FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2019.12.29 (Sun)

かんちゃんの忘年会はトラットリア パッパ (TRATTORIA Pappa)

一昨日も「立ち飲み屋さんかんちゃん」を書いたばかりですが、今年もかんちゃんの忘年会はトラットリア パッパ TRATTORIA Pappa(2018年のかんちゃんの忘年会はコチラ)です。
qaorattoria ャ

西区新町の店に来ました。かんちゃんから「ホンマは7時スタートやねんけど一度にかたまると受付が混むので早めの6時から入れるで。」と聞いていたので6時15分にお店に到着。
qaMG_5164 のコピー

受付を済ませて入ります。
qaMG_5165 のコピー

入り口ではいつもの楽しい人形がお出迎え。
qaMG_5166 のコピー

料理はまだ出ていませんが、みなさんすでに好きな飲み物を持って入っています。
qaMG_5167 のコピー

乾杯は7時という事で、まずはカルパッチョ風のシーフードサラダ。
qaMG_5168 のコピー

今から怒涛のような勢いで料理を出す前の松本シェフとスタッフ、ワッチさんの姿はこの春に独立されたのでなし。
qaMG_5170 のコピー

7時が近づくにつれて人が増えてきました。
qaMG_5172 のコピー

ミートソース味のチキン煮込み。
qaMG_5173 のコピー

さあ大皿がどんどん出てきました。
qaMG_5175 のコピー

ハマグリのパン粉焼きとジャコサラダ。
qaMG_5176 のコピー

ハマグリの良い出汁味とパン粉のカリッと感が良いです。
qaMG_5177 のコピー

出ました小盛のパスタ。昨年は8種類も出たコレに手を出し過ぎて肝心の魚料理が堪能できなかったから、今年は控えめで行きます。
qaMG_5178 のコピー

だいたい埋まってきました。
qaMG_5180 のコピー

美味しい白身魚のオーブン焼きでしたが詳細は分かりません。
qaMG_5181 のコピー

パスタナポリターナ。
qaMG_5185 のコピー

この後カンパ~イでかんちゃん挨拶。
qaMG_5186 のコピー

厨房はフル稼働状態。
qaMG_5187 のコピー

店内にはTALAさんの作品が愛嬌を振り撒いています。
qaMG_5202 のコピー

これも
qaMG_5200 のコピー

今日のワインはTerre Verdi Rosso Picenoテッレ ヴェルディ ロッソ ピチェーノ (マグナム1500ml) 。
qaMG_5193 のコピー

デザート4種すべて頂きました。
qaMG_5209 のコピー

qaMG_5214 のコピー

qaMG_5215 のコピー

qaMG_5222 のコピー

かんちゃんと松本シェフのミニトーク。
qaMG_5226 のコピー

今は普通に街で見るようになった松本シェフのハードモヒカンですが、確か2002年のオープンからこの頭だった記憶があります。なかなか先見の明のあるシェフは私と同じ北海道出身。
qaMG_5228 のコピー

今日は外テーブルも賑わっていたようです。
qaMG_5230 のコピー
今年は北寄貝もウニも出なくてちょっと寂しいメニューでしたが、今回は仲間4人で陣取った場所が店内東奥のカウンター前で、おそらくここがベストポジションなのではと思います。明るく大騒ぎの「立ち呑みやさんかんちゃん」の忘年会でした。これで来年は明るく楽しい一年になりそうです。

かんちゃん (立ち呑みやさん)
大阪市北区池田町1-31
電話は非公開
17:00~26:00
定休月曜

トラットリア パッパ (TRATTORIA Pappa)

大阪市西区新町2-3-9
06-6536-4188
11:30~14:00 17:30~21:00
日曜・第3月曜

人気ブログランキングに参加しています。下のデザウマのボタンに励ましのひと押しを❣

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

タグ : 大阪府_大阪市北西区


人気ブログランキングへ
15:00  |  イタリアン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dezauma.blog113.fc2.com/tb.php/1904-538a96d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |