |