FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2019.09.20 (Fri)

今年も大瓜生山2019(学園祭)と修学院のらぁ麺すぐる

今世間を騒がせている“京芸の乱”の当事者の京都造形芸術大学の大瓜生山2019学園祭です。

今日は日曜日なので家から阪急電車で四条河原町に出ました。やっと秋の気配の四条大橋です。
qaMG_4211.jpg

出町柳に出て叡山電鉄に乗り換えて京都造形芸大のある茶山駅を過ぎて、修学院で降ります。実は数日前の情報番組で紹介された冷たくて美味しいラーメン店が2018年4月に修学院の駅近にできているという情報を見てそれならばとやってきました。
qaMG_4227.jpg
私にしては珍しい情報番組ネタのお店です。

店の前に立ってあることを思い出しました。ここは前にデザウマで紹介したことのある店で、前はフーデリカというイタリアンの店でした。(過去ログを移転又は閉店に修正しました。)

とにかく目的の店に到着しましたので入ります。
qaMG_4225.jpg

これが店のタイトルロゴとコンセプト。京都ミシュランラーメン店「とうひち」の2号店だそうです。
qaMG_4223_20190916174642822.jpg

qaMG_4221.jpg

前のイタリアンの時はもっと広いイメージ時でしたが、カウンター8席 テーブル席4席のこじんまりとした店です。
qaMG_4212.jpg

その情報番組で紹介された「冷やし鶏塩らぁ麺」です。なんでも冷したスープを旨味が伝わりやすいように鍋に入れて20度まで戻すというこだわりがあるそうです。
qaMG_4213.jpg

スープ行きます。けっこうしっかり味の鶏塩なので、20度に戻さなくても口の中で転がせば旨味の広がるスープと思います。
qaMG_4216.jpg

小麦粉「春よ恋」を使った自家製の平打ち麺は細目で腰があってウマいです。
qaMG_4218.jpg

厚切り鶏チャーシューと
qaMG_4217.jpg

薄切豚チャーシュー。
qaMG_4220.jpg
美味しいのですが、天六の中華そば いぶき  「冷やしイリコそば」まで7キンキンに冷やせとは言いませんが、もう少し特に麺が冷えていた方が私は好きです。

再び修学院から叡山電鉄で3駅の茶山で降りて学校まで歩きます。途中Prinz(プリンツ)という元Appleのデザイナー西堀晋さんがデザインしたカフェが取り壊されて工事中です。

いつもの大階段の下です。普通なら今年の京造ねぶたが見えるのですが今年の作品は背が低いのでしょうか。
qaMG_4229.jpg

京都造形芸術大学の1年生982人が2週間で制作する「京造ねぶた」。今年のテーマは「0/ZERO」。角材と針金を組み合わせた土台に和紙を貼って完成させます。これが階段下から見えるはずの作品。なるほど背は低いです。
qaMG_4231.jpg

今年は例年に比べて小ぶりで、過去のもので言えば「ブラジャー」とか「北極熊」のようないい意味での癖のある作品が少ないです。
qaMG_4233.jpg

qaMG_4232.jpg

写真では分かりにくいですがセミが羽化した後の抜け殻。
qaMG_4235.jpg

私が一番気に入ったのはこの人間館一階ホールの
qasMG_4237.jpg

このねぶたにするには最も不向きな薄べったい水引。これが今年の学長賞。
qaMG_4236.jpg


ラーメン  らぁ麺すぐる

京都市左京区山端壱町田町8-6
075-721-6556
11:00~14:30 18:00~21:30
木曜定休日

人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを頂ければ幸いです。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 京都府_京都市左京区


人気ブログランキングへ
16:00  |  ラーメン/カレー/珍味  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1870-63b0b910

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |